鼻のコンプレックスは自分で改善!美容整形をする前に試したい3つのこと

スポンサーリンク

鼻のコンプレックスはとても気になるものです。顔の中心にあるから、自分からも他人からも目について人と話すのも辛くなりますね。そんな鼻のコンプレックスを改善するには、美容整形もありますが、その前に少しだけ試してもらいたい方法をご紹介します。悩んだり隠したりするのは、もう終わりです!

男性も女性も持っている!鼻のコンプレックス

鼻のコンプレックスは男女関わらず持っているものです。いわゆる団子鼻や豚鼻などと呼ばれるもので、高さがないことや小鼻が横に広がってることなどが悩みとなっているようです。そしてその悩みは他人から理解されなかったり、改善方法を知らないことでより深くなっていきます。

団子鼻は可愛いと言われても…

鼻のコンプレックスを持っている人が、「おせじなの?本気なの?」と疑心暗鬼になるのがこのセリフです。気になっている団子鼻を「可愛いよ」と褒められても素直に認められません。実際に愛らしい印象を与える団子鼻ですが、外国人のようなスっと鼻筋の通った鼻を持っている人に言われても信じることなどできないでしょう。

芸能人みたいになりたい!

芸能人やモデルさんなどを見ていると、みんな鼻筋の通った綺麗な鼻をしています。鼻筋が通っていると顔が立体的に見えたり、横顔が美しくなったりします。360度いつも見られるお仕事の芸能人は、やはり鼻の形が綺麗です。

古代エジプトのクレオパトラも、鼻が高くなかったら美人とは呼ばれなかっただろうとまで言われているくらい、鼻は美人の象徴のようになっています。

容姿のコンプレックスは引きこもりの原因にも

容姿の目立つ部分にコンプレックスがあると、人と話をするのが怖くなったり、人前に出るのが億劫になります。「ちょっと嫌だな」と感じている部分を他の人に指摘されたりすると、ショックを受けて引きこもりの原因になることだってあります。特に思春期のガラスのハートには、大きなダメージとなるようです。

スポンサーリンク

整形手術について

鼻の形を変える整形は失敗が怖い!

ずっと鼻のコンプレックスを持っている人がまず考えてしまうのが、美容整形でしょう。しかし、整形はリスクもあります。一度変えた鼻の形は元に戻らないので、失敗したり気に入らない場合には取り返しのつかないことになってしまいます。

また、プロテーゼなどを入れるタイプの整形は急激に鼻の形が変わるため、周りの人にも整形したことが分かってしまいます。ヒアルロン酸注入やボトックスなどの比較的自然にできるプチ整形もありますが、これは効果が一定期間で終わってしまうので根本的な解決にはなりません。

鼻の整形は費用も高い!

美容整形をしたい気持ちはあっても、コストの面がネックとなることもあります。鼻の美容整形手術の費用は、およそ20万円からとなっており、プチ整形であっても一回辺りの費用は1万円前後します。手術の技術は上がっており、安全性も高くなっていますが、コストの問題で受けるのを躊躇することも多いでしょう。

鼻のコンプレックスを解消するにはこんなにお金が掛かるんだ…とさらに落ち込みそうです。

団子鼻のコンプレックスはマッサージで改善!

団子鼻などの鼻のコンプレックスは、お金をかけずにできる方法で改善してみましょう。自分のチカラで試してみて、それでも無理な場合にのみ美容整形などの方法を考えれば良いのです。まずはマッサージを利用して、鼻の形を変えてみます。

団子鼻とは変形しやすい「軟骨」と「脂肪」が原因のもの

鼻の形を決めているのは、その皮膚の奥にある「軟骨」です。軟骨は他の骨よりも柔らかく変形もしやすいものです。そのため、マッサージによって徐々に「癖づけ」をすることで自分の鼻を理想の形に近づけることもできると言われています。時間はかかりますが、マッサージを毎日続けることで柔らかい軟骨は変わっていくでしょう。

