老後の不安を吹き飛ばす!貯蓄、年金…「老後のお金」をシュミレーション!

老後に不安を抱いていませんか?老後に関する調査では、第一にお金のこと、第二に健康、第三に孤独になることがあげられています。これらの不安を解消するため、問題点を明確にして解決策を考えましょう!貯蓄や年金に重点をおいて、「いくらもらえるか」「いくら必要か」「どう貯めるか」「どう働くか」を簡単に解説します!

老後の生活に不安を感じていませんか?

多くの人が抱いている老後への不安。しかし、漠然とした不安を抱いているだけで、問題点がクリアになっていないと解決策をたてることはできません。

まず、どのような不安があるかを洗い出してみましょう。老後の生活が不安という人の中でも、特に多いのはお金の悩みです。

老後のお金が心配!

やっぱりいちばん心配なのがお金の問題。「老後の貯蓄はどれくらい必要?」「年金はいくらもらえるの?」と不安に思われていることでしょう。

老後に必要なお金がいくらで、老後にもらえるお金がいくらで、足りない分を補うなら月にいくら稼げばいいのか、それがわかれば、前倒しで貯金をするにも目標ができますよね。

超簡単!もらえる年金の概算方法!

公的年金というのは大きく3つにわかれます。20~60歳の日本に住む人なら皆が加入する基礎年金、会社員が加入する厚生年金、公務員や教師が加入する共済年金です。つまり、基礎年金+厚生年金のように二種類の年金をもらえることになります。

あくまで概算になりますが、およその年金を算出する方法をご紹介します。

  • 国民年金

65才から毎年もらえる基礎年金額の概算 = 2万円 × 国民年金加入年数(最高40年)

  • 厚生年金

65才から毎年もらえる厚生年金額の概算 = 会社員の生涯賃金(平均年収×勤務年数)※ × 0.0055

夫婦の場合は共働きであればそれぞれ上記の計算をして夫婦の合計を計算しましょう。専業主婦など、扶養されている奥さんがいる場合は、旦那さんがあわせて支払っているとみなされますので国民年金を受け取れます。

つまり、20歳から60歳まで年金に加入していれば基礎年金が80万円、年収500万で22歳から38年間働いていれば厚生年金が104.5万円で、年に184.5万円を受け取れることになります。奥さんが専業主婦なら奥さんの基礎年金が80万円で、夫婦で年間に合計264.5万円を受け取れることになります。

老後の生活費をシュミレーション!

年金開始後の65歳以降に必要なお金はどれくらいかを計算してみます。

毎年かかるお金を例にあげると、

  • 生活費
  • 住宅費(家賃や、持ち家なら固定資産税や維持費など)
  • 駐車場管理費
  • 趣味にかかる費用
  • 旅行にかかる費用

臨時出費は、

  • 家のリフォーム代
  • 電化製品の買い替え
  • 車の購入
  • 医療費

などが上げられます。あなたの生活に必要なお金が計算できるでしょうか?

結局、老後資金はいくら貯めればいいの?

結局のところ、貯蓄をどれくらいしていれば安心なのでしょうか?もらえる年金額と必要なお金を差し引きすれば算出できます。

生活費については、総務省統計局の「ゆとりある老後生活費の意識調査(平成22年度)」によると、平均月額37万円必要となっています。

老後20年間だと37万円×12か月×20年=8,880万円65歳からの20年間で約8,880万円を使うことになります。一方もらえる年金を、仮に生涯の平均年収500万として算出すると264.5万×20年=5,290万円で貯蓄が必要な額は約3,500万円となりますね。

ちなみに、最低限の生活にかかる費用となると、27万円程度が平均のようです。こちらだと65歳からの20年で必要なお金が6,480万円となり、貯蓄が必要な額は1,200万円程度になります。

ちなみに定年での退職金は厚生労働省の調査によると高卒でも1,500万程度、大卒で2,300万程度のようですので、贅沢をしなければ退職金で結構まかなえそうではありますね。もちろん退職金の制度が無い会社もあり、制度の内容もまちまちなので、お勤めの会社で確認するのが安心です。

かしこいお金の貯め方は?

不足する分は貯蓄をするか、老後も働いて賄うしかないようです。まずはお金の溜め方について考えましょう。

もし共働きなら、旦那様の稼ぎで生活して、奥様の稼ぎはすべて貯金するくらいを目標にしていきましょう。金融資産は無理をしない範囲で。

家については賃貸か持ち家かで言えば、もちろん持ち家が安心ではあります。老後の生活費を見ていただければ、家賃が無いことがどれだけ負担を軽くするかお分かりいただけると思います。家賃を払わなくても住む家が保証されているということは大きな安心につながります。

「今から家を買うなんて」という方も、これから家は余っていくと考えられています。必ずしも新築にこだわらずに。ご両親の住む家は将来空き家になりませんか?その場合、相続を放棄するのでもなければ、税金などがかかります。リフォーム等をして活用していくことも視野に入れてみてください。

