足の角質ケア間違っていませんか?2つの予防する方法と正しいケアとは

スポンサーリンク

足の角質はガザガザと厄介なものです。夏場は素足を隠したくなるし、冬場はストッキングが伝線してしまうこともあります。そんな厄介ものの角質ですが、正しいケアや予防をしていればいつでも、つるつるの自慢の足になれるはず!それは一体どんな方法なのでしょう?!

足の角質とはどんなもの?

足裏は普段は人目に触れない為、角質除去のケアをきちんとしている人はまだまだ少ないかもしれません。しかし放っておくと、すぐガサガサしてしまいます。厄介ものの角質ですが、そもそもなぜガサガサの角質ができてしまうのでしょうか。角質の正体はなんなのでしょう?そのケアや予防策と共に、角質の正体を探っていきましょう。

角質がたまると臭くなる!

足の裏が白い粉をふいていたり、かかとが硬くなったりして古い角質がたまっていませんか?これらの角質は、足の臭いを発生させる雑菌のエサとなってしまいます。

高温多湿の環境で増殖した雑菌が、軟らかくなった角質をエサにどんどん分解し、嫌な臭いを出してしまうのです。

足を清潔に保つためにも、靴下などは毎日取り替え、材質は通気性の良いコットンなどの天然繊維を選ぶとともに、古い角質を除去しておくことが大切です。

スポンサーリンク

角質のできる原因

では、なぜ古い角質はガザガザになってしまうのでしょう。主な原因は、外的な刺激を受けた場合と
身体の内側からくる場合があるようです。

角質とは

ターンオーバーという言葉を聞いたことがありませんか?表皮は絶えず生まれ変わっており、古い表皮は皮膚の表面に押し出されて剥がれ落ち、垢になるのです。これは肌の新陳代謝〈ターンオーバー)が進んでいる現象で、表皮は約28日のサイクルで新しく生まれ変わっているのです。

実は人間の皮膚は、上から順に「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層構造になっており、皮膚の表面に押し出されてきた、剥がれ落ちる前の古い表皮を「角質」と言います。

厄介者扱いされる角質ですが、実は肌をバリアする機能と保湿する機能という大切な役割も担っています。

外部刺激によるガサガサ

毎日歩くことで、足の裏は靴からの刺激から身を守るために自然に厚くなります。足裏は体重がかかり、摩擦がおきやすいので角質ができやすい場所と言われています。

よって仕事で立ったり歩いたりする時間が長い人ほど角質が硬くなるのです。足の裏というものは、常に外部からの物理的な刺激にさらされています。

テレビなどで、裸足で生活している人々を見かける機会もあると思いますが、彼らが裸足でも平気で外を歩いていれるのは、体が足の裏を守ろうとして角質層がどんどん分厚くなり、多少の刺激は神経まで到達しないほどの厚さになっているからです。

このように足の裏に余計な刺激がかかると角質層はどんどん厚くなります。結果、足の裏に余分な角質が生まれてしまうのです。

乾燥によるひび割れ

足裏には汗腺がありますが、皮脂腺はありません。汗が出ても皮脂が分泌されないので乾燥してしまいます。

通常ならば、皮膚は皮脂腺から出る皮脂によって皮脂膜を形成するものなので、水分を保持し肌の潤いを保つことができるのです。ところが、足の裏に皮脂腺がないことで、水分を保持できません。また、からだの末端にある手足には水分が行き届きにくいと言われ、足の裏はもともと乾燥しやすい場所といえるようです。

冷え性による代謝の低下

冷え性の人は血のめぐりが悪いため、水分を末端まで運ぶことが難しく、血行不良による皮膚細胞代謝の低下が起こります。それにより角質が剥がれにくくなってどんどん分厚くなってしまうのです。

逆に足裏の角質が溜まりすぎると冷え性の悪化が起こるようで、角質をケアすると平均で体温が3~4度上がると言われています。足裏ケアで角質を取り除けば、基礎体温が上がり、代謝も上がるようです。

硬い角質を予防する方法

出来ることなら、硬い角質は出きる前に予防したいものです。日々の生活のなか、どんなことに注意して過ごせばいいのでしょうか、また予防策はあるのでしょうか?

