子連れ旅行に必須の7つのアイテムとは?親子で楽しめる人気の旅行先もご紹介!

スポンサーリンク

夏休みや冬休みなどの長期休みを利用して、家族でどこかに旅行しようと考えていませんか?子どもに「どこへ行きたい?」と尋ねるパパやママもいるでしょう。ただ、子どもを連れて旅行するのは、大人だけで旅行する時と少し勝手が違います。そこで今回は、口コミをもとに「子連れ旅行に持っていけば絶対に役立つ」というアイテムを7つ集めてみました。また、子連れ旅行のノウハウや国内外の人気旅行先ランキングもご紹介します!

子連れ旅行に役立つアレコレ

子どもを連れて旅行をしようと計画しているパパママの皆さん、出かける前の準備は万全でしょうか?子連れの旅行は、大人だけで出かけるのとは少し勝手が違ってきます。何も準備せずに出発してしまうと、様々な不都合が生じてしまいますよ。

そこで今回は、子連れ旅行に欠かせないアイテムを集めてみました。子育て世代のパパママの口コミも参考にしながら情報収集しましたので、リアルな情報になっています。

待ちに待った夏休みや冬休みの旅行がより一層楽しいものになるよう、是非とも出かける前に1度は目を通してみてください。安心して子連れ旅行に出かけることが出来ますよ!

スポンサーリンク

子連れ旅行の必需品!おすすめのアイテム7つをご紹介

それでは、まず子連れ旅行において絶対に持って行って欲しいものをご紹介します。必要なものを挙げればキリがありませんが、とりあえず以下の「子連れ旅行7つ道具」をおさえておけば大丈夫です!

1.ビニール袋・レジ袋

お買い物の時にスーパーでもらったレジ袋、ビニール袋などはありませんか?着替えや汚れた服を入れたり、使用済みのオムツを入れたり、ゴミを入れたりと、子どもを連れて外出する際には何かと便利なのです。

最近ではゴミを各自で持ち帰ることを推奨してゴミ箱が置いていない施設も沢山ありますからね。また、車酔いの時にも大活躍です。いくつか予備の袋を準備して出かけると安心ですよ。

2.ウェットティッシュ・おしぼり

手が汚れた時や食事の前など、お手ふきとして役立つのがウェットティッシュやおしぼりでしょう。濡らしたハンドタオルを持っていくのも良いですが、やっぱり便利なのはウェットティッシュですね。

子どもが使うのであれば、アルコール成分の少ないものや水タイプのウェットティッシュがオススメです。手を拭く以外にも、夏の暑い日に汗を拭く際にも使えますよ。必ずバッグに1つは入れておきたいアイテムですね。

3.バスタオル

スポーツタオルやハンドタオルではなく、バスタオルがオススメの理由。それは、いろんな用途で使うことができるからです。そのままバスタオルとしての役割をはたすのは勿論、冷房対策のひざ掛けとしても使えます。

あまりにも寒い時には子どもに羽織らせて防寒具代わりにしたり、子供が眠そうにしている時には毛布代わりとしてかぶせてあげたり、折りたたんで枕の代わりにしたりと、かなり万能です。汚れても洗いやすいので、1枚あれば安心です。

4.レジャーシート

外でピクニックをする訳でもないのにレジャーシートが必要!?と思われるかもしれません。しかし、たとえ行き先が公園などでなくとも、食事をする際にさっと敷けるレジャーシートは必須アイテムです。

「こぼさないように食べてね」と伝えても、やはり子どもは食べ物をポロポロこぼしてしまうものです。汚してはダメな場所へあらかじめ敷いておくと、パパやママも安心ですよね。

また、レジャーシートのほとんどが防水仕様だと思います。もし汚れても、すぐに洗い流すことができるので良いでしょう。子連れ旅行に持っていくのだとしたら、厚手のものを選ぶのがオススメです。

5.除菌シート

先ほど「ウェットティッシュが必要」という点については述べましたが、もしそのウェットティッシュがアルコール成分配合のものでなかったら、除菌機能がついていませんよね?その場合は、別に除菌シートを持参しましょう。

消毒ジェルやシートタイプの除菌シートは、ドラッグストアやスーパー、コンビニで手に入れることができます。食事の時以外でも、テーブルをサッと拭いたり、手が洗えない時、車内で食べ物を口にする時などに重宝しますよ。

6.エコバッグ

旅行中は、意外なところで荷物が増えたりするものです。その際にさっと取り出せるエコバッグがあると便利ですね。小さく折りたたんで持ち運べるものを1つ準備しておくだけで安心感が違います。

旅先で出た子どもの洗濯物などをエコバッグにまとめておけば、家に帰ってから「どれが洗濯物かな?」と鞄の中を探る必要がありません。外出先で出た洗い物は、まとめてエコバッグに入れておきましょう。

7.ジッパー付き保存袋

大中小さまざまなサイズのジッパー付き保存袋があるかと思います。中サイズと小サイズを2つずつくらい持っていくと便利ですよ。ご飯やお菓子の食べ残しを入れておく時に重宝します。

また、洗濯物などの汚れ物や、水で濡らしたタオルを持ち運ぶときにも便利です。ビニール袋と違って、ジッパーでしっかり封が出来るので良いですよね。

子連れ旅行の荷物が身軽になる4つの方法とは?

