ヘアワックスジプシーさん集合!もう迷わない!女性におすすめしたい商品7選

スポンサーリンク

みなさま、ヘアスタイリングに「ワックス」ってお使いですか?なかなか上手く使いこなせないという方も多いと思います。使い方や選び方をしっかりと学べば、仕上がりがワンランクもツーランクもアップするかもしれません!今回は、ヘアスタイリングについて悩める方々へ、ワックスについて徹底解説します。

本記事の見出し

ワックスを上手に使いたい!

髪の毛をスタイリングするために使うヘアワックス。実際に使っている方も多いかと思います。しかし、「美容師さんがやってくれるように上手くできない」、「仕上がりが良くない…」など、自分で使うことに苦手意識を持っていらっしゃる方もいると思います。

さらに、ワックスを使ったことがないという方は、膨大にある種類の中からどれを選んだらいいのかわからないという方もいらっしゃると思います。ヘアスタイリングの悩みは、ワックスの悩みといっても過言ではないと思います。

このように、悩みを持っていらっしゃる方々も、自分に合うワックスで正しい使い方をすれば、希望にピッタリの、自分を際立たせてくれるヘアスタイルにセットすることが出来ます。今回は、ワックスの種類や選び方、正しい使い方、上手くセットするポイントなどをまとめました。

これを読んで、明日からはパーフェクトなヘアスタイルを作りましょう!

スポンサーリンク

ワックスについて知りたい!

まずは、ワックスについての基礎知識から解説します。ここでは、ワックスとはどのようなものか、種類はどのように分けられるのか、ワックスを使うメリットや男女用ワックスの違いなどをご紹介します。

これまでなんとなくワックスを使ってきた方はもちろん、使ったことがない方も、ワックスの魅力が再発見できるかもしれません!

ワックスとは?

「ワックス(Wax)」とは、「蝋(ロウ)類」のことを指します。家具や床などの艶出しや、滑りを良くするためにスキー板などに使われるものも、「ワックス」と呼ばれますよね?ここでご紹介するのは、ワックス類の中で、ヘアスタイリングに使われる「ヘアワックス」のことです。

髪を固定したり、整えたりする役割を持つ「整髪料」の一種です。様々ある整髪料の中で、ヘアワックスとは本来、ワックスと名付けられている通り、蝋状のこってりとしたテクスチャーのものを指し、主な構成成分はミツロウ、カルナバロウ、キャンデリラロウ、固形パラフィンなどの蝋なのです。

しかし、流行などによりこの定義に当てはまらない整髪料も「ワックス」として、売り出されています。

ヘアワックスの分類の仕方

上記に関連しますが、現在市販されているヘアワックスは、テクスチャーの硬さや容器の形状なども実に様々です。その中で、ヘアワックスは、整髪力の強さで「ハードタイプ」や、「ライトタイプ」などと分類されています。

ハードタイプは、スタイリングの持続力が高く、マットな光沢、毛束をしっかりとホールドするのが特徴です。一方でライトタイプは毛束感と癖づけが適度で仕上がりがナチュラル、そして、自然な光沢感がプラスされます。このように、ヘアワックスは仕上がりや使用感によって分類されています。

ヘアワックスの効果とは

ヘアワックスの効果は、乱れた髪を自分の手で簡単に整えることが出来るということです。すなわち、毛先にナチュラルな動きをつけることが出来る、光沢をプラスすることが出来る、固めず柔らかなセット力があるため、髪の毛のセットをしやすくしてくれる効果があるのです。

男性用・女性用のヘアワックスの違いとは

整髪料としてのワックスは、男性用(向け)と女性用(向け)で、分けられて販売されていますよね?しかし、男性向けのものを女性が使ったりすることもあり、その違いについてはあまり注目されていないと思います。もちろん、絶対に自分の性別用のものを使わなければいけないわけではありません。

では、どのように違いがあるのでしょうか?まず、女性用のワックスは男性用のものと比べると、香りが華やかだったり、甘めだったりと女性向けであること、また、髪の長さなどを考慮すると、あまりビッシリとセットをするというニーズが少ないので、ハードタイプがあまりないことなどが挙げられます。

