ノンアルコールビールは太る!?飲み方次第で結果が違うので要注意!

スポンサーリンク

ノンアルコールビールはカロリーが控え目なものが多いのですが、実際のところダイエットには効果があるのでしょうか?今回はダイエットの補助になるノンアルコールビールの飲み方や気を付けたいビールの飲み方についてまとめました。

ノンアルコールでダイエットは可能?

ノンアルコールビールでダイエット、という話を耳にします。本当にビールをノンアルコールビールに変更するだけでダイエットできるのでしょうか?ノンアルコールビールについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

ノンアルコール=カロリー0ではない

ノンアルコールはカロリー控え目だけど、ダイエット向きかと言われると微妙かも?ノンアルコールビールについて見ていきましょう。

ノンアルコールビールのカロリーは?

アルコール自体にははカロリーが1gあたり7.1kcalもカロリーが含まれています。ですのでノンアルコールになるだけでも見た目のカロリーが減る、というのは本当です。けれど全くカロリーがないわけでもないので飲み過ぎてしまえばカロリーをとってしまいます。具体的に商品ごとのカロリーで見ていきましょう。

ビール(350mlのカロリー)

キリン一番搾り生ビール:144kcal

アサヒスーパードライ:144kcal

サッポロ生ビール黒ラベル:140kcal

サントリー ザ・プレミアム・モルツ:164.5kcal

ノンアルコールビール(350mlのカロリー)

キリンフリー:39.0kcal

アサヒ ダブルゼロ:0kcal

アサヒ ドライゼロ:52.5kcal

サッポロ プレミアムアルコールフリー:77.0kcal

サントリー オールフリー:0kcal

このようにカロリーが低くともカロリーが0になっていないものが多くある事がわかります。ビールと同じ量飲む場合はダイエットにも有効かもしれませんが、カロリーが低いからといって飲み過ぎてしまえばダイエットにはなりません。

アルコールのカロリーは体に溜まらない?

アルコールのカロリーはエンプティカロリーといって飲んだそばから消費されるカロリーが一部含まれています。体に入ってすぐに消費されてしまうカロリーはアルコールのカロリーのうち2.1kcalほど。体で実際に消費しなければいけないのはアルコールのカロリーのうち5kcalほど。

ビールに含まれているアルコール度数は5%程度。この分のアルコールが0になってアルコール分のカロリーが減ったとしても体で実際使うカロリー自体はあまり減らない、という結果に。そう考えるとアルコールを減らすより糖質を減らしたビールを選ぶようにした方がいいかもしれません。

カロリー0でも人工甘味料が食欲を増進?

ノンアルコールにはアルコールが入っていないし、アルコールの効果でもある食べ過ぎを防げるのでは?とも思います。けれどノンアルコールのカロリー0のビールでも食欲が増進する原因があります。それは人工甘味料です。

人口甘味料が入っているものを飲むと甘味を感じて脳は糖とそのカロリーを摂取したと感じています。けれど甘い味は入ってきてもカロリーは入って来ないので脳は予定よりカロリーが入ってこないという錯覚を起こした状態に。脳はもっとカロリーが欲しいとなり食欲が増進してしまいます。

これにプラスして雰囲気で浮かれていればおつまみを食べ過ぎてしまいがちに。何となく食べてしまう、飲んでしまう、という状況は避けましょう。また、ノンアルコールビールは苦味だけなのでは、と思いがちですがノンアルコールビールの原材料のほとんどに人口甘味料のアセスルファムKが入っています。

甘味のないお酒でも糖質が含まれている、0カロリーでも甘味料は使われている、という事を忘れずに。気になる方は商品の成分表をチェックしてください。

上手く飲めばカロリーオフ!

ノンアルコールビールは確かにカロリー控え目ですが、飲み方しだいでは太ったりダイエット味方になったりします。ダイエット向きになるノンアルコールビールの飲み方を見ていきましょう。

太る原因はおつまみのカロリー

飲酒だけで太る、というのはなかなか難しいものです。どちらかというとアルコールにと一緒に食べるカロリーの高いおつまみでカロリーオーバーになってしまうようです。ノンアルコールビールでダイエットをしよう、と思う場合はおつまみのカロリーを減らしましょう。

おすすめのおつまみは冷奴やエダマメ、お刺身、サラダなどです。焼き魚などもタンパク質が豊富でカロリー控え目です。自分で作るならこってりしたおつまみをヘルシーに作るのもありです。揚げないから揚げやバターや生クリームを使わないグラタンを作るようにしましょう。

糖質カットのノンアルコールビールを選ぶ

ノンアルコールビールのほとんどの商品は糖質がカットされていますが、その中でも糖質が低いものを選ぶようにしましょう。体の中で消費しなければいけないカロリーが少なくて済みます。お酒を普段からよく飲む場合は大幅にカロリーを減らすことができます。

あくまで普段飲んでいるお酒の分のカロリーカットなので1日に消費するカロリーより摂取カロリーが少なくないと体重が減りません。ですので1日の食事全体のカロリーを減らすようにしましょう。ノンアルコールビールに代用するだけで体重が減る、という訳ではないのを覚えておいてください。

スポンサーリンク

あくまで普段より摂取カロリーを減らすだけ

ビールをノンアルコールビールに変更するだけでダイエットができる、というわけではありません。あくまで1日の摂取カロリーを減らす補助になる、とだけ覚えておきましょう。ただ飲み会の時や飲みたい気分の時にあまりカロリーを気にし過ぎずに飲める、そんなところがノンアルコールビールの魅力なのかもしれません。

スポンサーリンク