優れたリーダーに求められるものとは?理想のリーダーになりたいなら必見!

スポンサーリンク

リーダーになりますと、色々な悩みがでてくると思われます。部下がついてきてくれないこと、役割分担する時はその部下の能力を把握しなければいけない、常に冷静さを求められるなどとプレッシャーを感じられるでしょう。そんなリーダーについて、その役割やなりたいリーダー像に近づくにはどう動けば良いかなどをまとめました。今、リーダーであって悩みがある方、これからリーダーになる方の参考になれば幸いです。

リーダーとは何でしょうか?

組織のリーダーとは、チームのメンバーを率いて結果を出すことを求められていることもあります。しかし、人の上に立つこと、たくさんの部下を導いていくことは、たやすいことではありません。また、「どうして部下はついてきてくれないのか」「私、リーダーに向いていないのかな」などと思い悩む方も多いのではないでしょうか。

そんなリーダーの役割や、理想のリーダーになる方法などについてまとめましたので、見ていきましょう。

スポンサーリンク

リーダーの役割とは?

方向性を示す

リーダーとは、課題や目的を定め、組織やチームがどの方向に向かっていけば良いのか、その目的の出すべき結果を明らかにする役割を担います。 それが「方向性を示す」ということです。その進むべき方向が明確になっていれば、チームのメンバーも迷うことはありません。

全員が同じ方向を向いて動くことにより、組織は最大限の力を発揮することができるでしょう。仮に、その方向性が曖昧な組織はおそらく、そこで働く人々は自分の考えだけで勝手に動き、個人プレイをしてしまうでしょう。

また、他人を負かして自分が勝たなければならない、という心理が働く可能性も考えられます。そうなるとチームの団結力は薄れ、力を発揮できなくなるでしょう。自分達はどこへ向かうのかということや、組織の課題そしてビジョンを掲げるのがリーダーの最初の役割と言えるでしょう。

組織を作る

リーダーは、チームのメンバーが目的達成に向かえるように、組織の仕組みや、環境を整える必要があります。組織の目的達成に向けて、的確な役割分担や意思決定プロセスの管理などを整えます。

また、良い組織にしていくには、役割分担において、各役割に適した能力を持った人間を配置する適材適所の判断が必要となるでしょう。また、部下の声にも耳を傾け、コミュニケーションを円滑に進めていくことが必要とされています。

部下から慕われる組織の明るい空気を、リーダーは自ら作っていくことも必要でしょう。しかし、単なる仲良しグループにならないように気を付けましょう。

リーダーシップ

組織のトップに立つリーダーには、やはりリーダーシップを身につけることが必要不可欠です。チームの人達は全員が全員、同じような人間ではありません。それぞれの長所を上手く引き出しながら育てていくのがリーダーシップの見せどころです。チームのメンバーそれぞれが持つ力をしっかり生かし、能力を引き出すためのリーダーシップが必要とされます。

周囲を引っ張り、巻き込んでいくという人を動かす力には、「自分がみんなを導く」など自らを当事者として動かす意識や、自分自身への確信も必要です。リーダーシップは、他人への影響力の前に、自分への影響力とも言えるでしょう。

模範になる

リーダーは、チームのメンバーから信頼されることが最も重要です。その信頼性は、仕事の能力だけではなく、その人格も大きく影響します。リーダーは、人格と能力の両方で信頼されることが必要です。どちらか片方が欠けていては信頼されることが難しくなるでしょう。

自分が部下に影響を与えることができているか、自分自身がコントロールできることに集中しているかを意識することも必要です。「子は親の背中を見て育つ」と言いますが、それと似たようなものがあるのではないでしょうか。

理想のリーダーになるためにはどうしたらいいの?

実現可能な目標をたてる

リーダーの責務は、「ベクトルを合わせる」ことです。チームに多数いますと、十人十色で性格も考え方もそれぞれですが、組織では全員でベクトルを合わせることが必要です。「ベクトルを合わせる」こととは、方向性を示すということです。

パワーハラスメントと誤解されてもおかしくなさそうな強制や脅しでベクトルを合わせようとしても、チームのメンバーは、はじめはビクビクしながらも従うかしれませんが、結果的には長続きしないでしょう。また、リーダーは困難に直面しても焦らないことも必要です。常に冷静でいましょう。

リーダーがうろたえてしまうと、チームのまとまりがなくなってしまいます。結果を残すには、初めから高すぎる目標を立てず、低くしすぎかなと思えるくらいの目標からこなしていくのも良いでしょう。

