平巻きが今風スタイル!応用も簡単マスター!やり方とアレンジでイイ女に!

スポンサーリンク

巻き髪って、種類があるのをご存知ですか?今回紹介する平巻きのほかにも、縦巻き、ミックス巻き、波巻きなど、同じ巻き髪でも、見た目のニュアンスや雰囲気が違います。その中でも今人気なのが、ゆるくてふんわりとした可愛らしい平巻きスタイル。そんな平巻きの、コテなどを使ったやり方や髪の長さ別のコツ、平巻きを活かしたヘアアレンジなどを紹介します。

平巻きってどんなヘアスタイル?

平巻きとは、数ある巻き髪スタイルの中の一つで、芸能人などもしている人気の巻き髪です。見た目はゆるめでふんわりと毛先が広がっており、自然でボリュームのある仕上がりになります。

まず、平巻きってどうやって作るスタイルなのか、「いまいち分からない」という人のために、他の巻き髪と比較しながら説明しましょう。

巻き髪には平巻き、縦巻き、ミックス巻きがある

巻き髪の中でよく知られているのが、「平巻き」「縦巻き」「ミックス巻き」になります。よく知られている縦巻きは、コテを縦に持って「内巻き」または「外巻き」の一定方向に巻いていく巻き髪です。ミックス巻きは縦巻きの応用で、縦に持ったコテを「内巻き」と「外巻き」ランダムに巻いていく方法です。

一方、平巻きというのは、コテを横に持って巻いていきます。つまり髪と垂直、床と平行の向きになるということですね。内巻きの一定方向も良いですが、よりふんわり可愛く仕上がるのは「内巻き」と「外巻き」のランダムにした「平巻きミックス」です。

平巻きと縦巻き|仕上がりの違い

まず、平巻きは、毛先の方に重めにボリュームが出るので、可愛いお人形さんのような仕上がりになります。内巻きが重なるような形になるため、横揺れのようなふんわりとした印象になるということですね。

一方、縦巻きの方は縦ロール状のウェーブになり、平巻きよりタイトな仕上がりになります。大人っぽい雰囲気を出したいときは、縦巻きがぴったりですね。

スポンサーリンク

コテを使って平巻きをマスターしよう!

平巻きは、コテを使って自分で作ることができます。基本の平巻きのやり方と、髪の長さ別のコツを説明していきましょう。

コテを使った基本的な平巻きのやり方

1)まずコテを髪と垂直に横向きに持ちます。

2)その向きで髪を挟み、内側にくるっと巻き上げていきましょう。

挟む位置を毛先側にするとカールが強くなり、よりAラインに広がった仕上がりになります。逆に、上の方から巻くとカールが弱めのふんわりした仕上がりになります。

毛束はたくさん一気に挟むと、カールがつきにくくなってしまうので、少しずつ取って巻きましょう。これが基本的な巻き方になります。なりたいイメージに合わせて、巻き始めの位置を調節しましょう。

基本的な平巻きのやり方を分かりやすく解説しています。

ボブヘアの平巻きのコツ:コテ26~32cm

ボブヘアの方が平巻きに使うコテは、26〜32mmがおすすめ。

1)まず髪全体の毛先を内巻きにしていきます。

2)今度は表面の毛束をランダムに取って外巻きにしていきましょう。外巻きはバランスを見ながら巻いていくのがコツです。

3)最後に手ぐしで整えたら完成です!

