尊敬できる人っている?行動や特徴を見習ってなりたい自分を目指そう!

スポンサーリンク

「尊敬できる人は誰ですか?」と聞かれることがありますが、有名人や偉人、家族や友人など、人によって尊敬の対象は様々です。そもそも、「尊敬できる人」とは、一般的にどのような人のことを指すのでしょうか。今回は、尊敬できる人の特徴や行動、尊敬できる人のランキングなどから、「尊敬できる人」の共通項を探っていきます。尊敬できる人の長所を抽出して見習い、今日からあなたも「尊敬される人」を目指してみませんか。

「尊敬できる」と思える人の共通の特徴を知ろう

「尊敬できる人は誰ですか?」と聞かれたら、あなたは誰を思い浮かべますか?身近な人ですか?会ったことのない有名な人ですか?

自分にとって「尊敬できる人」は、憧れでもあり、指南役でもあり、心のお守りのような存在でもあります。ふとした時に、その人の生き方や言葉を思い出すだけで、励まされたり、奮い立たせられたり、慰めてもらったりするものです。

今回は、「尊敬できる人」の特徴や行動、尊敬できる人物のランキング、シーン別の尊敬できる人間像などを探っていきながら、よりよく生きるために大切なことを学んでいきたいと思います。

スポンサーリンク

発表!「尊敬できる人物」ランキング

尊敬できる人物との関係性を考えた時、尊敬のタイプは二種類に分かれます。偉人や有名人など、会ったことのない人を尊敬するケースと、家族や友人、恩師などの身近な人間を尊敬するケースです。

二つの種類の尊敬において、実際にどのような人物が「尊敬できる人物」として挙げられているかを、ランキング形式でまとめてみました。

尊敬できる偉人や有名人のランキング

「尊敬できる偉人」ランキングの上位は次のとおりです。

第1位スティーブ・ジョブズ
第2位アインシュタイン
第3位マザー・テレサ
第4位手塚治虫漫画家
第5位エジソン

有名人や偉人の「尊敬できる人」の特徴は、発明や企業、新しい文化や考え方の創造など、偉業を成し遂げたことです。人生をかけて一つのテーマに取り組み、後世に壮大なドラマの軌跡と歴史を遺す生き方への、人間の根本的な憧れと言えるでしょう。

尊敬できる身近な存在はどんな人?

身近な存在の「尊敬できる人物」ランキングは以下の通りです。

第1位父・母
第2位上司・先輩
第3位友人や知人
第4位恩師
第5位祖父・祖母

身近な人間は生身の人間なので、弱点や欠点も視界に入りやすいもの。しかし、人間は完璧でない、という前提を受け入れながら、尊敬できる一面を大切にできること、自分の目標として尊敬の念を持って接することができるということは、素晴らしいことです。

身近な人物を尊敬できる力は、言い換えれば、人の長所に気づける能力です。周囲の人間とのコミュニケーションが上手く、身近な人から学び取る力や観察力に優れているとも言えるでしょう。

「尊敬できる人」の行動や特徴とは

場面やタイミングなどによって「尊敬できる」と感じる対象は変わってきます。

危険な場面で勇敢な行動をとった人は、尊敬されますが、職場で勇敢さを示すことに固執して、集団の目標が見えなくなる人は、尊敬されにくいでしょう。このように、尊敬の対象は、場面毎に異なります。

そこで、どんな人がどのような場面で尊敬されるのか、尊敬される人の行動と特徴を、シーン毎にご紹介します。

日常生活の中で尊敬できると思える人の特徴や行動

職場や学校のような顔見知りが集まる場面ではなく、道や駅、スーパーや公園などの日常生活のなかでも、知らない人を助けてあげている人や、環境保全やボランティアに尽力している人など、尊敬できる人物に出会うことがあります。

日常生活の何気ないシーンで出会う「尊敬できる人」は、「役に立ちたい」と思う真心や、それを実行に移す勇気や行動力があるので、人の尊敬を集めるのではないでしょうか。

職場や学校で尊敬できる人の特徴や行動

「会社の上司に尊敬できる人がいない」という話をよく耳にしますが、職場ではどのような人が尊敬されるのでしょうか。

■職場で尊敬できる人の特徴
・有言実行の人
・打算的でない
・責任感がある
・正義感がある
・面倒見が良く人を大事にできる
・リーダシップがある
・他人の長所に着目できる
・感情的にならず冷静な判断力がある

など、たくさんの特徴があります。これら全てを網羅できる人は多くはありませんが、一つだけでも実現できている人なら、きっといるのではないでしょうか。一つでも尊敬できるところを見つけられると、その人から学べることも増えてきます。

