ホットピラティスは短期ダイエットにおすすめ!筋肉を鍛えて綺麗に♡

スポンサーリンク

ヨガとピラティスの違いはご存知ですか?ヨガは精神的に安定させることを目的とした健康法ですが、ピラティスはリハビリを目的とした体を鍛える「運動」なので、よりダイエットに効果的ですよ!

ホットピラティスは体幹を鍛えるエクササイズ!

ピラティスはドイツ発祥の負傷した兵士のリハビリのために、ヨガや太極拳などを参考に作られたもので、インナーマッスルを鍛える目的で行います。室温38度、湿度70%くらいの環境で行うホットピラティスでは、筋肉が温まり柔らかい状態で鍛えるので、より鍛えやすく、高いダイエット効果が期待できます。

またピラティスではインナーマッスルを鍛えるので、基礎代謝が上がり太りにくい体質へと改善し、正しい姿勢へ矯正していきますが、ホットピラティスでは大量の汗をかきながらトレーニングするのでデトックス効果もあり、さらに綺麗に痩せることができますよ!

スポンサーリンク

ピラティスとヨガの違いは何?

ピラティスとヨガのイメージはとても良く似ていますよね。実際に、ピラティスはヨガを参考にしているので当然似ているのですが、目的や方法は全然違うんです。ヨガとピラティスの違いを理解して、どちらが自分に合っているのかを決める参考にしてみてくださいね。

リハビリのために開発されたピラティス

ピラティスは戦場で怪我をした兵士が早く日常生活を送れるように、効果的に筋肉を鍛えるために開発されたものなので、「心を開放する」というような精神的な面に重点を置いているヨガとは違い、「いかに効率よく効果的に筋肉を鍛えるか」というところに重点を置いています。

筋肉を鍛えるという点においては、ヨガは筋トレと同等の効果であるのに対し、ピラティスはより早く効果を実感できます。また、鍛えにくいインナーマッスルを鍛えるので、より基礎代謝量を増加させることができます。

ピラティスは胸式呼吸で交感神経を刺激

ヨガが腹式呼吸で副交感神経を刺激し、リラックスしながら行うのに対して、ピラティスでは胸式呼吸で交感神経を刺激し、活動的な状態で行います。交感神経が優位の状態では、心拍も早くなり筋肉も緊張状態で、スポーツをしている時と同じ状態です。

ヨガで鍛えられる筋肉は時間をかけて鍛えるので、柔軟性のある筋肉になりますが、ピラティスで鍛えられる筋肉は短期で鍛えるので強度のある筋肉に仕上がります。まずは筋肉量を増やしたいという人や、とにかく早く痩せたいという人には、筋肉強化を目的としたピラティスがおすすめです。ほとんど運動していなかった人には2週間程度で効果を実感できるようですよ!

ホットピラティスがおすすめな人3タイプ!

ピラティスとヨガ、さらにはホットピラティスとホットヨガ、どれを始めたらいいのか迷いますよね。ピラティスやホットピラティスがおすすめのタイプの人を紹介していきます。

type1:活発に過ごすことが好きな人

筋肉を鍛えることを目的としているピラティスにも、ヨガのようにリラックス効果や精神的な安定の効果もあります。ヨガとピラティスで迷っているなら、日常生活でストレスを感じ、リラックスして過ごしたい人にはヨガがおすすめです。

活動的に過ごすことが好きな人には、動きのあるポージングで充足感のある体の疲れと頭がすっきりした感覚を得られ、その後とてもリラックスした状態になれるピラティスがおすすめです。

type2:なんとなく不調…という人

ピラティスでは骨格のゆがみを矯正し、姿勢を正していきますが、これは精神のバランスも整えてくれるのだそうです。骨格のゆがみは体を不自然な状態にしているので、少しずつストレスが溜まり、精神的にも悪い影響が出てきます。

ピラティスでインナーマッスルを鍛え、常に正しい姿勢で過ごせるようになっていくことで、ちょっとしたことでイライラしてしまうようなことが解消されていき、健全な精神状態へと変わっていきますので、なんとなく不調を感じている人はぜひピラティスをしてみてください。

type3:運動なんて久しぶり!という人

全然運動していなく、筋肉に自信が全くない!という人には、ホットピラティスがおすすめです。室温・湿度が高い環境でトレーニングすることで、筋肉の伸びが良くなるので怪我をしにくくなり、高い効果を得られます。

ヨガのポーズは立ちポーズで静止するものが多いため、全く筋肉が鍛えられていない状態では、ポーズによってはかなり辛かったりもします。ヨガを気持ちよく行うために、リハビリ目的で開発された寝ポーズの多いピラティスで、先にインナーマッスルを鍛えるのもいいかもしれませんよ。

スポンサーリンク

ホットピラティスでインナーマッスルを鍛えよう!

筋肉を鍛えることで、その部分に脂肪がつきにくくなりますが、筋トレでアウターマッスルを鍛える方法では、女性らしいボディラインではなくなってしまう場合もあります。ピラティスでインナーマッスルを鍛えることで、女性らしいボディラインで体を引き締めていくことができますよ!

インナーマッスルはアウターマッスルよりも鍛えにくいのですが、筋肉を温めながら行うホットピラティスなら効率よく鍛えていくことができ、ダイエットし始めの時期におススメです。しっかりインナーマッスルを鍛えられるので、ダイエットの効果を早く実感したい人は、ぜひホットピラティスを体験してみてくださいね。

スポンサーリンク