また、皮下脂肪の分厚さで鼻が丸くぽってりと見えている可能性もあります。鼻についた脂肪もマッサージによって改善することができます。

整形なしで鼻の形を変えるマッサージ

鼻筋を整えて、鼻をすっきりとしたイメージに変えるマッサージ方法を試してみましょう。

1.人差し指の第二関節で鼻先の両わきをコツコツと優しく叩く
2.小鼻を下の方から人差し指と中指で挟んでキープ
3.挟んだまま少し上の方に指を動かしてキープ
4.最後に鼻先で指をゆっくりとクルクル回すようにマッサージ

最後にクルクルとマッサージをする時には、鼻を温めるようにすると脂肪が燃焼しやすくなるようです。鼻の皮下脂肪が分厚い人は白い皮脂を絞り出すようにやってみましょう。およそ1か月から3か月程度で鼻に変化が感じられそうです。

気がついた時に鼻を摘んだり、軽く引っ張るだけでも良い効果があります。毎日続けることが大切です。

スポンサーリンク

鼻のコンプレックスはメイクで変わる!

マッサージの効果が現れるまでには時間がかかるので、それまでの鼻の悩みはメイクでカバーしてみましょう。メイクはちょっとした工夫で意外と大きくイメージを変える効果があります。

化粧の方法でカバー

鼻を高く美しく見せるお化粧のポイントは、ノーズシャドウとハイライトです。この二つのアイテムを使いこなして、鼻のコンプレックスをカバーしてみましょう。シャドウはワントーン濃い色のファンデーションでも代わりになります。

ノーズシャドウを入れる場所は、鼻筋の両わきです。自然な感じにするために、眉頭から鼻の付け根まで一筆で入れます。上から下まで一気に入れたら、指でトントンと馴らして終わりです。小鼻のあたりもトントンしましょう。

最後にハイライトを鼻筋に入れて、高さを際立たせます。ハイライトには少し黄味がかったものやピンク系を選ぶと自然になります。さらにポイントとして、目頭にラメ感のあるアイシャドウを使うとさらに綺麗です。

注意したいのは、やりすぎないこと。鼻の不自然なメイクは歌舞伎役者のようになってしまいます。

髪型でカバー

団子鼻や豚鼻が目立つのは、髪型のせいかも知れません。鼻が目立ちやすい髪型をしていませんか?揃えた前髪やショートヘアは、顔を目立たせて鼻を強調します。髪のボリュームを増やしたり動きを出すことで、鼻に視線が集まりにくくなるでしょう。

鼻のコンプレックスを目立たなくする髪型は、ウェーブロングです。ふんわりと巻いた髪に視線が集まり、顔のパーツが目立ちにくくなります。また、顔周りの髪はシャギーにして動きを付けると良いでしょう。

まとめ髪にしたい時には、サイドやトップに髪のボリュームを出すようにします。前髪は横に流したり、サイド分けにして顔の中央から意識をそらすと効果的です。

鼻プチの効果はあるの?

鼻プチは「アイプチ」と同じように鼻の形を一瞬で変えられる便利グッズです。細い棒状の器具を鼻の穴に入れて一時的に鼻を高くします。効果は器具を装着している間だけですが、ここぞという時に役立ちます。

使い方に慣れるまでは少し難しく感じますが、慣れてしまえば取り外しも付けている最中もストレスはありません。鼻筋がスっと通って、団子鼻を目立ちにくくしてくれるでしょう。

鼻のコンプレックスをマスクで隠すのはもう止めよう!

鼻は顔のパーツの中でも目立つ部分にあるため、気に入らない場合には大きなコンプレックスになるでしょう。しかし、隠したり人前を避けているだけでは解決しない問題です。美容整形はちょっと抵抗があるという人は、自分でできる工夫から始めてみましょう。

容姿のコンプレックスは、気持ちを沈ませて生活を楽しむことも出来なくすることがあります。その前に、自分で出来そうなことから始めることが大切です。コンプレックスを克服することができたら、もうマスクで顔を隠すのはおしまいにしましょう。

スポンサーリンク