復縁の為の冷却期間はどのくらい取るべき?恋愛心理や再アプローチ法徹底講座!

スポンサーリンク

恋人と別れ、終わってしまった恋。もしまだ彼を想っているのなら、もう少しだけこの恋を続けませんか?復縁で最も大切な冷却期間を正しく理解して、離れ離れになった恋人と再び幸せな時を過ごしましょう。

復縁したいなら最重要!冷却期間の必要性とその期間

大好きな彼とお別れしてしまった時、まだ気持ちが残っているのなら思わず「復縁」の方法をネットで調べてしまいます。

するとどのサイトにも書かれている「冷却期間」を置きましょうという言葉。冷却期間とは彼と全く連絡を取らない期間になります。

今すぐ彼の気持ちを取り戻したいの!数日前まではラブラブだったんだからすぐに戻れるはず!そんなふうに考えている方にこそ、冷却期間は必要です。今回はお別れのケースごとに必要な冷却期間を考えながら、ネットに溢れる様々な復縁方法の最終結論をご紹介いたします。

スポンサーリンク

どの位の冷却期間を取れば良い?

冷却期間を置こうと一言で言っても、具体的にどのくらいの冷却期間が必要なのでしょうか。その期間には、それぞれの状況や気持ちのバランスなどが大きく影響します。

ただの喧嘩の場合は冷却期間1週間

1 復縁までの期間として、最も成功の可能性が高いのが冷却期間1週間のパターンです。そもそも、1週間で復縁する破局は厳密には破局していないのです。わかりやすく言えば、ただの喧嘩になります。

しかし恋人同士とはいえ、所詮は他人です。ただの喧嘩が悪化してそのまま本当に破局してしまうパターンもたくさんあります。その原因は喧嘩の直後からしつこく連絡をしてしまったり、逆に長期間連絡を取らなかったことです。

喧嘩の原因が些細なことの場合、冷却期間を取りすぎたことが逆効果になってしまうことがあります。具体的な例として、お互いの生活習慣によるすれ違いや恋愛の上での価値観の相違など、話し合いで解決できるレベルの喧嘩がヒートアップしてしまった場合はお互いの頭の熱を冷ましてから会えばすんなり仲直りできてしまいます。

男女共に怒りのパロメーターを1週間もマックスに維持することは不可能です。どちらが発信の喧嘩であったとしても、一週間経った時に一度冷静になって話す時間が欲しいと提案してみましょう。

お互いに気持ちがあるのなら冷却期間1ヶ月間

自分が振った場合には最適な期間

破局の理由は様々ですが、きっかけは相手から振られたか、自分が振った、または自然消滅かの3つになります。自分が振ってしまったが、やはり彼のことが大切で元に戻りたいと願った時に必要な期間は1ヶ月になります。自分が振ったということはまだ彼には気持ちが残っているので、比較的短い冷却期間で大丈夫です。

しかしあまり早くに「あなたのことが忘れられなくて、寄りを戻したい」と申し入れてしまうと彼は振り回された感覚になり、戻れたとしても彼は疑心暗鬼になってしまい関係は長く続かなくなってしまうでしょう。

遠距離や忙しさなどが原因の場合も冷却期間は短くていい

社会人になると休みが合わなかったり、休みが合っても他の予定が入ってしまったり、恋人同士でも中々時間が取れないものです。会えないのなら付き合っている意味がないのではないか、そんな理由でお互いに気持ちがあるのに別れてしまったという場合も冷却期間は短めで大丈夫です。

冷却期間がたった1ヶ月でいい場合のポイントはお互いにまだ気持ちがあるかどうかです。またお互いを忘れた過ごし方をするというのもポイントで、ふとした日常の中、不意に寂しさを感じるのが平均して別れて1ヶ月のタイミングなのです。

恋愛感情が薄れてしまっている時は冷却期間3ケ月間

相手の気持ちが離れてしまった場合

相手からいきなり好きな人ができたと言われたら、すがりつく暇もなく別れる以外に選択肢はありません。もう既に自分よりも彼には大切な人ができてしまったのです。

だけどどうしても彼を諦めたくないのなら、最低3ヶ月は冷却期間を置きましょう。3ヶ月も連絡を取らなかったら、彼は自分のことを忘れて新しい彼女を作ってしまうのではないか?そんな不安があると思います。しかし連絡を取っていたとしても3ヶ月後に新しい彼女を作る彼ならどちらにせよ結果は変わりません。

