彼氏との会話が続かないあなたへ!男女の違いと4つの続けるコツを伝授!

スポンサーリンク

彼氏との会話が続かない…、沈黙がいやだ…そんな風に思う女性の方は多いですよね。だからと言って無理して話しかけたり、会話を続けようと頑張っているとなんだか疲れちゃいますよね。そんな時は、男女の違いを知って、会話の違いや、コツを学ぶことが大事です。ここでは4つの男女の違いと、4つの会話のコツを紹介しています。

女性にとって彼氏との会話が続かないことや減ることは辛い

「最近彼氏との会話が減ってしまった」「昔は頻繁に連絡とってたのになぁ…」、あなたはそんな風に悩んでいませんか?付き合っている期間が長ければ長い程、会話は減ってしまうことが自然です。

でもそれってなんだか寂しいですよね。特に女性は、おしゃべりすることが大好きだし、会話をすることで安心感を得られます。会話が減ったり、続かないことは女性にとっては辛いことです。

もしかして私のことが好きじゃないの?私が会話が下手なの?と自分を責めてしまうこともありますが、そう思い悩むのは男女の違いに関係があります。ここでは男女の違いと、会話を続けるコツを紹介していますので、さっそく見てみましょう!

スポンサーリンク

彼氏との会話が続かない原因は、男女の違いにあった!

男女では会話の目的が違う

女性同士で集まるとちょっとしたことでも、何時間も会話を続けることができますよね。一方男性同士では、喫茶店などで何時間も談笑しているというよりは、話し合いや討論の場で、バリバリ会話している印象があります。

これは男女で脳の構造が違うため、会話の仕方も違っているのです。

女性はしゃべることを目的に会話をしています。答えを出すために会話をしているのではなくて、ストレス発散だったり、会話そのものを楽しんでいるんですね。

一方男性は、答えを出すために会話をしています。そのため、討論など答えを導き出すような会話はとても得意です。

元々男性の脳は、少ないエネルギーで最大限の成果を得られるように働いています。そのため答えを導くような会話を男性は好みます。

ですが反対に、答えのない会話を続けることは苦手です。オチがなかったり、答えがないような感想を聞かされても、気の利いた質問が浮かばなかったりするのです。

このような違いを理解することで、お互いのすれ違いを無くすことができます。

男女の会話でよくあるすれ違い

上の項目でご紹介したとおり、男性は答えを導くことを目的に会話をしていて、女性は話すことを目的に会話をしています。そのため男女が会話をすると、話しがすぐに終わってしまうことがよくあります。

男女の会話のすれ違いを、実際に見てみましょう。

女性「上司がほんとにいい加減でイヤになっちゃう」
男性「じゃあ今度から○○してみなよ」
女性「でもそれはできないかも」
男性「じゃあ○○してごらん?」
女性「わかった…」

この会話には男女の目的の違いが出ています。女性は、ただ愚痴を聞いてほしかっただけで、答えを欲しかったわけではありません。それなのに男性は答えをすぐに出したがりますから、話がすぐに終わってしまうのです。

これは男女の間でよく起こるすれ違いです。このままの会話では話が広がりませんから、男性も女性もお互いに歩み寄る必要があります。

男性の恋は熱しやすく冷めやすい

これって会話が続かないことと何か関係があるの?と思ってしまいますが、実は深く関係しています。

男性の恋愛はすぐに火がついて、恋に本気になるのが早いです。この頃の男性は、積極的に女性にアピールします。マメに電話やメールをしてきたり、彼女に会いたがります。

付き合うまでは必死に自己アピールしているため会話もどんどんしてきます。質問したり自分のことを話したり積極的です。でもいざ付き合ってしまうと安心してしまうため、会話も減ってくるのです。

このギャップに女性は大きな寂しさを感じます。好きじゃないのかなと不安に思ってしまいます。でも安心してください。決して嫌いになったというわけではなく、男性は安心感から積極性が減っただけなのです。

男性は、沈黙が続いても、会話が続かなくても、あなたといることで安心感を得ています。なので沈黙が恐いからと無理に話しかける必要はないのです。

男性はひとつのことしか集中できない

女性の脳は、男性に比べて左脳と右脳を繋ぐパイプが太いため、複数の作業を同時にこなすことができるのです。そのため電話しながら掃除したり、会話をしながら料理したりと器用にこなせるのです。

一方男性の脳は、複数の作業を同時にこなすことは苦手です。ひとつのことに集中してしまうと周りが見えなくなってしまうのです。

そのため、男性が悩んでいたり、趣味に没頭していたり、テレビなどに集中しているときは、話しかけても会話に集中することができません。「ふ~ん」など適当な返事で会話を終わらせてしまうことがあるのです。

このような時に話しかけても会話は長続きしませんから、タイミングを見計らって会話をしましょう。

彼氏との会話を続けるための4つの方法!

