毛周期に合わせて上手に脱毛しよう!重要な5つの部位の生え代わりを知る!

ムダ毛の処理は今も昔も女性も男性も、大問題なんです。身体のいらない毛を脱毛したい!と思ったら、この毛の生え代わりのサイクルと脱毛の深い関係を知っておくと脱毛に通う時の不安がとても少なくなるのではないでしょうか。もちろんサロンでも教えてくれますが、自分で脱毛を有効に勧めるためにも毛周期について知っておきましょう。

毛周期を知ってキレイに脱毛しよう!

みなさまは普段ムダ毛の処理はどうなさっていますか?これだけ脱毛専門店や医療脱毛が世の中に増えているのはムダ毛の処理が女性にも男性にも大きな悩みになっているのを感じますね。特に私たちは体毛が黒いのでどうしても身体に生えるムダ毛が目立ちやすく、何とかしたい!と思う方が多くなるのは当然なのかもしれません。

毛周期とは?毛の一生のことだけではないの?

脱毛機関でもホームケアでも脱毛をしよう!と考えたら脱毛したい部位がどのくらいの周期で生え変わっているかというのが大きくかかわってきます。それはどちらも効果を出すには施術が有効な時期が毛の成長に沿って決まっているからです。

生え代わりのサイクルを毛周期という

私たちの身体のありとあらゆる毛が生え代わるサイクルを「毛周期」または「ヘアサイクル」といいます。毛は目に見えない毛穴の奥から生み出され、次第に成長して抜け落ちていきますが、抜け落ちてから一定の期間でまた新しい毛が成長を始めています。

この生まれ変わりのサイクルすべてを含んで毛周期と呼んでいます。髪も体毛も年齢とともに減っていくところもありますが一生生え代わりをしている部位もあり、ホルモンの影響などで逆に増えていくところもあったりします。

毛周期は部位によって違う!

毛周期はその生えている部位によってサイクルが大きく変わります。早いサイクルで生え変わっているところもあればとてもゆっくり生え変わっている部位もあります。脱毛したい部位がどのように生え変わっているかを知っていないと、せっかくの脱毛の施術が無駄になってしまうかもしれませんね。もったいないので、毛周期を意識して予約を致しましょう。

部位による毛周期はどのようになっている?

それでは脱毛が必要と特に感じやすい部位の毛周期をそれぞれ見ていきましょう。その部位によってもずいぶん毛のサイクルは違ってきます。

顔の毛の周期は

眉毛やまつげは1日に約0.18mm伸びると言われていて伸びるのは身体の部位の中でも遅いところです。生え変わりの周期は約2ヶ月ぐらいで生え変わるのでその変わり生え代わりは早いと言えるようです。まつ毛エクステの保つ期間がだいたい1ヶ月程度なのはそのせいなんですね。

ひげと言われる口周りやあごのなどの毛は太さや伸び方が人によってバラバラで毛周期は3~4ヶ月で生え変わっていると言われます。体毛は男性ホルモンの支配が大きいのですが、特にこの部位は女性ホルモンが低下してくると毛が太く伸びやすくなりやすい部位でホルモンのアンバランスや更年期の影響が目立ちやすくなる部位です。

髪の毛の周期は

髪の毛の場合は成長期が長いのが特徴で、だいたい4年~6年くらい成長期の期間があると言われます。その後数ヶ月の休止期があり、その間に毛乳頭という部分の指令で母細胞から新しい毛の赤ちゃんが育てられ始めています。発毛周期が長いですが、それぞれの毛の成長は時期がバラバラなので一気に抜けてしまうことはありません。

伸びるのは1日に0.3~0.5mm、1年で15cmくらいの伸びになると言われています。髪は他の毛と違い、女性ホルモンの支配が強いのも特徴です。

脇の毛の周期は

他の部位に比べると毛が太く目立ちやすい脇は1日に約0.3mm伸びています。毛周期は約4ヶ月で伸びるのが早く、目立ちやすいので自己処理などでもお手入れをされてる方は多いのではないでしょうか。

手足(脚)の毛の周期は

手足はだいたい4~5ヶ月の成長期があり、休止期も4~5ヶ月と言われています。休止期が比較的長いのが特徴で、そのため特に膝下部位の脚のレーザーを使用した脱毛は期間がかかりやすいと言われます。

ビキニラインの毛の周期は

ビキニラインも人気の部位ですね。VIO脱毛という名前でも呼ばれていてそれぞれビキニラインのVゾーン、Vゾーンからお尻までのIゾーン、お尻のOゾーンの3つを言います。陰毛、アンダーヘアと言われる濃い毛は1~2年程度の成長期期間、そして休止期も1~1年半あると言われます。

自己処理をすると炎症や色素沈着の起こりやすい部位なので、医療機関や専門店での脱毛が良いのではないでしょうか。

3段階ある毛周期とは?

