早起きする方法とコツ教えます!寒い冬でもスッキリ目覚めるって本当?

スポンサーリンク

早起きする方法で悩んでいませんか?早起き出来ないのは意志が弱いからだと、自分のことを責めているかもしれません。そんなあなたもこちらで紹介する、早起きする方法とコツを知ればきっと早起きできるはずです。また冬ならではの早起きする方法も紹介しています。早起きしてゆとりある朝時間を過ごしませんか?

早起きする方法を教えて!

早起きできるようになりたい!早起きする方法を教えて!巷にはこのように思っている人がたくさんいます。早起きできない=意志の弱い人なのでしょうか?いいえ違います。早起きの仕方を知れば、誰でも早起きすることが可能なのです。

こちらでは、早起きするためのコツや方法、冬でも早起き出来る方法を紹介しています。あなたもゆとりの朝時間を過ごしてみませんか?

スポンサーリンク

早起きするためにはどんな準備をすればいい?

早起きは朝始まるのではありません。実は早起きとは計画的に実行するものなのです。こちらでは、まず早起きするために前日のうちに準備しておきたい事柄をまとめました。

太陽の光を浴び体を良く動かすこと

早起きするためには早く眠りにつかなければいけません。そうでなければたとえ早起きできたとしても、睡眠不足になってしまい長続きしないでしょう。そこで、日中太陽の光をいっぱい浴びて、活動的に過ごすことをおすすめします。

太陽の光を浴びることで幸せ物質ともよばれるセロトニンが分泌されます。セロトニンは睡眠と深いかかわりがあり、不安を取り除き心を安定させ質の良い睡眠に導きます。また、睡眠ホルモンであるメラトニンの材料にもなるのです。

日中体を良く動かせば、心地よい疲れから夜は自然と眠たくなります。これらを活用して、ぐっすり眠ればスッキリ目覚めることができます。

早起きするには夜スマホを止める!

夜お布団に入ってまでスマホを見ている人が多いようですが、これは質の良い睡眠の妨げになると言われています。もし、寝る直前までスマホを見る方が、心が癒されてリラックスできるというのなら止めませんが、なんだか寝つきが悪い、熟睡できていない気がするというのであれば、一度夜のスマホをやめてみてください。

これはPCやテレビも同じ事です。できることなら睡眠前は室内の照明を徐々に落としながら、入眠に繋がるような過ごし方をしてみてください。軽いストレッチや瞑想などもおすすめですよ。

遮光カーテンは開けて眠る!

もしあなたの寝室が遮光カーテンで陽の光を通さないなら、眠る前室内を消灯した後カーテンを開けてから眠ってください。陽の光は想像以上に重要なもので、それによって睡眠や起床などの体内リズムをつくっているからです。

朝になっても暗い部屋では、スッキリ目覚めることや早起きは難しいでしょう。遮光カーテンを開けておけば、太陽が昇ると同時に部屋にも光が差し込みますので自然と早起きができるようになります。

もしカーテンを開けて寝るのは落ち着かないと言う場合は、遮光カーテンではなく陽の光を通すカーテンに変えるのもおすすめです。

寝具選びは重要です!

あなたは普段何時間睡眠をとっていますか?大体の方は6時間から7時間の間でしょう。となると1日は24時間なので、一生の内三分の一から四分の一は眠っていると言うことになります。

それだけの長い時間を過ごす場所、寝具をきちんと選んでいますか?寝具によって、睡眠の質は大きく異なります。例えば枕などは、自分の頭から首にかけてのサイズを計りオーダーメイドする人も多いですよね。

合わない寝具を使っていれば当然疲れもとれません。それどころか眠ることで疲れを引き起こすこともあります。寝具を自分にぴったりの物に変えることによって、早起きができることもあります。一度寝具を見直してみてください。

実践編! 早起きが出来る方法

ではいよいよ早起きができる方法をチェックして行きましょう。これは個人によって異なるものですので、ご自身にとって効果がありそうなものを見つけて実践してくださいね。

1日目は無理やりにでも早起きする

早起きの為には前夜早く就寝する。これは確かに間違ってはいないのですが、そんなことを言っていれば一生早起きできない人もいます。そこで、1日目は睡眠時間が短くなったとしても、無理やり早起きをすることです。

早起きすればその日の夜は当然いつもより早く眠気がきます。そのタイミングで眠れるように、早めに準備を済ませておけば、そこから早寝早起きのサイクルを作ることが可能です。いつも通りのサイクルでは、早く寝るのは難しいでしょう。まずは無理にでも早起きしてみましょう。

早起きのご褒美も効果的です!

以前見たテレビ番組で、ある女子アナの方が早起きの為にご褒美を用意していると言っていました。ちなみにそのご褒美は1粒のチョコレートでした。他人にとってはこれが?と言うものでも、チョコレート好きな人にとっては、「チョコが食べられるから起きよう」という原動力になります。

あまり高価なものでは金銭的に続きませんが、毎日続けても負担にならないちょっとしたお菓子やスイーツ、フルーツなどで大好きなものをご褒美にするのも、早起きをするコツになります。

あなたの好きなものは何ですか?起きたらそれが食べられるとしたら、嬉しくて二度寝せずに起きちゃいませんか?そんなものを見つけて用意するのも一つの手です。

早起きできる方法は朝予定を入れること!

