コンタクトの値段の差はどこにある?タイプ別特徴や購入する場所を徹底解説

「眼鏡からコンタクトにしようかな?」「ずっとハードコンタクトだったけど、必要な日だけ使い捨てコンタクトを使うようにしたい」というあなたに必要な情報、ここにあります。ハードとソフトは何が違うの?ハードコンタクトに使い捨てはないの?コストが一番低いのはどれ?一番手軽なのはどれ?などなど、コンタクトを使うにあたって出てくるギモンを徹底解決していきます。これで次はどうするか?悩ませません!

本記事の見出し

コンタクトの値段の違いって?徹底解説!

コンタクトの値段の違いはどこにあるのでしょう。ソフトやハード、使い捨てなどなど、様々な種類がありますよね。最初は何がいいか、どう選んだらいいか迷ってしまいますよね。それぞれの使い勝手や値段を、今回は徹底的に見ていきますよ!

コンタクトの種類にはどんなものがある?まずは種類を確認

それではまず、様々あるコンタクトの種類から確認していきましょう。ハード?ソフト?最初は何がいいかわかりませんよね。そして長年使っている方も、「そろそろ違うタイプに変えようかな」と買い替えをお考えの方もいるでしょう。では、一緒に見ていきますよ!

薄くてかたいハードコンタクトレンズ

ハードコンタクトは、ソフトコンタクトに比べて酸素透過性が高いです。目にしっかりと酸素を送ってくれるので、充血や疲れを感じにくいですね。また瞳の動きに合わせてよく動くので瞳の中で涙液交換がしやすく、ドライアイにもなりにくいんですって。

黒目よりも一回り小さいので、そこからも酸素を取り込みやすいのですね。現在はほぼ酸素透過性ハードコンタクトレンズのみで、酸素を通さないハードコンタクトレンズは一般的ではありません。光の屈折を的確にとらえるので、乱視矯正力にも優れています。

そして薄くてかたいレンズなので、目に異物が入ると痛くてすぐに気づくことが出来ます。異物が入っても気づかないまま瞳を気付つけてしまう心配がありませんね。しかし、そのかたさのため、慣れるまでに少し違和感があります。通常一週間程度で慣れるようですよ。

【2箱セット】楽天最安値挑戦中!HOYA ハード EX【送料無料】 ハードコンタクト ☆ 【532P15May16】【532P15May16】

¥13,239

やわらかくプルプルなソフトコンタクトレンズ

ソフトコンタクトのいいところは、なんといってもその柔らかさ。初めての人でも違和感が少なく、慣れやすいですね。また瞳よりサイズが大きくずれにくいので、落ちてしまったりはげしくずれる心配が少ないのです。スポーツをする方はソフトコンタクトがよさそうです。

しかし、異物感が少ないということは逆に異物に気づきにくいというデメリットも。異物に気づいたときには瞳に傷がついてしまっている可能性があります。また、ソフトコンタクト自体が涙を吸収するため、ハードコンタクトに比べると乾燥を感じやすいです。そんなソフトコンタクトには種類があります。

・含水タイプ

コンタクトレンズの素材が、水分(涙)を含んでいるタイプです。涙を介することで酸素を目に供給するため、水分をたくさん含んでいるほど目にやさしいのですね。

・シリコーンハイドロゲルタイプ

シリコーンを使用しているので酸素透過性が高く、ソフトなのに耐久性に優れたタイプです。

最安値挑戦中!◆送料無料◆代引不可【2枚】 シード SKY  (スカイ/ソフトレンズ/ソフトコンタクト/コンベンショナル)

¥4,860

今日はどれにしよう。使い捨てコンタクト

たまにしか使わない、使う期間が限られる、壊しやすいという方には使い捨てコンタクトがいいですね。それぞれ1day(1日使い捨て)、2week(2週間で使い捨て)、1ヶ月とタイプがあります。使い捨てタイプはほぼすべてソフトコンタクトレンズと言っていいでしょう。

コンタクトレンズ 2week アキュビュー オアシス 2箱|アキュビューオアシス 処方箋不要 2ウィークアキビュー コンタクト 使い捨てコンタクト 使い捨てコンタクトレンズ ソフトコンタクト ソフトコンタクトレンズ 2weekオアシス コンタクト二週間 コンタクトレンズ2ウィーク

