【ディープキス完全ガイド】女の子を絶対に気持ちよくさせる超絶テクニック10選!

スポンサーリンク

彼女ができたら必ず良い雰囲気になってキスをしたくなる時ってありますよね。普通のキスよりも愛情がこもっている感じがするディープキスですが、仕方によっては相手が引いてしまう可能性だってあります。まだ彼女とディープキスをしていないあなたも、もう何度かしたあなたも、彼女が喜ぶディープキスを知って彼女と素敵な関係を作りましょう!

本記事の見出し

ディープキスとは?

普通のキスよりも濃厚なキスのこと

ディープとは「深い」「濃い」といった意味があります。普通のキスよりも濃厚なキスの事で、相手の口の中に舌を入れたり絡めたりするキスのことを言います。

付き合い始めた頃はお互いに遠慮して軽めのキスをしますが、だんだんと慣れてくると相手を求めたくなってディープキスをするカップルは多いでしょう。

日本ではいつからディープキスをされるようになったかが明らかにはされていませんが、平安時代の文献などから「口吸い」という行為について書かれてる事から、平安時代もしくはそれよりももっと昔から日本でもディープキスは知られていたようです。

フレンチキスと違いはある?

”フレンチ”という言い方から軽い感じがするのでいつの間にか日本人の間では「フレンチキスは軽めの可愛いキス」という認識をしている方が多いと思いますが、実はそうではないらしいです。

フレンチキスは日本では軽いキスと思われていますが、海外ではディープキスと同じ意味で使われています。なので、海外の人が「キスして良い?」と聞いてきて「フレンチキスなら良いよ!」って言ったら相手はディープキスをしてくるでしょう。

フレンチキスの、海外での解釈と日本での解釈が真逆なのは、日本では”フレンチ”という響きがなんとなく軽いイメージがするから軽いキスとして広まってしまったようです。

海外では軽めのキスを言うときは”ライトキス”というのが正しい言い方です。

スポンサーリンク

キスの美容・健康効果とは?実は身体にも心にもメリットばかり!

1.脳をしびれさせる

唇や口にはどれくらいの神経が通っていると思いますか??すぐに答えられる人がいたら凄いです!!

唇や口は、狭い面積に比べて多くの神経が集中しています。また、他の皮膚よりも薄いため刺激を与えると敏感に反応し、脳にダイレクトに伝達されます。

キスによって脳に刺激が伝達されるとドーパミンやセロトニンといった神経伝達物質が分泌されます。このおかげで脳が痺れたような高揚感が味わえるというわけです!ドーパミンには快感を増進させる、ネガティブな感情を全てシャットダウンする効果があり、セロトニンには落ち着きと安定感をもたらす効果があると言われています。

キスをすると気持ちが落ち着くのは私たちの脳の仕組みと深く関係があるんですね!

2.免疫力を上げる

”キスお互いはの口の中にいるバクテリアを口移しする事”という事はよく知られていますよね。他にも、キスによって自分のDNAとの相性診断もしているんだそうです。

バクテリアを交換していると聞くとなんだか怖い感じがしますが、微生物学者のレムコ・コート氏によると、キスで自分が持っていない細菌を取り入れる事で、病気の原因になる微生物の侵入をを防ぐ効果があるそうです。

キスで交換されるバクテリアの量は、10秒間ディープキスをすれば約8000万匹にもなるそうです。どちらかが風邪を引いている時にディープキスをすると相手に菌を移してしまうので、体調が良い時にすればお互いの免疫力を上げる効果もあるようです。

女性にとっては”サイトロメガウィルス”という、早産や流産を引き起こす可能性のあるウィルスに感染しない為の免疫力を上げる効果もあると言われています。

3.ストレスを緩和させる

キスをすると気持ちが落ち着くのには、脳内から分泌される”オキシトシン”と”エンドルフィン”という脳内物質が関係しています。

オキシトシンには別名「幸福ホルモン」という名前があり、安心感を与える、情緒を安定させる効果がありあす。エンドルフィンには、モルヒネのなんと6倍以上の鎮痛効果がある事が研究結果で認められているそうです。

キスは心身ともにストレスを緩和させる以外にも、脳の活性化にも効果的と言われています。私たち人間の体の仕組みが分かると、恋人とキスをしたくなるのは納得ですね。

4.ダイエット効果

ディープキスは、舌を動かしたり顔の筋肉をフルに使うので長時間すると疲れます。一人で舌を動かす運動をするだけでも結構疲れるのを、2人で舌を絡ませるわけですから負荷も大きくなります。1時間ディープキスをすると消費カロリーはなんと300kcalにもなるそうです!

