トロフィーワイフが欲しい男性の4つの心理とは?女性がするべきことは?

スポンサーリンク

常にそばに居てくれる若くて美しい妻、周囲に見せつけたくなる自慢の女性…男性にはそんな『トロフィーワイフ』を求める心理が、はたらいていると言われます。そして、社会的に成功した男性がそれまで連れ添った女性を捨て、新たにトロフィーワイフを求める現象も見られますね。そんな男性の心理を徹底分析し、どうしたら男性のトロフィーライフ症候群に振り回されない女性になれるか、その方法も紹介したいと思います。

夢?勲章?男は誰でもトロフィーワイフが欲しい?

トロフィーワイフという言葉を知っていますか?男性が、自分を勝ち組であると誇示したいがために、周囲に若く美しい女性と結婚していることを見せびらかす場面があるかもしれませんが、このように勝者のみが手にするトロフィーを象徴しているような、魅力的な妻のことを指します。

「そんなの特殊な勝ち組意識にこだわっている人がやることでしょ?」と、他人事のように感じる人もいるかもしれませんが、実は男性は誰しも、心の底ではトロフィーワイフを欲しがっているという衝撃的な意見もあるのです。

そこで、男性がトロフィーワイフを欲する心理について、分析していきます。また、既にパートナーのいる女性にとって、トロフィーワイフに当てはまりそうな魅力的な若い女性の存在は、脅威になるかもしれませんね。

そのため、男性の『トロフィーワイフ症候群』に振り回されず、パートナーのそばに居続けられる女性になるには、どのようなことに気を付ければ良いか、そのポイントも挙げていこうと思います。まずは、男性の憧れ・トロフィーワイフの正体をつかんでみませんか?

スポンサーリンク

どういうことなの?トロフィーワイフ症候群とは?

先ほども挙げたように、男性には周囲に自慢できるような魅力的な女性を手に入れたがるという、「トロフィーワイフ症候群」と呼ばれる心理が備わっていると言われています。まずは聞き慣れない人のために、この症候群の実態について説明してみようと思います。

若くて美しい、自慢できる妻を持つ

トロフィーワイフ症候群はアメリカで有名となっている症候群で、富裕層の男性が美女を妻にするという状態がそうです。

当地で成功を収めた黒人男性が白人の若い女性を妻にする現象などもトロフィーワイフ症候群として見られたりするようですが、ともあれ、トロフィーワイフとはその言葉の意味通り、社会的価値を証明する証拠やご褒美として、自分のそばに置くことができる妻ということになります。

成功した男性がなりやすい

トロフィーワイフ証拠軍になる男性は、出世をしたり大富豪になったり、社会的成功を収めるなどして女性にモテるための素材を手に入れた男性と言われています。有名スポーツ選手や人気ミュージシャンなども当てはまるとされています。

支えた女性が捨てられることも

トロフィーワイフは男性にとって何も初婚の相手がなるとは限りません。例えば、有名人が無名時代から成功までを支えた妻と別れ、若く美しい女性を求めるという話は結構聞きますよね?この場合、無名時代から自分を支えてくれた女性を「糟糠の妻」というのなら、有名になってから手に入れる若く美しい女性がトロフィーワイフであると言えます。

つまり、無名時代からの付き合いのある妻と別れ、以前の自分だったらとても手を出すことができないと思っていた、「高嶺の花」のような女性と再婚するという現象の中にも、トロフィーワイフ症候群が見え隠れするわけですね。

お答えします!男はどうしてトロフィーワイフを欲しがるのか?

さて、ここからは、なぜ男性がトロフィーワイフ症候群にかかるのか、その背景にある心理を掘り下げていこうと思います。特に上昇志向が強かったり、成功を手に入れている男性には顕著に見られる心理と言えるかもしれません。

女性に対する明確な理想

トロフィーワイフを欲しがる男性は、女性に対して明確な理想像を抱いていると言われています。理想の女性と結婚することで幸せになれる、完璧な人生を歩むことができると思い込んでいる、というケースがこれに当たるようです。例えば、美しくて家事もできる完璧な女性を追い求める男性がいたら、トロフィーワイフ症候群の可能性があります。

他の男性に見せつける

若くて美しい、一見高嶺の花のような女性と交際していることを他の男性に見せつけて、嫉妬を誘い優越感に浸りたいという心理がはたらいていることも、トロフィーワイフ症候群に向かわせる要因と言えるでしょう。

