仕事行きたくない!人間関係が辛すぎる!試してほしい対処法と転職について

仕事行きたくない!人間関係が辛すぎる!こんな思いを一人で抱え込んではいませんか?自分一人が辛い思いをして、周りのみんなが幸せに見えることがあります。でも実は仕事の人間関係で悩む人は全体の半数にも上るのです。こちらでは仕事の人間関係によるストレスの影響や、行きたくない時の対処法、転職についてまとめました。

仕事行きたくない!人間関係が辛すぎる!

仕事に行きたくないと悩む人が沢山います。理由は様々ですが、その中で最も多いと言われるのが、会社の人間関係に関する悩みです。こちらでは仕事の人間関係が与えるストレスの影響や、仕事に行きたくないときの対処法、転職についてを紹介しています。

仕事の人間関係によるストレスの影響は?

職場の人間関係が原因で仕事に行きたくない!このように感じている人はたくさんいます。ストレスの限界がもうそこまで来ている人もいるでしょう。このストレスは私たちにどのような影響を与えるのでしょうか?

半数の人が会社の人間関係に悩んでいる!

過去に実施されたアンケート結果によると、会社での人間関係に悩んでいる人の割合は全体の半数の50%と言う結果が出ています。その中で不満であると答えたのが33%、大変不満であると応えたのが17%となっています。

このように現在会社勤めをする人達の2人に1人が人間関係に不満を持っています。その中で最も多かったのが、上司に対する悩みが断トツの57%、次いで同僚が23%、部下が15%と続き、顧客やその他と答えた人もいました。

仕事行きたくない!吐き気や下痢・頭痛が起こることも…

人間関係が悪化すると仕事やパートに行くのが辛くなります。仕事に行きたくないという思いが強くなれば、それはストレスとなり体への影響も出てきます。

心身症は心が原因で体に症状が出るものです。特に胃腸などの消化器系はストレスの影響を受けやすいので、吐き気や下痢が起こったり、自律神経の乱れや頭痛、肩こり、めまい、腰痛、不眠を引き起こすことがあります。

このまま放置して症状が悪化すれば、自律神経失調症や消化器系・循環器系の病気、免疫力低下、またそれによるアレルギー症状などを引き起こすことがあります。

また体の症状だけではなく、心が病気になることもあります。心への症状は憂鬱感、不安感、イライラ、無興味、倦怠感、自分を責めるなどがあります。これも長引けばうつを引き起こす可能性があります。一人で抱え込まずに、信頼できる人に相談することも大切なのです。

人間関係で仕事に行きたくないときの対処法

仕事の悩みの多くは人間関係が絡んでいると言われています。また人が感じるストレスの約9割は、人間関係が原因だと言う人もいます。そこで、人間関係が原因で仕事やパートに行きたくないと感じた場合の対処法を紹介します。もしまだもう少し頑張ってみようかなと思われるのなら、以下の中からできそうなものを試してみてください。

その状態が通常だと捉えてみる

人間関係で悩むと言うことは、少なからず相手に期待をしているということです。「挨拶してくれない」は挨拶を期待している、「自分にだけ冷たい」はやさしくされることを期待している、「誘ってくれない」は誘われることを期待しているのです。

そこで、期待することをやめて、現状が通常であると捉えてみてはいかがでしょうか?少なくとも期待が外れて落ち込むことはありません。この人は(私には)挨拶できない人、この人は冷たい人、この人は誘わない人、それが当たり前だと認識するのです。

当たり前のことが当たり前に行われる毎日なら、あらたに傷つくこともありません。もし直接手を上げられるなどの行為が無いのなら、その人に対して期待することを辞めてみてはいかがでしょうか?