¥5,860

ものがダブって見える方に。乱視用コンタクト

乱視を持つ方で、コンタクトをあきらめている方!乱視用コンタクトレンズがありますよ。ハードコンタクトには乱視矯正力がありますが、どうしてもハードコンタクトに慣れることが出来なかった方もいるかもしれません。

そんな方のために、乱視用のソフトコンタクトがあるんです。いままで普通のソフトコンタクトで充分な視力を得られなかった方や、コンタクトをしたいけど乱視があるから諦めていた方。ぜひ試してみてくださいね。

詳しく解明!ハードコンタクトの特徴

それでは「物を長い時間見るから、やっぱり酸素を通すハードコンタクトレンズを使ってみたい!」という方に、さらにハードコンタクトの特徴を掘り下げていきましょう!

価格はいくら?両目2万円前後

メーカーや購入先にもよりますが、だいたい両目で相場は2万円前後と考えておくといいでしょう。1枚1万円ですね。こちらは通常のハードコンタクトレンズの場合です。

さらに乱視用になると両目で3万円前後、円錐角膜用レンズでも3万円前後、遠近両用(老眼のある方用)になると両目で4万円ほどが相場になるでしょう。通常タイプに機能がついていくと高価になっていきますね。

ちなみに2万円だと仮定した場合、2年間毎日使用で1日分はおよそ27円になります。これ以外に、毎日のケア代が必要になります。たんぱく除去、洗浄、保存の3役が一つでできるケア剤も販売されていますよ。

★洗浄・保存・タンパク除去がこれ1本!ハードコンタクトレンズ用ケア用品★『バイオクレンモノケアモイスト240ml+120ml (レンズケース付き)』◆コンタクトレンズ コンタクト 洗浄液 ハード(ハードコンタクト/保存液/レンズ洗浄液/バイオクレンモノケア/モノケア/楽天)◆

¥1,831

どのくらい使えるの?使用期限は2年

どの種類のハードコンタクトでも、使用期限はだいたい2年くらいのようです。酸素透過性の高いレンズは汚れやすいので2年を目安に買い替えましょう。丈夫なので、通常の使用法では壊れたりせず長持ちします。そのぶんしっかりとしたケアが必要になります。

何年も使い続けている方もいますが、やはり使用に伴い細かい傷がついていきますし、その傷に汚れもたまりだんだん視界が悪くなってきてしまいます。長い時間無理に使用せず、2年おきに買い替え常にクリアな視界を保ちましょう。

詳しく解明!ソフトコンタクトの特徴

さてつぎは、「やっぱりスポーツするし、絶対ソフト派!」なあなたに、ソフトコンタクトレンズを解明していきましょう。

価格はいくら?両目で1.8万円前後

こちらもメーカーや購入先によりますが、ソフトコンタクトレンズの相場は両目で1.8万円前後でしょう。乱視用になるとちょっと上がって2万円くらいですね。

ちなみに1.8万円だったと仮定した場合、ソフトコンタクトの使用期限とされる1年半毎日使用した場合、1日分はおよそ32円になります。使用期限が短い分、ほんの少しハードレンズよりコストが上がりますね。

どのくらい使えるの?使用期限は1.5年

ソフトコンタクトの使用期限は1年半くらいだといわれています。ハードコンタクトに比べて柔らかいので破損しやすく、破いてしまうという方もいるそうですね。ケアの時には爪などで傷つけてしまわないよう注意が必要です。

ソフトコンタクトもケアが必要ですが、こちらも一本で終わるワンステップケアが販売されていますので、うまく活用してお手軽なコンタクトライフにしていきましょう!