結果が変わらないのなら寂しいから連絡を取っていたいという気持ちもわかります。ですが3ヶ月後に彼女がいる彼に対して有利に働くのは連絡を取っていなかったパターンです。それには理由があり、薄れてしまっていた彼の気持ちが少しばかり蘇る可能性があるのです。

気持ちが離れるのは彼の中で何かきっかけがあったのだと思います。そのきっかけが3ヶ月という期間を置くことによって「過去のこと」になります。特に男性は嫌な記憶を忘れようとしますので、3ヶ月というのはちょうど脳内がリセットされたベストタイミングです。

ちなみに好きかわからない、結婚を考えられないなどの理由も一旦リセットが必要なので冷却期間は3ヶ月です。

冷却期間3ヶ月以上!復縁難度の高いパターン

2 1 復縁の可能性が最も高いのは1週間とご紹介しました。そこからどんどん復縁確率は下がっていきます。だからといって、慌てて連絡を取るのは間違いです。復縁確率が下がる理由は原因が深刻だからに他なりません。復縁期間3ヶ月以上必要なパターンは相当復縁難度が高いと思ってください。しかし可能性は0ではありませんのでパターン別に必要冷却期間を見ていきましょう。

彼から完全拒否!音信不通からの復縁

しつこい連絡に彼の心は疲弊気味

お互いに想いが通じて付き合い始めた2人が別れる時、いきなり連絡を拒否するパターンはそうそうありません。ヒートアップしてしまった大喧嘩で一時の感情に任せてLINEをブロックしてしまったなんて話もありますが、それは大抵数時間〜数日でブロック解除されることが多いのでそこまで気にする必要はありません。問題なのは別れた後にした連絡が原因で拒否された場合です。

タイプ別に冷却期間を置かず、彼にしつこい連絡をした際にこのパターンに陥ることが多いです。彼の怒りがまだ冷めていなかったり、気持ちが離れてしまっている時に復縁したいとか会いたいとか自分の感情を相手に一方的にぶつけると、彼はうんざりしてあなたからの連絡をシャットアウトしてしまいます。

彼の心の回復を待って適切な連絡を取る

連絡ツールはどんどん多様化しています。メール、電話、LINE、Facebookなど、更には恋人専用アプリでやりとりしているカップルもいるのではないでしょうか。LINEでブロックされているのなら、まだ電話番号で連絡を取ることができます。逆ならLINEで連絡を取ることが可能です。

気をつけたいのは別れた直後に1つ拒否されたからといって、全てのツールを駆使して彼を追い詰めることです。1つ拒否されたら、疲れた彼の心が癒えるまでじっと待ちましょう。3ヶ月では足りません。最低半年は冷却期間を置いて、久しぶり元気してる?と優しくメッセージを送ってみましょう。

未練を隠す変な嘘がバレると復縁が遠のく

冷却期間後は未練を見せない連絡をして、相手との距離を詰めていくというのがよくある復縁ハウツーに書いてある内容です。未練を感じさせない最も有効な手段は新しい彼氏ができたという事実です。

特に好きな人ができたと言って別れ話をしてきた彼には新しい彼氏ができたという話は罪悪感から解放されるエピソードでしょう。お互いにもう気持ちがないのなら、気軽に食事でもと誘いやすい関係も築きやすいです。

しかし、あなたは実際にはいない架空の彼氏の話を大好きな彼にしなければなりません。彼は好きな人、または彼女の話を幸せそうに話してきます。堪え切れなくなって、気持ちを打ち明ければそんな嘘をついた事実は彼の気持ちに重くのしかかります。

辛い思いをして結果、彼の気持ちはまた遠く離れていってしまうのです。そんな苦行をするのであれば、しっかり冷却期間を置いて、久しぶりにご飯食べようとさわやかに誘った方が彼の心に好印象が残ります。

「別れの原因が自分」の場合は別人になる必要がある

冷却期間1ヶ月でいい、自分から振ったというパターンではありません。この場合は、自分の浮気や生活のだらしなさが原因で彼が愛想を尽かしてしまったという例です。

きっと別れる時には必死に謝罪をしたと思います。これから気をつけるから、変われるように努力するからと、彼に伝えたけれど信じられないと突き離されてしまうことが多いです。これは彼の言う通り、人間はそう簡単に変わりません。

