会陰マッサージは出産前に必須!カレンデュラオイルを使いこなそう!

会陰マッサージは、出産をスムーズに行うためにぜひコツコツと行っておきたいマッサージとなっているようです。会陰マッサージを出産前から行っておけば、きっと出産時に良かった!と思えるのではないでしょうか。また、マタニティヨガやおっぱいマッサージ、乳頭マッサージも、後でやっておいてよかった!と思える準備といえるようです。ここでは、出産前にしておきたい、会陰マッサージなどについてお伝えしたいと思います。

出産前に会陰マッサージをマスターして安心の安産効果!

妊娠中期を過ぎてくると、会陰マッサージという言葉がちらほら聞こえてくるようです。陣痛は気を失うほどの痛いなどといわれる様に、特にはじめての出産においては痛みに対しての恐怖心が拭えないのではないでしょうか。なかでも会陰(えいん)切開は、多くの妊婦さんができれば避けたいと恐怖を覚えるものといえるようです。

痛そうなイメージがつきまとう会陰切開を避けるためにも、会陰マッサージを出産前にしっかりマスターしてみませんか?なるべく体に傷を残さないことは、出産後の生活にスムーズに進んでいくためにも大切といえるでしょう。会陰マッサージの効果やポイントなどについてご説明したいと思います。

会陰マッサージってどんなもの?どんな効果が期待できる?

会陰マッサージはどうして行ったほうがよいのでしょうか。会陰マッサージを行うことでどんなメリットが期待できるのでしょうか。安産で出産を行うためにぜひマスターしたい会陰マッサージの効果について、お伝えしたいと思います。

陰部を柔らかくする

会陰マッサージとは、会陰(えいん)をマッサージするという名前の通り、陰部を出産前にしっかりマッサージしておくことをいうようです。出産前に会陰部分をよくマッサージによって柔らかくしておけば、会陰の伸びがあらかじめよくなりますので、出産による傷が小さくてすむといわれているようです。出産時の傷が小さいと痛みが少なくてすみますので、出産後も比較的楽に過ごせるようにり回復が早まるでしょう。

会陰切開の予防効果

会陰(えいん)とは、膣と肛門の間の部分をさし、この部分が伸びて広がって赤ちゃんがでてくるようです。この会陰が伸びない場合、赤ちゃんがスムーズに出れるようはさみで切って広げてあげることを、会陰切開と呼ぶようです。しかし、できれば会陰切開をしたくない方が多いといわれています。

そこで、会陰マッサージにより出産前に会陰部分をしっかり柔らかく伸ばしておけば、出産時に会陰切開をしなくてすむようになることが期待できるようです。会陰切開をしたとしても、会陰マッサージをしておけば、切る範囲が少なくてすむ可能性も広がるでしょう。出産や産後のことを考えれば、会陰マッサージをしておくメリットは十分にあるといえるでしょう。

緊急事態発生?会陰切開が必要な時はどんな時?

会陰切開は、多くの人にとってできれば避けたいことであるようですが、この会陰切開はどのような理由でなされるのでしょうか。会陰切開がどうしても必要になる場面とはどのような時なのでしょうか。会陰切開を施す状況についてお伝えしたいと思います。

裂ける可能性が高いとき

出産時に会陰が伸びにくいため、赤ちゃんが出てくるときに裂けてしまう可能性が高いときには、会陰をあらかじめ切ってしまう場合が多いといわれています。これは、会陰が万一出産時にそのまま裂けてしまうと、ジグザグに裂けてしまい縫い合わせることが難しい状態になってしまうことがあるようです。さらに、そのまま肛門まで裂けてしまい、その後の生活に困る場合があるからといわれているようです。

時間に余裕がないとき

出産時には、ママや赤ちゃんに予想外のことがおこる場合も少なくないようです。例えば、突然心拍が下がるなどという状態になってしまい赤ちゃんに危険が迫った場合には、どうしても会陰が伸びるのを待っている余裕がなくなってしまうケースもあるようです。このように、緊急事態が発生して時間がないというときは、やむおえず会陰切開が行われるといわれています。

器具を入れる必要がある時

吸引分娩などが必要になり、膣に器具を入れる必要があるときも会陰切開が行われる場合があるようです。いづれにせよ、会陰が目的のために十分に伸びるようであれば、会陰切開は必ずしもしなければならないというものではないといえるでしょう。いざというときに、素早く会陰がしっかり伸びるように、出産前から会陰マッサージをしておけば、切らずにすむということでしょう。

マスターしよう!会陰マッサージの方法とポイント!

