【ストレスフリー】ストレスから解消されて自由な人生を手に入れる4つのコツ!!

ストレスフリーは自分で作るものです。きっと今あなたはストレスから開放されたくて仕方がないかもしれません。あなたはもう、ストレスから開放されてもいいのではないでしょうか?そんなあなたにこれからストレスフリーになる方法をお伝えしたいと思います。

ストレスフリーってどんな状態?

ストレスから開放された状態のこと

毎日普通に生活をしていると、ストレスを感じない日はありませんよね。

ストレスを感じるのが当たり前のストレス社会に生きている私達にとって、ストレスをどう解消していくか。これはとても大切なことですし、これからの社会の課題といってもいいでしょう。

ストレスが溜まると様々な病気になる事はもう常識です。代表的なものとして、うつ病があげられますが、そのストレスが積み重なると病気にはならなくても、なんらかの身体的・精神的症状が出てきてしまいます。

ストレスを定期的に解消し、自分らしく生きていくことが長く健康に生きていく上で最も大事なことだといえるでしょう。

ストレスフリーは自分で作るもの

ストレスフリーになる方法は実はたくさんあります。

自分の体調に耳を傾けたり、考え方を変えたり、思い切って環境を変えたり…普段生活している中で視点を変えてみたりやり方を変えてみたりすると案外「どうしてあんなことで悩んでいたんだろう」とほっとするものです。

ストレスフリーは自分で作るものです。きっと今あなたはストレスから開放されたくて仕方がないかもしれません。でも、それはできます。誰にだってできるんです。

「でも、どうやってやるの?自分の生活習慣や考え方の癖ってそんなに簡単に変えられるものなのかな?」と思うかもしれません。しかし、ストレスを感じている時点でもはやあなたは頑張りすぎています。

あなたはもう、ストレスから開放されてもいいのではないでしょうか?

そんなあなたにこれからストレスフリーになる方法をお伝えしたいと思います。

ストレスフリーへの道「体調を整える」

まずは、「健康」であること

健康じゃなくて常に体調悪い、という状態だとそれだけでストレスがかかります。体調が悪いということは、本来のあなたのあるべき姿ではないということです。

ストレスが原因で体調が悪いということもありますが、それではどんどん健康が損なわれてしまい悪循環になってしまいますよね。

ストレスが常にかかった状態で仕事したり勉強したりすると作業は進まないしなんかしんどいしで更にストレスがたまってしまいます。体調が悪いということはそれだけで損をしてしまっているのです。

まずは、あなたの体調を改善し、あなたの本来の力を発揮できる状態にしましょう。

「体調管理」って実は簡単なようでちょっと難しいものです。仕事や勉強に集中してしまうと、食事や睡眠なんて二の次でいいやと思ってしまいますよね。

でも、あなたが快適に生活するためにはどうしても心身ともに健康でいることが大切なのです。きっとあなたも仕事や勉強に追われながらもそう感じているはずです。

まずは、一息ついたなと自分が感じたら食事をとりましょう。睡眠をとりましょう。「休憩」ってどうしてもあとでいいやと放り投げてしまいがちですがとても大切なことです。

この「休憩」の時間をとることによって少しずつ体調がよくなり、とった時間以上にあなたは良い時間をすごせることになるでしょう。

運動をしよう

精神的な疲れには睡眠も大事ですが体を動かすのも大切です。精神的に疲れていても、身体が疲れていないとなかなか眠れないことだってあります。

特にウォーキングなどリズムよくできる運動はセロトニンの分泌も良くしてくれストレスを和らげてくれる働きがあります。

普段まったく運動しないという人でもウォーキングや軽いストレッチならしんどくないと思うので少しだけ体を動かすようにしてみましょう。

気持ちよく身体を動かして心地の良い疲労がぐっすり睡眠をとれる方法にもなります。

ストレスフリーへの道「思考を変える」

物事の「閾値」を下げる

普段からなるべく自分の閾値を下げる意識を持ちましょう。他者に対するハードルを下げ、ある程度のレベルをクリアしてくれたらそれで十分だとおもえるようにしておくことが大切です。