マッサージをして血行を良くする

古い角質をためないようにするには、肌リズムを整える事が大切です。そのためには血流を良くすればいいのですが、血行をよくする靴下をはくことで冷えを防いだり、足裏をマッサージしたりして血行をよく保つようにしましょう。

マッサージは入浴中やお風呂上がり、寝る前など、体の代謝が上がっている時間のある時に、こまめに足裏をマッサージするのが効果的です。

こまめに角質ケア&保湿ケアをすること

角質は、歩くだけでできてしまうものです、硬くなる前にこまめにケアをするのが必須です。角質を除去した後は保湿剤を使用して足の皮膚を柔らかく滑らかにします。

足の皮膚は厚いため、浸透性の高い保湿剤が必要です。足専用の保湿クリームなども市販されているので、出来れば専用の保湿性、浸透性の高いものを選ぶようにしたほうがいいようです。

また角質が硬くならないようにするためには過度な刺激や冷え、乾燥を避け、保湿と保温を心がけることが効果的と言えそうです。

刺激を避けるためには、靴底の硬い靴を避け、クッション性のあるインソールなどで靴底からの刺激をやわらげましょう。

日々の足裏の角質ケアを怠ってしまうと、かかとはいつの間にかすぐガサガサになってしまいます、日頃からのフットケアや保湿が大切なようです。

スポンサーリンク

硬くなってしまった角質のケア方法

予防を心がけていても、すぐ硬くなってしまうのが角質です。では出来てしまったガサガサ角質を取り除くにはどうすればいいのでしょうか?

一般的に知られているのは「削る」「磨く」「はがす」の方法です。しかし多くの方がやりすぎで失敗しているようなので、今回はお手入れ方法の注意点を含めて見ていきたいと思います。

削ってケアする方法

最もメジャーな方法は古くなった角質を「削る」ケアの方法です。結果も出やすく効果も高いため多くの方が実践していることと思います。

この方法は、削ったその場で結果が実感しやすく、角質を削る商品も比較的簡単に手に入ります。また継続して使用できるのもうれしいところです。

しかし多くを取ろうとして、削りすぎてしまったり、軟らかい周りの皮膚を傷つけてしまうという失敗があるようです。

削るにはフットケア専用のやすりを使用し、足や手が清潔な状態で行いましょう。また削り過ぎないように注意することも大切です。削り過ぎは痛みを感じるだけでなく、角質への刺激となり、刺激を受けた肌は身体を保護しようと角質がさらに厚くなってしまいます。

あまりオススメできないのは「軽石」や「あかすり」で削る事です。力の加減が難しく必要な角質まで除去してしまう可能性が高いのです。

削る手順としては、まず、お風呂や蒸しタオルなどで、古くなった角質を柔らかくし、注意しながらやすりをかけます。削った後は必ず保湿をし、靴下などを履くなどして保護してあげましょう。

磨いてケアする方法

磨くとは、スクラブ入りクリームなどで、肌表面の古くなった角質を研磨しケアする方法です。硬くなりすぎた角質にはあまり向いていない方法とも言えるので、角質が厚くなる前の予防ケアとして、日常的に磨くといいでしょう。

削るやはがす方法に比べて、効果が実感しずらく、穏やかな効き目なのが特徴です。使用の際は粒子が大きめの、ボディスクラブがおすすめです。また保湿成分など、肌を整えてくれる成分が入っているものがいいでしょう。

注意すべきことは、強い力でゴシゴシとこすらない事です、粒子を肌の上で滑らせることによって、肌を研磨するのが正い使いかたです。必要以上の刺激を肌に与え傷つけないようにしましょう。

そしてケアの後は保湿と保護を忘れないように、しっかり行いましょう。

剥がしてケアする

剥がしてケアするというのは、はがれやすくし、自然と剥がれるのを待つというものです。専用の液に足を浸すことによって、古い角質層をはがれやすくします。効果は高いですが、時間がかかり見た目が悪いので、完全にむけきるまでは、裸足にはなれません。

薬液に足を浸すだけでよいので簡単に誰にでもできる方法ですが、2~3週間くらいかかり、液が肌に合わないことがあるようです。使用前に、必ずパッチテストをする必要があります。

