自惚れ注意報発生!?自惚れと自信は違う!自惚れ女子にならない方法!

スポンサーリンク

最近周囲で目に付くといわれる自惚れ女子とは、どういう女子なのでしょうか。また、自惚れ女子にみられないようにするにはどうすればよいのでしょうか。自惚れではなく、自信を持つようにするとよいでしょうが、そもそも自惚れと自信はどう違うのでしょうか。自惚れ女子とみられてしまうことは、残念ながらマイナスでしょう。もし、自分でそのつもりがなくても自惚れ女子とみられてしまう行動があれば、注意した方がよさそうです。

自惚れ女子とは?自惚れ女子にならないようにするには?

周りにあの女性は自惚れているなと思う人がいたり、自惚れ女子だねなどと指摘されたりした経験はありませんか?自分では自惚れていないつもりでも、自信が強かったりすると、周囲には自惚れ女子と見られているかもしれません。自惚れと自信はよく似ているのですが、違うもので、自分の見せ方によっても自惚れに見えたり自信に見えたりするかもしれません。

周囲に自惚れ女子と見られないためにも、普段から自己鍛錬をしておきたいですね。ここでは、自惚れ女子に見えてしまう特徴や、自惚れ女子にならない方法、そして自信と自惚れの違いについてお伝えしたいと思います。もし、自分が最近自惚れ女子とみられていると感じたら、さっそく参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

これをやったら自惚れ女子認定かも!自惚れ女子の特徴は?

自惚れ女子というものの、どういう行動が自惚れ女子といわれるのでしょうか。誰が見ても、この行動は自惚れ女子!と思えるような行動パターンについてご紹介したいと思います。もしかして、自分が自惚れ女子になっていないか要チェック!してみるとよいかもしれません。

自分を名前や「ちゃん」付けで呼ぶ

自惚れというのは、ナルシスト的な自己愛が過剰に強く、それが周囲に不快感を与えてしまう状況といえるのではないでしょうか。自分のことを、名前で呼んだり、ちゃん付けにして表現すると、甘えて幼稚な人柄に見えるだけでなく、自己愛が異常に強い印象を与えかねません。自分のことが好きであること自体は、決して悪いこととばかりは言い難いかもしれませんが、自分を名前で呼んでしまうと、自惚れ女子認定は免れないのではないでしょうか。

鏡や窓ガラスで頻繁にチェック

身だしなみを整えることは、女性にとってたしなみとしてとても大切なことといえるでしょう。しかし、それが過剰な頻度で行われると、街を歩いて窓ガラスに映る自分をチェック!そして、すぐ鏡を出してメイクチェック!仕事中にも何回も席を外してヘアスタイルチェック!となると、たしなみのレベルを超えてしまいます。整えるレベルを超えたとき、周囲から自惚れ女子判断が下ってしまうのではないでしょうか。

自撮り写真をSNSにアップ

確かに女性は、かわいくて美しく写真に映りたいものでしょう。しかし、カメラを向けた瞬間、可愛い顔やポーズなど、独自のキメスタイルをあまりにも披露できてしまうのは、特訓している努力が見えすぎて周囲は引いてしまうでしょう。さらには、SNSに自撮り写真の枚数が膨大にアップされていて、来る日も来る日も永遠と配信されてしまうと、見ている人は嫌悪感を感じてしまう恐れがあるでしょう。

目線感じたら好意を持たれてると勘違い

世の中自信がなくネガティブ思考でいるよりも、ある程度の自信があるほうがよいということもあるでしょう。しかし、これが過度になると要注意で、私がこの世で一番かわいい!となってしまうと厄介といえるでしょう。目線を感じるたびに、男性は皆私を見ているから好意を持っているに違いないと思い込んでいる状態になると、自惚れ女子としてにの道を歩むことになるでしょう。

自分のセンスに自信があり上から目線

自分に自信があることは決して悪いことではないかもしれませんが、自分のセンスに自信があるあまり、常に上から目線で話しかけてくるとなると、周囲も不快感を感じざるおえませんね。上から目線とセットで自慢話も多くなってくるのも特徴といえるのではないでしょうか。人の自慢話を聞き続けることは苦痛ですので、上から目線と自慢話は控えたほうがよさそうです。

プライドや特別意識が高い

自惚れ女子は、ナルシストレベルが常軌を逸しているケースがありますので、それに伴いプライドや特別意識が高い傾向があるようです。特別扱いをされないと腹をたてたり、すぐにプライドを傷つけられたとアピールしたりするようなことがあると、周囲も疲れてしまうでしょう。ある程度プライドを持って生きることは必要なことかと思いますが、何事も行き過ぎには注意が必要でしょう。

恋愛や仕事の失敗も切り替え早い

切り替えが早いというのは、いいようにも思えますが、自己愛が強すぎる場合には、失敗についても反省が全くないようであれば問題があるでしょう。失敗があった場合は、謙虚に自分の非を認めて改善する態度などが必要かと思われますが、自惚れが強いと改めるということがないかもしれません。切り替えてばかりいるだけでは、同じ失敗を繰り返すことになってしまうのではないでしょうか。

こうすればよい!すぐできる自惚れ女子にならない方法は?