会陰マッサージをして、会陰をよく伸ばしていけば恐ろしい会陰切開を免れることができるかもしれません。会陰マッサージの適切な方法と、マッサージにポイントについて知り、会陰マッサージをしておくとよいのではないでしょうか。ここでは、会陰マッサージの方法やポイントについてご紹介したいと思います。

会陰マッサージを始める時期

出産前というといつぐらいから会陰マッサージをしたらよいのでしょうか。会陰マッサージは、やさしく いたわるような気持ちで、妊娠後期すなわち28週くらいから始めてみるとよいようです。会陰マッサージを行うにあたって、膣炎がある方など、何か少しでも心配や気になることがあれば、決して自己判断で行わずに主治医などに事前に相談してみるようにしましょう。

会陰マッサーにをしておく方がよいとあせらずに、おなかが張るときなどや疲れているときなどは、無理をせずお休みしましょう。

会陰周りをマッサージする

マッサージの具体的な方法は、指1~2本にマッサージオイルをつけて、膣の周りをUの字にやさしくゆっくりと描くようにマッサージしましょう。マッサージする方向としては、時計で言うと、体のおへそ側を12時としたら、3時から9時の方向までマッサージしてみましょう。次に、会陰と肛門の間を真横にマッサージしていきましょう。そのときは、細かくクルクルと円を描くように、やさしく手を動かすのとよいでしょう。

オイルを使うとスムーズ!

会陰マッサージは、カレンデュラオイルを使うとスムーズにできるためおすすめでしょう。このとき、カレンデュラオイルは必ず100%天然のものを使うようにしましょう。カレンデュラオイルは、産後の不快症状や疼痛、違和感が少ないといわれています。

カレンデュラはマリーゴールドの花のことで、この花で作ったオイルは、皮膚粘膜や血管を修復したり、保護したりしてくれる作用があるといわれているようです。妊娠しているからだはデリケートですので、必ず使う前にパッチテストをするとよいでしょう。パッチテストは、カレンデュラオイルを腕の内側に塗り、24~48時間放置して、肌に赤みやかゆみがでないようでしたら大丈夫でしょう。

会陰マッサージの頻度

まず慣れるまでは、2~3日に1回のペースで会陰マッサージを無理なくマイペースに行ってみましょう。臨月に入ったら、出産が近いため可能な限り毎日マッサージするのが理想でしょう。しかし、毎日しなくてはと使命感にかられたりしてあせることなく、気持ちをリラックスして行うようにしてみましょう。

会陰部分のスキンケア

会陰マッサージをした後は、カレンデュラオイルをコットンに浸してオイルパックをつくり、会陰部分のスキンケアとしてしっかり保湿をしておくのもよいでしょう。 生理用ナプキンやおりものシートにオイルを乗せて、一晩中パックすると、翌朝には会陰がふかふかとしっとりやわらかくなるようです。このスキンケアを続けることで、肌のうるおいも見違えるようにアップして見るからによく伸びそうな皮膚へと変身していくことができるといわれています。

オイル湿布の効果として、寝ている間にしっかり潤うわけですから、ぜひこまめに実行するようにしてみましょう。

会陰マッサージの注意点

会陰マッサージは、必ず手を洗って清潔な手で行うようにしましょう。膣の中はデリケートですから細菌感染を起こしやすいので、指をいれないようにして、体が暖まりオイルの浸透が高まりやすいので、お風呂上りやお風呂中にマッサージをするとよいでしょう。所要時間としては、長い時間すればするほどよいということはなく、無理なく適度に大体5~10分を目安に行うとよいようです。

カレンデュラオイルについてもっと詳しく教えて!