子どもが一緒だと、何かと必要な物が増えてしまいますよね。子連れ旅行をより快適にするためには、なるべく荷物は減らしたいものです。そこで、次は荷物を身軽にする4つの方法をご紹介します。

1.宿泊するホテルに荷物を送る

宿泊を兼ねてと遠出をするのであれば、あらかじめ荷物を宿泊先に送るということも可能です。日中に使用するものでなければ、先に郵送で送ってしまいましょう。送料はかかりますが、メリットも大きいです。

たいていのホテル・旅館では、事前の荷物受け取りをOKしてくれます。あらかじめ滞在先に連絡をとって、何日前に郵送したら良いかなどを相談しておくと良いでしょう。

また、行きだけでなく帰りもこの方法を使うことが出来ます。お土産などを購入した場合は、帰りはさらに荷物が増えるかと思います。荷物の発送サービスを上手く利用して、旅行に集中するのもアリですね。

あらかじめ荷物を送る方法を使うと、手荷物をかなり減らすことが出来ます。持ち歩く必要がなくなるので、パパやママの負担が、かなり少なくなりますよ。

2.代替できるものは代替

近場の公園に出かけるのとは違い、遠くへ旅行するのでしたら、何かと荷物も増えてしまうでしょう。そこで、代替できるものは代替し、兼用できるものは兼用するというのも1つの方法です。

例えば、普段使いのTシャツをパジャマとして持っていけば、パジャマを別で持っていく必要はなくなりますよね?男女の兄妹の場合は、両方が着られるようなデザインを選べば、いざという時に役立ちます。

もし、子どもがまだ赤ちゃんだとしたら、バスタオルは必須です。というのも、オムツ替えの時に敷くタオル・おくるみ・寒い時にかける布団代わりなど、すべてバスタオル1枚で事足ります。

あれもこれも必要!といって持って行ってしまうと、荷物ばかりが増えて持ち運びが大変です。なかった場合に何かで代替できるものは、荷物から抜いて行きましょう。

また、子どもに使用する荷物だけでなく、パパママが使うものについても考えてみてください。何か無駄はないでしょうか?代替できるもの、兼用できるものは省いてみてくださいね。

3.買えるものは旅先で買う

子どものおやつ、離乳食、おむつにレジャー用品と、すべてを手荷物に入れてしまっていませんか?もし遠出をするのであれば、最初から全てを持っていく必要はありません。特に、消耗品などは現地で調達することも視野に入れてみてください。

すべてが車移動であれば車内に荷物を置いておけば良いのですが、そうでない場合は大荷物を担いで歩かなければなりませんよね?せっかくの家族旅行なのに、それでは荷物を持つだけで疲れてしまいそうです。

国内の旅行であるならば、馴染みのドラッグストアやスーパーが現地にもあるはずです。必要なものは旅先で購入して旅先で使用し、帰りも荷物をできるだけ減らす。これが賢いやり方だと思いますよ。

また、宿泊を伴った旅行の場合は、あらかじめホテルや旅館に問い合わせてみましょう。タオル類やアメニティ、歯ブラシに加え、子どものパジャマなどが用意されている場合もあります。不要な荷物を減らして、旅行に集中できますよ。

4.旅先でも洗濯はできる

出かける前に、もう1度だけ手荷物を見なおしてみてください。手荷物が子どもの洋服ばかりになっていませんか?長期滞在の旅行の場合、その日数分の着替えを持って行くと、かなりかさばってしまいます。

しかし、ホテルにはランドリーサービスがあることが多いですし、近くにコインランドリーがある場合はそこを利用すれば良いのです。着替えを持っていくのは大事なことですが、手荷物が洋服であふれている方は「現地で洗濯する」ということを考慮してみてはいかがでしょうか?

下着や靴下程度であれば、滞在先の部屋で手洗いをして、ドライヤーで乾かすのもアリですよ。数日間にわたり同じホテルに滞在するのであれば、部屋に干すことも出来ます。臨機応変に対応して、荷物を減らしてみてくださいね。

スポンサーリンク

家族で楽しめる子連れ旅行先ランキング(国内編)

ここまで、子連れ旅行の必須アイテムや手荷物を減らすコツについてお伝えしてきました。それでは、次の長期休みにオススメな人気旅行先を厳選してみましたので、ご紹介したいと思います。まずは国内編です。

1.舞浜・船橋・幕張

子連れ旅行先として断トツの人気を誇るのが、舞浜・船橋・幕張でしょう。ディズニーリゾートをはじめ、アメイジングワールド、あそびのせかい、モーリーファンタジーなど、親子で遊べる施設が目白押しです。

宿泊先を予約する際、パークチケットがセットになっている「パック料金」で申し込むとお得です。晴れた場合、雨が降った場合の2パターンを考慮して、どの天気でも楽しめるようにしてみてくださいね。

