彼女は喧嘩でどう反応するべき?デキる彼女と思われる3つの大人の仲直り法!

スポンサーリンク

彼氏と喧嘩してしまった時、「デキる彼女」ならどう対応するかを知っておけば、ケンカ前よりさらにラブラブになることもできます。そこで今回は、ケンカ後の感情整理の仕方や、相手の気持ちの推しはかり方、具体的なケンカ解消のための行動例、喧嘩を減らすためのポイントなど、スムーズに仲直りするための様々なヒントをご紹介します。これを知れば、お互いの信頼度が増して、彼氏も惚れ直してくれるかもしれませんよ。

彼氏との喧嘩で「デキる彼女」と思われる大人の仲直り法

いつもは仲の良い恋人同士でも、些細なことで言い合いになり、喧嘩に発展していしまうこと、ありますよね?喧嘩するほど仲が良い、とも言うように、ケンカも立派なコミュニケーションのひとつですが、できることならヒートアップさせずに、早く仲直りしていつもの関係に戻りたいものです。

今回はそんな、「つい喧嘩しちゃったけど、どうにか仲直りしたい」という人のための、上級仲直り術をまとめてみました。喧嘩をした後のリアクションの取り方や、相手の心理を読み解く方法ななど、大人っぽくスムーズに喧嘩を解消する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

1.喧嘩はそのまま放置しない

喧嘩した後についとってしまいがちな行動が、「放置」です。相手から「しばらく放っておいて欲しい」と言われた時などは例外ですが、喧嘩したままの関係を放置しておいても、何も生みだされません。

相手の出方を待つのではなく、「考える・動く」を繰り返して、1日でも早く彼氏と仲直りできるように努力しましょう。

まず自分が冷静になろう

怒りで興奮している状態では、物事を冷静に考えることが出来ません。まずはクールダウンして、それからどう対応するべきかを考えていきましょう。

冷静になるには、
・冷静なアドバイスをしてくれる友達に相談にのってもらう
・にている設定の恋愛ドラマや恋愛映画などを観て、自分の感情を客観視する
・瞑想やヨガなどをして心と体を落ち着かせる
・ヒーリングミュージックを聴く

などが効果的です。その上で1人でゆっくり考えて感情を落ち着かせ、冷静さを取り戻していきましょう。

冷静さを取り戻せる本「イライラしたときに冷静になる方法」

喧嘩などでイライラした時に、冷静になるための対処法が満載です。「イライラしない自分」になって、恋愛でも、仕事でも、ハッピーオーラ全開の女性になりましょう!

自分から行動しよう

「デキる彼女」は、喧嘩した後にラインを既読スルーしたり、メールを未読のままで放置したり、連絡を無視したり、着信拒否にしたりはしません。女性特有の相手を受容する優しさで、ケンカをした時も柔軟な対応をして自然消滅を防ぎましょう。

プライドや気恥ずかしさもあるでしょうが、それらを乗り越え、自ら考えてアクションをとれる女性は、男性から見ても一人の人間として、美しく、強く、健気に映ります。また、恋愛を通じて行動力を養う事で、人間関係の構築力や、緊急の場面での対応力などの経験値も上がり、人としての幅も広がります。

恋愛のみならず、その他の様々な場面でも臨機応変な対応ができるようになってくるでしょう。

LINE・メール・手紙をうまく使おう

気持ちが落ち着いてきてら、謝罪の気持ちをラインやメールなどで送ってみましょう。もしも、既読スルーされたり無視されてしまった場合は、手紙に素直な気持ちや仲直りをしたいと思っている気持ちを綴って届けてみましょう。

■手紙で謝る時のポイント
・なるべく早く手紙を出す
・想いを込めて丁寧に文字を書く
・なぜケンカになってしまたか、ケンカをしてどんな気持ちかを書く
・相手を思う気持ちを書く
・独りよがりな内容になっていないか確認する

手紙はラインやメールのようなデジタルのメッセージと違って、相手の気持ちを直に触って感じ取れるものです。手紙を受け取った相手は、便箋を買いに行ったり、下書きをしたり、一生懸命文章を綴ったりしているあなたを想像し、真剣さを感じとることでしょう。

