生理用布ナプキンは使ったことある?知っておきたいメリットとデメリット!

スポンサーリンク

最近はドラッグストアでも見かけるようになって以前より身近な存在になった布ナプキン。興味はあるけど、洗濯が大変そうだったり、外出先で変えたくなったらどうするの?など不安や抵抗があって使ったことがない人も多いと思います。でも使ってみると意外と快適かもしれません。今回はそんな生理用布ナプキンのメリットとデメリットをご紹介します!

注目されている生理布ナプキンの効果とは?デメリットはあるの?

近年注目されている布ナプキン。最近ではその人気のためか、ドラッグストアでも置いている店が増えてきました。人気の秘密はやはりその肌触り。布のナプキンなので下着と同じような肌触りです。加えて、「かゆみやかぶれがなくなった」「生理痛が軽くなった」という声まであります。

デメリットとしてはやはり繰り返して洗って使うものなので洗う手間があること、そして吸収力に限界があるので工夫をしないと漏れがあることでしょう。それでも、そのデメリットを認めたうえで布ナプキンを使いたいという人が最近増えているようです。

スポンサーリンク

生理布ナプキンについて!

生理布ナプキンとは

布のナプキンとは、布でできた生理用のナプキンのことです。使い捨てず、洗って繰り返し使う布のナプキンです。いつもの下着と近い肌触りで快適に過ごせると近年人気が高まってきました。

また、デザインも多様化しており、インターネットの通信販売では多種多様な布ナプキンを選ぶことができます。構造としては、綿などの下着に近い素材が肌に当たる面に使われ、内部には吸収性の良い素材が使われています。下着に漏れないように防水シートが内蔵されているものもあります。

生理用布ナプキンの体へのメリットとは?

生理痛が軽くなるって本当?

使い捨てナプキンから布ナプキンに変えて経血の量が少なくなったという人や、生理痛が軽くなったという人も少なくありません。中には冷え性が改善されたという人もいるようです。

冷え性とナプキンはあまり関係ないように感じられますが、使い捨てナプキンの吸収剤である高分子ポリマーは、水分を吸収すると同時に熱を奪う性質があるという意見もあります。それが理由で布ナプキンのほうが温かく感じるのかもしれません。

また、単純に布を直接陰部にあてていることで、洋服を重ね着するのと同じように体を温めることにつながり、冷えの改善になっているのではないかと考えられています。冷えが生理痛の原因の一つとして挙げられますが、陰部の冷えを改善することで生理痛が軽くなるということもあるのではないでしょうか。

ムレ・かぶれ・かゆみなど…お肌のトラブルが軽減!

使い捨てナプキンで肌のトラブルになりやすいことから布ナプキンを使い始めたという人も多いようです。布ナプキンに変えたとたん、かゆみや肌荒れの症状が軽くなったという人もいるようです。

使い捨てナプキンでのかゆみの具体的な原因としては、ナプキンを長時間使うことによって雑菌が繁殖し、かゆみが起こりやすくなります。もともと敏感肌やアレルギー体質の人はさらに肌のトラブルになりやすいようです。布ナプキンは綿などの柔らかく肌に優しい素材を使用しているため、通気性が良く、ムレにくく、かゆみやかぶれが起こりにくいのです。

ニオイがなくなるって本当?

生理中の気になる臭いは、使い捨てナプキンの吸収剤と雑菌が繁殖しやすい状態の血液が反応してでる臭いです。この場合は誰でもある程度の臭いはあることなので、使い捨てナプキンでの臭い対策をするにはこまめにナプキンを取り換えましょう。

布ナプキンには吸収剤である高分子ポリマーが入っていませんので経血の臭いだけとなります。加えて通気性も良くムレにくいので、臭いはほとんど気にならなくなるでしょう。

スポンサーリンク

生理用布ナプキンのその他の嬉しいメリット!

ゴミが出なくて経済的!

布ナプキンは約5年ほど繰り返し使えるので、水道代・洗剤代を考えてもかなり経済的です。使い捨てナプキンの場合、一人の女性が一生に使うナプキンの数はなんと1万2千枚といいます。これらは経血を含んで重くなり、すべてゴミとなります。さらに、ナプキンを包むビニールや汚物入れのゴミ袋など、色々なゴミが出ます。

布ナプキンは1枚で約5年使えるので、捨てるとしても約40年間の生理で約80枚となります。布ナプキンと使い捨てナプキンではこれほどゴミの量に差がつきます。近年では自治体によってはゴミ袋が有料になるなど、ゴミを出すこと自体にお金が掛かることも少なくありません。ゴミが少なくなるほど経済的になります。

生理のたびに使い捨てナプキンを購入し、使うたびにゴミになることをを考えると、布ナプキンは1枚約1000円程と決して安い価格ではありませんが、長い目でみればとても経済的なのです。

かわいいデザインがたくさん!

布ナプキンは素材が布ですので、シンプルなもの、カラフルなもの、可愛らしい花柄などたくさんのデザインがあります。使い捨てナプキンがあくまで一時的な充て物であるのに対し、布ナプキンは使用できる期間が長いので、どちらかというと下着を選ぶ感覚で選ぶことができます。

布ナプキンは初期費用が掛かりますので、いきなり1回の生理分を買おうとするのは大変かもしれませんが、使い捨てナプキンと併用しつつ、少しづつお気に入りのデザインの布ナプキンをそろえるのも良いかもしれません。

生理用布ナプキンのデメリットとは?