ストレスを溜めてしまう人は、他人よりもずっと物事を考えていることが多いです。それは、実は他人のため、仕事のためにはなるかもしれませんが、なによりもあなた自身のためにはなっていません。

物事の閾値を下げるとたとえば相手が期待以上のサービスを提供してくれた時には、大きく喜んで感謝することができますよね。

なかなか物事の閾値を下げる、というのはすぐにはできないかもしれません。しかし、毎日このことを意識して生活していると自然とその考え方は確実に身についてきます。

物事の閾値を下げるのはストレスフリーになるためには必要不可欠なものなのです。ただし、これが少しずつ身についていくとどんどん肩の荷が下りていきます。

潔癖な心で過ごす

他人の不注意から損害を被ってしまっても、「こういう事もある」「私も気をつけよう」と許してあげるとストレスが溜まりにくくなります。

「あいつは不愉快だ」「仕返しをしたい」と憎悪を募らせてしまうと逆に自分のストレスとなって返ってきます。不愉快な人間がいても構わず、「不幸な人なんだなあ」と流し、許してあげちゃいましょう。

心が綺麗な人はストレスが溜まりません。それは、わざわざパワーを使ってイライラしたり、怒ったりしないからです。マイナスの言葉は自分にとってとても負荷がかかりますし、言ってしまえば無駄な感情だといえます。

自分にとって不要な考え方の癖はぽいっと捨てちゃいましょう。

ドロップオフのリストをつくる

ゆるい生き方を選ぶにはそれなりの覚悟が必要です。覚悟といっても、今すぐ仕事をやめるとか、引越しをする、というわけではありませんので安心してくださいね。

私たちは多くの欲を持っています。その欲を持つことによって逆にストレスを感じてしまうということはもうおわかりだろうと思います。

何事も60点主義で考えましょう。そうすると、今の状態が心地良いと思えるかもしれませんし、今もう全速力で走っているからもう少し速度を弱めたほうがいいなと思えるかもしれません。

自分を追い込んでストイックに生きていると、ピリピリした緊張感は周囲の人にも伝染します。家族や仲間が望んでいるのはもっとリラックスした空気だと思います。

人生に競争はありません。ストレスフリーへの道は、自分のペースで生きていくことなのです。

自由な自分になる

自由な人はストレスを溜めません。

気分の切り替えが上手い、物事を深く考えない、明るい考え方を持っている、そんな人は例えストレスが多いといわれている職場に就いていても、ストレスを溜めないよう上手に生活ができています。

ミスをひきずってしまう、辛かった思い出をいつまでも愚痴ってしまう、そんな人はストレスが溜まってしまいます。

でも、ネガティブな考え方を持っている人がいきなり自由な自分になろうとしても、難しいですよね。少しずつで良いので、なるべく物事を前向きに捉え、自分を開放的にしてあげましょう。

しかし、自由な自分になるというのは自由になれる環境を作らなければいけません。次の項目で自由な自分になるための環境づくりを説明していきます。

ストレスフリーへの道「環境を変える」

「ストレスフリーになるため」に動く

ストレスフリーになるためにはやっぱり仕事が楽しくないといけません。楽しい仕事って自分がやりたいことじゃないと難しいですよね 。

でも楽しくない仕事している。じゃあどうすればいいか?今やって仕事で資金をためたり仕事の前後の時間を使って好きなことを仕事にできないか考えてみましょう。いっきにやりたい仕事一本にシフトするのは難しくても少しずつならできるかもしれないです。

朝早くに起きて絵の勉強をしたり休みの日はがっつり絵を描いてみるとか結構時間はありますよね。

仕事が忙しすぎて休日は疲れてるとき、睡眠時間10時間とってもまだ14時間もあります。その時間をしっかりと使えば最終的に好きなことで生きていくこともできるかもしれませんよね。

せっかくこの先何十年もやっていくことです。たとえばあなたがまだ若いから頑張らなくてはいけないと思うかもしれません。ただ、今の積み重ねが未来につながっていきます。

ストレスフリーになる時期は遅い、早いはありません。今から楽に生きる方法を考えていきましょう。

なるべく衝突の少ない仕事や環境を選ぶ

ストレスの原因のほとんどが、学校や職場などの社会ではないでしょうか。特に、人に怒られたり、理不尽な扱い方をされたり、嫌味を言われてしまったり、と人間同士の衝突からストレスは生じやすいです。