1ヶ月で変わったの!と主張しても難しいでしょう。3ヶ月でも不十分かもしれません。それだけこのパターンは復縁難度の高いのです。最低半年、自分が変われていないと思うのなら1年の冷却期間が必要な場合もあります。

内面的な変化も大切ですが、男性は恋愛において見た目をとても大切にします。別れの原因となった問題の改善と合わせて、外見もより彼の好みに近づけるよう努力しましょう。次に会う時、あなたは別人として彼の前に現れて再び恋をするのです。

相手に新しい彼女がいても復縁できる?

元彼といえど、これは略奪愛であるという認識を持ってください。彼を取り戻すということは彼の今の彼女を不幸にすることです。それでも大好きな彼を取り戻りたいのであれば、しっかり手順を踏んで彼の彼女に戻りましょう。

相手の気持ちが離れている場合に必要な冷却期間3ヶ月を取っているのであれば、少しずつ行動を開始しましょう。もしまだ冷却期間を取っていないのであれば、今から3ヶ月取りましょう。だらだら未練がましい連絡をしてしまっているのなら、私も素敵な人を見つけられるようにがんばるね!など最後に前向きな連絡をしておきましょう。

冷却期間3ヶ月置いて相手に彼女ができていた場合、まずは軽い挨拶の連絡をして、様子をみましょう。返信がなければ、辛いですがもう3ヶ月冷却期間を置いてリトライです。ここで久しぶりにどうした?などと返信があれば、彼にテンションを合わせた連絡のやり取りをします。

久しぶりに会うことになればこっちのものです。付き合っていた頃の思い出が強力な武器になります。すぐには戻れないかもしれませんが、彼の中であなたと会うことが日常化できれば寄りが戻るのは目前です。

スポンサーリンク

復縁をする最もシンプルな方法

ここまで冷却期間について中心にご紹介してきました。実は冷却期間を取るぞ!と意気込んていたところ、期間終了前に彼のほうから寄りを戻したいと言ってくる場合があります。付き合っている時、寂しい思いをするのは女性のほうが多いですが、別れた後に寂しさを強く感じるのは男性だったりします。そんな男性心理をうまく使って、復縁をする具体的な方法を書いていきたいと思います。

電話をしよう!声を聞くと会いたくなる

10 1 復縁期間明け、まずおすすめしたいのは電話をかけることです。いきなり電話なんて、出てくれなかったら不安だから嫌だと思うかもしれません。しかしここで出てくれなかったら、彼の気持ちがまだ戻ってきていないという確認ができます。

彼の中に未練があれば、または冷却期間により未練を感じ始めているのならこの電話は出てくれます。出てくれなくても何かしらのアクションが来るはずです。もし何もなければ彼の気持ちは少し離れてしまっているので冷却期間3ヶ月を取り直してください。

さて電話が繋がり、話ができることになりました。ここで復縁したいと言う必要はありません。どうしたの?と聞かれて、違和感のない理由があれば1番ですが、なければ「久しぶりに話したくなっただけ」と素直に明るく伝えて大丈夫です。

電話は会うきっかけを作るための手段です。楽しい会話を続け、せっかくだし食事にでも行かない?と誘ってください。別れた後で寂しさを感じていた彼は久しぶりにあなたの声を聞き、会いたいと思ってくれる可能性は高いです。ここで断られてしまったら、また1〜3ヶ月の冷却期間を取り再アピールしてください。

メールやLINEをする!当たり前に連絡を取る関係に戻る

まず気をつけたいのが、電話をかけて彼が出なかったからといって自分からメールや電話をするのは避けましょう。冷却期間を置いた意味がなくなってしまいます。メールやLINEをするのは元々あまり電話をしていなかったカップルにおすすめです。また別れ際に電話でしつこくしてしまったり、電話で別れ話をしたり電話にあまりいい思い出がない場合もメールやLINEがいいでしょう。

メールやLINEの目的も電話と同じ、会うきっかけを作ることです。内容は軽いものであれば、何でも大丈夫です。久しぶりとか、ちょっと聞きたいことがあるんだけどとか、いきなり会いたいとは言ってはいけません。付き合っていた頃の雰囲気があるやり取りが理想です。よく使っていた顔文字やスタンプを使い、懐かしいさを感じさせると効果的です。

おまじないに頼るのも1つの手段!

