「好きな人へアプローチしたい!」そんなあなたが知るべきたった3つのコツとは

好きな人へアプローチしたい!そんな人もいると思います。ですが、なかなかアプローチするのは緊張するといった気持ちを持っている人はいないですか?そこで今回は、好きな人へアプローチするときに大事な秘訣をご紹介させていただきます。

好きな人へのアプローチってできますか?

あの子のこと好きだからアプローチしたい!そう思っている人もいるのではないでしょうか?でも、アプローチってなかなか簡単にできるものではないっていう人もいると思います。振られたらどうしよう。とか緊張して言えないという人もいると思います。

アプローチをするのって男性からが多いというイメージがあります。しかし最近では、草食系の男性が増えているのもあり、女性からアプローチするという機会もとても多くなっています。そのため、男女どちらからでもアプローチをしています。

しかし、アプローチをしよう!と思っても、どういう風にやったら良いかわからないのではないでしょうか?例えば、場面はどうするか?とか、どういう手段を使って実行するか?とか色々わからないことだらけだと思います。そこで、今回は色々な方法や手段を紹介させていただき、アプローチをスムーズに行えるようにするためのご説明をしたいと思います。

それではまず初めに、アプローチするときの場面について、説明していきたいと思います。場面は色々な場面があります。どういう場面で、アプローチするのが良いのか?ということについて説明させていただきます。

シチュエーションのパターン

①職場

これは、代表的ではないでしょうか?よく社内恋愛っていう言葉も聞くことがあります。これは、同じ職場の人のことが好きになるということです。

同じ職場の人と付き合い出す特徴っていうのが、一緒に仕事をしているからとか、違う部署の人なんだけど惚れた、困ってたら助けてくれたから惚れた、ということがきっかけになる人が多いです。

社内恋愛なので、会社の中で色々とあの手この手を使って親密になっていく人が多いです。例えば、一緒にランチへ行ったり、あるいは、社内のサークル活動で親密になったり、あるいは社内旅行で近づいたりと、色々な社内行事を使って徐々に関係性を近くしていきアプローチをするといった形が良いです。

②学校

最近では社会人でも専門学校や大学に行っているという人も多くなってきています。特に、こういう学校だと好きな人と2人で勉強をしたり、相談事をするといったことが有効になってきます。

例えば、勉強しててわからない部分があったら、聞いたら良いでしょうし、逆に相手が分からないと言ってきたら、こちらから教えるという風にしていくと、自然にアプローチもかけやすくなります。

勉強疲れたね。みたいな感じで近づいていき、ちょっとご飯でも行く?とかカフェでゆっくりしようか?という感じで距離をさらに近くしていくことができます。学校で同じクラスだったら、勉強をしている内容も同じことの場合が多いので、共通の話もしやすく、とても相手にアプローチしやすくなります。

また、学校にもサークル活動はあります。サークルに入ることで、その中で好きな人が現れる場合もあります。その場合は、その好きな人と積極的にサークル内で話すと、そこからご飯を食べに行ったりすることもできて、親密になりやすいです。学校だと、普段働いているときとは違って、感情も少し開放的になるので、好きな人へのアプローチはしやすいです。

③店員

これは、例えばよく行くコンビニの店員に惚れたからアプローチをしたいという場面です。この場合に多いのは、直接店員に連絡先を渡してアプローチするといったケースが多いです。客対店員の関係性です。結構店員さんに直接連絡先を渡す人も多いです。

なかなか緊張すると思いますが、店員に惚れたのであれば、その方法が一番有効的だと思います。もしくは、知り合いがいるのであれば、その知り合いに1度ご飯を食べにいきたいとお願いしたり、もしくは好きな店員がいる場所で働き出すといった方法もあります。

しかし、これで恋愛成就させるのは、なかなか難しいです。これで実るっていうのは、よほどの強運の持ち主だと言えるでしょう。

④同窓会

これもよくありますよね。中学や高校の同窓会に行って、そこからアプローチするパターンです。アプローチの仕方としてよくあるのは、実は学生のとき、好きだったんだよね。という話をするとそこから一気にアプローチすることができます。

特に好きな人が、別れたばかりとか精神的に参ってる感じの雰囲気だったら、尚更アプローチは、どんどん良い方向に進んでいきます。

同窓会って、結構今だから言えるっていうことも結構多いんですよね。ぶっちゃけトークができるので、結構相手に対してアプローチもしやすくなるんですよね。なので、もし良いなと思う人がいたら同窓会で連絡を交換して、そこから徐々に密になっていくというのを実践していくと良いです。

⑤人からの紹介

これは、私もよくありました。友達からの紹介です。例えば、会わせたい人がいるから一緒に会ってみたらということや、もしくは社内の人からの紹介でお見合いを開いてもらい、お見合い終了後次第に惚れていくことで、どんどん相手へアプローチしていくといったものです。

これは、最初は好きという気持ちがなかったものの、人が紹介してくれたことで、徐々に好きになっていってそこから次第にアプローチしていくという形になることが多いです。

⑥飲み会

特に、街中に行くと最近では色々なところで飲み会が開催されています。特に都心へ出ると毎日のように色々な場所で飲み会が行なわれています。パーティーも数十人から百人以上と色々な大きさのものがあります。そこで、好きな人ができてアプローチするといったシチュエーションもあります。

そこからだと、最初の出会いのきっかけも自然ですし、相手から変に思われる可能性も少ないので、アプローチしやすいです。恋人を本気で探している人も結構多く来ているので、ここで出会った人へはアプローチもしやすいです。

どんなアプローチ方法があるか?

