ミルクプロテインで脂肪燃焼!健康美も!3つの効果と注目ドリンクもご紹介!

スポンサーリンク

ミルクプロテインは、ダイエット効果や健康美のためにも大注目されているたんぱく質のひとつです。筋肉美を望むかたや、ジムなどで筋肉トレーニングをされているかたにも人気といわれる明治のサバスミルクプロテインにも注目。ミルクプロテインの効果や成分、ダイエット効果などもご紹介していきます。

健康なカラダをミルクプロテインで

最近、健康のため、ダイエットのためにミルクプロテインを摂取するかたが増えているようです。スーパーなどでも既に販売して注目を浴びている明治のミルクプロテイン飲料のサバスミルクを飲んでらっしゃるかたも多いようです。そんなミルクプロテインについて、成分や効果、ダイエット効果、そしてサバスミルクについてもご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ミルクプロテインの成分は?

ミルクプロテインと耳にして、ミルクのプロテインかなと想像されるかたも多いかと思います。ミルクプロテインというのは、どのような成分なのか、ここでみていきたいと思います。乳由来のたんぱく質ともいわれているミルクプロテインについてみていきましょう。

乳由来のたんぱく質

ミルクプロテインとは、乳由来のたんぱく質で、私達の生活には欠かせないといわれる牛乳や乳製品に多く含まれています。牛乳のミルクプロテインは、約80%がカゼインで、残りの20%はホエイプロテインといわれています。

ホエイプロテイン

ホエイプロテインは、乳清たんぱく質のことで、体内への吸収が早いのが特徴といわれています。ミルクプロテインの20%を占めており、牛乳に含まれるミルクプロテインをみたい場合は、牛乳に酢を加えてみると、はっきり2つに分かれるといいます。この時に、固まらない上澄みのものがホエイプロテインといわれています。

カゼインプロテイン

カゼイン(カゼインプロテイン)は、ミルクプロテインの80%を占めるといわれており、牛乳に酢を加えて実験してみると白く固まった沈殿が出来たものがカゼインといわれています。牛乳は、時間が経過してもコップ全体が白いままです。

例えば絵の具を水に溶かした場合、最初は白くてもそのうち透明に近くなっていきますが、牛乳はずっと白いです。これは、カゼインに秘密が隠されているといわれています。牛乳のなかでカゼインミセルという、小さい粒子として浮遊しているといいます。

これが、チンダル現象によって光を散乱させるために牛乳が白く見えるといわれています。チンダル現象というのは、液体や気体のなかに粒子が散らばっている状態で光をあてた時に粒子が光を散乱させる現象のことをいうそうです。

気になるミルクプロテインの効果とは?

ミルクプロテインは、健康な身体づくりのためにも利用されていて、運動後のたんぱく質補給や水分保持作用もあるといわれています。ダイエット中のかたや、日頃忙しくてなかなかバランスの取れた食生活ができないというかたのためにも有難いミルクプロテインのようです。

健康な身体づくりのために

ミルクプロテインは、組成が優れていて、吸収速度の異なる成分から成っていて、様々な機能性に優れているといわれています。栄養価もとても高くて注目されているようです。

たんぱく質の新たな評価基準であるDIAASでは、より体内効率が高いとされている、たんぱく質は何かが明確になり、高スコアのたんぱく源であるミルクプロテインが評価されているようです。また健康には食事は欠かせません。

骨や血液、筋肉をつくるためには、たんぱく質は重要です。20種類のアミノ酸によって構成されているといわれる、たんぱく質のうち、体内でつくることができないために食事から摂取する必要があるといわれるアミノ酸である必須アミノ酸は、ミルクプロテインからもバランス良く含まれているため、同じたんぱく質源の豆乳と比較するとスコアが高いといわれています。

運動後のたんぱく質補給に

スポーツをされているかたや、ジムや普段からエクササイズをされているかたには、運動後のたんぱく質補給にもミルクプロテインをおすすめされています。BCAA(イソロイシン、ロイシン、バリン)は筋肉のエネルギー源となる唯一の必須アミノ酸といわれていて、筋たんぱく質の合成を高めていくとおもに、筋たんぱく質の分解を抑制する作用があるといわれています。

運動後にBCAAが豊富に含まれているミルクプロテインを摂取することで、血液中と筋肉中のBCAAの濃度が高まって、運動による筋たんぱく質合成効果を更に高めていくことができるといわれています。効果的な筋肉づくりのためにも、凄くおすすめといわれています。

水分保持作用

ミルクプロテインは、体内に水分を保持させる効果が高いということも確認されているようで、その効果には、ミルクプロテイン飲料摂取後に、腎臓における水再吸収率が高く維持されることが関わっているといわれています。スポーツ飲料や、蒸留水と比較しても水再吸収率がずっと高いようです。

スポンサーリンク

必見!ミルクプロテインはダイエットに効果あり?

