あの痛い靴擦れの5つの原因は?5つの予防法と靴の選び方を解説!

異性とのデートの為、新しい靴を購入してウキウキ気分で出かけたのに、靴擦れして台無しになってしまった…そんな経験はありませんか?新しい靴を買った時に起こる靴擦れは、皆が一度は経験する事だと思います。靴擦れを起こさない為にはどうしたら良いのか?また、起きてしまった場合の対処法は何なのか?今日は靴擦れについて調査しました。

靴擦れの原因と対処法って?

新しい靴を購入して出掛けるのはとても気持ちが良い事ですよね。しかし、新しい靴を購入した時に必ずと言っていいほど発生するのは靴擦れです。靴擦れをおこして足やかかとが傷んでしまうのは良くある事で、ひどい場合には皮がむけてしまうケースもちらほら…

そうなると気分も沈んでしまう氏、新しい靴をはくのも抵抗を感じてしまいます。そうなるととてもつらい事なので、出来れば靴擦れが起きない様に予め防止しておきたいですよね。しかし靴擦れを予め防止する方法などあるのでしょうか。

新しい靴のかたさが原因なら、靴がなじんでくれば解決するかもしれませんが、それ以外の原因の場合、その靴を履く朝が来るたびに憂鬱な気分になりかねません。せっかく買った靴が靴箱で眠るなんてことにはしたくないですよね。

傷ついた後の処置も多くの方が傷んでから傷ついた場所に絆創膏等を貼って済ましているのではないでしょうか。今日は、靴擦れが発生する原因とその対策方法について調査しました。

靴擦れとはそもそも何?

新しい靴を買って靴擦れが起きる事は良くあることだと思います。新しい靴を買って、履いている内に発生する水ぶくれの中身は何なのでしょうか。ここでは、そもそも靴擦れとは何なのか。その症状について調査しました。

水ぶくれができる

靴擦れとは、靴と足の摩擦によってすれてしまうことが原因で起きる水ぶくれや擦り傷のことを言います。足の皮が捲れたり、低温やけどを起こして水ぶくれができます。

靴擦れには擦り傷のほかに皮が剥けていない水ぶくれと皮が剥けてしまった場合の症状があります。多くの方が一度は気になった事があるかもわかりませんが、水ぶくれの中身は何なのでしょうか。水ぶくれの中の液体には、皮膚を回復する成分が入っています。そのため、水ぶくれを破かないように治療する必要があります。

水ぶくれが破れると、そこから菌が入って化膿してしまうこともあります。 破けてしまった場合には、菌を増幅させないように、患部を流水で洗浄して清潔に保ちます。患部に皮膚ができるまでは、絆創膏などで菌が入り込まないようにして治療することが必要です。

水ぶくれが破れて出血する

水ぶくれが破れていない場合は、そのままにすると良いそうですが、水ぶくれが破れてしまった場合もあるかと思います。破けてしまった場合は患部をまず流水で洗浄して清潔にします。消毒液は不要です。余分な皮膚は、清潔なハサミで切っても大丈夫です。患部に皮膚が出来るまでの間は、湿らせた状態を保つことがポイントになります。

絆創膏を貼る場合には、傷用の軟膏などが常に付いている様にしてください。また、かさぶたを作らないタイプの絆創膏を使用してもいいでしょう。

化膿してしまう場合も

傷口から雑菌が入って、繁殖すると化膿してしまう事もあるそうです。もしも化膿している場合は、自分で処置を行わず必ず医師の診察を受けるようにしましょう。受診する科は、皮膚科か形成外科だそうです。

たかが靴擦れと舐めていると、化膿がひどくなり、患部だけでなく足全体に広がる恐れがあるので、内服や外用の適切な治療を行うことが大切です。

痛い靴擦れは何故起こる?