漏れが心配?

布ナプキンは素材が布ですので全く漏れないということはありません。長時間変えずにいたり、経血量とナプキンの吸収量が合わなかったりすると漏れることもありますので、経血の量やその日の都合に合わせてナプキンを選ぶ必要があります。

布ナプキンには吸収布を重ね使いするなど、形によっては自分で吸収量を調節することができるものがあります。多い日用として、吸収布が二重、三重と重ねられている商品もあります。貫通漏れを防ぐため防水布を使用しているものも多いので、布ナプキン初心者で、交換のタイミングがわからない人にはおすすめです。

洗濯が大変そう?

布ナプキンのデメリットですぐに思いつくのが洗濯のことではないでしょうか?下着についた時間のたった経血を洗い落とすのに苦労したことのある人は少なくないと思います。でも意外なことに、布ナプキンの洗濯はとても簡単です。外してすぐであれば水と少量の洗剤で軽く洗うだけで落ちます。これは下着でも同じですね。

外出中は外してその都度洗うことは難しいと思います。外してポーチにしまう前に経血を吸収した部分にアルカリ性の専用スプレーを吹きかければ、時間がある程度経っても洗う際に落ちやすくなります。

おすすめなのは入浴中に洗濯を済ましてしまうことです。まずシャワーを浴びると思いますが、ついでにバケツですすいである程度汚れを落としてしまいます。そしてバケツに重曹やセスキ炭酸ソーダを適量と布ナプキンが全てつかるくらいのぬるま湯を入れてつけおきします。その間にバスタブに浸かります。入浴が終わったらすすいで水気を切ります。

すすいだ水は飛び散らないよう排水溝に静かに流して下さい。

布ナプキンの3つの形のそれぞれのメリットとは?

1.一体型

一体型布ナプキンとは、使い捨てナプキンのように1枚で使えるナプキンのことです。

1.使い捨てナプキンと同じ感覚で使えるので初心者の人におすすめです。

2.使い捨てナプキンでいう羽の部分をスナップなどで下着に止めるので、固定されてズレにくいです。

3.持ち運ぶ際はホルダー型よりも荷物が少なくなります。

4.使い終わった後は小さくたためるので邪魔になりません。

5.薄型のものが多いのでパンツスタイルにおすすめです。

2.ホルダー型

ホルダー型ナプキンとは、ベースになるホルダーにライナーをセットして使うナプキンのことです。

 

1.経血の量や交換するタイミングなどに合わせて吸収量の調節ができます。

2.丸ごと交換する一体型と違い、ホルダー型は汚れたライナーだけを交換することができます。

3.ホルダーと吸収ライナーなどをバラせるので、洗いやすく乾きやすいです。

4.洗濯後、干すときにはハンカチやパッドは生理用品に見えません。

5.初心者向きではないかもしれませんが、交換タイミングや洗濯などが慣れてくるとホルダー型にする人の方が多いようです。

3.プレーン型

プレーンタイプ布ナプキンとは、ハンカチのような四角い形で2つ折りや3つ折りにして使うタイプのナプキンです。

1.1枚の使用で汚れた面を内側に折り返して清潔な面を使うことができます。

2.1枚で2回使えるので他の型よりも枚数が少なくなります。

3.好きな形に折ることができるので、応用がききます。

4.洗濯しやすく、乾きやすいです。

5.見た目がハンカチのようなので、洗濯後に干した時は生理用品に見えません。

お肌にもお財布にも優しい布ナプキンの作り方!

生理用布ナプキンの簡単な作り方

小さなミニタオルって結構家にありませんか?このミニタオルが素材もサイズも布ナプキンづくりに最適なのです。

・タオルなので吸水性が抜群!

・型紙いらずで簡単に作ることができます。

・裁断する必要もありません。

布ナプキンのつくりかた

1.まずミニタオル2枚を用意します。

2.土台となるタオルをひし形になるように置きます。

3.その上から吸収ライナーとなるタオルを四角く重ねます。

4.ライナーとなるタオルを縦の三つ折りにし、縫い目が見えないようひっくり返します。

5.ライナーとなるタオルを土台のタオルに縫い付けます。

6.土台のタオルの羽部分にスナップボタンをつけて完成です。

でももっと簡単に布ナプキンを作る方法があるのです。それはミニタオルを折ってプレーン型ナプキンとして使うだけ!使い古したタオルを好きな大きさに切ってそのまま使う人もいるようです。これなら初期費用もかからず布ナプキンを始められますね。

気軽に布ナプキンを試してみましょう!

いかがでしたか?今回は生理用布ナプキンについてご紹介しました!興味があるけどちょっと高い…という人はまずミニタオルで試してみてはいかがでしょうか?もちろん布ナプキンにもデメリットもありますが、使い捨てナプキンでお肌のトラブルや臭いについて悩んでいる人は試す価値はありそうです。ぜひ使い捨てナプキンと使い分けて生理期間を快適にお過ごしください!

スポンサーリンク