待たれたので書いた:コンビニ店長がコンビニ閉店について語る

スポンサーリンク

http://matome.naver.jp/odai/2137157684850073001

 

んじゃ書きます。

ただこれ、あたりまえの話ですけど、別に俺がコンビニ業界の代弁者ってわけじゃないし、世のなかのたいていのことに関して、その反応の温度差はあるわけなので、決して鵜呑みにはしないようにしてください。今回はエクスキューズとしてそう書いてるわけではなく「現実に、オーナーにより、チェーンにより温度差はかなりある」ということです。

俺の場合は独立にあたって、非常に恵まれた条件が揃ってました。ざっと書くと、

・俺自身が雇われ店長としてすでに10年近くの経験があった

・法人経営の複数店だったので、いろんな立地を経験していた

・それらを統括する半SV的な仕事もしてた

・社長が新店オープンするときに、けっこう一緒に行動してなにくれとなく勉強してたため、ある程度、自分自身で立地を選定する目があった

・うちの奥さまもほぼ店長的な立場で数年の実務経験があったため、独立時に、ひとつの店に店長的に店回せる人間がすでに二人いた

つまり、コンビニという商売の裏表はある程度知り尽くしていたうえで始めたわけです。とうぜん勝算はありましたし、そうでないと融資受けて開業なんておそろしい真似できるはずがない。そして、リンク先のようなことについては「現在自分がどういう境遇にあるのか」ということが大きく自分の意見に反映します。どんなにがんばって公平に見ようと思ったって、なんらかのバイアスはかかるわけです。

以上のことを前提として、自分の意見を書きます。

えーと、まとめのリンク先にまで言及してるとキリねえな。ざっとで。しかしこれ微妙な話題だなあ……うかつなこと書けねえぞ。ぐぐってわかる範囲までしか言及できねえ。

●コンビニ・FCのオーナーたちは「現代の奴隷」と呼ばれています。

勝手に奴隷扱いすんなよ……。

んでリンク先読んでみたんだけど、これよくわかんない。10年契約の途中3年目で、店側に理由のある契約解除以外で、こういうふうに金請求される事例ってどういう場合なんだろう……。リンク先の文章では、「働け」といわれてるので、店自体は続けてるわけですけど……うーん……。

俺、契約関係あんまり詳しくないので、どういう状況だとこうなるのかむしろ解説が欲しいくらいです。つーかいまどきの本部が「365日間無休で働け」なんて指示するかあ? 建前だけでも共存共栄だろ。

上記リンクの内容だと、ロスチャージについてはちょっと、うん。書いたらよくないかなーと思います。あと人件費130万ってどんだけ使ってんだよ。この文章だとまるで「年間3000時間働いてるオーナー」のいる店で人件費が130万かかるようなイメージだけど、それはちょっとないと思うなー。

夫婦あわせて月間でだいたい460時間だろ。一日だと15人時。オール2本シフトだとして、あと33人時でしょ。計算めんどいから平均時給を1000円としたとすると、月間で人件費99万じゃないすか。まあブラックだなんて言われるかもしれませんが、ぶっちゃけ世のオーナーで月間250時間とかさほど珍しくねえから。夫婦で460時間ってのもさほど珍しい事例じゃない。人件費130万とかどこの高日販店だって感じですよ。そんで、それだけ人件費かけていい店だったら、よほどのおもしろ経営でもやらない限り、店利益はついてきますってふつう。俺にもそれくらい使わせろクソが。

●コンビニは全国で4万数千店舗ある。

まあそんなもんだったっけ。某数字のつくチェーンの出店攻勢が続けばまだ増えるけどな!!

平均日販50万はまあそんなもんじゃないの。いちおう立地ごとの売上予測みたいなのは出されるんじゃないの。あてになるかどうかは知らないけど。徒歩客が主な場所だったら通過人数、ロードサイドだったら目の前の道路の交通量くらいは調べてあると思う。ただまあ予測はあくまで予測なのであてにはならねーやな。

平均日販が「目標」かどうかはわからん。平均じゃなくて中央値だともうちょい下がるような気はしないでもないが……このへんはどうなんだろ。データ持ってないからよく知らない。

問題は、そのへんの平均日販だとけっこう店利益上げるのはきついってこと。あとライセンスの有無。たとえば、酒タバコなしの50万は、たぶん濡れ手で粟の商売だと思う。ただ、いまはもう両方あるのがふつうで、んで酒と、特にタバコな。これ儲からないんだわー。んで儲からないくせにガンガン売れるから、同じ50万っつったってぜんぜんわけが違う。構成比はねー、あ、データあったから言えるわ。これ。やっぱタバコの構成比って上がってんのな。距離規制の緩和っていつからだったかな。これがタバコの構成比アップと無関係とはちょっと思えないんだけど(単純に取り扱い店舗の比率が上がるから)。

ま、どっちにしろタバコの比率上がれば、少々の売上のアップでは取り返せないわけですよ。ここでの問題はむしろ「平均日販程度じゃ楽できねえよ」っていう点。

●コンビニとは、客からの儲けを(以下略)