またむけている期間は、乾燥した状態になりますが、保湿クリームなどは塗らないようにします。そしてむけきった後は、しっかり保湿するようにしましょう。

角質除去を専門サロンで行う

本格的な角質ケアをしたいのならば、セルフケアよりも、プロにケアしてもらうといいでしょう。フットケアサロンよっては、アロマを使っていたり、足つぼマッサージ、デトックス、リフレクソロジーなど、色々なフットケアと組み合わせて角質ケアを行ってくれます。

角質の除去ケアにおすすめの商品

最近では、角質除去に優れた効果を発揮する商品が沢山開発されています。その中でも効果が高いと口コミで評判の角質ケア商品を紹介します。

口コミで人気、ベビーフットでパックする

ベビーフットは口コミで大人気のケア商品で「剥がしてケア」するものです。使用方法は、始めに5本指のソックスを履いて、その上からビニール製の大きな足形のカバーを履き、ベビーフットの専用ローションをビニール製のカバーの中に注入して2時間ほど足を浸すだけです。

ローションに足を浸した日から1週間ほどで角質がポロポロとはがれはじめて、個人差はありますが、約2週間ほどで古い角質がすべてはがれてしまい、つるつるの素足が現れてきます。

ベビーフットシリーズは、忙しい人でも自宅で簡単に、足裏に溜まって様々なトラブルを引き起こす角質除去のためのケアをし、維持するため生まれ、一般的にケミカルピーリングに使用されているフルーツ酸を主成分としているようです。

保湿効果がある18種類の植物エキスを配合しているので、角質が剥がれ落ちたら、ふっくらとやわらかなツルスベ素足が誕生すると口コミでも人気のようです。

しかし中には、角質が残ってしまったり、思うようにはがれなかったという失敗もあるようです。使用方法を間違えていたり、ローションに足を浸す時間を短くしてしまったことが原因のようです。また液が肌に合わない場合もあるようなので、メーカーでも使用する前の皮膚のパッチテストを行うことを推奨しています。

ドクターショールで削るケアをしよう

ドクター・ショールが考える本当のフットケアとは、足のコンディションを整えることによって、健康的で美しい足を作り出すことだと言っています。

繊細な目のローラーヘッドを付属し、かかと等の大きい部位からヒールダコ等の細かい部位まで、足全体の角質を簡単に除去してくれます。

なでるだけでスピーディーに角質を除去しながらなめらかな素足に導き、人間工学に基づいたグリップより角質ケアをしやすい握りやすい設計となっているようです。ローラーヘッドは取り外して水洗い出来るので清潔に使用できるようです。

「足の角質ケアには欠かせない一品!どうしても固くなりがちなかかとなどの角質を痛みもなく優しく取り除いてくれます」「均一に簡単にお手入れ出来て助かっています」簡単に削る事が出来るという口コミが多かったようです。

足用角質クリアハーブ石けん Foot-Medi」

「足用角質クリアハーブ石けん Foot-Medi」は東洋由来の食物成分をたっぷり配合したもので、洗うだけで不要な角質を除去してくれます。

11種のヒールクリンハーブが含まれているので、古くなった角質を落とし、足裏やかかとにハリをあたえてくれます。またうるおい成分や、ニオイを防いで肌を清潔に保ってくれる洗浄成分まで入っているようです。 植物のやさしい泡なので、肌が弱い人にもオススメです。

使用方法は、ついてくるネットに入れてネットごと洗います。お風呂での毎日のケアとして使用していきましょう。足裏やかかとは一度つるつるになっても、またがさがさしてきてしまうものなので、Foot-Mediで、日々継続したケアができるのはうれしいことです。

「家族で毎日使っているので、このお値段で購入でき助かります!状態もとても良いものでした」との口コミがあるように、低コストなのもうれしいポイントです。

足の角質ケアのポイントは、継続することです!

足の角質は日々のケアを怠ると、すぐにガサガサしてしまいます。日々の心がけと優しいケアが必要のようです。

ケアをするうえで大切なポイントは「古い角質の除去」と「保湿、保護」のようです。除去した後はしっかりと保湿し、保護してあげることでしっかりとしたケアができるようです。

スポンサーリンク