ディープキスは血流もよくするので顔のむくみや二重あごの解消にも効果的だそうです。「顔の肉付きが最近ついてきたな・・・。」と思ったら、彼女とのディープキスで幸せ&顔もシュッとするの一石二鳥ですね!

ディープキスの上手さは「9割」が「雰囲気」で決まる!

1.雰囲気をどれだけ演出できるかが勝負!

・ニンニク料理を食べた後にディープキス!

・彼女がテレビに夢中で大爆笑している時にディープキス!

こんな風に、彼女が心の準備が出来ていない時にキスしようとしていませんか??

あなたが彼女にディープキスをしたい気持ちは分かりますが、いつでもして良いというわけではありません!良い感じになる為の雰囲気作りが大切です。軽いキスであれば気軽に出来ますが、ディープキスは軽いキスとは違うので、まずは彼女をその気にさせる為の雰囲気作りをする事が何よりも大切です。

ディープキスのテクニックが上手い人よりも、女性は良い雰囲気の中でされるキスの方がドキっとしますしずっと心の中に残っていたりするものです。優しく手を握る、髪をなでる、目を見つめるなどで彼女をドキッとさせてみましょう。

2.最初はゆっくり

何事も段階が必要です。良い雰囲気になり始めたなと思っていきなりディープキスをしようとしていませんか??最初はソフトなキスぐらいから始めるて彼女を安心させてあげるようにしましょう。そうすれば、彼女もあなたに心を許してくれて良いディープキスを出来るでしょう。

一度ディープキスをした関係であれば、いきなりディープキスもアリかもしれませんが、初めてするのであればいきなりすると彼女はビックリするか引いてしまう可能性があります。相手が今まで誰ともキスをした事がない子なら尚更です。

慣れてくれば彼女の方も軽いキスじゃ物足りないと思うかもしれませんが、最初のキスは優しくして欲しいと思うのが女心ってものです。早くディープキスをしたい気持ちはひとまず置いて、彼女のペースに合わせてあげた方が彼女は喜んでくれるでしょう!

3.相手の目を見つめる

彼女の目を見つめずいきなりチューしてませんか??

女性は、好きな人に目をじっと見つめられるとドキっとします。「目は口ほどに物を言う」と言われるように、目を見つめられると相手の好意が伝わってくるので言葉で「好きだよ」とか言われる以上に嬉しかったりするのです。

チラっと見るだけではあまり気持ちが伝わりにくいのですが、3秒以上見つめると伝わると言われています。3秒ルールっていうやつですね。3秒って短いようで結構長いです。いつも恥ずかしくて彼女の目は見つめれないとしても、こういう時は頑張って見つめてみましょう。きっとあなたの気持ちが彼女に伝わるはずです!

恋人同士が目を見つめ合うとお互いの恋愛感情が高まると言われています。素敵なディープキスはもちろん、彼女との良い関係作りの為にも出来るだけ普段から目を見つめてあげましょう!

4.緩急をつける

緩急をつけるのは、ディープキスをするうえでとっても重要です!ディープキスは口を開けてするのでずっと開けた状態だとだんだん疲れてきてしまいます。

ずっと激しいのをしていると呼吸もしにくくなってきてしまうので、彼女も最初は気持ちよくディープキスをしていてもだんだん「疲れた・・・」と思ってしまうかもしれません。

付き合いが長くなってきてお互いに気を許し始めたら「苦しいよ!」って言ってくれるかもしれませんが、付き合い始めは彼女の方が遠慮して本音を言えない可能性が高いです。彼女の気持ちを汲み取ってあげて、優しいキスと激しいキスを交互に繰り返してみましょう。

その方が、激しのがいつ来るのかというスリルも味わえたりするので盛り上がるでしょう!