足に水ぶくれが起きて苦しむ事が新しい靴を買った時のあるあるですが、靴擦れが起きる原因は何なのでしょうか。革靴の場合、新しい靴の時はまだ皮が硬い為に起きるのは何となく想像がつきますが、それ以外にも原因はあるのでしょうか。

靴擦れが発生する原因について調査しました。

靴のサイズが合ってない

通常、靴擦れが起きる原因は靴・足・歩き方の3つの原因が考えられるそうです。その中でもかかとに靴擦れが発生する場合は、靴に問題があると考えられるそうです。

靴のサイズというと縦の長さだけを見る方が多いかもしれませんが、足のサイズには長さと幅があります。右足と左足も違うことがあります。それぞれで合ったサイズを選ぶことが大事です。

サイズが大きすぎると、歩くたびにかかとが脱げる状態になって、摩擦が強くなり、靴擦れになることがあります。サイズが小さいと、かかとだけでなく足先なども強い圧迫を受け、やはり靴擦れになりやすくなります。

今ある靴を気に行っている為に履き続けたいと言う場合には、かかと防止用パッドを貼り、かかとが脱げない様に加工するか、皮革柔軟剤やシューストレッチャーを使用して皮をのばす事を検討してみましょう。靴屋さんで行ってくれる事もあるそうです。それでも駄目な場合は足に保護パッドを貼るようにしましょう。

靴のかかとが合ってない

靴のかかと部分があっていないケースも靴擦れの原因になるそうです。足のかかと部分のカーブとくびれ方は人それぞれです。靴を上から見た時の、かかとのふちのカーブが、自分のかかとの周囲のカーブと、一致していない場合、くいこんだり摩擦が強まったりします。

かかとのくびれ(かかとを横または後ろから見たとき、地面に接地している部分から、足首にかけてのカーブ)が、靴の方がきつい場合、くいこんだりして靴擦れになりやすくなります。

かかとがあっていない靴を履き続ける場合は、先ほどと同様、皮革柔軟剤やシューストレッチャーを使用して皮をのばす事を検討するか、靴のかかと、若しくは足に保護パッドを貼るようにしましょう。

靴の素材が硬い

スニーカー等で靴擦れを起こす人は少ないですが、革靴を履いて靴擦れを起こす人は良く聞きます。これは靴の素材の硬さにより起こる靴擦れです。

自分の足と革靴の相性が合わないと簡単に靴擦れが起こります。サイズもピッタリで足の一部分が出っ張っている訳でもないのに靴擦れすることもあります。それは革靴のかかと部分とかかとの形があっていないケースが大半です。

革靴のかかと部分は履き心地や耐久力に大きく影響する部分ですので、芯に使われる材質はもちろん、大きさや形もメーカーや種類によって多種多様です。各ブランドがかかとへのフィット感を向上させるためにしのぎを削っています。

その結果多くの人にフィットするかかと部分であっても、人によっては合わない人が必ず出てきます。それゆえ、革靴との相性が悪いとすぐに靴擦れが起こるのです。

歩き方や姿勢が悪い

これまでは、靴や足に原因があり発生する靴擦れを説明してきましたが、足や靴に問題が無くても起こる靴擦れもあります。靴は本来正しい姿勢で歩くことを前提に作られていますから、姿勢が崩れると靴擦れが起きます。姿勢を正して歩くことで靴擦れの予防を期待できます。正しい姿勢は身体のゆがみも改善できるので、歩き方も気を付けてみてください。

また、時々、靴底のチェックをすることもオススメします。左右不対象に擦り減っている場合には、ゆがみがある証拠です。その場合には、骨格矯正を受けるのも良いと思います。

靴擦れを起こす場所は様々

靴擦れの原因により、靴擦れを起こす場所は様々だそうです。一般的に良く発生しやすいと言われるのは、くるぶし、小指、アキレス腱であると言われています。靴擦れが起こる原因により発生する場所も様々です。