成長期、退行期、休止期という時期が毛周期にはあります。このうち成長期の毛にしか脱毛は効果があらわれないため、脱毛はその周期に合わせて施術を進めるのが良いとされます。例えばワキはすべての毛の毛周期がワンサイクルするのに2年ほどかかるため、脱毛期間もそれくらいが目安になります。

成長期

成長期は名前の通り毛穴の一番奥で毛の赤ちゃん細胞が育てられ、成長して伸び、太くなる期間のことを言います。細胞分裂が活発に行われる時期で毛球といわれる毛の根元の部分の色素や水分が多いため、レーザーなどの脱毛機器を当てると適切な効果が出やすくなります。

退行期

この時期は成長を終えた毛が抜け落ちるまでの期間を言います。毛は根元から離れ、栄養をもらえなくなっているので完全に成長は止まっています。この時期はレーザーや電気をあてても効果が得られない時期です。

休止期

毛が抜け落ちて休止している期間を休止期といいます。この時期も毛乳頭が毛から離れているのでレーザーや電気をあてても効果がありません。すべての毛が同じタイミングで生え変わっているわけではないので、脱毛の施術には一定期間のスパンで通う必要が出てきます。

上手な脱毛の仕方とは?セルフケアの場合の注意点は?

では、脱毛はどのようなスパンで行うのがが良いのでしょう?毛周期を無視してたくさん施術をしても効果がないということにもなり、部位や通う施術する機器によっても多少変わってきます。また、自己処理を行う場合の注意点もご紹介します。

脱毛は毛周期に合わせて予定を組もう

脱毛のことを相談してみると、多くの場合1年~2年の期間を目安に考えるよう伝えられると思います。これは前述の毛周期で成長期に入った毛にしか効果が表れないためで、完全にツルツルにしてしまいたい!という場合は2年ほどの期間を見ておいたほうが良いでしょう。毛根部の能力にも個人差があるので多少前後します。

脱毛は毛周期に合わせて部位により1ヶ月ごとに施術を受ける部位、2~3か月ごとに受ける部位などに分かれてきますのでサロンや医療機関で確認を十分にしておきましょう。

脱毛は毛の流れを知ることが重要

最近日本でも多く売られるようになった家庭でも使える脱毛機器など、比較的手軽にきれいに脱毛をできる脱毛方法が増えてきています。抜き取るタイプや家でも本格的な光脱毛ができるタイプなどいろいろなものが出てくるようになりました。

サロンには忙しくてなかなかいけないという方や専門機関での脱毛を終了した後のアフターケアにも最適でしょう。これも、使用する際は毛の流れを十分に見て使用することがトラブルを防いでくれます。

もしご自宅でカミソリで剃毛するときは逆に毛の向きに逆らった除毛をすると毛穴が傷つきやすく、細菌の侵入を許して炎症や色素沈着のトラブルに繋がりやすくなるため、毛の流れを見て毛穴の向いている方向に沿って除毛を行いましょう。ぜひ鎮静もしっかり行われてくださいね。

モイスチャーハーバルミスト

脱毛後はその後の鎮静と保湿がとても重要なのですが市販されている専用コスメが意外と少なくて何を使えば良いか困ることもあります。そんな中こちらは鎮静をメインに作られた脱毛後専用のローションです。

毛周期を知って効率よい脱毛を!

毛周期を知るといつごろから脱毛を始めるのが良いかがわかりやすいのではないでしょうか。すべてきれいにしようと思うと意外と時間がかかるので、毛の生え具合を見ながらすすめていかれてください。

また、私たちの肌はメラニン色素が増えたときの色素沈着が目立ちやすく、脱毛後の鎮静は重要なものになってきます。脱毛後は紫外線や過剰な汗などをなるべく避けて保護と保湿をしっかりなさってくださいね。気になる体毛をすっきりさせて、よりきれいな素肌を実現しましょう!