5.相手の動きに合わせる

彼女の動きは見ずに自分本位なキスになっていませんか??例えば、彼女は軽めのキスをしたいのに情熱的なキスをしたがったり、彼女は人前でするのは恥ずかしがっているのに、人前で堂々としてみたり・・・。

キスは恋人にとってコミュニケーションのひとつでもあるので、相手の動きや気持ちに合わせる事がとても大切です。じゃないとあなたは満足していても彼女の方が嫌な気持ちになってしまうかもしれません。

キスの仕方は性格を表すとも言われています。

・情熱的なキスをする。人前でも気にしないタイプ→自己中心的で大いばり

・唾液を移したがるタイプ→ナルシスト

・彼女を舌を受け入れてくれるタイプ→包容力がある

・唇を包み込んでキスをするタイプ→愛情が深い

全ての男性が当てはまるわけではありませんが、キスの仕方で女性は男性の性格を判断している所があるようです。

どのようなディープキスをするにしても、彼女の動きに合わせてあげる事が大切なので、彼女が何を求めているのか考えてあげれるようにしましょう。

スポンサーリンク

雰囲気作りに大切なツール紹介!

嗅覚からの刺激で雰囲気作り

「いざディープキス!」という時に自分の部屋の臭いが気になるのは嫌ですよね?特に女性の中にはアロマなどの香りが好きな方が多いようです。予め彼女の好きな香りを聞いといて、色々試してみるのもいいかもしれません。素敵な香りでさらに雰囲気が良くなること間違いなしです!

リラックス効果溢れる”間接照明”もおすすめ!

やっぱり、雰囲気を重視するのであれば「間接照明」は欠かせません。女性は少し暗いぐらいのほうが雰囲気が良いと感じる傾向にあるそうです。意外とお手軽に購入することができるので、この際購入されてみてはいかがでしょうか?

初心者必見!ディープキスが上達するやり方とは?

1.目を見つめる

彼女とディープキスをしようと思ったらまずは雰囲気作りが大切です。目を見つめられれば彼女の方もあなたのいつもと違う空気を察知するので、心の準備が出来るし幸せな気持ちでいっぱいになるでしょう。

何もない所からいきなりディープキスをすると、愛情よりも体を求められているだけなんじゃないか?という不安を持たせてしまう可能性もあります。女性は、たとえ自分が彼女であなたの特別な存在だとは分かっていても、常に愛情表現してもらえる事で安心できるのです。

目を見つめる時も、ちゃんと気持ちを込めて見つめてあげましょう。3秒以上見つめる、が鉄則ですよ!

2.体を優しく触る

彼女とキスをする時に、手はどこにありますか??彼女の唇だけ攻めたりしていませんか?

確かにキスは脳に刺激を伝えて快感を得られますが、体を優しく触れる事で効果はもっと上がります。女性がキスをする時に気持ちいと感じるのは唇だけではありません。首、腰、脚など体のさまざまな所に性感帯はあるので、キスをする時は体も優しく触れてあげましょう。

あなたに優しく触れられるだけでも、彼女は包まれている安心感で幸せな気持ちになるでしょう。

3.唇以外からだんだんキスする

唇にいきなりキスするのもアリですが、唇以外からだんだんキスして”焦らす”と彼女の方は「来るのかな?あれ、来ないのかな?」とドキドキして気持ちがもっと高まるでしょう。いい感じにはなってきたけどキスはまだお預けにするのは、心理学の面からも効果があるようです。

焦らす事で気持ちが増すのは”ツァイガルニク効果”と呼ばれています。人間には中断されたものに対して執着し興味を持ってしまう心理があると言われています。唇に早くキスして欲しいけどまだお預けされる事で、彼女の「早く唇にキスして欲しい」という気持ちが高まるのです。