どこに向かって進むのか方向性を示し、情報の共有を図ることで、ビジョンや理念のベクトルを合わせ、良い結果を残すことができるのも優れたリーダーと言えます。

コミュニケーションをとる

どんなリーダーも、おそらく部下に好印象である人や、苦手とする人がいるでしょう。しかし、好きな部下を優遇し、苦手とする部下を遠ざけていては、いずれどちらの部下からも信頼も尊敬もされなくなるでしょう。

いつも挨拶を忘れないこと、ちょっとしたことでも「ありがとう」と言葉にして伝えること、そしてできたことに対してしっかりと評価することが大切です。リーダーからのひと言によって部下の人は「自分をきちんと見ていてくれる」と嬉しくなりますし、また頑張ろうと思えるでしょう。

また、コミュニケーションはチームワークを向上させるひとつの方法です。チームワークの良さにより作業を円滑に進めることができますし、モチベーションにも大きく影響するでしょう。

物事の意味(必要性)を伝える

リーダーには「伝える力」も必要です。何かを成し遂げるには、自分で考えて決めるだけではいけません。周囲の人を巻き込む力がポイントです。チームメンバーに、その必要性を伝え、賛同してもらい、一緒に同じ目的に向かって動いてもらうには、その伝える言葉の意味をよく考え、伝える言葉をよく選び抜く必要があります。

ぶれない

リーダーとはチームのメンバーを導く役割を持っているので、ぶれない強さが必要となってきます。「自分達が進むのはこっちだ」と、旗を振ってメンバー全員に伝わるように導くのはリーダーです。その旗が昨日はあっち、今日はこっちとぶれてしまうと、部下はどちらが正しいのか分からなくなります。

たとえば「昨日と言っていることが違う」ということや「私とあの人とでは対応が違う」など、矛盾を感じてしまうと、部下から信頼されなくなるでしょう。チームのメンバーは、リーダーに「一貫性」を求めているものなのです。

常に向上心を持つ

リーダーが今の状況に満足していたら、チームの成長は止まってしまうでしょう。リーダーが常に向上心を持って、仕事に取組む姿勢を見せることが必要です。リーダー自身が向上心を持っていない場合は、チームのメンバーはついてきません。リーダーは、常にチャレンジ精神を持って、前向きに努力していく姿を見せましょう。

人を動かす

松下電機の創業者・松下幸之助さんは「人使いの名人」だったと言われています。思い切った人材登用のエピソードも多数あり、この思い切った人材登用で、信じて任せることの大切さを説いていたそうです。また、人は元から適材適所に対応できる能力を持っているとも言われていたようです。

部下のその能力を信じ、任せた人間の能力を肯定的に信じることは、その部下の自信にもつながるのではないでしょうか。自信をもたせることもリーダーには必要でしょう。ほめる時はほめるタイミングやそうしやすい状況を作りましょう。また、叱る時は、感情的にならず、人格でなく行動や事実を具体的に叱り、良かった点はほめ,悪い点を改めさせるようにすると良いでしょう。

責任感がある

部下を成長させるためには、責任のある仕事を任せることが必要だと言われています。その責任のある仕事を与えることにより、部下は自分の仕事に責任を持つ意識をします。この状況に対してリーダーはひやひやするかもしれません。

しかし、このように部下を信じる行動を取ることには勇気がいります。リーダー自身も責任感がなければできないでしょう。仮に部下がミスをした場合、その部下だけではなく、リーダーも責任をとることが多いからです。また、部下を育てること自体、責任感が必要とされるでしょう。

信頼される

チームのメンバーから信頼され、尊敬されるリーダーになるためには、自分自身を絶えず磨き、絶えず成長していくよう心がけることが必要です。人間性と行動力が備わっている人が信頼されると考えられます。考えることも大切ではありますが、フットワークが軽く行動力も必要なのです。

また、どんな時にでも平常心を保つということも必要です。調子に乗らず、嫌なことがあっても顔には出さず、どんな時でも冷静に対応できる人間性が高い人こそ、リーダーとしての器があると言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

リーダーになるにはどうしたら良い?