家族崩壊……いやまあ、俺ほかのオーナーとのつきあい絶無だから、あるところにはあるのかもしんないけどさ。でもあれだよね、伝え聞くところによると、家族崩壊のいちばんの理由って、夫婦で可能な限り全時間帯カバーして店を回そうとした結果、夫婦で過ごす時間がなくなって、行き違いが発生してってのがいちばん多いような。しかもうかつに離婚とかできねーじゃん。

で、リンク先のこれなんですが、1ヶ月目の廃棄120万かあ……うんうんそうだろうねー。これぐぐっても情報出てこなかったから言えないけど、1ヶ月目は別にそんくらい出ても平気ですから。はい。新規出店は、その立地のポテンシャルがどんだけあるかわからないので、物量をブチ込みまくる必要があるのです。むしろ2ヶ月目で80万も出してることが驚きだけど、そこは本部の指導がよくなかったんだろうなー。ここらへんはお茶を濁しておく。基本的に、そういう言い回しを始めたら、消極的な同意だと思ってください。

店舗の独自色については、チェーンによって相当に違いがあるので、なんともいえません。セブンが厳しいってのは風の噂に聞きますが。

ただ、このへんは個人的見解になるんですけども、中途半端な独自色って別に大した意味ないです。本部だって商売でやってるし、既存店の前年割れとかしたら、よくわかんないけど株価とか影響すんでしょ? 積極的に前年割れとかしたいわけないじゃん。だから本部のお仕着せの棚割りってのも、まったく使えねえものではないはずです。むしろ「立地に応じて」本気で個店棚割やろうとするなら「標準的な」本部棚割ってやつの活用方法は見えてくるはず。あれが標準なんすよ。標準あったほうがアレンジしやすいじゃないですか。

あと、ロイヤリティのことは契約時点で気づこうよ、としか。うんまあ、気づくにはそれなりの基礎知識が必要で、そのへん素人さんにはないはずです。そして素人からオーナー始める人は決して少なくないわけで、その点について中略ということはあるかもしれません。

いつになく歯切れ悪いなこのエントリ!!!

●開店費用に数百万円掛かります。

うん。かかるよ。加盟金とか釣銭準備金とかまあいろいろ。数百万ってことは加盟金のことだと思うんだけど、それ融資してくれる制度なんてあったの!? 俺はじめて知った!

んで、いわゆるC契約ってやつですが、土地が本部名義になるってのは語弊あるかな。そういう例もあると思いますけど、いちばん多いのは、本部が土地建物の賃貸契約を物件持ってる人と結ぶってやつなんじゃないかしら。

んでそのC契約なんですけど、悪いことばっかでもないんですな。ロイヤリティは確かにごっそり持ってかれるんですが、家賃そのなかに入ってますので。少なくとも俺にとってはメリットですな。ただしこれは、俺が金について非常に無頓着で、めんどくさいことは可能な限りやりたくない、という前提においてです。

●最低保証

俺これ引っかかるような状況になったことないから知らないです。

●契約途中で辞めようと思っても、契約違約金が待っています。

はい。待ってます。通常1000万以上になるそうです。タイミングにもよるけど、まあなるときはなるんじゃね? そんでここのリンク先。

・本部は助けも何もしません

まあ低日販に喘いでたらそう把握するしかないだろうなあっていう。

ただなあ、俺ほかのチェーンのこと知らないから断言できないけど、最近の本部ってそこまでクソ立地の店舗作るかなあって気はする。クソ立地ってのは、いかなる経営努力も及ばないような絶望的な場所、ということです。10年前くらいまではよく見た気がすんだよね。「あーあーこんなとこに作っちゃってー」みたいなの。まあ潰れる。

俺自身は、たとえば発注システム、データ、配送網、なにより商品力やら看板力なんかの、個人商店からしたらチート以外のなにものでもねえ、そういうものを活用できることがメリットだと思ってますんで。最初からそれ以上のものを期待してないし、なにより最低保証に引っかかるようなギリギリの状況を経験してないので、こういうことが言えるのかもしんないです。

・本部のSV&OFCは表向きはアドバイザーですが、実は店舗を取り締まる警察官

いやそれは見方によるでしょうよ……。

発注の指導(という名の以下略)とか、いろいろ問題はありますけど、どの本部の人も「売上を下げよう」と思ってやってくることだけは絶対にないんです。それは断言してもいい。つーか売上にしろ店利益にしろ、下がったらボーナスの査定に響くでしょ。

だからあとは方針の違いの問題。本部にはデータがある。成功事例がある。そしてなによりSVやOFCは「実際に店を経営しているわけじゃない」。だったら本部が推奨するようなやりかたを土産に持ってくるしかやりようがないんですよ。だったら使えるもんは使ってやりましょうと。このへんは実際問題、人間どうしの相性みたいなものもあるのは事実ですけど、基本的にオーナー側が「使えるものは使っちゃる。どうせいっちゅうんじゃ」って言って、協力してくれないSVの存在はちょっと考えづらいです。

