毎日が楽しくなる、口角を上げる方法6選。幸せライフの秘訣とは?

スポンサーリンク

一度下がってしまった口角。もう上げることは出来ないと思ってはいませんか?実は下がってしまった口角は、口の周りの筋肉を鍛えることにより上げることが出来ます。何歳になっても素敵な笑顔が出来る自分で居るために、口角を上げる方法をお教えします。

口角を上げて生活してみませんか?

微笑みを絶やさず生活したいと思いつつも、なかなか実践するのは難しいもの。毎日、仕事に子育てに家事に…と忙しい方にとって、いつも穏やかな気持ちでいるというのは難しいですよね。

でも、口角を上げることによって、健康・美容面でも嬉しい効果がたくさんあるって知っていますか?簡単なトレーニング法で笑顔を手に入れて、ハッピーな毎日を送りましょう!

スポンサーリンク

口角を上げるメリット!

口角を上げることで様々な嬉しい効果があるとお伝えしましたが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。実は笑顔を作ることは顔だけの問題ではなく、脳にも影響しているようですよ。詳しく見ていきましょう!

口角を上げると笑顔が自然になる

笑顔が素敵な人はとても魅力的で、男性から愛される女性が多いように感じます。人の第一印象はまず顔です。口角を上げて、自然な笑顔を手に入れましょう。

口角を鍛えるには、口輪筋(こうりんきん)という口唇周囲にかけての筋肉が重要になります。この口輪筋が衰えることによって、口周りのシワやたるみ、そしてハリまでもが失われます。顔には約30個以上もの筋肉があり、その筋肉が交互に動くことで人間特有の複雑な表情を作り出しています。

しかし、人は普通に生活しているだけでは表情筋の半分も使っていないのです。その使われていない表情筋を動かすことによって口角を上げて、自然な笑顔を作ることが出来ます。

口角を上げると明るい印象になる

喜怒哀楽を表情に上手く出せない人は、口角が下がっている方が多いとは思いませんか?もちろん生まれつきの人もいますが、口輪筋が衰えている可能性もあるでしょう。

なぜ、口角が下がっていると怒っているような印象が生まれるのでしょうか。それは、身体の筋肉は「骨と骨が繋がっている」のに対して、顔の筋肉は「骨と皮膚に繋がっている」からです。

そのため、普段無表情で居ることが多く、筋肉をあまり使えていない人はハリやたるみを引き起こし、顔全体が暗い印象になってしまいます。

逆に口角が上がっている人は、ふとした瞬間の表情も明るく元気な印象を抱きませんか?表情筋を鍛えるには、口角を上げるためのトレーニング以外にも、普段からよく笑うことが大切です。

人は笑うことにより、脳内伝達物質のセロトニンが分泌されます。セロトニンとは、精神面において大きな影響を及ぼす物質で、セロトニンが不足することにより精神が乱れてしまいやすいと言われています。

嫌なことや、辛い事があったとき、そのことを乗り越えるためにわざと笑顔を作る人っていますよね。実はその方法は効果的で、口角を上げて笑顔を作ることによって脳が勘違いを起こし、セロトニンが分泌されます。セロトニンの分泌を促すには「笑うことが一番良い」ということです。

口角が上がる=笑顔が増えることに繋がり、印象も明るくなるということです。

口角を上げて綺麗になる6つのトレーニング方法

口角を上げるメリットが分かったところで、早速トレーニングを始めましょう!口角を上げる方法としてトレーニングをご説明しますので、ぜひ毎日続けてみてくださいね。

トレーニングを始める前のウォーミングアップ

口角を上げるトレーニングを始める前に、顔全体の筋肉を柔らかくほぐして血行をよくします。

1、顔の力を抜き、リラックスして5秒間ほど目を閉じます。
2、口を軽く開けて、鼻の下を伸ばし、眉を上げて上を見ます。
3、一番伸びた状態で、5秒間キープして下さい。

これを5セット程行い、顔全体の筋肉が柔らかくなったらトレーニングを始めましょう。

表情筋を口の内側から鍛えて口角アップ!

「い」と「う」のトレーニング

「い」・「う」と口を動かすだけではなく、実際に声に出すことによってトレーニングをやりやすくなります。

1、歯を軽く噛み絞めて、口を閉じた状態を5秒間キープします。
2、口を(い)と発音する形に開いたまま、ゆっくりと口角を上げて下さい。
3、口角が一番上がった状態で5秒間キープします。
4、次に口を(う)と発音する形にして、唇をゆっくり前へ突き出します。
5、唇が一番突き出た状態を5秒間キープします。

これを1日3セット行いましょう。

口を膨らませるトレーニング

口に空気を溜めて行うトレーニング法です。無理し過ぎると頬が痛くなるので程よい力加減で行って下さい。

1、口を閉じて、風船のように口を膨らませます。
2、口の中の空気を左頬に移動して、5秒間キープします。
3、反対側の右頬に空気を移動して、5秒間キープします。
4、空気を上側へ移動して、5秒間キープします。
5、今度は下側へ移動して、5秒間キープします。

テレビを見ている合間でも、簡単に口角を上げるためにトレーニングが出来ます。1日3セット行いましょう。

割り箸を使って頬の筋肉を鍛える方法

割っていない割り箸を準備して下さい。

1、割っていない割り箸を出来るだけ奥歯でくわえます。
2、割り箸をくわえたまま、口で(い)の形を作ります。
3、割り箸の割れ目よりも口角が上がるように、横にグッと力を入れて30秒間キープします。

こちらも1日3セット行います。

上唇から頬の筋肉を鍛えて、口角アップ!