また、現在ローン返済をしている方も、なるべく収入の減る60歳以降にローンを残さないように、繰り上げ返済や見直しを考えてみましょう。繰り上げ返済は利息分がお得になりますね。

60歳定年後も働く場合

「60歳で定年したら隠居生活」などというのは、最近は聞かれなくなりました。若々しい老人が増え、60歳を過ぎても元気に趣味に勤しんだり、「えっ!60歳?」と思うほど若く見える人も中にはいます。もちろん働く人もたくさんいますよね。

生活のために働く…のかもしれませんが、せっかくなら、今までとは全く違う分野のしごとも新鮮かもしれません。統計的には働き続けた人の方が長寿とも言われていますし、人生を楽しむためには仕事も必要です。定年後も働く人のための制度をご紹介します。

高年齢雇用継続給付

60歳で定年してから、継続雇用などで働いていても、収入は大きく減ることもあります。生活に支障が出るほど収入が落ち込む場合は、「落ち込んだ分の一部を国がカバーしてくれる」という制度です。足りない生活費の一部を国から給付してもらえるのです。

高年齢雇用継続給付を受けるには、下記の条件があります。

■雇用保険に5年以上加入している

■(雇用保険の)基本手当などを受給した場合は、受け取り終了から5年以上たっている

■60歳以上65歳未満

■収入が定年時の75%未満

■育児休業給付や介護休業給付の支給対象ではない

上記の条件すべてを満たしていれば、65歳まで給付金がもらえます。もちろん上限はあります。

厚生年金44年加入特例とは?

厚生年金44年加入特例というものもあります。厚生年金に44年間加入していると、特例として「おまけ」がもらえる仕組みです。

サラリーマンで定年退職後も会社に継続して雇用される場合、雇用形態によっては、そのまま厚生年金に加入し続ける方もおられます。中卒でサラリーマンになった場合は60歳、高卒の場合は63歳、大卒の場合は67歳まで厚生年金に加入していると対象になります。

その時点で、厚生年金が年額「80万円」プラスされることになります。さらに配偶者が対象者であれば、さらに年額約「40万円」が年金にプラスされることもあります。これを知っておかないと、わずか1ヶ月辞めどきを間違うだけで大きく年金の額が変わることになります。

残念ながらこんな制度も…在職老齢年金制度

60歳の定年後も働く方が多いですが、定年後に現役の時と同じぐらい収入を得ると、肝心の年金が減額されてしまうことがあるんです。

在職老齢年金制度で減額されるのは厚生年金が対象なので、サラリーマンだった方は要注意!労働での月収と、月の年金が28万円を超えた場合、超過分のなんと半分が減額されてしまうのです。

つまり、年金月額10万円の場合、給与が18万円までなら年金は全額支給されます。しかし28万円を稼いでいると計38万円となり超過10万円の半分、5万円が減額されます。38万円を稼いでいる場合は超過が20万円なので、10万円の年金は全額停止になります。

損のでないように計算して働くようにしたいものですね。

老後が孤独かも?精神面や健康面での不安

お金のこと以外にも、悩みは尽きません。独身の方や、結婚していても子供がいない方などは老後が淋しいかもしれないと心配されているかもしれませんね。

老後の孤独によって「老後うつ」が問題になっている

「老後うつ」というものがあります。老後の不安に関する調査でも「孤独」がよく上位にきています。独身女性や、旦那様に先立たれた女性など、ひとりぼっちになってしまうことは珍しくありません。

身内が近くにいない以上、頼れるのは友人です。年賀状のやりとりなどが廃れてきた現代、人間関係は希薄になってきています。お手紙を出したり、少し疎遠になりがちなお友達とのお付き合いを、今のうちから再開してみてはいかがでしょうか。

また、趣味をもつことでいきいきと生活ができ、新たな人間関係も構築できます。最近は60歳や70歳でスポーツを楽しんでいるご老人もいますし、体が衰えてもできる文化的な趣味をもつのもいいですね。

健康面にも大きな不安

老化には誰も逆らえません。体にガタがくることは仕方のないことではありますが、できる予防はしていきましょう。大きな病気を健康診断などで見つけることも大切ですが、生活から改善していくことが老後のためになります。

生活習慣病は、はじめは無自覚ですが、気づいたときには大きな病気を発症していたり、一度かかると治りにくいものです。これらが、老後にも重くのしかかってくることになります。

  • 高カロリーの食事が多い
  • 食事のバランスが悪い
  • 間食が多い
  • お酒をよく飲む
  • タバコを吸う
  • 運動不足
  • ストレスをためている

こんな人は生活習慣病になる可能性が高いです。健康な食事、適度な運動、ストレスを発散する、それが老後にむけて体を大切にする第一歩です。

今を楽しんで!

老後への不安は誰にでもあります。ですが、老後の不安にとらわれてばかりいると、ストレスになるだけではなく、「今」を悩み暮らすだけになってしまいます。

老後への不安は悩みの内容をクリアにして、解決策をもち、今からできることに楽しみを見出していくようにしましょう。