仕事以外で夢中になれることを探す

大して効果がないように感じるかもしれませんが、なかなかどうして効果的なのが、仕事以外で夢中になれることを探すと言うものです。それが仲間と一緒に夢中になれるものなら尚良いですね。

多くの社会人は週5日間、休憩時間を含めれば1日9時間以上は職場にいることになります。これは1日の1/3以上の時間ですから相当長い時間です。当然ながら、職場でうまくいっていなければ人生全体がつまらなくなってしまいます。

しかし、仕事以外でかなり夢中になれるものが見つかれば、仕事をしている時間は無になれるものです。当然仕事は今まで通りの時間こなさなければいけませんが、これが終われば今日は趣味の○○をしよう、今度の休日は○○の集まりがあり仲間に会える!と思えば、職場に対する心の比重は軽くなるものです。

最初は1人でできるものでも構いません。連ドラのDVDにはまってもいいでしょう。帰宅後続きが見られると思えば、職場でのストレスが軽減されるはずです。騙されたと思って仕事以外でかなり夢中になれるものを見つけてみませんか?

朝仕事に行きたくない時は休むのも手

サザエさん症候群という言葉が表すように、明日から仕事だ、明日から学校だと感じる日曜日の夕方から夜にかけて、気持ちが落ち込みがちになってしまいます。その気持ちが払しょくできず、夜あまり眠れなかった。朝になってもどうしても仕事に行く気がしないというのであれば、その日は思い切って仕事を休むのも手です。

仕事は対価をもらって労働を支払っているのですから、決められた通りに勤めなければいけません。でも心のバランスを崩してしまっては元も子もありません。今日一日休めば次の日から「これではだめだ!」と思うかもしれませんし、仕事に行かないことはこんなにも気が楽になると感じて次の道を考えるきっかけになるかもしれません。

人間関係の改善を求めて転職もあり!

1日の大半を過ごす職場が嫌で嫌でしょうがないなら、転職を考えてみてもいいかもしれません。また何らかの技術を持っていたり、今までの経験を活かして独立できるようであれば、自分で仕事を始めてみてもいいかもしれません。

57%が人間関係を理由に転職を考えることがある!

人間関係で転職するなんて自分の弱さだろうか…と考えるかもしれませんが、実は過去に実施されたアンケート結果を見ると、半数以上の57%もの人が人間関係が原因で転職を考えることがあるというデータが出ています。

年代別に見てみると20代の62%がもっとも多く、30代は57%、40代は58%、50代は51%となっています。50代になっても半数の人が人間関係が原因で転職を考えることがあると言うのは、少し驚きの結果だと言えるかもしれません。

また実際転職した人に対する、転職後の人間関係の満足度を問うアンケートでは、最も多い回答が55%の変わらない、その次は24%の以前より下がった、最後が21%の以前より高まったとなっています。以前より下がった人の24%を多いと捉えるのか少ない捉えるのかで行動は変わりますが、今の会社がどうしても辛いなら、転職を視野に入れても良いのではないでしょうか?

転職の志望動機はキャリアアップが望ましい!

転職活動中に受ける面接でも当然転職理由を聴かれます。このとき正直に「人間関係が原因で辞めました」とは言わない方が良いでしょう。嘘をついているとは思われないまでも、あなたにも原因があるのではないか、我慢ができない人なのではないかと思われてしまうからです。

最も望ましい志望動機はキャリアアップです。今まで働いていた仕事を活かして、さらにキャリアを積めるような仕事を探すのが良いでしょう。転職先にもあなたの成長したいという前向きな気持ちが伝わるでしょう。

反対に今までとは全く異なる仕事へのキャリアチェンジは、回数を重ねるとマイナスイメージを与えることが多いようです。1、2度くらいなら気にしなくてもいいかもしれませんが、何度も何度もキャリアチェンジを繰り返すと転職活動が失敗しやすくなるでしょう。

どうしても仕事に行きたくない時は無理をしないこと

誰にだって合う合わない、向き不向きがあります。会社でうまく人間関係を築けない自分を責めているかもしれませんが、あなたに合わない会社だったというだけかもしれません。

どうしても仕事に行きたくない場合は、無理をしないことが一番です。あなたの人生で一番大切なのは何ですか?仕事ではないはずです。そのことをしっかりと心に留めておきましょう。