生きる理由がないと感じる時に試して欲しい、豊かな人生を送る4つの秘訣

スポンサーリンク

人間、生きているといろいろなことを経験します。「生きていても良いことないなぁ」とか「生きる理由って何だろう」と考えてしまうこともあると思います。1人で抱えて落ち込んでしまうと日常に差し障りが出てくる可能性もあります。そういう時には考え方の視点を変えてみるのが有効です。ただ、憂鬱な気持ちが長期間続くようなら専門の医療機関を受診し適切な治療を受けるようにしてくださいね。無理は禁物です。

人生にそもそも理由づけは必要か?

気持ちが弱っている時や精神的に辛い時、人は生きる理由について考えがちになります。しかしそもそも生きる理由は頭で考えたからといってなかなか掴めるものではないのではないでしょうか。それは人間にとって永遠のテーマであり、それを見つけるために人生を送っていると言っても過言ではないと思います。

実際に生きる理由を明確に自身の中に持っている人は果たして多くいるのでしょうか。もちろん生きがいと誇れるものを持っていて、それを生きる理由に据えている人もいるとは思います。ただ、生きがいがある人でも上手くいかなくて悩むこともあります。

人間は皆、悩みながら時には絶望さえ経験しながらも試行錯誤しつつ人生を歩んでいると感じるのです。ですから考えて分からないなら考えずにただ一瞬一瞬を大切に生きていければ良いなと思うのですが、そう簡単に切り替えられないのもまた人間ですよね。

人にはそれぞれ考え方にその人なりのクセがあります。特に物事をネガティブに考える傾向にある人は少し考え方の視点を変えてみると人生と上手く向き合えるかもしれません。人生は長い道のりです。焦らず歩んでいきましょう。

スポンサーリンク

生きる理由が欲しいのはなぜ?

そもそも人はなぜ生きていくのに理由が欲しくなってしまうのでしょうか。今生きる理由がなくて困っている人はその点について自分に問いかけてみると自分を見つめ直す良いきっかけになるかもしれません。

生きる理由より死ぬ理由の方が多いと感じるから

生きていると死にたくなるほど辛いことや悲しいことに遭遇することもあります。そんな時には生きることに意味が見いだせずに死と言うものに目が向いてしまうこともあるかもしれません。

死について考えるということは一見非常にネガティブなことに思えますが、人間にとって生と死は表裏一体で神秘的でありながらも実は私たちのかなり身近にあるものなのです。そう考えていくと生きているものが死について考えるというのは自然なことのように感じます。

しかし、生きる理由がないということが死とイコールになるかと言うとそうではないと思います。人は誰でも使命を持って生まれてきていて、生きる理由がないという人はないのではなくそれを見つけることがまだできていないだけだという考え方もあります。

毎日同じことを繰り返しているだけに感じるから

「毎日が同じことの繰り返し」と感じながら日常生活を送っている人は少なくないと思います。刺激がない毎日に飽きてしまう気持ちは非常によく分かります。しかし、刺激のある人生ばかりが幸せであるとは限りません。

人は無いものねだりでもあります。なんとなく他の人の方が幸せであるかのように目には映ってきます。ですが、実際に他の人から見ると羨ましいぐらい幸せな人生を送っているかのように感じる人も、本当にそうであるかというのは本人にしか分かりません。

つまり幸せというのは決まった形が存在するのではなく、人によって形を変えてくるものなのです。その人が幸せと思えば幸せであるし、不幸だと思えば不幸になるのです。そう考えると毎日の同じことの繰り返しが不幸であるかどうかは、その人次第でいくらでも変わる可能性を持っていると言うことができます。

生きる上で実は寂しさを感じているから

人間は孤独に弱い生き物であると言うことができると思います。もともと1人でいるのを好む人は確かにいます。ですが1人でいることが孤独であるのではありません。1人で生きていても孤独でない人もいます。

では、孤独とはどのような状態を指すのかと言うと、自身の置かれている状況で寂しさを感じるかという点がポイントだと思います。若いころに1人でいても寂しさは感じなかったけれど、歳をとると同じ状況下でも寂しいと感じるようになったというのはよくあることのように思います。

「自分の人生これで良いのか」と疑問を感じるから

人生が自分の思った通りに何事も上手く進めば悩むことがないのにと思うかもしれません。現実は「こうなるはずじゃなかったのに」と思うことが多くて生きることに悩みが出てくることもしばしばですよね。

しかし、人生の中でさまざまな壁にぶつかるからこそ、人は大きく成長していけるのではないでしょうか。逆に誰が何を行ってもスムーズにいけば、それこそ人が生きる意味が見出せないのではないでしょうか。

人には各人で物事の進め方に違いがあります。人生の壁にぶつかったときにどうやって乗り越えていくかは千差万別です。その人にしか成し遂げられないことがあるからこそ、人は生まれてきたんだと感じます。

生きる理由が分からない時に試して欲しい4つのこと

頭では分かってはいるものの、生きることについて考えるのは人間の性です。考えるのは悪いことでは決してありません。しかし、ただ悩んで自身を消耗してしまうのはとてももったいないことです。どうせ考えるのなら後の人生をより良くしていける建設的な考え方ができるように行動を起こしてみてはどうでしょうか。

やりたいと思えることを優先的にやってみる!