口と頬を意識して行って下さい。1日3セット行います。

1、口を閉じて、口角を上げ20秒間キープします。
2、次は大きく口を開いて、口角を上げ30秒間キープします。
3、上唇と下唇を口の内側に入れ込み、口角を上げて30秒間キープします。

舌のトレーニングで口角をアップ!

首に意識を集中してトレーニングをすることで首のラインも同時に綺麗を目指せます!

1、口を大きく開きます。
2、舌を鼻に向けて、5秒間突き上げて下さい。
3、次は、舌を顎に向けて、5秒間突き下げて下さい。
4、最後に、舌を頬に押し付けます。左右に各5秒間、押し付けて下さい。

鏡を見てトレーニングを行うとやりやすいと思います。1日3セット行いましょう。

スポンサーリンク

要注意!口角が下がってしまう様々な原因

現代人の生活の中には、口角を下げてしまうような行動がたくさん潜んでいます。それらに注意して過ごすことで、口のまわりの筋力の衰えを防ぐことができるかもしれません。下記の項目をぜひ参考にしてくださいね。

スマートフォンやパソコン操作による筋力の衰え

スマートフォンを使用するときは下を向いて操作をすることがほとんどですよね。しかし、そのせいで顔のお肉が下に垂れ下がり、口角が下がる原因になっているのです。スマートフォンだけではなく、パソコンやタブレットの操作中はどうしても無表情になってしまいがちですが、無表情だと顔の筋肉は動きません。

特に一日に何時間もスマートフォンでゲームをしていたり、仕事でパソコンと長時間向き合っている方は、表情筋が使われることが少なくなるため筋力が衰えてしまう可能性が高いでしょう。

呼吸法を変えるだけでも変わる

そして、呼吸法にも筋力低下の原因が隠されている可能性があります。無意識のうちに口呼吸をしていませんか?口呼吸は口の周りの筋肉の衰えを促してしまいます。

24時間・365日、私たちは呼吸をします。常に口呼吸をしているあなた、鼻呼吸をしている人よりも筋力が衰えているかもしれません。筋肉の衰えを防ぐためにも、日頃から鼻呼吸をするように心がけしましょう。

食事生活の問題

あたなは食事をするとき、よく噛んで食べていますか?よく噛むことで口周りの筋力の衰えを防ぐことが出来るだけではなく、噛む回数を増やすことで食事量を15パーセント減らすことが出来るという研究結果があり、ダイエット効果も期待出来ます。

また柔らかい食べ物ばかりを食べていると、顎の筋力が衰えて表情も貧しくなり口角にも関係してきます。普段柔らかい食べ物を食べることが多い人は硬い食べ物も意識して食べるようにしましょう。

メイクで口角を上げて見せる方法とは

毎日トレーニングをしても、やはり一朝一夕に効果を出すことは難しいかもしれません。そんなときは、メイクで手っ取り早く口角を上げてみせましょう!ひと手間で、表情に違いが出るはずですよ。

準備する化粧品一覧

47 2 まずは、準備する物をリストアップします。

1、ペンシルタイプのコンシーラー
2、ペンシルタイプのリップライナー

以上の2点で出来る口角アップのメイク法をご紹介します。

コンシーラーで唇の脇を消す

1、下唇の口角に沿ってペンシルタイプのコンシーラーを下から上に向かって塗ります。
2、コンシーラーを塗った外側を指の腹で優しく叩き、馴染ませます。

コンシーラーを口角に塗るだけで口角が上がった若返りフェイスに近付きます。

リップライナーで唇の輪郭を描く

1、ペンシルタイプのコンシーラーを上唇と下唇の口角のきわにコンシーラーを乗せて指先で馴染ませます。

2、上唇と口角から2ミリ程、はみ出すようにペンシルタイプのリップライナーを使って描きます。下唇は口角から2ミリ程、はみ出して上がり気味に描きます。

3、最後は唇全体に、口角を上げることを意識してリップを乗せると完成です。

口角を上げて笑顔で過ごそう!

いかがでしたか?とても簡単なトレーニング法で無理なく口輪筋を鍛えることが出来ます。「食べ物をよく噛む」ことにより、口角を上げる効果があるだけではなく、ダイエットも期待できたり、意識して「よく笑う」だけで、幸せを作り出すセロトニンの分泌を促し、素敵な笑顔を作ることが出来ます。

これらの方法は「継続して行う」ということが大事です。口角を上げる方法としてご紹介したものは、辛いトレーニングではありませんし、空いた時間に簡単に出来るものもあります。日常生活の1つとして、簡単に出来る口角を上げる6つのトレーニングを実践し、明るくハッピーに毎日を過ごしましょう!

スポンサーリンク