とても思い切ったストレスフリーな生活をする方法になってしまいますが、いっその事、人と接する必要が無い通信制の学校や内職を選んでみてはいかがでしょうか。

翻訳、インターネットビジネス、打ち込みなどの仕事は自宅でできるケースが多く、こういった自宅でできる仕事のスキルを得ておくと心強くなりますよ。

現在学生であり、人間同士の衝突からストレスを感じてしまうと実感している人は、語学などを学ぶ方向を目指すと、社会人になってからは翻訳など、自宅でできる仕事に就け人間関係によるストレスを回避できます。

田舎で暮らす

都会はストレスが溜まりやすく田舎はおおらかで自由な印象がありますね。

実際のところ、都会は便利ですし商業施設も仕事も溢れていますが、満員電車、人込み、人間の冷たさにストレスを感じている人が多いそうです。

田舎は電車も空いており、歩いていても人が少ないために快適であり、ストレスを感じにくいとなっています。

田舎の利点は人が少ないだけでなく、自然が多く、空気も綺麗であるために体からリフレッシュができます。ごちゃごちゃとした物に囲まれず、自然に囲まれて過ごすだけでも心がすうっと癒されます。

環境がごちゃごちゃしていると自分の頭の中も同じようになってしまいます。シンプルにする、という意味ではこの方法も手かもしれません。

休む時は休む

時には休むことも大切です。残りの時間常にフルスロットルで駆け抜けられることはできるかもしれませんが、常に全力だと途中でしんどくなって嫌になりますよね。

嫌になったまま続けていると好きなことでも結局ストレスになってしまうかもしれません。

オーバーワークにならないように常に調整していくことを考えましょう。

ストレスフリーへの道「行動を変える」

部屋を片付けて頭の中もすっきり

まずは、身の回りをシンプルにしていきましょう。あなたの部屋は無駄なもので散らかっていませんか?もったいないと思って取ってあるものなどたくさんあると思います。思い出が詰まっているものもあるかもしれません。

もし、今使わないものが目に付くところにあるのであれば、それにとらわれて過ごさなくてはいけないことになります。使わないものはなくしてしまいましょう。そうすれば、それだけ悩む場面も減って、考え方も行動もシンプルになっていきます。

また、贅沢品のために働かないことです。無理して贅沢品を手に入れることは、決して生活の質を高めることにはつながるとは限りません。「あれがほしいから頑張って仕事をしよう!」と思うこと自体がストレスになってしまう可能性があるからです。

部屋の中はその人の頭の中と同じだといわれています。部屋をすっきりとさせると頭の中もシンプルにまとまり、風通しの良い環境になります。

やりたいこと以外はやらない!

一番ストレスフリーになるのは「やりたいこと以外はやらない」ということです。

今やってることは本当にやりたいことですか?たとえば本当はダイエット指導とかトレーニング指導を仕事にしたいのに全然関係ないことしてるとか。それって結構辛いですよね。

生活のために仕事をしなくちゃいけないのは当然ですが今やりたくなり仕事をやっててそのまま定年まではきつすぎます。

今すぐバシっと仕事やめていきなり切り替えるというのは難しいかもしれませんが遠くないうちに自分の好きなことをして生活していけるように考えてみましょう。

現実的に考えて無理だと思うかもしれませんが、ビジネスの方法はいくらでもあります。できるだけ自分にストレスがかからないような仕事をしましょう。

ストレスフリーになったときの景色

ストレスフリーになるためにはなにかしら行動しないといけません。このしんどい状況なんとかならないかなあと思っているだけでは意味はないのです。

ですのでなんとかしてやるって気持ちでどんどん行動していきましょう。上記で述べてきましたが、考え方を変えることからももうストレスフリーな生活へ進むことになっているのです。

やりたくないことからはどんどん離れて、やりたいことをやる人生にしましょう!