顔の歪みを治す方法決定版!歪みの3大原因とストレッチなど3つの改善法!

鏡をのぞいて見ると、目の高さが違ったり、眉の高さが違うなんてことありませんか?普通は少しくらい違っていて当然ですが、あまりにも歪みが大きいと気になるものですよね。そんな時、治す方法ってあるのでしょうか。

顔が歪んでいる!?治す方法ってあるの?

人間の顔って、普通は左右対称ではないんですよね。利き腕がある脳に利き目もありますし、ものを噛むのにだって、左右で均等に噛む訳ではありませんから。ただ、あまりにひどい歪みは気になるものですよね。まずは顔が歪む原因について見ていきましょう。

顔が歪んでしまうのはなぜ?これが主な原因!

そもそもなぜ顔が歪んでしまうのでしょうか。また、女優さんなど、顔がきれいな人にはどのような理由があるのでしょうか。その辺を詳しく見ていきたいと思います。

外傷

柔道をやっている人の耳が、餃子みたいに丸まっているのってご存知ですよね。強い刺激を受け続けていると、あのように変形することがあるんです。また、ボクシングなどの格闘技で、強い衝撃を受けることによって、顔面が変形してしまうこともあります。

口腔関係のトラブル

例えば虫歯があるので、片側だけでしか噛まないクセがついてしまっているとか、歯ぎしりをする癖があるなどがそれに当たります。顔の歪みというと、よくかみ合わせも話題になりますが、実は人間がものを噛む「瞬間」って、1日の食事をみても大した時間ではありません。

筋肉の問題

頭蓋骨は1つの骨で出来ている訳ではなく、15種23個のパーツが組み合わさって構成されています。そして、その骨と骨の間には筋肉がついていますが、その一部がいわゆる「表情筋」と言われるものです。この表情筋の左右の緊張差によって、徐々に顔の歪みが生じる訳です。つまり、顔の歪みは事故でもなければ、筋肉の緊張がほとんどということです。

女優さんがなぜ美しいのか考えたことはありますか?もともときれいな顔立ちをしているから女優になれた、ということもあると思いますし、普段のお手入れも一般人の比ではないのでしょう。ただ、彼女たちが美しいのは、顔の造詣もさることながら、その表情にあるのです。

仕事だからと言ってしまえばそれまでですが、嬉しい時には本当にうれしい顔をし、悲しい時には本当は悲しくなくたって、視聴者やお客さんに悲しさが伝わる表情をします。そうやって日々、お芝居に臨むこと自体が、表情筋のエクササイズとなっている訳ですね。

筋肉の問題については、先程述べた左右どちらか側の歯で噛む癖にしたって同じことです。顔には文字通り咬筋(こうきん)という、あごの関節を上下に動かす時に作用する筋肉があります。この筋肉の使い過ぎ、または使わなさ過ぎによって、顔で最も目立つ部分である頬に歪みやむくみがでてしまいます。

もう一つよく言われるのが「顎関節症」です。歯医者さんに行くとマウスピースで治療したりしますが、顎関節症は見て分かる通り「関節」に現れる症状ですから、本来は整形外科の領域の疾患です。そして、その原因となるのも筋肉です。つまり、顔の歪みの改善は筋肉にアプローチするのが早道だということです。

顔の歪みを治すにはどこで診てもらえばいいの?

それでは、顔の歪みを治すためには、どんな治療院で診てもらえばいいのでしょうか?あなたに合った場所が見つかるといいですね。

病院

美容整形や形成外科などは、手術療法によって顔の歪みを物理的に解決してくれます。ヒアルロン酸を注入して形を整えたり、顔の骨を切って整えたりします。整形と言ってしまえばそれまでです。

エステ

エステでもよく小顔メニューなんかがありますよね。あれに関してはほとんどが「むくみをとっているだけ」です。むくみをとれば確かに顔が小さく見えますし、左右均等に近づくとは言えます。ただ、日常の生活習慣が変わらなければ、それこそあっという間に元通りです。