①直接会う

まずこれは、同じ場所で働いている人向けです。直接会社で好きな人に対してアプローチするといった方法です。特に会社だととても自然ですし、一言言うだけなので、気軽に誘いやすいです。また、面と向かって言うことで、相手に対して表情もみせることができます。

誘うときの表情もニコってした笑顔で明るく誘ってみましょう。そうすることで、女性もコロって行ってしまうこともあります。直接会ってアプローチするメリットとしては、普段の仕事をしているときとは、違う表情を見せることもできるので、相手も受け入れやすいというメリットがあります。

②LINE

これは最近急速に広がっています。LINEも大半の人はやっているのではないでしょうか?これは、無料のアプリでチャットのようなものです。これはメールよりも入力する手間もなく、気軽に相手へ連絡することができます。これはすぐに、自分のアドレスの登録や削除ができるので、気軽でとても使いやすいです。

LINEでアプローチをするメリットとしては、相手を気軽に誘えるという感じです。良い意味で言ったら、重くない、悪い意味で言ったら軽いという感じに見えます。最近ではLINEで連絡を取っているという人も多く、世の中でもメジャーなアプローチ手段だということが言えます。

③メール

これは特に、さきほど説明したLINEをやっていない人が使う人が多いです。LINEが出てくる前は、メールでやりとりをしている人が多かったです。メールで行なうメリットとしては、文字も見やすいですし、相手の宛先がメールアドレスでも電話番号のどちらに対しても送ることができるという点があります。

また、LINEはサイトが潰れてしまうと使えなくなってしまいますが、メールは携帯のキャリアのものだとなかなか潰れることもないと思うので、安心して使うこともできます。

④電話

電話は相手へ声を伝えることができます。お互い声が伝わるので、どういう風に思っているのかということを多少感じ取ることができます。また、電話をすることで声の強弱をつけることもでき、相手に対してのアプローチも伝えやすくなります。

また、相手の声も聞こえるので本人が話しているということも分かります。LINEやメールだと別人が送ることもしようと思えばできますが、電話だと別人が電話で話しているとすぐ違うなということがわかるので、安心感はあります。

⑤手紙

これは、昔で言うラブレターってものです。なかなか、この方法は最近は聞かないです。しかし、なかには手紙で書いたほうが相手へ気持ちも伝わりやすいということで使っている人もいます。これを使うメリットは、手紙は自分で書くものなので、相手へ対して気持ちも伝わりやすいでしょうし、一生懸命書いた手紙って言うのは、相手が受け取っても気持ち良いです。

しかし、これは相手に対してもとても重い気持ちを与えてしまうことにもなります。何で、手紙なんて渡してくるの?と言う人も出てくるので、これを使うのは、だいぶ関係性が深くなってから、手紙を書くと良いでしょう。

アプローチのポイント!

①しつこくアプローチしすぎない

好きな人がいて、猛烈にアプローチしたいという気持ちがあるのはとても分かります。しかし、しつこくアプローチしすぎると、相手にも嫌われてしまう場合もあります。しつこい人ってなかなか好きになることはできません。下手すると、ストーカーのように扱われる場合もあります。

ストーカーのように扱われてしまうと、その好きな人へ近づくこともできなくなってしまいますし、仮に同じ社内の人だったら変な噂が広がってしまう原因にもなってしまいます。そうなると、会社で働きづらくなてしまい、次第に体調もおかしくなってしまいます。最終的にうつ病のような精神疾患にもなってしまい、会社を辞めてしまうということにもなります。

②同じパターンのアプローチを何度もしない

同じパターンのアプローチをしてしまうと、相手が自分に対して気持ちを向けてくれても、途中から嫌になってしまいます。同じパターンだと新鮮味もなくなり、飽きてくるので結局嫌になってきてしまいます。心がついて行かなくなってしまうので、アプローチも失敗に終わってしまいます。

アプローチは1回やれば良いというものではありません。何度かアプローチすることで相手も振り向いてくれる可能性が高くなってきます。そのため、相手がついていこうと思ってくれるアプローチをしていくことが大切になってきます。

ですのでアプローチをするときには、色々なパターンでアプローチするようにしましょう。そうすることで、相手も飽きが来なくなり、アプローチを受け入れやすくなります。アプローチを成功させるためにも、色々なアプローチを準備しておくことで、相手も受け入れてくれるでしょう。

③自信を持つ

自分に自信を持つことは大事です。これは、自信がなかったらアプローチをどんな風にしても伝わってしまいます。例えば文にもネガティブな表記がされますし、表情や声にも自信がないと暗く伝わってしまいます。そうなると、相手も受け入れにくくなってきます。

やおぱり暗い人よりも明るい人の方が、人の魅力はひきたちやすいでしょうし、この人だったら行こうっていう考えにもなります。自分に自信がなくてもそこは、自分に自信を持ってアプローチをした方が、成功しやすくなる可能性はとても高くなります。自分がアプローチしたら相手は答えてくれる!という強い意識を持つことで、アプローチも上手くいかせることもできます。

アプローチの大切さ

アプローチについて色々とご紹介させていただきました。アプローチとは何だと思いますか?私は、自己アピールの場だと思います。例えば、アプローチのときに自己アピールが上手い人っていうのは、やっぱり成功する確率も高くなります。

では、自己アピールをするのが上手い人っていうのは、どういう人でしょうか?それは、相手へ対して正直に接して、しかも相手がどういう部分を好きになってくれるかと言ったことを把握しながらアピールすることだと思います。

自分の中でこれをアピールしようと思っていても相手がその部分に興味がなかったら、正直アピールしても意味がありません。ですので、相手視線に立って、どういうことをアピールすれば良いのかということを考えていくと、とてもスムーズにいきます。ぜひ好きな人ができたらアプローチしてみてください。