つまらない話題を楽しもう!

男性は、自分のことになると熱が入って活発にしゃべります。趣味の話や、力を入れていることは語りたくてうずうずしています。野球や車やゲームの話など、しゃべり出したら止まらなこともありますね。

でも、女性は男性の趣味に興味がないことが多いですよね。つまらない話題だなって思って冷たい反応をしたり、黙ってしまうこともあるんじゃないでしょうか。

ですが!そこを一歩踏み込んでみてください。「仕方ない、ちょっと聞いてやるか!」と男性の話に前のめりになって聞いてみてください。

男性は、好きな人が自分の話を聞いてくれることがとても嬉しいのです。自分のことをわかってくれているなと思い、より好意を持つようになります。

お互いがより仲良くなるチャンスですから積極的に話を引き出してみてください!

聞き上手になる

聞き上手って聞くと、一方的に聞いているだけというイメージがありますが、本当は意味が違うのです。聞き上手になるというのは、聞き役に回るという意味ではなくて、相手がしゃべりやすいような質問を投げかけることを言います。

例えば、「昨日久しぶりにカラオケ行ってきたよ!楽しかった~」と言われたらどんな質問を返しますか?

「どこのカラオケに行ったの?」
「何を歌ったの?」
「何時間ぐらい歌ったの?」

このように質問することもいいと思います。でもこの聞き方だけだといつか聞くことがなくなっちゃいますよね。

そこで、こんな聞き方を増やしてみてください。「久々行ってきたんだ!何かストレス溜まることでもあったの?」

これは、相手が自由にしゃべることができて、とても話しやすい聞き方です。ただの質問だと一問一答で終わってしまいがちですが、この聞き方なら色んな話題へ繋げることができます。

相手の話から想像を膨らませて、相手が語りやすいような質問も入れてみましょう。

共通の話題をもつ

会話を続けるには、お互い共通の話題がないとなかなか難しいですよね。そこでお互い共通の話題を作ってしまいましょう。

これは心理的にも非常に有効なことで、人は共通点があるととっても親近感が湧くのです。知らない人とでも、住んでいる場所が近かったり、好きな歌手が同じだったりするだけでとても話しやすくなりますよね。

なので彼氏とも、お互いが盛り上がれるような共通の話題を探しましょう!毎週見られるドラマなどいいですね。「昨日のドラマ見た?あれ泣けるよねぇ~!」など自然な会話ができるのでとても有効です。

もしなにも見つからなかったら、いっそのこと相手の趣味に飛び込んでみましょう!相手はいい先生になってくれますから、色々と教えてくれます。趣味が好きになれるかはわかりませんが、お互いの時間が増えて、自然な会話をすることができます。

会話のネタを準備しておく

付き合いも長くなればお互いことはだいたい知ってしまいますよね。相手に質問することがなくなってくると、会話をするきっかけが見つけられないことがあると思います。

そこであらかじめ、会話のネタになりそうなことをたくさん準備しておきましょう。ささいなことでもいいです。家の近くに美味しいお店ができたとか、芸能人が結婚したとか、新曲が出たとか、ちょっとしたことでも覚えておいてください。

料理は材料がないと調理ができませんが、会話も何かネタがないと、話を膨らませることが難しいのです。話題に困ったら、ささいな内容でも話すきっかけにしてみてください!

スポンサーリンク

会話を続けることも大事だけど自然体を目指そう!

3 いかがでしたでしょうか?会話が続かない原因には男女の違いや、会話の仕方が違うことがわかったんじゃないでしょうか。

色々なテクニックを紹介してきましたが、最終的にはあなたが自然体でいることがとても大事です。こちらばかり無理していては、会話が楽しめなくなってしまいます。

彼氏といるときぐらいは、ありのままの自然な自分をさらけ出したいですもんね。そうなれるようにお互いに理解を深めながら、これからも幸せな生活を続けられるようにしていきましょう。

スポンサーリンク