ポイント2倍!(送料無料) AOセプト クリアケア 360ml×3本+中和用ディスク付きディスポカップ付き/ソフトコンタクト用ケア用品(後払い可)

¥2,160

詳しく解明!あなたも使った?使い捨てコンタクトの特徴

最後に徹底解明していくのは、視力矯正の必要がない方でも使ったことがあるかもしれません。使い捨てコンタクトレンズです。いわゆる「デカ目コンタクト」「黒コン」「カラコン」などと呼ばれるのは、この使い捨てレンズにあたります。

黒コンは黒目を大きくすることが出来るので少女らしい可愛さを演出でき、ギャルメイクやオルチャンメイクには必須とさえ言われています。そんな、誰もが買い求めるかもしれない使い捨てコンタクトの特徴を見ていきましょう。

1日の終わりにポイ!1dayはケア不要で楽ちん

day、ワンデータイプは1日使い捨てだから1日の終わりにポイッとするだけ。何もケアが必要なく、とても楽ちんです。旅行などでケア用品や保存ケースを持たずに行けるのは、本当に便利ですよね。

しかしワンデーの名の通り、24時間以上の装用に耐えられるつくりをしていません。「まだ汚れていないから」「1日で捨てるのはもったいないから」と、通常のソフトコンタクトのようにケアをして使い続けたりするのはやめましょう。コンタクトが変形して、角膜を傷つける原因になります。

また、「特に問題がないから」とワンデータイプを連日装用したままにするのは絶対にやめてください。非常に危険です。装用したままのレンズと角膜の間で細菌が繁殖し、角膜が濁ってしまうと、もう元には戻せません。

さらに、装用し続けたせいで角膜とレンズがくっついてはがれなくなってしまうなんて事例もあります。こうなってしまうと、もう残す手段は角膜移植しかありません。後悔しないよう、定められた使用期間は必ず守りましょう。

※ワンデー以外のコンタクトレンズには連続装用OKなものもあります。商品をきちんと確認し、眼科医に相談しましょう。

楽ちんとお財布は反比例?1dayはコストが高め

手軽で便利な分、やはりワンデータイプははコストが高めになってしまいます。1日あたり約165円!先ほどのハードコンタクトレンズが1日27円ということから考えると高い!と思いますよね。

しかし、全くケアがいらないこと、必要な日だけ使えること、ケア用品や保存ケースも買う必要がないことや、万一破損してしまっても金銭的ダメージが低いことを考えると、そんなに高すぎということはないかもしれませんね。

しかもワンデーは驚くほど種類が豊富!一般的な透明のコンタクトをはじめとし、たくさんのカラーコンタクトが出ています。最近は「とにかくデカ目効果!」なものもあれば、「自分の目よりもほんの少しだけ大きいとっても自然なタイプ」などあり、豊富なバリエーションを楽しむことが出来ますね。

カラコン購入時に注意していただきたいのは、医療機器承認番号が示されているかどうかです。この番号が商品や販売ページに示されていない場合、国の販売認可を受けていないということになります。目の異常などにあとで困らないよう、必ず購入時は医療機器承認番号が示されたものを選んでくださいね。

忘れずしっかり!2weekと1ヶ月はケアが必要

2weekや1ヶ月タイプの使い捨てコンタクトは、きちんとしたケアが必要です。やはり使い続けてしまうと、汚れが溜まってしまいますし、クリアな視界にするためにもケアはしっかり行いましょう。

しかし、毎日必ず洗わないといけない(終日装用)とは限らず、数日間使い続ける(連続装用・寝ている時にもレンズをつけたまま)ことができる商品もあります。

もちろん眼科医の検査を受けた上で、その許可のもと初めて連続装用が可能になりますし、涙の量が少なかったりアレルギー体質などが原因となり連続装用ができない方もいます。

この場合も、ケア不要で使い続けられるわけではなく、2週間のうち1週間連続使用したらケアをして、もう1週間使う…というサイクルになっていきます。どちらにしても、この方法の場合は目の健康のためにも眼科医の診察が必須でしょう。

お財布に優しい。2weekと1ヶ月はコスト低め

2weekや1ヶ月使い捨てタイプは、お財布に優しい1日あたり約77円。もし破損してしまっても大ダメージなわけでもなく、かといってワンデーのようにコストが高いわけでもなく、通常タイプとワンデータイプのいいとこどりという感じですね。

眼科で購入する時はどんなとき?保険証をお忘れなく

「おしゃれのためのカラーコンタクトは、通販で買ってるけど?」という方もいるでしょう。しかしコンタクトは医療機器。一定の期間で一度眼科医の検診を受けた方がよいでしょう。自分には気づかないうちに傷がついていたりもします。

また、それ以外で眼科でコンタクトを直接購入するのは、どんな時がいいのでしょうか。順番に見ていきましょう。眼科は医療機関ですから、保険証は忘れずに持っていきましょうね!