妊娠中や産後の女性、そして赤ちゃんにとっても嬉しい効果が満載といわれる話題のカレンデュラオイルについて、使い方なども含めもっと知りたいという方も多いのではないでしょうか。1本あると何かと便利に使えるカレンデュラオイルの効果や効能などについてお伝えしたいと思います。

カレンデュラオイルの植物

カレンデュラは、南ヨーロッパで原産されるキク科の植物といわれており、日本においてはキンセンカとも呼ばれるオレンジ色の花のことをさすようです。そして、カレンデュラオイルとは、カレンデュラの花を乾燥させてオリーブオイルなどの植物油に浸して成分をじっくり抽出したオイルといわれています。一般にも花を乾燥したものが売られているようですので、それをスイートアーモンドオイルなどに漬け込んで、自分で作ることもできるようです。

カレンデュラオイルの効能

カレンデュラオイルの効能は実にたくさんありますので、なぜ多くの方に愛用されているのかを知ることができるでしょう。カレンデュラオイルには、肌にとって大切な保湿機能とバリア機能を補う、皮膚の保護作用があるためスキンケアに大変有効といわれています。また、殺菌や抗炎症作用そのため、傷ついた皮膚にカレンデュラオイルを塗ると、皮膚の回復が早まるといわれているようです。

さらにカレンデュラには、発汗や利尿作用があるといわれており、血液循環の促進作用によって体のめぐりをよくしてくれるといわれています。血流を改善させるため、体内の不要な老廃物のデトックス効果があるとされているようです。カレンデュラには、解熱鎮痛作用もあるといわれていますので、関節炎や痛風などの炎症を和らげるともいわれているようです。

全身に使える

会陰マッサージだけではなく、カレンデュラオイルは全身に使っていくことができるでしょう。例えば、妊娠中や産後には、痔がおこりやすくなるといわれています。しかし飛び出してしまった痔をそのままにすると、痛みが強くなってしまうため、カレンデュラオイルで滑らせ優しく戻してあげることもできるでしょう。

または、産後赤ちゃんのお世話で手洗いをする機会が増えると、手あれをおこしやすくなるといわれています。手を濡れたままにすると皮膚の保湿機能やバリア機能が失われ、手が荒れてしまうようです。そこで、ひびやあかぎれができた部分に直接塗っても保湿になり効果があるようです。

このように1本あれば、大活躍してくれるオイルですので、カレンデュラオイルは大変重宝されているといえるでしょう。

会陰マッサージと合わせて行いたいマタニティヨガ!

マッサージをすると同時に、ヨガやストレッチなどをして体をよく動かしておけば会陰をやわかくする効果が期待できるようです。さらに膣や肛門の引きしめ運動などをこまめにしておくと、出産時に力をいれたりゆるめたりスムーズにできるようになるのではないでしょうか。

マタニティヨガで安産効果

マタニティヨガをすれば、妊娠中のからだの柔軟性を高めてくれるだけでなく、運動不足の解消につながるでしょう。マタニティヨガの呼吸法やポーズを、日々コツコツと実践すると体調不良が解消されたという声が多数聞かれるようです。さらに、妊娠中の過度な食欲を抑えてくれるため、過剰に太らないようになり適正体重の維持にも効果があるようです。

マタニティヨガの呼吸法では、ゆったりとしたリラックス効果が得られるため、ストレスのたまりやすい妊娠中の心身を安定してくれますので安産効果が期待できるのではないでしょうか。このように、マタニティヨガには様々なメリットがあるようですので、マッサージと組み合わせて行うことがおすすめできるでしょう。

骨盤周辺の筋肉をほぐす

マタニティヨガにより骨盤周辺の筋肉をほぐせば、からだの柔軟性が上がるため骨盤が開きやすくなるでしょう。骨盤がしっかり開いているとお産が楽になる効果があるようです。出産後は、骨盤がゆがみやすくなるといわれていますが、マタニティヨガをしていると骨盤が元の位置に戻りやすくなるでしょう。

マタニティヨガはこのようによいことばかりなのでおすすめですが、運動ですので過度にからだに負担がかからないように気をつけたほうがよいでしょう。まずは専門医師に相談してから、マタニティヨガを始めるようにすれば安心できますね。マタニティヨガは、安全に行うためには安定期を過ぎてからにするとよいようです。

即実践!マタニティヨガおすすめのポーズ5選をご紹介!