女性用のワックスで、ホールド力やキープ力、仕上がりの質感などに満足できない場合に、男性用のものを使用する方が多いのだと思います。さらに、女性はヘアケアに力を入れている方が多いので、女性用のワックスには整髪成分だけでなく、補修成分や美容成分が含まれているものが多いのも特徴です。

7つのワックスの種類と用途リスト

ここでは、ワックスの種類と、それぞれどのような場合に適しているのかを解説します。先述で、現在はワックスの種類が多様化してきて、元々の狭い定義には収まらないものがあるとご紹介しましたが、ここでは、現在「ワックス」としてどのようなものが出ているのか、徹底解説します。

1.ファイバーワックス

ファイバーワックスは、油分が多いタイプで広がりを抑えたりする効果がピカイチです。そのため、剛毛の方や、髪の量が多い方もスタイリングしやすいのが特徴です。しかし、髪が柔らかい方や細い方は、ペタンとなりやすくなってしまうので、使用の際には注意が必要です。

手直しがしやすく、外出先でも手軽に直すことが出来るのですが、初めからつけすぎてしまうとべったりとなりすぎて直しづらくなります。どのような髪質の方も、初めは少量でスタイリングするようにしてください。このファイバーワックスは、半乾きの髪に使うと、扱いやすいそうです。

2.ドライワックス

ドライワックスは、文字通り油分や水分が少ないタイプで、完全に乾いた髪に使用します。髪が柔らかい方、細い方、毛量が少ない方でも、ボリュームを出しやすいタイプです。シャンプーを念入りにしないと、落ちにくいのが難点ですが、慣れればとても使いやすいところがメリットです。

毛束を作ったり、毛先を跳ねさせたりしやすく、スタイルに動きを出しやすくなります。

3.ジェルワックス

しっかりと固めたいとき、ツヤを出したいときにおすすめなのがジェルワックスです。ワックス自体に重みがあるため、ふんわりと軽やかにスタイリングするのには向きませんが、タイトに仕上げたい方、広がりやボリュームを抑えたスタイリングをしたいときにおすすめです。

このタイプは、半乾きの髪に使用し、他のワックスよりも適量が少し多めで500円玉大程度です。また、速乾性があるので、手に伸ばしたら手早くスタイリングをする必要があります。慣れるまでは少し難しく感じるかもしれませんね。

4.グリースワックス

グリースワックスは、ツヤを出したいときやパサつき、乾燥が気になる方に向いています。女性の場合は、まとめ髪などをきっちり仕上げたいときに、後れ毛を整えるためにも使えます。このタイプは、半乾きの髪に使用し、その他のワックスとブレンドして使うことも出来ます。

グリースと他のワックスを1:2で使うと、ツヤとセット力があるワックスになります。ブレンドするのは、ハードワックスがおすすめです。グリースワックスもまた、500円玉大程度が適量となります。

5.ムースワックス

ムースワックスは、ヘアフォームとも呼ばれ、整髪成分を泡状にしたものです。パーマヘアや癖毛のカールやウェーブを整えるタイプがほとんどです。半乾きの髪に、揉み込むように使用します。根元につくと、全体的にペタッとした印象になりやすいので、毛先を中心につけます。

ワックス自体はとても軽いのが特徴です。ムースの中でも光沢をプラスするものや、セット力が強いもの、仕上がりの質感が自然なものなど、様々なタイプがあるので、自分の好みに合わせて選ぶことが出来ます。

6.ウォーターワックス

ウォーターワックスは、文字通りリキッド状のワックスでスプレーのようなタイプが多いです。そのため、手が汚れにくく、セットも手早く完了することが出来るのが大きなメリットです。髪になじみやすいので、乾いた髪、濡れた髪、両方に使うことが出来ます。

また、スプレータイプのもの以外は、手のひらに10円玉大程度を出してなじませてから、髪につけます。また、ウォーターワックスは、カーラーで巻いた髪や、癖毛の方などがそれを活かしてウェービーにスタイリングすることが出来るタイプもあります。

7.パウダーワックス

髪が少ない方や細い方、コシがないと悩んでいる方におすすめなのがパウダーワックスです。トップにボリュームを出したり、パーマヘアをふんわりとスタイリングすることも出来ます。このタイプも、通常よりも少し多めが適量となり、手のひらと指を上手く使い、髪全体になじませるように使います。

ただし、ダマにならないように、量に偏りが出ないように注意してください。

スポンサーリンク

知ってる?自分に合うワックスの選び方

これまで、ご紹介している通り、ワックスも種類はとても多いです。選ぶのが大変だと思いますが、これは、誰にでも自分の髪に合うワックスが探しやすいということになります。そのため、ここでご紹介する選び方、チェックするポイントを確認して、自分に最適なワックスを探しましょう!