おまじないなんてと思うかもしれませんが、人間の思い込みというのは案外力を持っています。彼とは絶対に復縁できる、その想いが実際の復縁を導くのです。強力な復縁おまじないをご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

未来メール

1、宛先に自分のアドレスを入れ、件名に「願いが叶いますように」と書きます。
2、本文には1行目に「願いが叶って欲しい日付」2行目に「相手フルネーム」3行目に「具体的な願いが既に叶ったように書く」
3、送信後したら送信メールは削除して、受信したメールは未読のまま保護します。
4、1行目に書いた日付になって願いが叶ったら未読のまま「ありがとうございました」と唱えて削除します。叶わなかった場合は既読にして「叶いませんでした」と唱えて削除し、再び願いをやり直しましょう。

携帯があればすぐに実行できるのに強力だとあちこちで噂になっているおまじないです。注意点としては願いが叶って欲しい日付は西暦 からしっかり書くことです。またiphoneは保護機能がないので専用のフォルダを作って、受信メールを移動させておくと効果があります。

枕を使ったおまじない

1、ドットではなく白地に黒い線のみが入ったルーズリーフを用意します。
2、ルーズリーフの3行目の下から相手の漢字フルネームを赤ペンで縦書きに書きます。
3、文字が内側になるようにできるだけ小さくルーズリーフをたたみ、枕カバーの中に入れます。
4、毎晩「愛しい人よ、戻ってきて」と心の中で3度唱えてから眠ることでおまじないは完了です。

こちらも用意するものが少なく、簡単にできるにも関わらず効果が高いです。注意点としては誰かに見られてしまったら、効果がなくなってしまいます。また効果は1ヶ月しかもたないので、効果を実感できなければもう1度やり直す必要があります。もし彼から連絡があったり、復縁できた場合には「ありがとうございました」感謝しながらハサミで小さく切ってください。そのままにしてしまうと逆に運が下がってしまいます。

復縁効果の高い待ち受け3選

猫の占い師

待ち受けにするだけで復縁できた!元彼から連絡がきた!という報告が多い不思議な力のある待ち受けが存在します。毎日、目にする待ち受けに設定することでモチベーションも維持できるので復縁を目指すならまずは待ち受けを変えてみることをおすすめします。

ひとつ目は強力すぎると呼び声の高い猫の占い師の画像です。これを待ち受けにすると復縁までの道筋が見えてくるそうです。

音信不通に効果ありの青いハート

青いリングでできたハートの画像は音信不通に効果があります。またしつこく連絡してしまいそうになる気持ちを落ち着けることができます。冷却期間にはもってこいの待ち受けです。

復縁成功の声多数のハピネス待受

まさに復縁のためにあるような待ち受けです。この待ち受けに設定したところ復縁できたという体験談が寄せられています。

心を落ち着けるには占いも効果的

占いなんて当たらない、そんなふうには思わず復縁を目指す際にはぜひ占いを活用してみてください。彼との相性がいいと復縁の活力にもなりますし、復縁の確率が高いと心も穏やかになります。生年月日占いは固定になってしまうので、何度も試しても結果は変わりません。

おすすめはタロット占いです。その時の潜在意識が結果になるので、1度良くない結果が出ても諦める必要はありません。当たると評判の占い師の元に行くのもいいと思います。しかし費用はそれなりにかかってしまいますので、自分に本当に必要か見極めてから行くようにしましょう。

今はネット上に無料でも当たると評判のいい占いがたくさんありますのでまずはそちらから試すものいいと思います。

ただ気を付けたいのが、占いの結果に振り回されて暴走してはいけません。占いはあくまで、自分の気持ちを落ち着けるものと考えましょう。

1番大好きな人と幸せな未来を過ごすために

復縁なんて過去に縛られてはダメ、もっと素敵な人がたくさんいるから次に行こう!そんなアドバイスを友人から受けたかもしれません。しかし、復縁は決して後ろ向きな考え方ではありません。望むのは取り戻したいと思うほど大好きな彼との未来です。最高の幸せを掴むために、前向きな復縁を目指しましょう。

スポンサーリンク