生きる理由を模索するということはとても頭を使う作業です。考えても煮詰まるだけで何も分からないという時にはそれとは正反対のことに取り組んでみましょう。頭で考えずに自分の心のアンテナを立ててやりたいと感じたことに挑戦してみるのです。

それは本当にどんなに小さいことでも良いのです。また、会いたいと思う人に会いに行くとか欲しいと思ったものを買ってみるということでも良いと思います。要は本能の声に耳を傾けてみるということなのです。

人生はたくさんの『しないといけない』ことで溢れています。特に大人になるとそれを痛いほど実感します。もちろん皆が本能のままに生きていたら人間社会が成り立たなくなってしまうので、それは大切なことではあるのですが、それにとらわれ過ぎると心が枯渇してしまうのも事実であるように感じます。

自身の中から『しないといけない』という鎖を少し外してのびのびと翼を伸ばして行動してみましょう。案外、生きる意味というものは自身の身近に落ちているのかもしれません。

自身を客観視して積極的に視野を広げよう!

悩みがある時というのは、自身の殻に閉じこもってしまい主観的にしか自分のことを捉えることができなくなっていることも少なくありません。そんな時には周りにいる他の人のことを良く観察してみたり、自分以外の誰かと積極的に話したりしてみることをオススメします。

自分のことだけに意識を集中していると、どうしても視野が狭まってきます。また、自身の考えが発展する機会にも乏しいので悩みに対する新しい発想が生まれにくく、いつまでも同じ考えが頭の中で堂々巡りになってしまう可能性があります。

その点において他人と接するのが苦手だという人の場合には、いろんな分野の読書に挑戦してみることも1つの方法です。とにかく、自分の中に存在しない考え方をたくさん吸収するようにしましょう。

今いる場所でやれることはないか自分に問いかける

生きる意味について悩んでいる人は自身が置かれている環境に不満がある場合が多々あります。それが家庭なのか職場なのかそれ以外なのかについては分かりませんが、悩んでいることを環境のせいにしてしまってはいないでしょうか。

環境は自分の意志で割と簡単に変えることができるものです。家庭に不満があると離婚という道を選ぶこともあるでしょうし、職場に不満があると転職することでその職場を離れることができます。

ですが、環境を変えてもその後の人生が充実したものになるかというと、その保証はどこにもありません。生きる理由が今いる環境で見つからないとしても、環境を変えたら簡単に見つかるとも限りません。結局自分を取り巻く環境を作っているのは自分自身です。自分が変わらないことには、環境だけ変えても劇的な変化が訪れる可能性は低いのではないでしょうか。

自身の価値観と合わない人と敢えて接する

人間関係を構築するということは、多くの場合悩みがつきものです。世の中には自分と合う人ばかりということはありえませんよね。ですが、人は人によって成長させられることもまた事実であると思います。

自分の価値観と合わない人と接する時、感情的にその人のことを見てしまうと、きっと自分もストレスを感じて悩みにつながることになるでしょう。しかし物事にはいろいろな捉え方があり、どの人も自分の持っている考え方を中心に自身の人生を送っていることになります。自分と同じくらい相手も確固とした考えを持っていることに思いを巡らせてみましょう。

そう考えると、自分と違う価値観を持つ人の考え方には、人生を違った視点で見るためのヒントがたくさん隠されているかもしれません。また、場合によっては自分が考えつかないぐらい突飛な考え方をする人に出会うこともあるかもしれません。そんな時は嫌悪感をもって受け止めるのではなく、新たな人生観として自分の中の引き出しに入れてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

偉人による名言

生きることに迷った時、その道しるべとなってくれるものはさまざま存在しますが、その中でも特に偉人たちの残した言葉は深く胸に突き刺さり私たちを励ましてくれます。あなたも自分のお気に入りの言葉を見つけて心の指針にしてみてはどうでしょうか。

ユゴーの名言

ユゴーとはフランスの詩人兼小説家です。彼は生きることについて『生きている者とは、闘っている者だ』という名言を残しています。ユゴーにとって人生とは闘いなのです。それは他者と闘うということではなく、自身と闘うということではないでしょうか。

自身と闘うということは特別なことを成し遂げるということではなく、毎日の生活の中で昨日の自分よりも一歩何かにおいて前進するということであるように感じます。そんな小さなことに挑戦し続け成長を積み重ねていくことで、より豊かな人生を築いていけるのではないでしょうか。

ゲーテの名言

ゲーテはドイツの詩人です。ゲーテの名言は『人間の魂は常に耕される田畑のようなものである』というものです。これは人間はいくつになっても成長を続けることができることを表していると思います。安定を求め今の位置に留まることは簡単ではありますが、逆に今以上の人生を送ることができなくなるということでもあります。

どんな人生を送るのか決めるのは自分の意志次第です。迷うことがあったらひと休みしながらで良いと思います。ゆっくりとでも着実に前進している人生を送っていけたら良いなと感じます。

生きづらいと感じている人へ

今、生きる理由が分からなくて悩んでいるという人は頭だけで考えるのではなく、それを見つけるべく何らかの行動を起こす第一歩を踏み出してみることをオススメします。

自身の頭で考えられることは想像以上に範囲が狭いということが多々あります。自分で考え付かないような新しい発想を見つけることができたら、それがヒントになり人生に光が差し込んでくることもあると思うのです。

人生は長い長い旅をしているようなものです。時には迷うこともあるでしょう。もう駄目だと立ち止まってしまうこともあるでしょう。大切なのはどんなことがあってももう一度立ち上がって前進の一歩を踏み出すということではないでしょうか。

スポンサーリンク