なりたい仕上がりイメージで選ぶ

上記でご紹介しているように、ワックスの種類によって得意なスタイリングが異なるのです。そのため、自分のなりたいイメージに沿って、それを作るヘアスタイルを叶えてくれるワックスを選ぶことが大切です。

ツヤを出すもの、ホールド力・セット力があるもの、軽やかに仕上がるもの、動きを出すものなど、1つ1つの商品によっても変わってきます。上記でご紹介した、ワックスの用途も含めて、自分がセットしたいヘアスタイルに合うものを選べるようにしてください。

また、市販のワックスの多くは、文面やイメージ画、写真などで得意のスタイルや、質感や仕上がりなどが表示されています。キープ力などだけでなく、これらに注目して選んでみるのも1つの手です。

自分の髪質で選ぶ

自分の髪質に合わせてワックスを選ぶのも、とても大切です。上記でご紹介しているように、髪質によっては上手く働かないタイプもあります。自分の髪質と、そのワックスの特徴を見極めて、スタイリングしやすく、綺麗に仕上がるものを選ぶようにしてください。

例えば、髪が太くて硬い方は、質感の重いワックスはなじみにくくてセットしづらいと感じたり、軟毛の方はボリュームを抑えるタイプだと、ペタッとなりすぎてしまいます。さらに、乾燥やパサつきが気になる方、癖毛でフワッとなってしまう方などはツヤがプラスされるタイプを選ぶと綺麗に仕上がります。

このように、髪質によって合うワックスは異なるので、種類の特徴を把握して、その商品の特性を見極めることが大切です。

髪の長さで選ぶ

髪の長さも、ワックス選びの重要なポイントです。髪が短い方は、質感が重いワックスを使うと動きが出にくくなってしまい、長い方は軽すぎるワックスだとセット力が髪の重さに劣ってしまいます。ワックスの力をしっかりと発揮させてあげるためにも、自分の髪の長さも大事な要素です。

アレンジしにくくかったり、すぐに崩れてしまうという方は、髪の長さに合ったワックスを選べていない可能性があります。女性のヘアスタイルは、ロングからショートまで幅広いので、選ぶのが難しいこともあります。女性用ワックスはレングス別にも分類されているものもありますので、チェックしてみてください。

大事なステップ!ワックスを付ける前の下準備について

続いては、ワックスを使ってスタイリングをする前の、下準備をご紹介します。ワックスの特性を活かして、なりたいヘアスタイルを作るために、大切なステップとなります。下準備が整っていないと、イメージ通りに仕上がらないこともあるので、確認してチャレンジしてみてください!

ボリュームを抑えたい時は?

まず、下準備には、どのように仕上げたいかによって違いがあります。ここでは、ボリュームを抑えたいときの下準備をご紹介します。その場合は、やや濡れた状態の髪からスタイリングを始めることをおすすめします。ワックスがなじみやすく、抑えるべきところをしっかりとタイトに仕上げることが出来ます。

動きをしっかりつけたい時は?

ボリュームを抑えたいときとは反対に、動きを出したいときは、髪をしっかりと乾かすことが大切です。そのワックスの質感を活かすことが出来、さらに、乾いた状態だと毛先を跳ねさせたり、立ち上げたりしやすくなります。

ワックスがなじみやすい状態とは

ワックスが髪になじみやすいのは、7~8割乾燥している状態、すなわち、やや濡れた状態です。髪全体になじませることが大切なので、大きく動きをつけたいとき以外は、少し濡れた状態を意識すると良いです。

理想は、洗髪をして、スタイリングしやすいようにブローをして、やや濡れた状態まで乾かします。こうすることによって、寝癖もないすっぴんヘアの状態となり、ワックスの力を活かす理想的な状態となるのです。

時間がない時の下準備についても知りたい!