問題は「本部側から見て」あんまり意味ないことやってるようなオーナーがいたときに、それを修正してこようとすることです。そりゃするよね。だって意味ないんだから。しかしオーナー側は「意味がある」と確信してる。そういうときはあれでしょ、数字で実績叩きだして、SV様の横っ面でも叩いてやればいいんでしょ。

・直ぐに近場でもう1店出店します

ああ、うう。えーと……えへへ♪

でもこれも捉えかたの問題かなあ。道義的にどうなの、といわれれば俺はまたお茶を濁しますけど、そういう出店の動機って「他社にとられるくらいなら」がいちばんでかいでしょ。オーナーにとっては同じ意味しかなくても。そして同社競合がいちばんつらい……! いいことないわ。

●バイト料を削るため、家族総動員で店に入ります。

家族がいりゃそうなるかもなー。うちは夫婦しかいなくて、しかもうちの奥さま体弱いからそんなことできねえけどな!

●売り上げを伸ばすには人件費を切り詰めるしかありません。

いや、利益だろそれ。売上伸ばすのに人件費減らしちゃだめだ。

まあ利益の話だとして。

これもやりかたの問題なんだよなあ。極端な話をしましょうか。たとえば5000円使ってバイトに働いてもらうとするじゃないですか。バイトは高校1年生の女の子で、身長は145センチ弱です。んで、なぜか学校の制服の上にコンビニの制服を着てて、バナナの叩き売りとかしてる。もちろん定期的にバナナは口にくわえるパフォーマンスが入る。

「わ、わたしもだいすきなバナナさん、みなさん、買ってくださいね。ちょっと、大きくて、お口に……んんっ、入りきらない……」

とか顔をまっかにして言いました。

バナナすごい売れました。

まあバイトの女の子は泣いてやめてしまって、俺には両親からのクレームと民事裁判が待ってるわけですが、これと類似のやりかたはあるんです。人件費を集中的に投入して集中的にカウンターフーズを売る。それは「次」につながる。つまり投資に対して回収が上回ればいいんで。もちろん簡単に行けば世話ないんで、実際は回収できたりできなかったりで、リスク考えるとやらないほうがまし、という考えかたもないではないんですが、そうやって、売上と利益の両方をうまく伸ばしてやることは決して不可能ではない、ということです。

あと最初のたとえほとんど無意味でした。すいません。

すいません。もう疲れました。

だいたい言及しましたよね。

俺の意見はたぶん相当に本部に対して肯定的なほうです。実際にそれでメシ食ってて、本部なくては成立しない部分なんて山のようにあるんだから、そうなります。それでも言及すらためらわれるグレーゾーンってのはもちろんあります。どこまで書いていいか、おっかなびっくりで書いてるってのもありますけど。

ただ、まったく無批判なわけではないし、現状を全肯定するわけでもありません。俺はただ「これが現実だから、この枠内で俺はやる」と決めてるだけです。

俺が現行のフランチャイズシステムでいちばん問題だと思うのは、なによりもオーナーが素人の状態から始めている例が多いことです。俺にいわせれば、独立するためには最低でも3年の店長経験は必須だと思う。だって、年間に億単位の商品動かすんだよ? 自分の指先ひとつで。そんでその商品を並べて売らなきゃいけない。そんなの簡単にすぐ身につくわけないじゃん。

リンク先の文章に対してはどちらかというと批判的に書きました。ぶっちゃけ個人の素朴な実感としては「やることやってから泣きごと言えや」と思わないでもない。あんたら店歩いてるとき、自分のすべての言動が利益に直結するように動いてるか。たとえ便所に行く途中であってもフェースアップのひとつはしとけ。セールストークのひとつもかましとけ。自分の肉体から頭脳からなにから、利益を生み出すための兵器なんだよ。商売やってんだから。常連がいたらあいさつのひとつもしとけ、ついでになんか商品すすめとけ。

ただこれは、俺が「どこかで」商売を叩きこまれたから、そしてそれで長い年月食ってきたから言えることなんです。大した研修期間も取れずに開業したオーナーにとっては、SVやOFCこそが「叩きこんでくれる人」にならざるを得ない。しかしそのSVと来たら一人で7店舗から面倒みていて、しかも当の本人たちが24時間体制の激務と来てる。

「いったいどうなってるんだ」

そう思ってもしかたないです。

それもこれも、オーナーがド素人の状態で開業するようなシステムがいけない。しかし俺は、たとえば3年の研修期間を確保したら、フランチャイズのシステムなんて成立しえない、ということも知っています。そして当の本部こそがそれを知っていて、対策を打とうとしているのがここ数年の流れであることも。

だからといって、すべてが解決するわけでもない。

根本的にシステムに無理があるんだからそうなるんだろ、という批判もごもっとも。しかし俺は現にこのシステムの内部で食ってるのです。

これ以上の批判は、できません。

スポンサーリンク