人間は簡単に手に入ると思うものには執着しません。この心理をディープキスの時にも使うと、さらに2人の気持ちは盛り上がるでしょう。

4.唇を触れ合わせる

目を見つめたり、体を優しく触れたり、キスする場所を焦らしたらやっと唇に到達です。焦らすに焦らされた彼女の方としては、「やっとしてくれた!」と嬉しくなるでしょう。

この時も、ディープキスはまだお預けですよ。最初は優しいキスをするだけでも彼女の体には幸せホルモンがたくさん分泌されるので幸せな気分になれます。

もしあなたの彼女がディープキスをした事がない、もしくはあまり好きじゃないタイプなのであれば、唇を触れ合わせるキスをしばらくして彼女を安心させてあげる事が大切です。

唇を触れ合わせるキスをしていれば、彼女もだんだんあなたとディープキスをする心の準備も出来るでしょう。

5.唇を甘噛み

ここでやっとディープキスの入り口です! この段階では、彼女の幸せ度もどんどん上がっていてディープキスをする準備も出来始めているでしょう。最初から勢いよく口を開けて舌を絡めるのではなく、最初は唇を甘噛み程度から始めましょう。

ディープキスは激しいものだけど、激しさの中にも愛情を感じたいと思うのが女心です。甘噛みは愛情表現のひとつでもあるので、彼女が少し口を開けてくれたらまずは唇の甘噛みで彼女を「愛されてるわ~求められてるわ~!」って気持ちにさせてあげましょう。

6.舌先を絡める

舌の甘噛みをしばらくした後は、だんだん舌先を絡めていきます。いきなり深くまで舌を突っ込んでしまうと彼女はびっくりしてしまうかもしれないので、ここでも最初はゆっくり絡めていくようにしましょう。

7.上あごを舌でなぞる

上あごを舌でなぞるディープキスが好きという女性はけっこういるようです。自分の上あごを舌でなぞってみてください。なんだかくすぐったい感じがしませんか?普段刺激を与えない場所なので、そこを攻められると彼女は敏感に反応するでしょう。ディープキスは舌を絡めるだけと思っていたらあなたが上あごを舐めてきたら、彼女はその意外性にもドキッとするでしょう!

8.歯茎をなぞる

歯茎や歯の裏も優しくなぞってみましょう。歯茎も上あごと同じように意外性があって良いように思いますが、人によっては「あんまり好きじゃない」「上唇と鼻舌がモコッてなるから顔が変になるから嫌」などと賛否両論でもある場所なので、あなたの彼女が歯茎をなぞられるのが好きかちゃんと確かめてからした方が良いでしょう。

9.舌を吸う

彼女もだいぶディープキスに慣れてきて、その気になってきたのを確認したら舌を吸ってみましょう。この時も、思いっきり吸すだけでなく緩急つけながらすると彼女は安心する&いつまた激しく吸われるのかというドキドキも味わえるでしょう。

10.耳や首も攻める

唇以外でも耳や首を攻められると求められているようで嬉しくなる女性は結構いるようです。敏感な人だと、首はくすぐったり、耳は音がダイレクトに伝わってきて気持ち悪いなど嫌がる可能性があるので、もし彼女が嫌がっているようであれば、あまり攻めすぎない方が良いかもしれません。嫌がっているのは「喜んでいる」と勘違いしないように気を付けましょう!

番外編.気もちいいディープキスの練習方法を紹介!

実際、自分がどれだけ気持ちいディープキスができているか気になりませんか?そんなときは、こっそり自分の手の甲を舐めてみましょう。実は手の甲は血管との距離が近く、感覚が研ぎ澄まされている場所でもあるのです。自分の舌触りが硬いのか?柔らかいのか?少しチェックしてみるのもいいかもしれません。

大事なことは、唇を付けずに少し手の甲から離して優しく舐めてみることです!

上級者必見!ディープキスは8種類も存在した!

1.スロートキス

相手の舌を吸うキスのことで、ディープキスの中でも激しめに分類されます。ずーっと舌を吸われっぱなしだと相手は疲れてしまうので、優しめのディープキスもしながらたまにスロートキスをすると良いでしょう。

2.カクテルキス

多くの人がディープキスと聞いて想像するのが、カクテルキスじゃないでしょうか。口を開いた状態で唇を合わせる方法で日本では”ベロチュー”と呼ばれているものです。ベロチューよりはカクテルキスと呼んだ方がだいぶお洒落ですよね!