2.喧嘩をヒートアップさせない

喧嘩が勃発しても、ヒートアップさせないコツを知っていれば、事態を収拾しやすくなります。不必要に相手を傷つけないためにも、喧嘩を早く終わらせるためにも、喧嘩している時にやってはいけない行動を覚えておくと良いでしょう。

怒りに任せてすぐ口にしない

喧嘩の最中は、興奮状態にあります。ついカッとなって、言うつもりのなかった事を言ってしまうこともありますが、一度口から出た言葉を取り消すことはできません。あくまで喧嘩の最終目的は互いを理解し合うことで、相手をギャフンと言わせることではない、という事を念頭におくようにしましょう。

相手を深く傷つける暴言を吐くと、取り返しのつかない事態を招きます。喧嘩で解消すべき問題は何だったかを忘れないよう理性を保ち、無駄に暴言を吐かないよう気をつけましょう。

■言ってはいけないNGな暴言
・容姿の中傷
・人間性を否定する
・本人も気にしているコンプレックスを貶す
・過去の彼氏と比べる
・相手の家族や友達を悪く言う
・衝動的な別れの言葉

喧嘩の内容と関係ない話を持ち出さない

喧嘩の時、特に女性がやってしまいがちなのが、過去の話を蒸し返す事です。過去を乗り越えて、今の2人があるのにもかかわらず、今から変えようのない過去の出来事を蒸し返しても、お互いに嫌な感情を思い出すだけで、何もいい事はありません。

昔、自分にとって気に食わない出来事があったとしても、それを許したこと、今に至ること自体は、自分自身の選択です。過去の過ちをいつまでもネチネチと蒸し返して相手を責める事は、相手のやる気を削ぐことにも繋がりかねません。

過去の出来事は持ち出さず、「今」と「これからどうするか」に話し合いを集中させて、有意義な話し合いにしましょう。

少しの距離と時間を置いてみる

互いの距離が近いままだと、怒りの感情が拡散してしまい、お互いにとって仲直りに逆効果な時もあります。じっくり反省したり、冷静に自分や相手を見つめ直すためには、時に物理的に距離を置いてみる事も有効です。

とはいえ、喧嘩別れした状態で冷却期間をおくと、なかなか復縁しづらくなってしまします。相手に直接「距離を置きたい」というと、相手の気持ちが保守的になってしまい、他の相手に目移りしてしまう可能性も考えられるので、「体調が悪いから、回復したら連絡するね」などと、相手を警戒させないような距離の取り方をすると良いでしょう。

自分の非は素直に認めて誠実に謝る

喧嘩をした時に一番大切なのが、素直に謝る事です。自分から謝る事で、相手も冷静さを取り戻し、自分も至らなかった点があったことに気づきやすくなり、仲直りが早まります。

しかし、大事なのは、相手の反応を期待したり、相手も謝ってくれるだろう、という計算で謝らないこと。心からの謝罪でなければ、相手には思いが伝わりません。心の底から反省して謝る、という自分の課題だけに集中して、謝罪しましょう。

スポンサーリンク

3.男性心理や気持ちを理解する努力が大切

人間関係における悩みや問題の中核は、「違った人間の違った立場を、互いに理解しあえるかどうか」にあります。普段は仲良しの2人でも、もともとは他人です。生まれた環境も、育ったバックグラウンドも違うので、受け止め方や感じ方に違いがあって当然です。

ましてや、相手が異性の場合、脳も体も心も大きく異なります。自分の感情にばかりフォーカスせず、相手の心境を色々な角度から推し量り、互いに理解し合うことで、仲直りがスムーズになります。

「男性特有の心理」があることを理解する

男性と女性では脳の構造が大きく違います。男性は左脳で物事を考えるのが得意で、女性は右脳も左脳もどちらも使って考えることが得意です。また、男脳は論理的思考をする傾向があり、女性は感情的な思考をする傾向があるとも言われています。