簡単にふんわりとしたボブスタイルになります。

ロングヘアの平巻きのコツ:コテ32~38cm

ロングヘアの方が平巻きに使うコテは、32~38mmがおすすめです。

1)まずはボブヘアさん同様、髪全体の毛先を内巻きにしていきましょう。

2)さらに全体の髪を中間まで巻き上げます。

3)表面の髪を、軽く縦の内巻き方向にねじりながら巻けば完成です。

ロングヘアの平巻きのやり方

ストレートアイロンでもできる平巻きスタイル

コテを持っていなくても、ストレートアイロンで平巻きができます。ストレートアイロンでもできる、平巻きスタイルを紹介しましょう。

基本の内巻きワンカール

1)まず髪を一度ストレートにして、くせを取っておきましょう。

2)毛束を取り、毛束の中間を挟んで、内側に折り込みながら滑らせていきます。

3)この要領で髪全体を内巻きに折り込んで、ワンカールを作ったら完成です。

ストレートアイロンを使った平巻きワンカールのやり方

ストレートアイロンで波々ウェーブが作れる

ストレートアイロンの平巻きテクを使えば、人気のなみなみウエーブが作れます。

1)毛束を取り、中間を挟んで内側に折り込みます。

2)1でくせがついたら、そのまま下にずらして、今度は外側に折り込みます。

3)さらに下にずらし、今度は内側に折り込みます。この動作を毛先まで繰り返しましょう。

4)ヘアスプレーで形をキープし、ブラシでほぐせば完成です。

スポンサーリンク

応用編|平巻きミックスをマスターしよう

縦巻き同様、平巻きにもミックス巻きがあります。髪がさらにふんわりと仕上がりますよ。やり方をマスターして、巻き髪上級者になりましょう。

平巻きミックスのやり方

1)まず毛束を取り、毛先を外巻きにします。

2)1)の毛束を持ったまま中間を挟み、今度は内巻きにします。

3)髪全体を巻いたら、ブラシでほぐして完成です。

毛先を内巻き、中間を外巻きにしてもOK!気分で変えてみるのも良いですね。

平巻きミックスのやり方を解説した動画です。巻き始めの位置など参考にしてみましょう。

平巻きスタイルの前髪のアレンジ方法

平巻きにしたとき悩むのが、前髪をどうアレンジするかだと思います。おすすめの前髪をまとめましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

前髪もくるんっと平巻きに

コテを使って平巻きをしているから、そのまま前髪も同じ要領で巻いてしまいましょう。前髪は、ふんわりワンカールさせれば十分なので、コテのスイッチを切って余熱でカールしてもいいですね。

前髪が短めの人は、まっすぐ下せばキュートになります。少し長めの人は、斜めに流すとちょうどいい長さになります。

サイドをねじって顔周りをすっきりと

髪が長めの人は、サイドの毛束をくるくるとねじりながら後ろに持っていき、そのままピンやバレッタなどで留めましょう。片方だけねじって、耳の上でピンで固定しても良いですね。

ねじり上げてクールにポンパドール

前髪を一束にまとめて、つむじに向かってねじり上げましょう。毛先をピンで固定し、毛束を少し引き出して、ボリュームを出してあげれば完成です。

サイドに流して飾りピンで固定

前髪をサイドに流し、飾りピンで留めてあげるだけでもおしゃれです。同じ平巻きスタイルでも、前髪のアレンジだけでイメージが変わります。

巻くのが苦手な人は平巻きパーマがおすすめ

平巻きやってみたいけど、「自分でするのは苦手」という人に、おすすめなのが平巻きパーマです。どの髪の長さにも似合うので、ぜひ挑戦してみて下さい。

ショートでも女の子らしい印象

襟足を外にハネさせ、中間から内巻きにしてふんわり感を出したスタイルです。ショートヘアも女の子らしく仕上げてくれます。パーマをかければ、朝のスタイリングは楽になります。

ミディアムは抜け感が出ておしゃれ

毛先全体を内巻きにし、表面の髪の毛を所々外巻きにした平巻きパーマです。ただ、内巻きにするよりも抜け感が出て、おしゃれに決まります。

セミロングは表面を軽く巻く

毛先全体ををゆるめの平巻きにして、表面の髪を軽く縦に巻いたスタイルです。上の髪をあまり巻かないことで、広がりを程よく抑えたパーマです。

平巻きを活かした楽々ヘアアレンジ

平巻きにしたけれど、毎日髪をおろしただけの髪型では、飽きてしまいますよね。平巻きは、ちょっとアレンジを加えるだけで、可愛いおしゃれなヘアスタイルになれます。

可愛さアップのポニーテール

平巻きした髪を、ざっくりと後ろで一つにまとめるだけのアレンジです。ゴムで結んだら毛束を少し取り、ゴムを隠すように巻き付けて、ピンで留めます。最後に、トップの髪をバランスよく引き出せば完成です。

清楚なハーフアップスタイル

こちらは、人気のくるりんぱを使ったハーフアップアレンジです。通常のハーフアップを作り、毛束をくるんと内側に折り込むだけで簡単にできます。

トップの髪を引き出して、ボリュームを出してあげれば、横から見たシルエットも綺麗になります。ベースが平巻きだから、普通のくるりんぱよりも華やかになります。およばれの時にもおすすめです。

いい女風のサイドアップスタイル

平巻きスタイルは、髪を横に流すだけでもキマりますね。大人の余裕さえも感じさせる、いい女スタイルです。髪をサイドに寄せたあと、襟足の部分をピンで固定しても良いでしょう。寄せた方とは逆側の、耳の下に大きな飾りピンをつけると、華やかになります。

平巻きで今風の巻き髪ヘアを楽しもう!

平巻きって、自分でするのは難しいと思われがちですが、コツさえ覚えれば簡単にできます。また、ヘアアレンジの幅も広がって、一段とおしゃれになれちゃうかも。やったことない人も、ぜひ平巻きスタイルで、今風の巻き髪を楽しみましょう!

スポンサーリンク