相手と舌を絡ませたり激しく吸い合ったりする事からカクテルキスと呼ばれるようになったそうです。

3.オブラートキス

相手の舌を包み込むようにしてするオブラートキスは、舌を根本から動かすちょっと高度なワザです。やりすぎると舌がつる可能性もあるので注意しましょう。

4.クロスキス

カクテルキスよりも激しいのがクロスキスです。唇をほとんど離さず密着させるので、呼吸がしにくくなる事もあるでしょう。気持ちが一番盛り上がっている時にするキスではありますが、相手が息がちゃんとできているか、苦しくなさそうか確認する余裕も持ちましょう。

5.バインドキス

相手の口全体をパクッとくわえ込んでするキスです。くわえっぱなしでキスするのではなく、時おり唇を舐めたりします。お互いが交代でして終わりのサインとして軽めのライトキスをします。

6.サーチングキス

相手の口の中を探る(サーチング)キスで、上あごや歯茎などを舌で刺激します。「舌を絡ませるだけじゃないんだぞ!」と相手を驚かせてみましょう。いつもと違った雰囲気に相手も気持ちが高まるでしょう。

7.リズムキス

舌を重ね合わせてリズミカルに出し入れするキスで、左右にこすったりもします。ちょっとテクニックがいりそうですが、いつもと違った刺激を与えられるのでディープキスがいつも同じになってきた時にすると新鮮に感じてもらえるでしょう。

8.タング・トレイン・キス

一方的に相手の舌を吸うのではなく、お互いに舌を吸い合うキスです。ゆっくりと時間をかけてするキスなので、激しめのディープキスをする前にしてみましょう。

絶対にやってはいけないディープキスの注意点とは?

1.口臭ケアをしない

雰囲気作りはバッチリ!いざディープキスをしたら「プワーン・・・・臭い!」なんて事になってませんか??ディープキスをする前に口臭チェックはちゃんとしましたか??せっかくその気になった彼女の顔を一気に曇ってしまう可能性があるので、常に口臭には敏感になっておきましょう!

胃の調子が悪いと口臭の原因になるので、胃の調子を整える食べ物を食べる事をおススメします。例えば大根おろしには消化酵素が含まれているので、ニンニクや辛い食べもののように長時間胃の中に停滞して口臭として出てくる事もなりません。

食べ物の他にはブレスケアなどで口臭予防しておくのも良いでしょう。

2.歯を当てる

良い雰囲気でキスをしている時に「ガツン!」って歯が当たっちゃったりしていませんか??歯の大きさは人それぞれ違うので当たりやすい人もいるとは思いますが、出来るだけ歯は当たらないように細心の注意をしておきましょう。

「歯、当たっちゃったねー!」と笑い話になってからでもまた良い雰囲気に戻る事も出来るとは思いますが、場合によっては歯が当たってしまうから止めようなんて事にもなってしまうかもしれません!

3.呼吸の出来ないキス

気持ちが舞い上がって見落としてしまいがちなのが”呼吸”ではないでしょうか?彼女が呼吸が出来ないくらいのディープキスをしてしまうのは、彼女が苦しくなってしまって途中で中断してしまう可能性もあるので、盛り上がっている中にも「ちゃんと彼女呼吸してるかな?」と確認する余裕は持つようにしましょう!

4.いきなりディープキス

ディープキスの事で頭がいっぱいでも、ちゃんと手順を踏む事は忘れないようにしましょう!