妊婦の方向けとなっているマタニティヨガは、妊娠時におすすめのポーズばかりとなっています。心身に効果があるマタニティヨガですから、健やかな出産を迎えるためにもおうちなどで気軽に実践してみてはいかがでしょうか。ママも赤ちゃんも心も体も健康な状態で、妊娠期間を過ごせるのではないでしょうか。

カパーラ・パーティー

カパーラ・パーティは、陣痛を緩和する効果があるといわれているポーズで安産によいといわれているようです。あごを引いて背筋を伸ばしながらあぐらをかいて、全身のちからを抜きリラックスしましょう。次に、鼻から小刻みにふっふっと息を吐いていきます。これを10呼吸で3セット行うようです。

ヨガをしていてお腹が張ったら、すぐに中止することが大切です。無理なく楽しめる範囲で、ぜひ行っておくと、出産のときやっていてよかった!と実感できるといわれています。

合蹠のポーズ

股を開いて左右のかかとを合わせ、手前に引き寄せたら、背筋を伸ばして、骨盤をまっすぐ立てましょう。息を吸ってから胸を張り、吐きながら、上体を前に倒したら自然に呼吸しながら、30秒から1分キープしましょう。足の裏を合わせることを、合蹠(がっせき)というため、このポーズの名前となったようです。

このポーズでは、股関節をやわらかくして骨盤位置を整えることができるといわれています。骨盤周辺の筋肉を刺激して柔軟を保つことは、安産のためには大変重要になっており、さらに妊娠中期からの体重増加や腰痛を抑えることができるようです。

仰向けの合蹠のポーズ

仰向けになり、足の裏を合わせ合蹠して自然な呼吸をしながら、3分ほどリラックスしてみましょう。妊娠後期になるとお腹がかなり大きくなりますので、身体を前に倒すのがきつい方に特におすすめできるポーズでしょう。股関節がぐっとのびてとても気持ちがよく、気持ちもリラックスできるため赤ちゃんが動いているのも感じらる時間となるでしょう。

腰上げのポーズ

仰向けになり両膝をたて、かかとをお尻につけましょう。ここで、かかとがつかない方は、無理せずつく範囲でお尻に近づけるようにするとよいでしょう。そして膝を肩幅より大きく広げたら、大きく深呼吸して、吐きながら両足をしっかり踏ん張るようにして腰を持ち上げてみましょう。

しっかりと産道を引き締めるイメージを持ったままキープして、呼吸を3回したらゆっくりと腰をおろしましょう。このポーズは、安産に効果的といわれる代表的なポーズとして、安産体操でもよくとりあげられるポーズのようですので、実践してみるとよいのではないでしょうか。産院でもよくすすめられるもので、骨盤底筋群を引き締める効果により、安産へと導いてくれるようです。

橋のポーズ

仰向けに寝て両膝を立て、なるべくかかとをお尻につけるようにしたら一呼吸しましょう。吐きながら、腰を垂直に持ち上げて背中を全部持ち上げていき、肩甲骨で体重を支えるところまでいったら3つ呼吸しましょう。そして背中から腰へとゆっくりとおろしリラックスしましょう。

腰や背中を反る様子が橋のように見えるため、橋のポーズといわれるようです。腰をぐっと高くあげて、体重を肩で支えるところがポイントで、背筋と腹筋までしっかりと鍛えることができるでしょう。それによって、赤ちゃんを押し出す娩出力につながるといわれているので、チャレンジしてみるとよいでしょう。

安産のために、妊娠期をどう過ごすかは大変重要となってくるでしょう。妊娠後期になると少し動くのも大変かもしれませんが、マタニティヨガなら自宅でも気楽にできるでしょう。会陰マッサージと合わせて行っておけば、健やかな出産が期待できるのではないでしょうか。

これも大切!妊娠中に合わせて行いたいおっぱいマッサージ!