男性は左脳を使って、一つの話題に集中して構造化しながら問題解決を目指すのに対し、女性は感情的になりやすく、マルチタスクにも長けていていので、話が脱線したり、感情的になりすぎたりして議論がかみ合わなくなることがしばしばあります。期待通りに話が進行しなかったり、共感を得られなかったりする理由は、男女の脳の違いにあるのかもしれない、ということを頭に入れておきましょう。

男性心理が丸わかり!「男が本当に考えていることを知る方法 」

カリスマ恋愛カウンセラーによる男性心理解説本。読み終わる頃には、男性を「信じる」のではなく、「知る」ことが、いい恋愛をするための絶対条件だという事がよく分かります。

相手が悪いと決め付けない

人間は一人一人違っています。価値観が似通っていても、全ての価値観がピッタリ合致する人は、地球上どこを探してもそういないはずです。「価値観の相違」という壁にぶつかった時は、自分の価値観に多様性が備わる良いチャンスだと捉え、認め合えるよう努力しましょう。

相手の気持ちを理解する

自分の立場や感情を軸に物事を見ていると、相手の悪いところにしか着目できなくなってしまいます。怒りが落ち着いて、気持ちに余裕が出てきたら、とことん相手の立場になったつもりで相手の気持ちを想像してみましょう。

相手の立場にたって想像することが難しい時は、同じような職業や生活をしている人にアドバイスをもらうと良いでしょう。新しい物事の見方や、見落としていたことに気がつけるかもしれませんよ。

喧嘩を減らして仲良く過ごすための3つの方法

なぜか喧嘩が絶えない、些細な事をスルーできない、という人は、仲良く過ごすためのコツを覚えると良いでしょう。今まで喧嘩に費やしていエネルギーを、仲良くすることに注げるようになり、ますますラブラブになれますよ。

普段から言いたいことを言い合って溜め込まない

男性は、後から感情的に不満を伝えられることに不慣れです。不満がある時や、言いたい事がある時は、決して溜め込まず、その場でやんわりと伝えるようにしましょう。

男性のみならず、自分以外の人間に「きっと言わなくてもわかってくれているはず」と思うことは、ある意味勝手な思考です。表現しない限り、相手があなたの思っていることをそのまま汲み取る事は難しいのです。

その都度思いを吐き出して、自分の中にストレスを溜め込まないようにすれば、ある日突然「ドカーン!」と大きな喧嘩が勃発する可能性も低くなります。その場で伝えると喧嘩になりそうな時は、冷静に伝えられそうなタイミングを見計らって、なるべく早く伝えるようにしましょう。

相手にばかり期待しないで自分も努力する

喧嘩のあと、相手の反応や努力を期待したり、ジャッジしたりしていると、いずれ破滅を招く事になりかねません。まずは自分がどうしたいのかをよく考えて、自分の感情に責任を持ち、ふさわしい努力を自分から始めることです。

自分以外に期待をすることは、相手にプレッシャーを与えることにもなり、自分本意な考えを助長させてしまいます。相手が恋人でも友達でも家族でも、相手の事情や立場を考えて、なるべく自分中心に物事を予測しないように心がけましょう。

些細なことでも感謝の気持ちを伝える

関係が長くなってきたり、深くなってきたりすると、知らないうちに感謝の言葉が少なくなってしまいがちです。些細な事でも、「ありがとう」と伝える事を忘れないように気をつけましょう。

「ありがとう」をたくさん耳にしていると、自然と自尊心や互いを大切に思う気持ちも育まれ、幸福感が倍増します。

喧嘩に上手く対応して彼氏ともっと仲良くなろう

彼氏との喧嘩の解消法をご紹介しましたが、いかがでしたか?自分本意な反応で相手を困らせたり、喧嘩をヒートアップさせるのではなく、自分から行動し、素直に自分の非を認める姿は、「勇気ある大人の女性」の証です。

喧嘩を通して見える人間性はリアルです。だからこそ、ケンカは絆を深めるチャンスでもあります。もしもケンカをしてしまったら、ぜひ、「デキる彼女」のケンカ解消法で、品格ある女性の対応を目指してみてくださいね。

スポンサーリンク