やや濡れている状態が良いため、時間がなく事前にシャンプーなどがでいない場合は、濡らすだけでも大丈夫です。そのときは根元からしっかりと濡らすようにしてください。寝癖直しのスプレーや、ぬるま湯を直接根元からつけて、髪全体を濡らしてから、7~8割乾かした状態にするのが理想です。

ついてしまっている寝癖をとることが、ワックスで綺麗にスタイルを仕上げるコツにもなります。

これが基本!ワックスの付け方について

これまで、ワックスの種類や選び方、ワックスを使う前に心がけるべきポイントをご紹介しました。いよいよ、ワックスの正しい付け方についてご紹介していきます。これまで、上手く使いこなせないと悩んでいた方、難しそうと考えていた方も、基本となる使い方をしっかり学んでチャンレンジしてみてください!

STEP1.まずは適量を取る

まず、自分が使用するワックスの適量を取るようにしてください。種類や商品、髪の長さや量によって異なるので、しっかり確認して適した量を使って下さい。ワックスは、適量以上を使っても、少なくてもスタイリングしづらくなってしまいます。

そして、ワックスをつける前に、髪の毛の寝癖などを取り、ワックスがなじみやすく、スタイリングしやすい状態にしておいてください。

STEP2.手のひらにのばすのが大切

ワックスを手に取って、そのまま毛先などに揉み込んでいる方はいませんか?ワックスは、まず、手のひらをこすりあわせて、伸ばすのが大切です。ヘアワックスは、手のひらの熱で柔らかくなり、髪につけて固まることでスタイルを作り上げる仕組みなのです。

手のひらにまんべんなく伸ばすようにすることで、ワックスが柔らかく溶けて、髪に伸ばしやすくなります。このステップを忘れないようにしてくださいね! 

STEP3.ワックスを付ける順番にも工夫を

次に、髪全体にワックスを揉み込んでいきます。ワックスは、セットしたいところにだけつけるのではなく、まずは髪全体につけて根元から立ち上げるようにしてから、細部を整えていくのです。スーパーサイヤ人のように、根元から髪の毛が立ち上がるようなイメージで付けていってください。

このとき、ボリュームが多い後頭部からつけていくのがおすすめです。このとき、前髪は残して全体につけるのが正しいつけ方です。根元を鷲掴みにしながら、ぎゅっと上げるようにすると、立派なスーパーサイヤ人風ヘアが仕上がりますよ!ここまでは、下準備といえるステップです。

STEP4.綺麗に仕上げるための最終仕上げについて

そして、この段階から、全体のスタイルのイメージによって作り込んでいきます。ボリュームを抑えたいところを手ぐしや、ブラシの柄などを使って押さえて整えてから、細かい部分を作って行きます。動きを出す作業は、ここで初めて登場します。

ここまでで、「あれ?前髪はいつスタイリングするの?」と思われた方もいるのでは?まさに、ここで、前髪のセットを開始します。最後に、手に残ったワックスを前髪につけて形を作っていきます。このとき、根元にはつけないようにするのがポイントです。

最終的にスタイルが完成したら、ヘアスプレーを使って仕上げると、よりセットが長持ちします。髪型の細部にも動きを出して、しっかりホールドしたい場合は、毛束ごとに少しずつスプレーをかけていくとキープ力も上がります。

これは、作りたいヘアスタイルによって異なるとは思いますが、ワックスを全体に揉み込んだ後、全体のシルエットがひし形になるように、ボリュームを整えると最終的な仕上がりが綺麗になるのでおすすめです。

要チェック!ワックス使用後の注意点

前項目では、ワックスを使ううえで、基本的な方法をご紹介しました。商品記載の使い方には、明記されていないようなこともあるため、意外と正しく使えている方も少ないのではないかな?と思いました。ご紹介したように、基本的な使い方にのっとって、正しく使えば失敗も減るかもしれませんね!

