復縁したい…!冷却期間の過ごし方と、嫌がられないアプローチとは

スポンサーリンク

大好きで別れたくないのに、別れを告げられてしまった場合、距離をおかなれけばと思いつつも、心がなかなかついてこないですよね。別れの原因にもよりますが、復縁したいなら冷却期間を置いて上手に再度アプローチをすることが有効です。

復縁したい!冷却期間っている?いらない?

好きなのに、別れを告げられてどうしても別れたくないときってありますよね。そんな時は元の2人に戻りたいと復縁を願うことでしょう。相手の気持ちを考える前に、自分の気持ちでいっぱいいっぱいになって、相手によけいに嫌な思いをさせてしまうこともあります。

そこで、重要なのが「冷却期間」です。自分の気持ちを今一度確かめるためにも、相手に時間を与えるためにも意外と冷却期間は必要なのです。好きな気持ちが強くて冷却期間なんていらないと思うこともあるでしょう。もちろん、このままうまくいかなくなることもありますが、人間の心理的にも冷却期間があったほうがいいといわれています。

ここでは、冷却期間の過ごし方や復縁のアプローチの仕方を解説していきます!

スポンサーリンク

元カレ・元カノとの冷却期間はどうする?

復縁したいと願っているときは、すごく切ない気持ちになって、苦しくなりますよね。冷却期間中に相手の心から自分がいなくなってしまったらどうしようとか、この期間中に他に彼氏彼女ができたらどうしようなど、すごく不安になることでしょう。そこで、冷却期間中どうすればいいかを紹介します。

復縁のための冷却期間の過ごし方

復縁に向けての冷却期間の過ごし方は、相手を思って泣いてばかりでは、いけませんし、閉じこもっていてはいけません。相手に戻りたいと思わせないといけないので、時間は自分のために有効に使いましょう。別れなければよかったと、相手に思わせるために使う時間にすることです。

冷却期間中は、とっても不安になり、辛いことが多いと思いますが、内面磨きや外見磨きにいい絶好の期間です。内面磨きは、今までしていなかった新しいことへのチャレンジをすることをおすすめします。たとえば、資格取得のために勉強をしたり、なにか趣味をみつけることです。

元カレや元カノの他に夢中になれるものを見つけることで、時間はあっという間に経ちますし、何かに夢中になっているあなたを見て、「あれ?私(俺)のことはもういいのかな?」など、逆に相手を不安にさせることができます。付き合っていたときとは違う素敵な面が現れることで、相手に戻りたいなと思わせることができます。

冷却期間中のメール

冷却期間中のメールですが、したくてたまらないでしょうし、相手からもこないかなーって何度もメール確認をしてしまうでしょう。しかし、冷却期間中はメールはしない方がいいと思います。冷却期間を何ヶ月とか、とりあえず期間を決めている場合もあるでしょう。その時は、その期間中はメールを我慢してください。

メールをしてしまうと、相手からの返事を望んでしまいます。返事がない場合もありますし、そのメールが原因で、相手からうざいなと思われてしまったりもするでしょう。あなたがいないことを寂しく感じさせることができたら、復縁の希望も増しますので、我慢しましょう。

冷却期間はどのくらい?

冷却期間の長さは、冷却期間をとる原因となった理由によって変わってきます。理由が深刻なほど、その期間も長くなります。相手があなたのことを完全に拒絶したくなるような理由でしたら、1、2週間じゃ相手の気持ちは何も変わらないでしょう。最低でも1年ぐらいはかかるかもしれません。

短い期間だと、たったこれだけの期間で何か変わった?と思われてしまい、復縁は難しいでしょう。1年ぐらい期間があけば、相手もあなたとのいい思い出をよみがえらせることができるでしょうから、復縁の可能性も高くなるでしょう。

ただし、つまらないことで言い合ってしまった小さな喧嘩だとしたら、冷却期間は1週間程度で冷静になって復縁できるでしょう。お互いが激しくぶつかりあうような喧嘩からの別れ話になってしまったら、2週間から1ヶ月程度冷却期間を置いて自分を見つめなおしましょう。

冷却期間後のアプローチとメールのポイント

メールも我慢して、自分磨きも頑張って、冷却期間をしっかり置いたら、もう1度アプローチしてもいいと思います。しっかりと考えた期間があったうえで、やっぱりこの人と一緒にいたいと思えて再度告白されたら、相手も悪い気はしません。こんなに思ってくれたんだと思って復縁の可能性も高くなるかもしれません。