それぞれの人が、違った長所を活かし、助け合いながら目的達成を目指す職場では、「尊敬される力」だけでなく、人を「尊敬する力」も必要だと言えるのではないでしょうか。

恋愛対象になり得る「尊敬できる人」はこんな人

恋愛対象の条件として必ずと言っていいほど挙がるのが、「尊敬できる人」です。尊敬できる人のことを好きだと思う気持ちが、尊敬の気持ちを越え、恋愛に発展することは少なくありません。

英語で「尊敬できる人」を「respectable(ちゃんとした、立派な)」と言い表すように、尊敬している対象が性対象で、年齢や既婚歴も恋愛可能圏内の人で、かつ「ちゃんとしていて立派」なら、少々外見が好みのタイプでなかったとしても、恋愛対象になり得ます。

逆に言うと、恋愛関係にあるカップルや夫婦の間で、互いを尊敬する気持ちが薄れてしまったり、尊敬できなくなってしまったら、関係の危機とも言えるでしょう。

スポンサーリンク

自分にとって「尊敬できる人は誰か」もう一度考えてみよう

「尊敬できる人がいない」という人は意外に多いものですが、尊敬できる人がいるかいないかで、人生は大きく変わってきます。知らないうちに自分の指南役になってくれている、尊敬に値する人物は誰か、今一度考えてみましょう。

人は誰でも「尊敬できる人」が好き

人間は、尊敬する人と話したり、共同作業をしたり、共に目的を追求したりしながら関わっていくことで喜びや満足感を感じます。人は誰でも尊敬できる人が好きなので、なるべくその人にアクセス可能な距離に居たいと願うものです。

尊敬できる人が身近な人の場合、その人と一緒にいると、自分の考えや方向性などがクリアになるので、自分のことも益々好きになり、自信にもつながります。

一緒にいると楽しい、落ち着く、前向きになれる、などと感じることができる人は、あなたにとって尊敬できる長所がたくさんある人なのではないでしょうか。

「尊敬できる人がいない」と言う前にもう一度考えて

人は毎日、色々な場面で、様々な人に出会いながら生きています。テレビやネット、雑誌や本の中で出会った人物、コンビニでみかけた人、学校の先生、職場の同僚、近所の人、同居している家族など、それぞれがその人だけに持ち合わせた長所を持っています。

尊敬できるところを意識的に探しながら、人の優れた点を見過ごさないように気をつけて生活していると、尊敬に値する人はたくさんいるということに気がつけるかもしれません。

就活や面接の場面で「尊敬できる人は?」と聞かれたら

就職活動の面接で、「尊敬できる人は誰ですか?」を聞かれることがあります。面接官は「尊敬できる人」を聞くことで、面接を受けている人の目標や価値観を探り、自社の方向性との相性を見ているのです。

「誰を尊敬しているか」ではなく、「その人物を尊敬する理由」から、あなたの可能性を聞き取ろうとしているので、理由をしっかりと答えられるようにしておくと就職活動の面接でも有利でしょう。

「尊敬される人」になるための3つの大事なこと

尊敬できる人について様々な角度からご紹介していきましたが、自分が尊敬される人になるためには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

ここでは、尊敬される人になるために必要な、3つのポイントをご紹介します。

人の「話」と「心」に耳を傾ける

周りの人のどんな話にも熱心に耳を傾け、その人の心情にも傾聴しましょう。気づかなかった相手の長所に気づけるようになってきます。人の長所に触れ続けると、自分もその長所を真似するようになり、自然と思いやりのある行動ができるようになってきます。

人に「してもらう」のではなく自分が「率先して行動」する

「〜がないから」、「〜してくれないから」などと、人に何かをしてもらうことを期待するのではなく、自分から行動を起こして状況を変えることができる人物は尊敬されます。

「どのように行動すべきかを、自ら考えて実行」して、目標設定と達成を繰り返すうちに、それが本物の思考力と行動力に変わり、経験値が上がり、周囲から尊敬される人へと成長していきます。

諦めないで継続する

尊敬できる有名人や偉人は、諦めずに継続し続けることの大切さを知っています。一つのことを継続することは、簡単なようで案外難しいものです。尊敬される人になるためには、自分が正しいと感じることに妥協しないで継続することが重要です。

おすすめ本「なぜあの人は尊敬されるのか」

パフォーマンス心理学の第一人者である著者が、人間関係向上のための7つの法則を教えてくれます。「尊敬は品格以上に大切」と考える著者の導きを読んで、「尊敬する力」・「尊敬される力」を共に磨いていきましょう。

「尊敬できる人」を真似して「尊敬される人」になろう

尊敬できる人について、特徴や行動などを詳しくご紹介しましたが、いかがでしたか?

尊敬できる人の生き方や特徴は、自己啓発の道標になってくれます。身近な人、有名人、偉人など、「尊敬できる人」の人生の対処法を参考にしながら前進し続けることで、あなたもまた、尊敬される人になっていくことでしょう。

スポンサーリンク