ここでは、ワックスを使った場合、その後に注意すべき大切なポイントを解説します。いつも素敵なヘアスタイルのためにも、健康で美しい髪のためにも、気を付けていただきたいと思います。

その1.必ず洗髪する

ワックスをつけたときは、しっかりと落とすことが大切です。メイクをしたまま寝てしまうとお肌に悪いのと同じで、ワックスが髪に残ったまま長い時間が経ってしまったり、寝てしまうと髪や頭皮には負担となってしまいます。

しっかりと落とせるように、念入りに洗髪してください。洗い残しもダメージの原因になります。髪に元気がなくなったり、抜け毛が増えたり、乾燥しやすくなったり、カラーの入りが悪くなったりと何かと悩みを感じやすくなります。

健やかなヘアを手に入れるためには、ワックスをつけたらしっかり落とすを徹底してください。

その2.ケアを忘れない

ワックスを使うとき、やはりコンディションが良い髪につけるのと、ダメージが激しい髪につけるのとでは、なじみ方や仕上がりの美しさが変わってきます。肌が乾燥していたり、トラブルがあるとファンデーションのノリが悪くなってしまうのと同じです。

ワックスを使って、髪にツヤをプラスしたり、整えることでダメージをカモフラージュすることは出来ますが、やはり、すっぴんヘアの美しさがワックスの力を発揮するためには必要不可欠です。洗髪後には、トリートメントを徹底し、健やかな髪をキープするように心がけてください。

その3.ワックスが落ちない時の対処法

ワックスは、落ちにくいものもありますよね?こんなとき、複数回洗うと洗い過ぎて髪の毛がパサパサに乾燥してしまったり、頭皮にダメージが出てしまう場合があります。2度洗い程度なら問題はないと思いますが、なるべく事前に落としやすい状態にして、さっと落とせるようにするのが良いです。

落ちにくいワックスをつけた場合は、シャンプー前に、トリートメントやコンディショナーをつけて、ワックスになじませるように揉み込んでみてください。その後、洗い流した後、普段通りにシャンプーで洗髪してください。

トリートメントなどは、同じく油分が多いワックスとなじみやすく、絡まりやすくなるといわれています。油汚れは油で落とすという原理ですね!そのため、オイル美容をされている方は、お好みのオイルを使って、頭皮もしっかりマッサージしても効果的かと思います。

この方法だと、頭皮の汚れも浮かせスッキリさせて、ヘッドスパのような効果と、ワックスが落ちやすくなる効果が一石二鳥で美髪がゲットできるかもしれません!気になった方は試してみてはいかがですか?

迷ったらコレ!おすすめのワックス7選!

これまで、ワックスについて解説してきましたが、自分でもワックスを使いこなせるかもと思ってきてはいませんか?そうなって頂けたら幸いです。しかし、ここでぶち当たる壁が、膨大なアイテムの中からどのワックスを選んだら良いのかわからないということです。

迷ったらとりあえずコレ!といえる、高評価のワックスを厳選してご紹介しますので、参考にしてみてください。

デザインキューブソフトグロス

特に女性向けにおすすめするワックスランキングの第1位は、「ウェーボ」の「デザインキューブソフトグロス」です。可愛いキューブ型のピンクの容器が、女性に好まれそうなデザインですよね!下記でご紹介しているのは、容量が少ない持ち運びも出来るタイプです。

商品名にグロスという言葉が使われている通り、ツヤをプラスするグロス効果が高いので、サラつやストレートヘア、しっとりとしたゆる巻スタイルが作りやすいです。さらに、毛先に少しだけ動きをつけてエアリーなヘアに仕上げたいときにも使えてとても万能です。オシャレ女子お墨付きの名品です!

デミ ウェーボ デザインキューブ ソフトグロス 30g

¥750

スタイリングタントNワックス3

人気のワックスメーカー「ナカノ」の「スタイリングタントNワックス3」は、自然なストレートヘアや、ナチュラルに動きをつけたヘアなどに簡単に仕上げることが出来ます。ショート~セミロングの長さに適しているそうです。柔らかいイメージのヘアスタイルが得意です!