会陰マッサージと合わせて、できれば忘れずに行っておきたいのが、おっぱいマッサージとなっているようです。妊娠中・授乳中のマッサージには、母乳の分泌を促進させるためのおっぱいマッサージと、赤ちゃんが乳首を咥えやすくするための乳頭、乳輪部マッサージがあるようです。ここでは、その2つのマッサージについてお伝えします。

母乳の分泌がよくなる

母乳の分泌を促進させるおっぱいマッサージとは、乳房の基底部をよく動かすことで母乳の分泌促進を図るマッサージ方法となっているようです。これはお風呂につかりながら行うと、血行がよくなるため、より効果的といわれていますが、入浴ができないときは、おっぱいを蒸しタオルで温めながら行うとよいようです。おっぱいマッサージを始める時期は、出産後から開始してももちろん効果はあるといわれています。

しかし、産後よりスムーズに母乳を出すためには、妊娠28週目からのケアがおすすめとなっているようです。ただし、切迫早産の場合はおっぱいマッサージは控えたほうがよいようですので、注意が必要でしょう。

乳頭マッサージ

乳頭マッサージは、乳頭の伸びを良くして、授乳期の摩擦に耐える乳頭へと整えるものとなっているようです。乳頭が固いと赤ちゃんがうまく母乳を吸えなくなってしまい母乳が出にくくなるようです。赤ちゃんは、強い吸引力でママの乳頭を吸いますので、乳頭が傷む場合が多いようです。

あらかじめ乳頭マッサージをしておけば、産後の乳頭の裂傷などの予防になるようですので、妊娠中からのお手入れがおすすめでしょう。始めるタイミングは、妊娠28週目頃がよいようですが、切迫早産で薬を飲んでいる方は、臨月に入ってから行うとよいようです。乳頭マッサージの仕方は、まず片方の手でおっぱいを保護して、マッサージをする方の手の親指・人指し指・中指で乳首をつまみましょう。

次に、3秒くらいで少しづつ圧を加えながら圧迫しますが、痛みを覚える程に無理はしないようにしましょう。乳頭・乳輪部を、位置、方向を変えながら1分くらい圧迫し、最初はゆっくりで、ある程度したら十分にもみこみましょう。次に、縦方向にも、もみずらして、刺激になれるようにしておくとよいでしょう。

乳房全体のマッサージ

おっぱいマッサージは、まず右手の手のひらと指で、バスケットボールをつかむようなかたちに指を広げておっぱいを持ちましょう。左手の親指の付け根当たりの母指球を、おっぱいの上部にあて右側に向かって横に押す動作を4~5回くり返すようにしましょう。次に、右手の位置を下にずらして、小指側をおっぱいの外側の斜め下にあてましょう。

右手を左手の上にあて、右の肩に向かって押すような動作を、右の手のひらでおっぱいを潰さないようにしながら4~5回くり返してみましょう。次は、右手の手のひらの小指側を、おっぱいの下にあて、左手はその下にそえるように置いたら、おっぱいを真上にすくい上げるようにする動作を、4~5回くり返すようにしてみましょう。自分では上手くできない場合には、助産師の方などにおっぱいマッサージをしてもらうのもよいかもしれません。

会陰マッサージはカレンデュラオイルでリラックス!

皆が避けたい会陰切開を避けるためには、会陰マッサージでしっかりもみほぐしておく下準備が大切となるようです。全身にくまなく使えるおすすめのカレンデュラオイルを使って、リラックスしながら着々と出産に向けて準備を整えていくとよいのではないでしょうか。また、マタニティヨガで骨盤周りの筋肉を柔軟に保ち、乳頭マッサージにより乳頭を鍛えておけば、きっと素晴らしく健やかな安産や育児へつなげていけるのではないでしょうか。