何度も言いますが、良いディープキスには雰囲気作りが大切です!目を見つめたり体を優しく触れたりしてから、唇も優しくキスして・・・と段階を踏んでからすると、焦らされる気持ちも合い重なるから盛り上がるのです。

彼女が「いきなりガってディープキスしてくれるのが好き!」というタイプなのであればしても良いかもしれませんが、基本軽めのキスの方が好きな彼女の場合は徐々にしていく方が良いでしょう。

5.唾液でベトベトに

唾液でベトベトにした方が盛り上がりそうと思う方もいらっしゃるようですが、ベトベトにされる女性側からしてみれば、「カピカピになるよ・・・」と複雑な気持ちになるものです。

女性の中には「そんなにベトベトにされたら菌をめちゃめちゃ移されている気がして不快になる。」という意見の人もいるようなので、ここは慎重になるべきポイントだと思います。

6.寝起きにディープキス

寝起き=歯を磨いていないという事です。寝起きの口の中は、トイレの便器より汚いのはご存じでしょうか?好きな彼女だからこそしたいディープキスではありますが、寝起きにしてしますとトイレの便器とキスをしているのと同じと思っておきましょう。

あるアンケートによると、寝起きのキスは好き?という質問に対して「はい」と答えた女性は34.2%、「いいえ」と答えた女性は65.8%と「いいえ」の方が多い結果になったそうです。

「寝起きの口は汚い」「そんな気分になれない」「口の匂いが気になる」などの女性が多数いるので、あなたの彼女もひょっとしたら寝起きにディープキスはしたくない派かもしれません。

7.鼻毛・ひげの処理をしない

付き合いが長くなってきたら、鼻毛が出ていても、ひげがジョリジョリでも彼女も許してくれるかもしれません。でも、付き合って間もない頃だと彼女っも遠慮してなかなか言えない可能性だってあります。

例えば、彼女がもしあなたの鼻毛が1本出ているのをキスの途中で気付いたとしても「鼻毛出てるよ。」と正直に言えないまま、頭の中で「鼻毛・・・鼻毛!!」と気になってしょうがないかもしれません。これじゃムードあるディープキスはちょっと難しそうですよね(笑)

エチケットとして、鼻毛、ひげの処理はちゃんとしておきましょう!

8.脂ぎっしゅな顔

顔がテカリやすいのであれば、洗顔や脂取り紙などで脂をとるように工夫しましょう!キスはお互いの顔を近づけるのであまりに脂ぎっしゅだと彼女がキスをする気分じゃなくなるかもしれません!キスをする時はエチケットも大切にしましょう。

9.波長が合わない

彼女が緩めのキスをしたい時に激しいキスをしたり、彼女はもっと来てほしいのにパタリと止んでしまたり。お互いの波長が合わないと「なんか違うな。」と盛り上がった気持ちもだんだんと下がってしまいます。彼女がどんなキスを求めているのかを、彼女の動きをしっかり見て判断しましょう。

10.体臭が臭い

あなた体臭は大丈夫ですか??もし「ちょっと臭いかも?」と自覚症状があるなら、体臭予防対策を!汗が気になるのであれば制汗剤、臭いが気になるのであればデオドラント剤を使いましょう。

デオドラント剤の場合、体臭を消してはくれるのですが種類によっては体臭をより強くしてしまうものもあるそうなので、自分にあったものを選ぶようにしましょう。制汗汗によって汗腺を塞ぐので毛穴が詰まってかゆみ、かぶれなどの原因にもなるので、かけすぎにも注意しましょう。

まとめ

ストレスを緩和させる効果だけでなく、脳をしびれさせる、免疫力を上げる、ダイエット効果など健康面にも関係しているキス。好きな人とのキスには良い効果がたくさんあるんですね!

ディープキスと一言でいっても色んな種類のディープキスがあるのは知らない人も多かったのではないでしょうか?初めから高度なものをする必要はありませんが、慣れてきたらたまには違った種類のものをすると良いかもしれませんね!

ディープキスをするまでの雰囲気作りや、キスをし始めてからの手順などあれこれと考えてしまうかもしれませんが、彼女は完璧なディープキスだけを求めているわけではないと思います。一番大切なのは、あなたが彼女を好きという気持ちです。どうすれば彼女に気持ちが伝わるかを考えてあげれば、きっと自然と彼女を大切にしてあげれるし、素敵なディープキスも出来ると思います。

まずは”気持ち”を大切にしましょう!

スポンサーリンク