男のエゴとプライドを満たす

仮に、トロフィーワイフを手に入れた男性が年配で容姿もぱっとしない人だった場合、それほど他者の興味はひかないかもしれません。ですが、横に若くて美しい奥さんを連れていたら、たちまち「あの男性って何なんだろう!?」「すごく魅力を備えているのでは?」などと話題の中心になることも夢ではありません。

こうして、トロフィーワイフは男性のエゴとプライドを満たす最高のツールになり得るということなのです。

女性を飾りのように考える

トロフィーワイフを周りに見せつけるという心理を考えてみると、まるで交際相手を飾りやアクセサリーのように考えている感じがしますね。男性でなくてもそういう人はいるかもしれませんが、そうやって理想の相手を手に入れた姿を同性に見せつけて、自分の格を上げたいという気持ちが見え隠れしていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

トロフィーワイフ症候群に振り回されない!成功した男性のそばに居続けるために…

「パートナーに成功してほしい」と願う女性は多いと思います。しかし、「成功したとたんにパートナーがトロフィーワーフ症候群に陥ってしまったら?」と想像すると、複雑で心配な気持ちを抱える人もいるかもしれません。それでは、男性のトロフィーワイフ症候群に振り回されず、成功したパートナーのそばに居続けるためのコツについてここから考えていこうと思います。

男性の格を上げる女性になる

まず男性に出世、成功してもらうことを願うのと同様に、そのパートナーである女性自身も華やかさや輝きのある、周囲に自慢できそうな女性になるように自分を高めていくことが重要と言えます。

外見を磨くだけでなく、知識や教養を身につけるなどして上品で魅力的な女性になっていくことで、一緒にいる男性の格を上げることにつながり、出世や成功への道を突き進むパートナーの自己顕示欲を満たす理想的な女性となり得るのではないでしょうか。

よき理解者になる

社会の中で揉まれながら立身出世や成功を目指す男性にとって、ここぞという時に愚痴を聞いてくれたり、励ましてくれる理解者のようなパートナーは、かけがえのない存在になります。そして、いざ成功を手に入れたら、下積み時代の記憶を思い出すのが嫌になることもあるかもしれません。

ここに、成功した男性が糟糠の妻を捨ててトロフィーワイフに走るという現象のカギが潜んでいるかもしれませんね。ですので、例え男性がみちがえるほど出世や成功を収めたとしても、よき理解者として、パートナーとしてサポートし続けることで、下積み時代の記憶もほどよく共有できる、かけがえのない女性になり得ると言えるのではないでしょうか。

追いかけず、追いかけさせる

出世欲の強い男性は、狩猟本能が強いと言われます。ですので男性を自分から追いかけず、逆に追いかけさせるように仕向けて、相手の狩猟本能をかき立てることも重要と言えるでしょう。自分から連絡をやたらと取ったりせず、「手に入りにくい女性」と思わせるようにさせるテクニックもカギになるのではないでしょうか。

輝き続ける女性がパートナーを惹きつける!

トロフィーワイフとそれを欲する男性心理、理解いただけたでしょうか?トロフィーワイフ症候群に振り回されずにパートナーとの関係を築くために努力が必要ということも述べましたが、実はこれはトロフィーワイフに当てはまる女性に対しても言えるかもしれません。

つまり、成功を収めた男性から熱心に求婚されるなどして自身がトロフィーワイフのような地位にのぼりつめることができたとしても、満足して自分をさらに向上させる努力を怠ってしまうと、やがてパートナーはさらに若くて美しい女性を新たなトロフィーワイフとして見初めることにもなるかもしれません。

ですので、いずれにしてもパートナーとの関係をずっと良好に保っていたいと願うのならば、トロフィーワイフを求める男性と同様に、女性自身も上昇志向を持ったり、自分磨きを怠らないなどの努力が必要になるのではないでしょうか。

自分の魅力をアップさせることは、自信を持って前向きに物事に取り組めるようになるなど、自分にとってもプラスになるはずです。パートナーに殊更気に入られようと、媚びるような気持ちで努力を重ねる必要はありません。自分らしく輝き続けられる方法を見つけ、無理なく自然体で自身を向上させていく術を身に着けることが、男性が手放したくなくなるような魅力的な女性に近づく道となるのではないでしょうか。

スポンサーリンク