専門性の高い知識、経験が必要

1つの病棟につき2つ以上のチームに分け、チーム単位で一定の患者を受け持ち、選出されたチームリーダーの責任のもと24時間体制で患者の看護ケアを継続的に提供する「チームナーシング」はアメリカで開発されました。これを導入する臨床現場が近年増えています。

このチームリーダーは常に状況を把握し、効果的な仕事の役割分担することも求められます。リーダーには、必要な情報を把握する高い知識が必要です。チームのメンバーのことも含め、病棟全体の情報収集や状況把握に努める必要があります。

看護師リーダーに選ばれることによりプレッシャーを感じたり、仕事量が増えて大変と感じる方が少なくないようです。しかしこのリーダーをこなすことは、さらに大切な経験になると言われています。

経験を積み重ねる

リーダーになるには、経験を積むことも大切です。リーダーであることを意識して場数を踏むことが何よりの訓練になるでしょう。頭で考えることと実際に行うことの間には、深い溝があります。

積極的に行動する人ほど、様々な経験を積むことができ、能力も素早く向上するようです。社内プロジェクトに積極的に手を挙げてリーダーを務めることや、研修や異業種交流会などでリーダー経験を積むなどの経験をしていきましょう。

リーダーについての本を参考にする

リーダー論について書かれた本も多数出版されています。その中でも、アメリカの作家 デール・カーネギーの「人を動かす」は、1937年に発売されたにも関わらず、現在も自己啓発の世界的ベストセラーです。日本でも評価が非常に良い本であり、経営者が勧めたり、新人研修に用いられたりする事も多いようです。

また、松下幸之助さんの「リーダーになる人に知っておいてほしいこと」も人気の本で、リーダーやそれを目指す人は日頃から何を心がけるべきかということや、道を切りひらいていく人になるために大切なことが書かれています。また、松下さんが塾生の人達にその思いを伝えている未公開テープを起こしたCDも付いています。

視野を広くする

どんな仕事においても、視野を広くすることが求められます。たとえば、新入社員だった頃や、はじめたばかりのアルバイト先で「もっと視野を広げて!」と先輩から言われたことはないでしょうか。リーダーの場合は、その何倍も広く、深く、高い視点で物事を見る視野が求められるでしょう。

「リーダーとは、希望を配る人のことである」これは、ナポレオンの言葉です。リーダーであれば、希望を持たせ、自分もやればできると思わせる言葉ではないでしょうか。スランプに陥った時はつい視野が狭くなり、マイナスな方向に考えてしまうことも。そんな時に心に刻んでおきたい名言ではないでしょうか。

中学生などで見られるリーダーとは?

ただの仕切り屋だけでない

リーダーと仕切り屋が同じと思われる方もいるのではないでしょうか。しかし、仕切り屋の場合には、自分が優越感を感じたいという心理が潜んでいるようです。そういうタイプの人は、本当の意味での自信がないと言えるかもしれません。

本当に自信がある人の場合は、心の余裕があります。また、生徒会の委員長もしっかりした真面目なタイプがよく見受けられましたが、あなたの学生時代はいかがでしたか。生徒会選挙が終わってから、当選した新しい生徒会役員に対し、その心構えなどを教育する生徒会リーダー研修を行う学校もあるようです。

正しいリーダーとは、という視点を持つことは大切です。リーダーとは、自分のことだけでなく全体のことを考えて行動することが必要です。つまり、生徒会とは組織を動かすことと考えられます。その心構えなどを先生が教えるとのことです。このような教育を子供の頃から受けることは将来につながるかもしれませんね。

自然に導く

学生時代でも、現在の仲良しグループでも、自然にリーダー的存在になっている人がいるのではないでしょうか。そのような人は、人を引っ張る力がある人や、人を惹きつける力がある人が見受けられます。どちらのタイプにしても、自然に導くことができます。また、そのような人は、決断力が早く、元気やエネルギーがある人が多いようです。

頼りになる

頼りになる人がいるだけで安心感がありますね。そのような人は、常にゆったりと構えていて、感情的にならないですし、決断力もあります。また、思いやりもあり正義感も強い人が多く見られます。このような人は、しっかりしていると思われ、信頼感も得られるでしょう。

自然とついていきたくなってしまう人になりたい

リーダーについてまとめましたが、いかがでしたか。これらのことを実現することは、たやすいことではないかもしれませんが、日々意識するだけでも違うのではないでしょうか。目標を持つこと、自分を磨くことは大切です。

はじめから高い目標を掲げず、「これならできるかもしれない」と思ったものから目標を立て、少しずつクリアしていくのも良いかもしれません。また、ナポレオンの言葉のような自分を奮い立たせる言葉を意識することも励みになるでしょう。

「自分にとって優秀なリーダーとは」を常に問いかけ、信頼でき尊敬できるリーダーを目指しましょう。

スポンサーリンク