靴擦れが発生したら、どこに原因があるのかを確認して、対策を取るようにしましょう。

靴擦れができてしまった時の治療法

靴擦れが起きてしまった場合、早めに治療をして、せっかく購入した靴を履きたいですよね。靴擦れには水ぶくれが出来て、ひどい場合は化膿すると言う話は先ほどさせて頂きました。

ここでは、その治療法を見ていきたいと思います。

水ぶくれは潰さない

靴擦れは、靴と足の摩擦によってすれてしまう事が原因で起こる水ぶくれや擦り傷である事は先ほど説明させて頂きました。その結果、足の皮がが捲れたり、低温やけどを起こした結果、水ぶくれとなってしまいます。靴擦れを治す場合、水ぶくれが破れているかどうかが、一つのポイントとなります。

水ぶくれがまだ破れていない場合は、そのまま清潔にして、破かないで治療をするのが良いそうです。水ぶくれの中の液体には、皮膚を回復する成分が入っています。そのため、水ぶくれを破かないように治療する必要があります。水ぶくれが破れると、そこから菌が入って化膿してしまうこともあります。

だからこそ、まだ破けていない場合は出来るだけそのままにしておき自然治癒するのを待つのが良いそうです。

皮がむけている場合

破けてしまった場合は患部をまず流水で洗浄して清潔にします。消毒液は不要です。余分な皮膚は、清潔なハサミで切っても大丈夫です。患部に皮膚が出来るまでの間は、湿らせた状態を保つことがポイントになります。

絆創膏を貼る場合には、傷用の軟膏などが常に付いている様にしてください。また、かさぶたを作らないタイプの絆創膏を使用してもいいでしょう。

絆創膏などで患部を覆う

靴擦れが起きてしまった場合、キズパワーパッドなどの絆創膏で患部を覆うのが一番一般的かつ手っ取り早い治療法であるかと思います。絆創膏であれば、薬局・コンビニどこでも販売しています。

大きなコンビニ等であれば消毒薬等もあるので、外出先での応急処置として有効活用できます。靴擦れは、靴と皮膚の摩擦により発生するので、絆創膏を貼る事によりその摩擦を取り除くと言う訳ですね。

靴擦れに効く塗り薬

靴擦れの治療に使われる薬とは何があるのでしょうか。靴擦れとは言え、擦り傷なので、一般的にはゲンタシンやオロナイン等の市販薬で治療できるようです。オロナインと言えば、肌の炎症に効力を発揮するお薬です。軟膏タイプで、ニキビから肌荒れ、炎症、やけどなど非常に多岐に渡り使用することが出来ます。

オロナインを使用するにあたってですが、靴を履いた状態で使用するのはあまり好ましくありません。これは靴をはいた状態であると、軟膏といえど剥がれてしまうこともあり、靴内部の細菌がオロナインを媒体にして繁殖してしまうこともあるためです。

ですので、靴を履いていない状態で使用すること、また使用前に消毒を行うようにしてください。このように使用すればオロナインというのは本来の力を発揮してみずぶくれに効果をもたらします。

最新の治療法

先ほど、靴擦れで水ぶくれが出来た場合、水ぶくれが破れていない場合は、そのままにして、自然治癒を目指すと良いと説明させて頂きました。しかし、最新の治療法の一つとして敢えて水ぶくれを破く治療法もあるそうです。湿潤治療法と言う治療法なのですが、この治療法の大まかな手順は下記の通りです。

1.患部を水道水でよく洗う
2.水ぶくれを潰し、中の液を出す
3.薄皮をきれいに取り除く
4.薄皮を取り除いた後の患部を水道水できれいに洗う
5.被覆材(キズパワーパッドなど)で覆う

湿潤療法とは、これまでのガーゼと消毒薬での治療を行わず、「消毒をしない」「乾かさない」「水道水でよく洗う」を3原則として行う治療法のことです。

食品用ラップやジョンソン&ジョンソン社の「キズパワーパッド」などを被覆材として使用します。患部から出て来る滲出液でキズを潤わせて、その中に含まれる細胞成長因子の皮膚再生力によって、キズを早く治すというものです。

