ブログは「金儲け」以外なら何でもできる

スポンサーリンク

会社員ブロガーの是非をめぐる論争が流行っているが、「金儲け」を忘れればブログはすごい可能性を持つという、ちがった観点からの話もしてみたい。

私は、損得ぬきで、文章が書きたい

私は、ブログにアフィリエイトを貼っていない。今後もたぶん貼らない。

アフィリエイトは否定してない。どんどんやってと思う。

ブログ執筆は立派な労働だし、正当な報酬は受けるべきだ。

稼いでいる人はすごいと思うし、純粋に尊敬する。

好きな人のブログに行って、わざわざそこから買い物することさえある。

ただ私は、自分が自由に書いた文章に、人々が反応する様を見たいのだ。

過去に編集の仕事をしていたし、今も仕事で文章を書いているので、自分が書いた文章への反応を見ることは一応できる。

だけど仕事では、当然だが、書きたいことを100%好きに書けることなどない。

むしろ、書きたくないことを書いていることの方が、圧倒的に多い。

そのため、アンケートなどで読者の反応を見ても、「この企画うまくいったな」「今度はここに気をつけないと」と、仕事レベルでの感想しか湧かない。

だから、仕事を離れた時くらい、損得を離れて、自由に文章を書きたいのだ。

アフィリエイトを貼ると、損得勘定が入ってきて、それがかなわなくなる。

もちろん、有名作家のように、好きなことを書いて儲かれば、それがベストだ。

ただ、哀しいかな、私にはそこまでの才はない。

だから、金から離れたところで、自由に文章を書けるだけで幸せなのだ。

スポンサーリンク

だれでもノンフィクションライターにすぐなれる

昔、ノンフィクションライターに憧れていたことがあった。

引きこもりやニート、うつ病、無縁社会などの記事を書きたいと思っていた。

だがどうだ。今なら、ノンフィクションライターに、だれでもすぐなれる。

ブログを作って、自分で取材するだけでいい。

ライターなんて、自称すれば今すぐなれるから、テキトーに名刺を作って、比較的キチンとデザインされた自サイトを見せて、「インターネット上で、WEBマガジンを発行しているので、取材させていただけますか」と言えばいいだけだ。

そして、ここで兼業ブロガーの利点が生きてくる。

給料から謝礼を出すのだ!(画期的!)

趣味にお金を出すと思えば、当たり前のことじゃないか。

だれか知らない人の人生相談にも乗れる

私は、以前にも書いたように、病気と再就職に悩んでいたことがある。

最初の3年でレールを踏み外した方が仕事人生は面白い

2016.08.05

当時ずっと思っていた。

「だれか相談に乗ってくれたら」

「もし私が、もう一度元気になれたら、きっとだれかの相談に乗りたい」

思えば今、それが可能なのだ。

このブログ上のコンテンツとして、無償で人生相談を始める。

お金は取らないけど、そのかわり、ブログに記事として書かせてもらう。

その記事を読んだ人が、自分も相談に乗ってほしいとやってくる。

それを「占いビジネス」として既にやっているのが、大彗星ショッカーさんの大彗星ショッカーのタロット占い( `・ω・´)だ。

http://www.dshocker.com/

これは、すごくいいアイディアだと思う。

占いというライトな形で相談に乗っているのも、ネット上の距離感として絶妙だ。

「そのブログはアフィリエイトやってるじゃん!」と思うかもしれないが、100%やりたいことを追及して、自然とビジネスになるなら大歓迎だ。

…というように、ブログでなら、私の夢がいくつもかなうことに気づいた。

炎上ブログを目指していたのだが、むしろ、取材や人生相談をできるほど、ブログの信頼度が上がるような記事を書き続けていった方がいいのだろうか…。

スポンサーリンク