なにもわからない…初めてコンタクトを作る時

コンタクトは自分の視力さえわかれば買えるというものではありません。特にハードコンタクトの場合、ベースカーブと言って自分の眼球のカーブ具合がコンタクトと合わないと、異物感が激しくまともに装用ができません。

また、初めての時はハードとソフトどちらがいいか、ソフトだったら長い期間使うものと使い捨てとどちらがいいか、悩むことでしょう。そんな時は眼科や、眼科が併設されているコンタクト販売店で購入しましょう。

ただ、単価の高いハードコンタクトをすすめられる可能性は高いかもしれません。トライアルを設けているメーカーもありますので、すぐに決めずいろいろ試してみることをおすすめします。

なんだか見え方が悪くなった!視力が落ちた時

最近見え方が悪い。ずっとコンタクトをつけていても、視力が落ちた時に見え方が悪くなってしまうことはあるでしょう。通販で買おうにも、どのくらい下がったかわからないから買うことが出来ない。そんな時は眼科に行って、今の視力がどのくらいか、どのコンタクトを買ったらいいか相談した方がよいでしょう。

コンタクトが欲しいけど、コンタクトの度数がわからない時

度数は想像では買えません。一応裸眼視力を計算する式はありますが、本当にそれでコンタクトの度数が合うかどうかわかりませんので、それで購入するのはなかなかチャレンジ精神が必要ですね。

コンタクトの度数は、外箱の「D」という表記で書かれています。マイナスが大きくなるほど視力矯正力が高く、Dが-0.0となっていたら、それは視力矯正力がゼロ、度なしということです。

裸眼視力を計算する式は「0.4÷度数(マイナスは無視)」になります。つまり度数が「-2.0」だったら、「0.4÷2.0」で、裸眼視力は0.2ということになります。なので裸眼視力が0.2の方は「-2.0」の度数が購入の目安になりますね。

しかしこれはあくまで目安。度が合わずにきつすぎると疲れますし、低すぎるとよく見えません。度数がわからないときは眼科をしっかり受診しましょう!

売りません!診察なしでコンタクトだけは買えない

眼科に行って「コンタクトだけくださーい」と言っても売ってくれません。あちらも目のプロ。目の状態を確認して、あなたの目がコンタクトを使っても大丈夫かどうかを確認しないうちに医療器具だけを売ってくれたりはしないのです。きちんと診察を受けて、「コンタクトOK!」の承諾をもらったら買えますよ。特に最初は、しっかりとOKをもらった方が安心でしょう。

抜け駆けはダメ!処方箋だけ貰う事はできない

「レンズを買うには処方箋が必要なんでしょ?先生、処方箋だけちょうだい!」これも許してくれません…。診察なしで内科で鎮痛剤がもらえないように、診察なしで処方箋は書いてくれません。しっかりと診察を受けて、処方箋を書いてもらいましょう。

値引き率が低いので…価格は通販より高め

処方箋をゲット!早速眼科併設のお店でコンタクトレンズを買おう!と、やはり通販よりも価格は高めです。眼科の診察料、処方箋料、初診の場合は初診料も含め、だいたい3,000円前後かかります。

それに加えコンタクトレンズの代金ですが、やはり通販と比べると人件費がかかることや説明を詳しく受けられるなどの利点もあり、お値段は高めになります。しかしコンタクトレンズを販売し慣れている人から購入できますから、不安も解消できますね。初めは眼科併設のお店で購入し、慣れてきたら通販で買うのが一番安心ですし目にも優しいでしょう。

慣れたあなたは!通販で購入する時は?