自惚れ女子は、周囲から奇異的な目で見られることになりますので、結果的によいとはいえないでしょう。もし、自分が自惚れ女子になってしまっている!と感じたら早めの自己改革が必要ではないでしょうか。人間はいつでも成長し変われるものですから、ここでは、自惚れ女子を脱却するための方法について、お伝えしたいと思います。

ありのままの自分を知る

自惚れと自信は似ていますが、自惚れではなく本物の自信を持つことが大切でしょう。自惚れは、自分を過大評価しているだけですが、自信は、自分自身を信じていることといわれているようです。自信は懸命に働くことで得るものであり、自信があるということは、自分のことがよくわかっていて、ありのままの自分を知っていることといえるのではないでしょうか。

自信が自分の能力を上回った状態を、自惚れや傲慢と呼ぶようです。

自分を客観的に見る

自惚れではない、本物の自信は、しっかりと現実に根差したものですので、自分自身をを客観的に見て冷静な正しい評価を下すことが重要といえるでしょう。自分の弱点を無視したり、弱点ではないフリをしていたのでは、真の自身が身に付くことはないでしょう。自分の弱点や欠けているところをみつけて、そこを補う努力を続けることが、真の自身につながっていくのではないでしょうか。

失敗は認めて努力を積み重ねる

人生に失敗はつきものですので、失敗を恐れず、失敗をしっかりと認めて、小さな努力を積み重ねることが、自惚れではない本物の自信をはぐくんでいくのではないでしょうか。常に、自分自身に挑戦をし果敢にチャレンジを続けて、成功を積み重ねていくのです。その小さな積み重ねが、ゆるぎない自信となっていくでしょう。

良いメンターを真似る

才能も経験もあるような、良いメンターを見つけることができたらラッキーです。そのようなメンターを真似ることで、自信を持つために必要な視点がわかるようになるでしょう。メンターは様々な知識を教えてくれたり、褒めてくれることもあるかもしれませんので、身近にメンターがいたら、勉強をさせてもらうようにするとよいでしょう。

空気を読み相手の気持ちを考える

自惚れの問題点は、空気を読むことができず相手の気持ちを考えられないがために勘違い現象が起こってしまうことでしょう。独りよがりにならないためにも、常に相手の気持ちに気を配り、相手の気持ちを先回りした予測行動がとれることが必要ではないでしょうか。空気を読み、周囲を不快にさせない気配りを持つことで、本当の評価を得ることができるのではないでしょうか。

身なりに気をつける

外見や身なりは、相手に与える印象を大きく左右するものと心得て、常に身なりには気をつけることでしょう。買い物や身支度に手間がかかったとしても、選んだ洋服やアクセサリーなどが、なりたい自分を表すということをこころに留めておくとよいでしょう。よい服装を選ぶことで、雰囲気や話し方まで変わってくるといわれているようです。

スポンサーリンク

これで勘違いにならない!自惚れと自信の違いとは?

自信を持って人生を堂々と渡っていく人は素敵ですが、自惚れが強く勘違いした態度は滑稽にみえるのではないでしょうか。自信と自惚れは実は紙一重ともいわれていますので、自分の心がけ次第で、自信をもつことも、自惚れで終わることもできるでしょう。せっかくですから、自信を持つことを選び素敵な人生を歩んでいけるとよいですね。

自惚れは自分の能力に過信

自惚れとは、真実の自分以上に自分の能力がすぐれていると思い込んで得意になっている様子で、周囲から見ると違和感を感じてしまう光景でしょう。ありのままの自分を見つめて、謙虚な努力こそが、周囲から美しく見えるでしょう。努力という裏付けのない過剰な自信は、自惚れになってしまうようです。

自信は根拠があり他から認められる

自信は、本人がしっかりと感じるものであり、それは不断の努力や小さな成功の積み重ねによってのみ得られる、かけがえのない経験からくるものといえるでしょう。

しかし、自惚れや傲慢は他人が感じるものであり、その人が持つべき以上の自信を持っているときに見えるものといえるでしょう。自信には、裏付けとなる根拠があるべきであり、厳しい他人の目からみても認められるときはじめて、自信を持つということができるのではないでしょうか。

自惚れは成長の妨げになる

自惚れは、他者と自分を比較することによって自分の存在価値を見出しているため、そこに成長はないといえるでしょう。しかし自信は、自分自身の努力で作り出せるものですから、成長の伸びしろには終わりがないといえるでしょう。自惚れのこころで、他者と接している限りそれは成長の妨げとなってしまうのではないでしょうか。

自惚れと成長は似ているようで・まったく違うもの!

もしかしたら自分が自惚れ女子と見られているかも!と少しドキッとした方もいるかもしれません。鏡をよくみたり、自撮りをアップしたりすることは最近では一般的であり、世間的にそういう風潮もあるといえるでしょう。しかしそれも程度の問題であり、何事も、過ぎたるはなお及ばざるが如し、といえるのではないでしょうか。

自惚れと自信は、一見確かに似ているものかもしれませんが、中身をよく突き詰めてみると全くといっていいほど違うものといえるでしょう。今すぐにでも自惚れ女子ではなく、立派な自信女子に変身してみませんか。

スポンサーリンク