大事にされる女の8つの秘訣!大事にされない女の特徴もあわせてご紹介!

好きな人と一緒にいるけど…相手を大事に思う気持ちも大事。だけど、やっぱり大事にしてほしい!守ってほしいと思うのが女心。男性だって守ってあげたい願望は本能的に持ってるはず!恋愛の賞味期限は3年なんて言われていますがいつまでも大事にされるためのポイントは!?さあ、今日からお姫様生活始めませんか??

大事にされる女とは?

大事にされる女の共通点って何でしょう?恋愛関係でも夫婦関係であっても大事にされれば、当然相手のことも大事にしたいと思うもの。大事にされる女になることは関係そのものを素晴らしいものにしてくれます。

大事にされる女とは?詳しく解説します!

男が心理的に大事にする女とは?

大事にされる女になるために大切なのは本来男性が女性に求めるものを知ることが大切!男性が心理的に大切にしたいと思うのはどんな女性なのでしょうか?

癒す女

ひと昔前とは違い、男性も女性も等しく社会で戦う時代ですが、男性が女性の求めるも大きな要素はやはり、癒し。身近にいませんか?マイペースで、天然系、ほんわか雰囲気を醸し出す、癒し系な女性。おバカ系とも見られるかもしれませんが、男性はそんな女性にめっぽう弱いのです。

そして、職場ではテキパキ仕事をこなすけれど、プライベートでは、あわてんぼうのおっちょこちょいな~んて女性の、そのギャップに癒される男性も多いものです。あなたの持つ癒しポイントは何ですか?ぜひそのポイントをフル活用してみてください!

甘え上手な女

大事にされる女性は甘え上手です。男性には本能的に守りたい、支配したい、という「保護欲求」「支配欲求」があります。見た目が華奢だったり、そそっかしかったり、素直に助けてほしいと甘えてくる女性に惹かれるのはとても自然なこと。

男性に、笑ながら「調子良いな~」なんて言われるくらいがちょうどいいのです。ただし、甘えっぱなしはただのお荷物になってしまう可能性がありますので気を付けて。男性の様子を伺いつつ、良いタイミングでちょっとわがままを言ってみる。そんな甘え上手さんを目指しましょう!

見た目を磨く女

男性が女性を選ぶ時、見た目の影響はどのくらいかというと…なんと80%!人は見た目じゃないなんてキレイごとを言っている場合ではありません。女性は嗅覚や情緒的感覚などの様々な感覚を使って相手にトキメキを見出しますが、男性は視覚情報が大変優位に働いているため、見た目から感じる影響がとても大きいのです。

キレイな人、清潔感がある人は、見た目にも癒されますよね。男性が視覚優位である以上、いつまでも外見のメンテナンスに気を配る事はやはり大切なポイントと言えます。

話しを上手に聞く女

話しを上手に聞く。実はこれは、子育にも共通する大切なポイントです。目を見て、「うんうん」「そうなんだ~」「なるほどね~」適宜あいづちを入れながら相手の話しを聞いてあげる。相手を承認するこの行為は自分と相手の間に想像以上に深い信頼関係を築くことができます。

基本的に女性の方が男性よりもおしゃべりが得意な傾向にありますが、男性だって自分の自慢話しや武勇伝を語るのは大好き。自分の気持ちに余裕がないと難しいことではありますが、一切の否定をせずに相手の話しをまるごと受容することで、男性はそんなあなたが側にいてくれることに幸福感を感じるのです。

さらに極端なことを言ってしまうと、話しを聞いていなくてもいいのです。できるだけ目を合わせて、しっかり相槌を入れて、できれば笑顔で話しを聞いているふりをする。テクニックとしてこれができるだけでも効果が期待できちゃいます!

大事にされる女になるためには?

では、大事にされる女になるために心がけるべきこととは何でしょうか?何気なく過ごす時間の中で大事なポイントをおさえておくだけで男性はますますあなたのトリコになっていくでしょう!具体的なポイントを解説します!