もう何度か眼科を通してコンタクトを購入しているというあなたは、通販で購入することも抵抗はないでしょう。今使っているコンタクトのベースカーブと度数をしっかり把握し、同じものを購入すればいいだけなので簡単ですね。では実際に、通販で購入場合のおすすめサイトや注意点などを確認していきましょう。

かんたん楽ちん!通販サイトで購入する

インターネット通販での買い物が当たり前になった今、コンタクトも非常に簡単に通販で購入できます。国内258店舗数を誇るアイシティでは、アイシティ店舗で購入したコンタクトの追加販売の宅配サービスも行っているんですよ。実店舗があるアイシティなら、困った時に直接相談に行けるからいいですよね。

ただしアイシティ店舗にて購入したことがなかったり、処方指示書の上限をすでに買ってしまっていたり、アイシティのデータ以外のコンタクトが欲しい場合には購入できません。クーポンを持って店舗に行った方が早いですね!258店舗もありますから。

他にもネット通販を行っているお店はありますが、多くは処方箋・処方指示書の提示は求められません。(そのような場合は、ハードコンタクトレンズは購入できないことがほとんどです。)4人に1人がインターネット通販で購入するというデータがあるくらい、インターネットでコンタクトレンズはとても入手しやすいです。

しかし、一方でコンタクトレンズは薬事法で高度管理医療機器に指定されています。お手入れ方法のトラブルや失敗、ワンデーコンタクトを装用し続けるなどの装用環境などにより重度な疾患に繋がる製品と認識されています。

以上のことをきちんと認識し、インターネット通販でコンタクトを購入する場合でも誤った使い方を避け、定期的な眼科受診を心がけてください。

色んなサイトを見比べて、値段を比較できる

インターネット通販では、それぞれのサイトを並べて簡単に値段を比較できるのがいいですね。実際のお店をはしごして値段を聞いて回らなくても、欲しい商品を検索して値段順に並べて、あとはお店をチェックしていけばいいだけなのでとてもお手軽です。

それぞれのお店で、送料が無料だったり、お試し期間があったり、返金特約があったりするので自分のニーズに合ったお店を選択していくといいですね。

眼科で買うよりも安く購入できる

眼科で購入すると、どうしても診察料や処方箋料がかかってしまいます。インターネット通販の場合はその金額分安く入手できますし、実店舗と違い人件費があまりかからないため眼科で買うよりも商品の値段自体も安くなることがほとんどです。

しかもちょっと気になった商品を簡単に試せるので、受診の時間も省けますね。慣れてきたらインターネット通販、異常を感じたりした時や半年に一度は眼科の検診を受けるのが、リーズナブルで安心な方法かもしれません。

どのタイプにする?自分の生活でタイプを選ぶ

コンタクトと一口に言っても、色んな種類がありましたね。さいごに、その中からどれを選んでいったらいいか、一緒に考えていきましょう。

お財布いちばん!価格を重視する

経済的な面、コストを重要視するという方におススメなのは、やはりハードコンタクトレンズ。長持ちしますし、レンズとしての機能もしっかりしていてピントが一番合いやすいでしょう。

装用可能な時間が短くなればなるほど価格も上がっていくので、ハードコンタクトがコストが一番安く、ワンデーがコストが一番高いということになりますね。

もちろんおしゃれ用のコンタクト、カラコンはおしゃれ用なので普通のワンデーよりもちょっとコストは上がります。黒目がちな愛され女子メイクには、お金がかかるのです…。

外したら何もしたくない!手軽さを重視する

「コンタクトを外した後はさっさと顔を洗ってしまいたい!こすって洗うとか保存液につけるとか、決められた時間つけておかなきゃいけないとか、そういうのめんどくさい!」

という方は絶対ワンデータイプがいいですね。とにかく外した後は捨てるだけ。外すときに失敗してコンタクトが破けてしまってもまったく大丈夫。丁寧に扱う必要なし。とってもお手軽です。

その分コストは高めになるので、「デート用のカラコンだけほしい」「平日は眼鏡で、休日だけコンタクトにしたい」という方に向いているでしょう。もちろん毎日使っている方でも、あのワンデーの「コンタクトに対して気を遣わなくていい快適さ」がやめられないという方もいますよね。自分のニーズに合っている商品を選ぶのが一番です!

もうこれでコンタクトマスター!

これから初めてコンタクトを使ってみようという方、少しは参考になったでしょうか。ちょっとでもコンタクトデビューの後押しになれたなら最高です。

コンタクト慣れっこの方、通販で新しいコンタクトにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。たくさんの種類がありますから、選ぶだけでワクワクしますよね。さぁコンタクトを手に入れて、クリアな視界で明日を迎えましょう!