常に新しい滲出液で患部は潤い頻繁に洗浄することで病原性の細菌も洗い流されて、感染症も抑えられます。被覆材を貼ることで、むき出しの皮膚の神経が空気と遮断されて痛みも感じなくなります。これも湿潤療法の大きなメリットといわれています。

この処置を検討する場合は、事前に医師に相談してから行う様にしましょう。

靴擦れを予め防ぐ為の方法

靴擦れになってしまった場合、その状況別にいろいろと治療方法がある事が分かりました。また、最近では湿潤療法と言うやり方もあり、治療方法については多くのやり方が確立されています。

しかし、靴擦れになると痛い思いをしてしまうので、出来ることならば靴擦れになる前に予防しておきたいですよね。ここでは、靴擦れの予防方法について調査しました。

靴にアルコールを塗る

靴擦れの原因は靴の形と脚の形があっていない事が原因の一つであると言われています。つまり革靴等は買ったばかりの時はまだ皮が硬い為、うまく馴染まない為に靴擦れが発生します。それならば、靴にアルコールを塗り、皮を柔かくする方法があるそうです。

手順は、アルコールと水が1:1の液体を作り、スプレーボトルに入れます。靴の内側にその液体をスプレーして、約20分履きます。別の方法としては、靴の革を延ばしたい部分にスプレーして、単純にこするだけでもOKです。アルコールはすぐに蒸発してしまうので、靴やブーツがまだ濡れている間にこすりましょう。

さらに別の方法として、綿の靴下に液体を浸し、その靴下を履いたままアルコールが乾くまで靴を履いておいてもいいです。革がなじむまで、この工程を何度か繰り返してください。

靴にワセリンを塗る

夏の暑い時期にサンダルをはいて出掛けると言う方は多くいらっしゃると思います。しかし、何も考えずにサンダルで出掛けるとかかとのストラップや親指の付け根がすれて、真っ赤になる事があります。普通の靴であれば絆創膏等で対処出来ますが、サンダルでベタベタ絆創膏を貼るのはみっともないですよね。

絆創膏の周りの黒いゴミの様なものも不潔に見えてイヤだと言う女性は多いかと思います。そんな悩みを持つ女性を助けるのがワセリンだそうです。ワセリンは透明だから、素足に塗ってもわからないのがメリットです。

更に、塗ったばかりの時はちょっとベタベタ光っている感じはありますが、足なので気にせず、結構多めに塗る事が出来ます。ワセリンを塗っておく事で、摩擦が減るので、皮剥けにはなりません。

長時間履くときは、ワセリンを写真のような小さな容器に入れて、持ち歩いて、時々塗り直す感じが良いそうです。また、ワセリンは靴擦れの防止だけでなく、うっかり、靴擦れができてしまった時にも使えます。

できてしまった靴擦れを一度キレイにウェットティッシュなどで拭いたあと、ワセリンを多めに塗って、絆創膏などでこれ以上傷がひどくならないように保護しておくと、とても治りが早いそうです。ワセリンの成分は傷口から侵入することがないし、肌の水分を蒸発させず、傷を外部の刺激から保護してくれる働きがあるのです。

医療の現場でもやけどや傷を保護する際に使用されているものなので、安心して使えますね。

靴に石鹸を塗る

ワセリンで、摩擦が減る為に靴擦れの予防になるのは分かったのですが、わざわざワセリンを買いに行くのはちょっと…と言う方であれば石鹸でも代用が出来るようです。

足と靴がすれるので、靴擦れになってしまうのですから、すべりがよくなれば、だいぶ靴擦れを防ぐことができます。あらかじめ、自分の足で靴擦れしやすいところをチェックしておき、そこの靴の部分に、固形石鹸をこするようにして塗っておくようにしましょう。