これはかなりの効果が期待できますが、早起きしなければいけない時間帯に他人との約束を入れることです。もしこれが自分自身との約束であれば「まぁいっか」と二度寝してしまうでしょうが、他人との約束ならそう無碍にもできません。

最近では朝活と称して、早朝からおすすめの本を持ち寄り紹介しあったり、勉強会を開催していることもあります。もし近くにそのような集まりがないのなら、早起きしたい友達を見つけて自分たちの朝活を開催してみてはいかがでしょうか?

週に1度、月に2度程度でもそのような催しがあれば、自然と毎日の早起きが習慣になるはずです。

朝時間でやりたいことリストを実行する

あなたは何故早起きしたいのでしょうか?この時間に起きなければ遅刻するから、という方はこちらでは少し置いておいて、何か有意義な時間を過ごしたいから早起きしたいと思う人が多いようです。

そこで、早起きすることによってできた朝時間にでやりたいことのリストを作ってみましょう。英単語を10個覚えるでもいいですし、何かの資格勉強でもいいでしょう。読みたい本があれば読書でもいいですし、新聞を読みながらゆっくりコーヒーを飲むでも構いません。

とにかく朝時間を何に使うかを明確にしておくことで、早起きしたいと思えるはずです。

テンションが上がる早起きできる曲で目覚める

こちらは大好きなアーティストがいる人におすすめの方法です。大好きな歌手の、聴くとテンションが上がるという曲を用意しておきその曲で起きてみましょう。タイマーをセットしていてもいいですし、1回目の目覚ましが鳴ったら、その曲を枕元でかけてもいいでしょう。

とりあえず起きてみるか!というきっかけになるはずです。もし好きなアーティストがいないけれど、早起きできる音楽を探したいと言う方は、Superflの「タマシイレボリューション」や、B’zの「ultra soul」などはいかがでしょうか?

ベタですがやっぱりテンションが上がりますし、朝からやる気も湧いてくるのでおすすめの曲です。

10%ルールを適用する!

これは、メンタリストDaigoさんが提唱する方法なのですが、早起きにも10%ルールを適応する方法です。例えばいつも7時に起きている人が5時起きに変えたい場合、その起床時間の差は120分です。120分の10%は12分なので、12分ずつ早起きにシフトしていくという方法です。

最初はいつもの起床時間である7時から、12分早い6時48分に起床することを習慣づけます。何日かして6時48分起床に慣れれば、次は6時36分。慣れれば6時24分とこのように10%ずつ早起きにするのです。

今すぐに!という意味では即効性はありませんが、体と心への負担は軽い方法だといえるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

冬でも早起きする方法!

それまではきちんと早起きできていたのに、冬になると途端に起きられなくなった。こんな悩みを持つ人も多いようです。こちらでは冬でも早起きする方法を紹介しています。

起きる時間に部屋を暖めておく

いつもは早起きできるのに、冬になると早起きできない。その原因は大きく分けると2つあります。その内の1つが、寒くて布団から出られないというものでしょう。

その対策として、タイマーを利用して目覚めるころには部屋が暖まっているようにすると言うものがあります。部屋が暖まっていれば、冬でも布団からすんなりと出ることができますよ。

2度寝タイムにインナー(下着)を暖める

寝室と出掛けるまでに過ごす場所が違う場合、部屋を暖めるのはもったいないですよね。そんな方におすすめの方法があります。それが、2度寝タイムに布団の中でインナー(下着)を暖めるというものです。

目覚まし時計が鳴れば、枕元に準備していたインナーをとりあえず布団の中に引っ張り込みます。インナーは冷たいのでその刺激で少し目が覚めますし、5分間の2度寝の間にインナーが暖まります。

布団の中でインナーを着用

更におすすめの方法が、2度寝タイムに暖めたインナーを布団の中で着てしまうというものです。2度目の目覚ましが鳴ったら、おもむろに布団の中にもぐりこみ、中でインナーを着用しその上からまたパジャマを着ても良いですし、ルームウエアを着てもいいでしょう。

とにかくこれができれば寒くて布団から出られないと言うことはありません。これは実際にもう何年も冬になると筆者が実践している方法ですが、冬でも苦無く布団から出られるようになりました。

光目覚ましでスッキリ起床!

冬に早起きできないもう1つの理由は、外が暗いからです。日が昇る前に起きるのは辛いものですし、何より暗いままでは目が覚めません。

そこで、光目覚ましをつかってスッキリ起床する方法もあります。これは起きたい時間に、太陽光と同じような光を浴びることができる目覚まし時計です。曇りや雨の日にも活用できますし、夜勤の方にもおすすめです。

早起きの仕方がわかれば実行できるはず!

早起きが苦手と思っているあなたは、実は早起きの仕方がわかっていないだけなのです。今日こちらをご覧いただいて、早起きする方法がわかったと思います。後はできそうなものから実践するのみです。朝の時間をゆとりをもって過ごすためにも、早起き生活を始めてみませんか?

スポンサーリンク