柔軟性があり、毛束感や毛先の動きを表現しやすく、カラーの褪色防止成分も配合されているそうです。さらに、紫外線によるダメージを防ぐ効果もあるそうです!そのため、ヘアケアに気を使う女性層からも厚い支持が集まっています。

ナカノ スタイリング タントN ワックス 3 ライトハード 90g

¥1,080

ニゼル・フリックワックス

ドレッサーに置いておくだけで可愛い容器も、女性の心を掴んでいます。「ミルボン」の「ニゼル・フリックワックス」は、パーマヘアやしっかりと動きをつけたいときに向いています。分け目やトップをふんわりさせたり、毛束を作ったり、毛先に動きをつけたり、とても万能です。

ペタッとなりやすい髪の方、ふんわりと動きのあるヘアスタイルを作りたい女性には、最適のワックスです。短時間でさっとスタイリングしても、綺麗に決まるので、ワックスに慣れていない初心者さんにもおすすめです。スタイルのキープ力もピカイチです。

ミルボン -nigelle dressia collection- ニゼル フリックワックス 30g FLICK WAX

¥907

スタイリング・プレミアム・ワックス1

「ナカノ」の「スタイリング・プレミアム・ワックス1」も、女性にも人気のあるワックスです。ファイバータイプで、フワッとした動きが表現しやすいのが特徴です。少量でも伸びも良く、髪全体になじませやすいところも高評価のポイントです。

エアリーで軽やかなゆるふわヘアを簡単に作ることが出来るので、パーマヘアさんにも最適です。短めのヘアでも、つまんで毛束感を出したり毛先に動きが付けられるので、おすすめです。軽めで、重くならないのでふわふわのスタイルがキープできます。

ナカノ スタイリング プレミアム ワックス1 60g ライトタイプ

¥1,017

メイクアップワックス4.0

カラフルでオシャレな容器で、女性にも人気の「ロレッタ」の中で、特におすすめなのが「メイクアップワックス4.0」です。1日中崩れないほどキープ力が強いのに、重くなく軽めのスタイルを保てる嬉しいワックスです。軟毛の人でも使いやすく、サラッとした使い心地も人気の秘密です。

グロス効果も高いため、パサつきがちな髪も綺麗に仕上げてくれます。

≪モルトベーネ≫loretta|ロレッタ メイクアップワックス 4.0 <ヘアワックス> 65g(sa6367)

¥1,077

ギャッツビームービングラバー エアライズ

メンズのワックスという印象が強い「ギャツビー」ですが、この「ムービングラバー」は、女性からの口コミも良く、人気があるようです。しっかりと動きをつけて、ハードタイプなのに、つけ心地が軽やかで、エアリーなヘアスタイルが作りやすいというところが女性にも高評価なようです。

香りもきつすぎることがなく、女性にも好まれるフルーティーな香りです。髪が固まることはなく、何度でも思い通りにスタイルをメイクすることが出来ます。

マンダム GATSBY ギャツビー ムービングラバー 【エアライズ】 (80g) ウェルネス

¥648

uno FOG BAR ふんわりマッシュ

メンズワックスを多く販売する「uno」にも、女性でも使える人気ワックスがあります。それが、ミスト状のウォーターワックス「FOG BAR」です。女性に評判が良い理由は、髪を固めずに自然な仕上がりになるのに、しっかりとヘアスタイルが作れるところです。

特に、このふんわりマッシュは、軽やかなふんわりヘアを簡単に作ることが出来るそうです。髪にシュッ、そして、クシュクシュと動きをつけてあげるだけで、自分の思い通りのデザインにヘアスタイリング出来ます。

固形ワックスが上手く使いこなせないという方や、ワックス初心者さんにも、ぜひ試していただきたい一品です。

ウーノ フォグバー ふんわりマッシュ 100ml

¥2,012

ワックスを楽しく使いこなして、いつもオシャレなあなたに…

いかがでしたか?ワックスといっても、たくさんの種類があり、それぞれ特徴や得意技が異なるのですね!裏を返せば、自分にピッタリのワックスは誰にでも見つかるということではないでしょうか?自分の髪質、髪の長さ、作りたいヘアスタイルイメージによって、良いワックスを見つけてくださいね!

正しく使いこなせれば、ヘアデザインも楽しくなると思います!いつもヘアスタイルが素敵な人は、とてもカッコいいですよね?ワックスを使いこなして、いつも輝いているオシャレなレディ&ジェントルマンに変身しましょう!

スポンサーリンク