こうすることで、すべりがよくなり、かなり靴擦れをふせぐことができます。石鹸だけだとすぐに効果が無くなってしまうので、できれば、絆創膏と併用するといいと思います。同じようなことは、浴衣の下駄などにも言えます。鼻緒と石鹸の色が違う場合は、ヘアムースやヘアスプレーでも効果があります。

靴擦れ防止用の絆創膏を貼る

靴擦れ防止のために絆創膏を活用するのは、一番代表的な予防方法であると思います。

予め靴擦れが起きやすい場所に絆創膏を貼り、テーピングを行う事で、靴と足の摩擦を防ぐ事が出来ます。靴擦れは、一般的に「足指」「かかと」「足裏」「くるぶし」に出来やすいと言われているので、この4か所に貼っておくのが良いでしょう。

靴のサイズが合っている場合でも、新しい靴はまだ足に馴染んでいないので馴染むまで貼っておくのも手です。

また、絆創膏を靴の方に貼るという方法もあるそうです。靴の「かかと部分」「足の裏側が当たる部分」に貼ることで同様の効果が得られます。どこに貼れば良いか分からない場合は、一旦靴を履いてみて、ここが靴擦れを起こしそうだなと感じるところに貼ってみてください。

正しい姿勢と歩き方

上記の様な対策を取っていても靴擦れが起きてしまう場合は、歩く時の姿勢や歩き方に問題があるのだと思われます。正しい歩き方は、「足の内側の筋肉」「体の中心」をそれぞれ意識することが大切です。これらが出来ていないと靴の外側のみが擦れ、左右で靴底の減りが違っていたり、足の外側にだけ靴擦れが出来るそうです。

普段からこのようになっている場合は正しい歩き方を身につけることが大事です。正しい歩き方は、下記の様なイメージで行ってください。

背筋を伸ばし、腹筋に力を入れ、綺麗な姿勢を作ります。次に歩き始めますが、着地は足のかかと側から行って下さい。その後、重心を移動し、親指と人差し指の間に持ってきます。後ろ足は膝を伸ばしたまま、地面から離していきます。この動作を繰り返し行なっていくことで正しく綺麗な歩き方が身についてきます。

靴擦れ防止はもちろんですが、綺麗な歩き方は姿勢や見栄えも良くなり、周りにも良い印象を与えることが出来ます。

歩き方を変えるだけでメリットはたくさんあるので、この機会にぜひマスターしてみてくださいね。この時、ヒールを履いている場合は着地は土踏まずから行うようにして下さい。

上手な靴の選び方

靴擦れの原因は、靴と足の摩擦によって起こる事は何度も説明をさせて頂きました。これを予防する為には、靴を購入する際に正しい靴の選び方をする必要があります。

正しいサイズを選ぶと言うのはイメージが付きますが、それ以外に注意しておくポイントはあるのでしょうか。

サイズの合った物を選ぶ

まずは、基本中の基本になりますが、自分自身の足の大きさにあった靴を選ぶようにしましょう。靴のサイズを選ぶときに、足のサイズが25cmだから25cmの靴を選んでおけば問題ないと思っていませんか?

その状態で選ぶと靴選びを失敗する可能性があります。靴選びには、サイズだけではなくて他にも押さえるべきポイントがあるんです。それが、「つま先」「靴幅」「土踏まず」「かかと」「くるぶし」です。

・つま先=足の指の先と上の方にスペースがあるかを確認します。
・靴幅は=つま先立ちになったりして足の曲がる部位と靴の幅が同じ大きさかを調べます。
・土踏まず=足の土踏まずと靴の土踏まずの長さが同じかを調べます。
・くるぶし=くるぶしが靴にあたっていないかを確認します。
・かかと=足を前に押し付けたときに小指が第一関節くらいまで入るかどうかを確認します。

