意外と多い?職場に馴染めない人が上手くいく方法を教えます。

毎日顔を合わせる人たちとの人間関係がぎくしゃくしたり、どうしても職場に馴染めない、辞めたい、と考えている人たちは想像以上に多いようです。考え方次第で職場に馴染めない状況をうまく乗り越えることができるかもしれません!この記事では、改善に役立つ方法をご紹介します。

職場に馴染めないと悩んでいる人は意外と多い!

職場に馴染めないと悩んでいますか?誰もが楽しく仕事をする環境を求めていますが、なかなかうまくいかないと悩んでいる人は大勢います。毎日会う上司や同僚と気まずい、険悪なムードが続いている、自分にはむいていないなど理由は様々です。

特に新卒の方や新人さんはそう感じてしまうことが多いようです。しかし、考え方ひとつで状況がよくなることもあるんです。この記事では、改善するために役立つこと、絶対にやってはいけないこと、ポジティブ思考を保つことの大切さについて取り上げます。

職場に馴染めない?改善する4つのポイント!

状況を考えて行動する

一人で仕事をしているのではない限り、少なからず良い人間関係を保つことはとても大切なことですね。でもすべての人が異なった性格やキャラクターを持っているので、合う合わないがでてくるのは当然のことです。

そこで、ひとつ工夫をしてみましょう。何か言う前に、行動する前に、その場で何が起こっているのかを考えてください。いわゆる「空気を読んで行動する」ことです。例えば、上司が電話ごしで何やら深刻な話しをしています。溜息をついたかと思えば声を荒げてみたり。そんな電話の直後に緊急性のないお願いをする必要はないですね。

オフィスが何やら慌ただしく動いています。今日は社長訪問の日です。そんな時に堂々と休憩を取ったり自分の都合を優先させる人がいたら、あなたはどう感じますか?その場の空気を読んで、状況に合わせて行動することで職場の雰囲気が良くなり自分も過ごしやすくなるはずです。

相手のことを考える

寒そうにしている人がいるなら、冷房を下げましょうか、とその一言が相手の心に届き和やかな風が流れます。たくさん荷物を持っている人がいるならドアを開けてあげたり、誰かが物を落としたら拾ってあげたり、笑顔であいさつをするなど基本中の基本と思われるかもしれませんが、これをするしないでは人生が大きく変わります。

特に顔の表情や声の調子によって人の印象はポジティブにもネガティブにも変わりますから、周りの人と話す時はなるべく笑顔で明るく話すことを心掛けてみるのはいかがですか?

感情をコントロールする

仕事中に予定外のことが起こる、というのはつきものです。突然コンピューターのシステムダウンによって仕事が大幅に遅れたり、出張が立て続く、何か失敗をしてしまった、など気持ちに余裕がなくなることは誰でもありますね。

ついイライラして大声をあげてしまったり、思ってもいないことを言ってしまったりすることは人間ですから誰でもあります。ただ、誰かが感情的になると周りにいる人は精神的にストレスを感じてしまうことが多いですね。あなたにも経験ありませんか?

ですから、特に仕事中は冷静になることを心掛けて、感情的にならないように自分でも努力をしましょう。感情的になってしまうと、あとあと後悔して、逆に職場にいきずらくなるシチュエーションを自分で作ってしまうことにもなりかねません。

仕事に対して真剣な態度を保つ

疲れている時、気分がのらない時、そういう時もあります。ただ、手を抜こうとしたり仕事を軽率にみてしまうのは良くないです。自分にはそのつもりがなくても、周りは何か感じている場合もありますから注意してみましょう。

たとえば、とりかかってもいない仕事をはなからできないと決めつけて手をつけようとしない、休憩にいったっきりなかなか帰ってこない人、たまにいますね。どんな時でも、任された仕事を一生懸命終わらせようとする姿勢は相手に伝わります。それはその人との信頼関係を築くだけでなく、これからも一緒に仕事をしたいという気持ちに導くかもしれませんね。

絶対にしてはいけない態度

人によって接し方を変える

上司にこびる人がいますね。こびるだけでなく、話し方や話す内容が人によって変わる人がいます。自分の基準による重要な人とそうでない人がはっきりと表にあらわれてしまっています。とっても失礼な態度ですね。こういう人と親しくなりたいとはあまり思いませんね。

確かに、上司などには丁寧に接する必要のある場合もあるでしょう。でも、あからさまに違う接し方や態度をとるのは良いとはいえません。

自分が周りから好かれたい、認められたいという願いから、他の人のことを悪く言って自分が上に立とうとする人たちがいます。そのような人たちは、人のあら捜しをしたりネガティブな面を話題にしようとするので一緒にいても楽しくないですね。

そのうち、人が寄ってこないようになり孤立してしまうことがあるかもしれません。人はいったん孤立してしまうと、その後また同じ職場のグループの中に入っていくのがとても難しくなる一方です。人の良い面を探す努力をする方が、人とうまくやっていくには役立ちそうですね。

感謝しない

どんなに嫌味や皮肉を言われたとしても、同じ会社で同じ仕事をしている仲間です。人はどんな状況でも一人で生きていくことはできません。自分が不調になったとき、誰かに助けてもらう時が必ずくるでしょう。

人に対するリスペクトや感謝を無くしたら人間関係をそれ以上深めることは無理だと考えても過言ではありません。これだけは会社だけでなく、どの世界でも忘れたくないポイントですね。

転職を考えるタイミング

どうしても職場に馴染めないというのであれば、転職を考える。それも一つの方法です。あなたの人生ですから、転職してもっと楽しい生活を送ることができると思うなら具体的なプランを立てましょう。実際、転職して良かったと思っている人もたくさんいるのですから。

ただし、職場に馴染めないから辞めたい、職場を変わりたいと思い始めているのは、その仕事を始めてからどのくらいたってからですか?3ヶ月ですか?1年?もしくは3年以上たっていますか?もしあなたが3年以上耐えて努力し続けている上で転職を考がえているなら、次の仕事を探すのもいいかもしれません。

でも、もし3ヶ月から1年未満であるならば、まだ職場全体の状況を把握できていないこともあるかもしれないので、もう少し様子をみるのも良い策かもしれません。特に新卒で社会経験が少ない方の場合は、自分が想像していた仕事とあまりにも違いすぎて動揺している可能性もあります。

ある人たちは、何があっても2年間は続けてみよう、2年たってそれでも何も変化がなければ転職を考えようと自分の中で決めている人たちもいます。短期間で転職を繰り返してしまうと、それがだんだんと癖となってしまうことがあります。

次第に新しい仕事を探す時に先方からこの人はすぐに辞めてしまうかもしれないという印象がついてしまいなかなか仕事を見つけることができないという、新たなチャレンジがうまれてきてしまうこともあります。ですから、転職をするにしても慎重な判断が必要ですね。

ポジティブ思考を忘れずに!

楽しく仕事をしたいのに、職場に馴染めないといって毎朝仕事へ行くのがツライと感じている方が意外と多いようですね。ストレスばかり溜まって、これからどうしていいか分からないと悩んでいる方もたくさんいます。まず、自分自信の態度や思考を変える余裕があるなら、試してみてください。

この記事にあった役立つ方法とやってはいけないことについて考えてみてください。どうしても無理であると感じるなら転職もオプションの一つです。ポジティブ思考を忘れずい状況の改善を求めてしっかり考えてみましょう!