エステのリラクゼーション効果を否定する気は毛頭ありませんが、顔の歪みを改善したり、小顔にしたり、はたまた痩身といって、お腹周りをスッキリさせたりするのには、一時的な効果以上のものはありません。すぐに効果の出るものはすぐに元通りとなるものです。

整骨院・整体

整骨院や整体で最近よく見るのが顔面矯正や小顔矯正メニューです。彼らは骨や筋肉のスペシャリストなので、どの筋肉がどの骨にくっついていて、どのような働きをしているかについてよく知っています。なので、どの筋肉を緩めれば、効果的に顔の歪みが改善できるかも知っている訳です。

ただし、専門的に勉強してきているにもかかわらず、「頭蓋骨を小さくする」とか「頭蓋骨の歪みをとる」なんて言っているのは嘆かわしいことです。頭蓋骨はそもそも脳を守るためにあるものですから、ちょっと押したりもんだりするだけで形は変わりませんし、ましてや小さくなることなんて医学的に絶対あり得ません。

筋肉を緩めてむくみをとることや、左右の筋緊張差を改善して、顔の歪みを改善する以上の効果は得られませんし、宣伝の仕方によっては、場合によっては景品表示法違反となります(実際に「美容整体協会」に対して再発防止を求める措置命令が出されたことがあります)。

自分で治す方法!自宅でできる顔の歪み改善法をご紹介

エステに通うのはお金がかかるし、手術をするのは怖い。そんな方には、自宅でできる顔の歪み改善法をお勧めします。全く左右均等になることは(人体の構造上)ありえませんが、むくみの解消や筋緊張がとれるだけで、左右均等に近づきますし、血行が良くなって表情が明るくなってきますよ。

あいうえお体操

美容家といわれる人が奨めている、顔の筋肉を使った体操があります。美容家自体はどういった位置づけのお仕事なのかよく分かりませんが、体操自体は有効なのでご紹介しておきます。きれいな表情をされていますよね。

田中愛の顔筋体操 あいうえお!で頬のタルミ解消する方法

表情筋のストレッチ

見るからに顔が疲れそうなエクササイズをご紹介します。これに関しては「必ず」効果が出ます。ただし、継続しないと一過性のもので終わってしまいますので、少しずつでも良いので続けるようにして下さいね。

表情筋を鍛える☆簡単ストレッチ

割り箸エクササイズ

割り箸を使って、歯のかみ合わせを調べて左右差を改善する方法です。肩こりを解消する効果もあるそうですよ。

自分で出来る整体のヒント 割り箸で肩こり解消

顔が歪まないために!日常気をつけること

顔の歪みはある日突然起こるものではありません。日頃の習慣の積み重ねが「結果」として顔に現れる訳です。良い結果を求めるなら、良い習慣を積み重ねましょうね。

滑舌よくしゃべる

美しい印象の人って、ハキハキとものを言うイメージがありませんか?滑舌よく話すには、口をしっかり開ける必要があります。これ自体が表情筋のエクササイズになります。相手に与える印象も良いことですし、ぜひ実践してみてくださいね。

食生活を改善する

昔、芸能人のタモリさんが料理番組か何かを見ていたら、「このお肉やわらかくておいしい~」と誰かが言っていたそうです。それに対してタモリさん、「そんなに柔らかいものが食べたきゃ豆腐でも食ってろ」と。これは、現代人の嗜好の一端を表していて興味深いですね。

なんでも柔らかかったり、箸でも切れるなんてことが「美味しい」の一指標となっていて、現代人は食べものをしっかり噛む習慣がなくなってきています。歯ごたえのあるものを食べることも、顔の歪み改善につながりますよ。

顔の歪みを改善するにはよく笑いましょう!

以上、顔の歪みの治し方についてお届けしました。美しいの基準は人それぞれだと思いますが、いつもにこやかな人って、表情が美しいですよね。そのことがまた、顔の歪み防止にもつながります。笑いはストレスも解消してくれますので、できるだけ日常で笑う機会を増やしたいものですね。