2.東京23区

23区内には、子どもが喜ぶ施設が沢山あります。港区のレゴランドやアクアパーク、江東区のキッザニア、台東区のぱんだカフェ、中央区のピクニックカフェ、文京区のアソボーノなど、挙げたらキリがありません。

小学生や中学生のお子さんを連れて行くのであれば、スカイツリーやテレビ局なども良いでしょう。NHKをまるごと楽しめるNHKスタジオパークなども、家族連れに人気の施設ですよ。

3.大阪市内

USJ、通天閣、あべのハルカスと、大阪市内にも観光名所・レジャー施設が沢山あります。特に関東圏の方で「ディズニーには普段からよく行っている」というご家族には、是非USJへ足を運んでもらいたいものです。

「アトラクションの待ち時間が心配」というご家庭には、ユニバーサル・エクスプレス・パスがオススメです。待ち時間を短縮できるため、長い列に並ばなくて済みますよ。

4.沖縄北部(恩納・名護・本部・今帰仁)

国内でリゾート気分を味わいたいのであれば、断然沖縄県がおすすめです。沖縄県の中でも、恩納・名護・本部・今帰仁といった北部には、レジャー施設が沢山あります。

自然の海で子どもを遊ばせるも良し、プールを利用するも良し、美ら海水族館へ足を運ぶのも良し。北部には海岸沿いにリゾートホテルが立ち並んでいます。パパとママもゆっくり過ごせる点が、人気の理由にもなっているようです。

5.那覇市内

「沖縄には行きたいけれど、空港から遠い北部まで車を走らせるのはちょっと抵抗がある」という方には、那覇市内に滞在するのがおすすめです。さいおんスクエア「ほしぞら公民館」のプラネタリウム、言わずと知れた沖縄の顔「国際通り」、世界遺産に登録されている「首里城」など、大人も子どもも楽しめると思いますよ。

家族で楽しめる子連れ旅行先ランキング(海外編)

次は、人気旅行先ランキングの海外編です。子どもの夏休みや冬休み、春休みなどを利用して、国外へ出かけるのも素敵ですね。それでは、口コミで評価の高かった人気の旅行先をご紹介します。

1.ハワイ

夏休みの旅行先として根強い人気を誇るのがハワイです。大人も子どもも大好き!綺麗な海で泳いだり、アクティビティをしたり、母娘でショッピングをしたりと、楽しみ方は無限大です。

最近ではオシャレなカフェやベーカリーをめぐるのも人気があるようなので、早い時間帯に行ってお目当てのものをGETしてくださいね。子連れで海外へ行く際は、飛行機の席を予約する際にトイレ近くの席を指定すると便利ですよ。

2.グアム

東京ーハワイ間だと、フライトが8時間ほどかかりますよね?それが、東京ーグアム間だと3時間半程度になります。子どもにとっては長時間フライトに耐えられない恐れも出てきます。「グアムくらいだと手軽に行くことができて良い」というパパママの意見を多く見かけました。

機内食もありますし、子どもは機内でオモチャやお菓子をもらうことが出来ます。3時間半くらいであれば何とか我慢できるでしょう。ハワイへ行く半分の時間でリゾート地へ行けるとなれば、グアム人気の高さにも納得ですね。

3.シンガポール

「アジアのアミューズメントパークトップ10」というランキングでは、1位に「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール」が選ばれているのです。ちなみに、3位が「東京ディズニーシー」で、4位が「東京ディズニーランド」でした。

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールは、なんといってもアトラクションの種類が豊富です。子連れなら1日中ずっと楽しめる施設になっていると思います。ホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」の屋上プールも、子どもは大喜びでしょう。旅行先に迷っているご家族は、シンガポールを検討してみてはいかがでしょうか?

4.サイパン

「グアムが都会なら、サイパンは田舎」という表現が当てはまるでしょうか。グアムよりも落ち着いた雰囲気を持っているのがサイパンです。リゾート地でゆっくり楽しみたいのであれば、サイパンを選ぶと良いと思います。

主要ホテルには必ずと言ってよいほどプールが併設されていますので、お子さんも大喜びでしょう。現地の人が優しく親しみやすい人柄というのも、人気の理由なのかもしれません。

5.ヨーロッパ

お子さんが少し大きくなっているのでしたら、世界遺産が沢山あるヨーロッパ圏もオススメです。フランスならエッフェル塔やルーヴル美術館、イギリスならロンドン塔やビッグ・ベン、ドイツのベルリンの壁やケルン大聖堂など、挙げればキリがありませんね。

異国文化にふれて、歴史を学習することも出来ます。お子さんが小学校高学年や中学生になった頃、是非とも連れて行って差し上げてください。良い経験になると思いますよ。

子連れ旅行は事前準備を完璧にして出掛けましょう!

子連れで旅行するとなると、やはり荷物についてしっかり考えておきたいところです。旅行先でバタバタせずに済むよう、事前に万全な準備をして、めいっぱい旅行を楽しんでくださいね!

スポンサーリンク