男をたてる、褒める

賢い女は男をたてる。言い換えれば、手のひらの上で転がす…かもしれません。褒められて、もちあげられて気を悪くする男性はいません。そして、誰しも自分に自信が無かったり、不安を感じるものですが、もともとプライドの高い生き物である男性を人前でさりげなく褒められることで自信を持つことができます。

ただし、たて過ぎ、褒め過ぎは良くありません。相手がわざとらしさを感じるかもしれませんし、効果も薄れてしまいます。ここぞというポイントを見つけて上手に褒めるようにしましょう。

干渉しすぎない

これは男性に限ったことでがありません。相手の独占欲が強すぎて1日に何度もメールや連絡を強要し、どこへ行くのも何をするにも報告が必要なんてことになったら、どんなに相手が好きな人であろうとイイ気分はしませんね。

家族であっても、恋人であっても、人間関係の土台には必ず「個」が存在します。「個」が確立されていてこそ、関係が成り立っています。相手の自由を奪うことは関係破綻に直結する危険性もあります。相手に干渉しすぎる前に自分をみつめる時間を大切にしましょうね。

自分を持つ

先ほど、男性をたてるというお話しをしましたが、全て彼任せにして良いというわけではありません。女性であっても男性であっても、恋愛感情を持つ場合に相手への「尊敬」が愛を育む大きな要素と成り得ます。自分の色を持ち、自分の意見をしっかり言える異性にこそ、人としての魅力を感じるのです。

そして自分を持つことは相手に100%同調しないということ。もしかしたら、自分から離れてしまうかもしれないというほど良い緊張感が、大事にしようと思わせる要因でもあるのです。

彼を信頼する

過度の干渉や、束縛を嫌うのは誰しも当たり前のこと。まして大事にされたいと思うならば、携帯電話を黙って見るなんてことは絶対にNG。恋人であっても、夫婦であってもプライバシーは守られるべきです。

そして、男性を疑うその気持ちは、そのまま自分に返ってきます。つまり、彼があなたへの疑心感を持つようになるということです。そんな気持ちを抱かせる女性は大事にされるでしょうか?

何も言わずに彼をまるごと受け入れ、信頼すること。そこに生まれる信頼関係が大きな愛を育むのです。

大事にされない女の特徴は?

相手にことを想うあまり、自己主張が強すぎるばかりに男性の心が遠のいていくことも…。どんなに寛容な男性であっても思わず敬遠したくなってしまう女性の特徴を解説します!

自分だけしゃべる女

大事にされるポイントは聞き上手であること。相手の話はまったく聞かず、自分のことばかり。愚痴や不満、どうでもいいような事をひたすらペラペラ話す女性はただの「うるさい女」。

癒しを求める男性は、それだけで嫌気がさすでしょう。女子会で好き勝手しゃべって、ワイワイ騒ぐのは多いに結構!でも男性の前ではできるだけ相手の話しに耳を傾けて。

尽くしすぎる女

尽くす女の献身的な姿は男性にとって癒しになることでしょう。でも、尽くしすぎはいけません。何でもかんでも男性のサポートを全力でしていると、安心感が過ぎて、相手を追いかける気持ち、手にしておきたいという気持ちが削がれてしまいます。

大事にされる女性は求められてこそ。恋人関係にあっても、夫婦関係にあっても、いつまでも側にいてほしいと思わせる、ほどよい緊張感が男性には必要です。

甘えるのが下手

なんでも一人で解決してしまう強さは、男女の関係では時にアダとなります。大切なパートナーの負担になりたくない…お荷物と思われてたくない…責任感の強い真面目な女性ほどそんな風に考えがち。

大切なパートナーの前では肩の力を抜きましょう。がんばりすぎてイライラしたり、張り詰めた雰囲気は間違いなく相手伝わりますので、付き合いが長くなればなるほど、お互いに疲れてしまします。

さらに、女性が弱さを見せない、甘えてくれない、これは男性側から見れば「信頼されてない」と無意識に感じることにもなります。ついつい頑張りすぎてしまう人は時々思いっきりわがままを言ってみるのもいいでしょう。

大きなカギとなるのは「余裕」!?

大事にされる女についてご紹介しましたが、いかがでしたか?誰しもパートナーにはいつまでも大事にされたいと思うもの。大事にされるためのポイントを解説してきましたが、これらのポイントを網羅するために必要だと感じるのはズバリ「余裕」。

相手の話を聞いてあげることも、弱みを見せることも、時に自分の色をはっきりと示すことも自分に精神的余裕がないとできないこと。自分の内側を見つめてみましょう。パートナーを受け入れる前に、あなたは自分自身を認めてあげていますか?人生を楽しんでいますか?人としての余裕が醸し出すあなたの癒しのパワーはいかほどでしょうか?

自らを大事にする人こそ、男性に大事にされる人。愛に溢れた毎日があなたに訪れますように…!