ダイエット中のかたにも注目されているミルクプロテインですが、果たしてどのようなダイエット効果をみせてくれるのでしょうか。脂肪燃焼をサポートしてくれるといわれておりますが、運動をしない人には不向きのようです。そこら辺についても、ここで詳しくみていきましょう。

脂肪燃焼をサポート

ミルクプロテインは、高たんぱく質で、脂肪燃焼もサポートしてくれるといわれています。筋力強化のサポートにもなるため、かっこいい筋肉でしまったボディラインを目指すかたの味方でもあるといえるでしょう。

運動をしない人には不向き

ミルクプロテインと聞くと、プロテインという言葉から男性のためのものなのかなと一瞬思われるかたもいらっしゃるといいます。プロテインは、たんぱく質のことを意味していて、運動で脂肪と共に失われていく筋肉を維持してくれたり、運動後の疲労回復に役立ってくれたりします。

たんぱく質には、ホエイプロテインとカゼインプロテインは、ミルクプロテイン牛乳からつくられる動物性のたんぱく質で、ソイプロテインという大豆からつくられる植物性のたんぱく質もあります。特にホエイプロテインは吸収が早くて筋肉になりやすいため、運動後に最適です。ただ運動をしない人が摂取すると、体脂肪になりやすいという声もあるようです。

注目!明治ザバス(SAVAS)ミルクプロテインについて

今や、ミルクプロテインといえば明治ザバス(SAVAS)ミルクプロテインというほど、コンビニやスーパーでも手軽に購入できてミルクプロテインが簡単に摂取できるようになっているようです。ここでは、明治のサバスミルクプロテインとサバスミルクについてもご紹介していきたいと思います。

体内吸収を高める速攻吸収製法

明治ザバス(SAVAS)ミルクプロテインは、体内吸収を高める速攻吸収製法で作られています。明治ザバスミルクプロテインは、独自技術により酸性域でミルクプロテインを安定化させていて、凝固せずに吸収が速いことが証明されているようです。製法特許も申請中のようです。

ザバスミルクプロテインは美味しい

明治ザバス(SAVAS)ミルクプロテインは、運動の後にも飲みやすい爽やかなフルーティーな味で、とても美味しくミルクプロテインを摂取できて大人気です。

ザバスミルクプロテインは2種類

サバスミルクプロテインは、『サバスミルクプロテイン(グレープフルーツ風味)』と『サバスミルク』の2種類あります。

『サバスミルクプロテイン(グレープフルーツ風味)』のほうは、脂肪ゼロでミルクプロテイン15g、ビタミンB6、クエン酸を配合していて、ダイエット中のかたや、体力づくりをされているかたにも美しい健康なスタイルを目標とされているかたをサポートしてくれるといわれています。

明治 サバスミルクプロテイン(グレープフルーツ風味)

サバスミルクプロテインは、1本430mlで、iPhone6くらいの大きさと想像するとわかりやすいかもしれません。

サバスミルクプロテインの栄養成分430mlあたり…

  • エネルギー 100kcal
  • たんぱく質 15.0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 10.0g
  • ナトリウム 77mg
  • カルシウム 350mg
  • ビタミンB6 0.5mg
  • クエン酸 1000mg

明治 サバスミルク

サバスミルクのほうは、200mlと小さいパックになっています。低脂肪タイプになります。

サバスミルクの栄養成分(200m)あたり…

  • エネルギー 107kcal
  • たんぱく質 10.0g
  • 脂質 3.2g
  • 炭水化物 9.5g
  • ナトリウム 89mg
  • カルシウム 315mg
  • ビタミンB6 0.5mg

ミルクプロテインで筋肉も喜ぶ美ボディを手に入れる

ミルクプロテインは、ダイエット中のかたから、運動をされているかたまで幅広く健康のためにも摂取している女性が増えてきているようです。筋肉美を手に入れるのも夢じゃないでしょう。運動をしながらミルクプロテインを上手く取り入れ、理想の筋肉がほどよくついた美しい健康なカラダづくりを是非この機会にお楽しみください。

スポンサーリンク