これらのポイントを押さえれば靴ずれは防げるそうです。

普段靴を履くスタイルで選ぶ

また、靴を選ぶときには普段履いているスタイルで選ぶようにしましょう。普段、ストッキングを履いている方であれば、ストッキングをはいた状態で調べて、靴下を履いている方は靴下をはいた状態でチェックするようにしましょう。

また、サイズは左右違うことがあるので、右足と左足それぞれにあっているかチェックし、足の爪先が靴の甲部や前部にあたっていないかチェックする事も重要です。最後に、長さだけでなく幅もあっているかチェックを忘れないでくださいね。

13時~15時の間に靴を選ぶ

昔から日本では、靴は夕方に買うと良いとされてきました。確かに足は夕方になると、体重がかかったり、むくむなどして大きめになる傾向があります。

大凡ではありますが、足がむくんだ場合に変わるのは、甲の周囲の大きさで、普通は朝一番と夕方では、1センチから2センチ変わるようです。大きくなった状態で、どこにも当たらずゆったりとした靴を購入する人も多いと思います。

しかし、サイズが大きい靴を1日履いていると、足が前後に動き、特にヒールのある靴が多い女性は、前に足がすべっていき、靴擦れの原因になったり、捻挫などをする心配もあります。

では、何時頃に靴を買うのがベストかと言うと、午前中は小さく、夕方になるとむくむことから考えて、昼の時間帯、およそ1時から3時ごろの足に合わせると、ちょうど中間の足に合った靴を買うことができるようです。

「ランチ後に靴を買う」これを実践すると、靴や足のトラブルが少し減るのではないかと思います。

柔らかい素材かどうか調べる

最後に、靴の素材が柔かい素材かどうかをチェックしておきましょう。硬い素材よりも柔かい素材である方が、すぐに足になじむので履きやすい靴になります。誤って硬い素材の靴を購入してしまった場合は、先に説明した方法で靴を柔かくする様にしましょう。

通販や100均で買える靴擦れ予防グッズ

これまで、靴の選び方や靴擦れの対処法を説明してきましたが、外出先で突然靴擦れになってしまったと言う事も良くあるかと思います。

そんな時に対処出来る、100均や通販のグッズを紹介します。

靴のトラブル和らげるパッド

100均に販売している「靴のトラブル和らげるパッド」は、非常に使い勝手が良いと評判です。かかと用とつま先用の二つあり、透明なので目立たないと評判です。靴の内側に貼るだけなので使いやすく、ヒールの靴だけでなく、靴全般に使えるのもありがたいポイントです。

シューズバンド

中敷やジェルパッドをひくのはどうも好きでないという方は、シューズバンドをつけましょう。おしゃれなものから、見えない透明タイプのものもあります。パンプスは特に抜けやすいので、手軽なシューズバンドをつけてみてはいかがでしょうか?

ジェル製の靴擦れグッズ

靴擦れがひどい方には、ジェル性の敷きパッドがお勧めです。ジェルパッドは各社から多くの商品が販売されていますが、ネットでは、ドクター・ショールの靴ずれ・まめ保護ジェルパッドが人気な様です。

ドクター・ショールは、フットケア専門のブランドであり、靴ずれの対処は、単なる「傷の保護」ではなく、「靴ずれの保護」であることがすごく重要であるからこそ、ドクター・ショールの商品が良いそうです。

絆創膏等で対処する人は多いかと思いますが、こちらの商品は専用商品なので、剥がれにくく目立たないのでお勧めです。

靴擦れは早めに予防して、健康的な足になろう

今は昔と違い、靴の種類が豊富にあります。それに応じて、足にかかる負担も以前よりも大きくなっています。そんな時に、事前に出来る靴擦れ予防をしておけば、外出も、おしゃれも楽しむ事が出来ます。

せっかくのおしゃれも、足の健康があってこそなので、足のトラブルには気をつけていきましょう!