冷却期間後の連絡

冷却期間があると、どんなふうに相手に接したらいいのか分からなくなりますね。ドキドキもしますし、やっととれる連絡ですし、失敗はできません。そんな時、有効なのがメールです。相手にとっても、あなたと久しぶりの接触になるので、メールのほうがいいと思います。

まず、大切なのは冷却期間後に初めて送るメールなので、内容が重たくないようにしましょう。返事が返ってくるようなメールを送ることが必要です。では、次の項で、復縁メールについて詳しく見てみましょう。

復縁メールは慎重によく考えて

では、復縁したいときに送るメールについて紹介します。どうしても好きになった人への溢れる気持ちは、止めることができませんよね。冷却期間を置いて、冷静になった自分が考えた結果、戻りたいと思えたのなら、それは相手に対する本物の気持ちです。きちんと期間をおいて考えてからの連絡でしたら、相手もきちんとした人ならちゃんと対応してくれます。

しかし、最初の1通目はとっても大切になってきます。最初の1通目で相手に不快な気持ちを与えてしまったら、せっかくとった冷却期間が台無しになってしまいます。相手があなたのメールを心待ちにしていたとしても最初のメールは好印象のものにしたいですね!

復縁メールの内容

復縁メールの内容のポイントですが、意外にも、まだあなたのことが好きだという未練がましいことをいうのはやめておいた方がいいそうです。未練のメールは、相手も戻りたいと思っているのであればいいのですが、そうでなければ返信がこなく、無視されてしまう場合もあるからです。

せっかく冷却期間を経てとる連絡ですので、返事がきやすいメールを送りましょう。返事がきやすいメールというのは、長すぎず短すぎないメールでなにか要件や質問のような感じで送るといいでしょう。「久しぶり。○○について知りたいんだけど」とか、だれかに協力してもらって、「○○を忘れてない?」など、返事がしやすいものを送ります。

さらにメールが続いたら、次は会う約束をしましょう。急に会う約束をしては、自己都合と思われてしまうので、会話が弾んでからにしてください。そして、会うことができたら、もう1度アプローチしてください。会うことを拒否されてしまったら、復縁の可能性は低いかもしれません。それでも伝えたい思いがあるなら、伝えてください。

復縁メールの頻度

付き合っているときは、毎日していたメールも、冷却期間を置いて、再度メールができるようになったらまた毎日したくなるでしょうが、頻度は考えましょう。そして、返事がこないのに、ポンポン送るのもやめましょう。相手から返事が来た時もすぐに返すのではなく、少し時間をおいてから返しましょう。

とにかく相手に警戒心を持たれたら、うまくいかなくなってしまいます。ですので、相手のメールのテンションに合わせることも大切です。あなたがメールをして30分後に返信がきたのなら、あなたも次のメールは30分はあけてからするようにしましょう。

復縁メールがうまくいく占い

復縁するためには、藁にもすがりたい気持ちの人もいるとおもいます。復縁のためにする最初の連絡もとてもドキドキするでしょう。そんな時には、無料で復縁メールを送るタイミング占いなど、復縁占いをしてくれるサイトもあります。当たるかどうかは分かりませんが、心を落ち着かせるためにしてみるのもいいと思います。

また、復縁のためのおまじないに「未来メール」というものがあります。未来メールは自分の望む未来を手に入れることができるおまじないです。おまじないの方法は、メールの宛先に自分のアドレスを入れ、タイトルには、「願いが叶いますように」と入力します。

そして、本文の1行目に願いが叶ってほしい日付、2行目に相手の名前、3行目に願い事を過去形で書いてください。過去形なので、復縁できますようにではなく、「復縁できた」と書きます。終わったら、メールを送信します。

送信したメールは削除し、受信したメールは、願いが叶ってほしい日付までそのままにしておきます。もし願いが叶ったら、「ありがとうございました」と唱えながら未読のままメールを削除してください。叶わなかったときは、「叶いませんでした。次こそはかなえたいです」と唱え、既読にしてメールを削除し、再度おまじないをします。

スポンサーリンク

冷却期間をしっかりとって次に進もう

復縁のための冷却期間について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?誰もが思い通りにならないことを抱えて生きている世の中で、大好きな人を思って冷却期間をおくのはとても辛いことでしょう。しかしそれをのりこえたら、またうまくいくかもしれない未来が待っています。その時のあなたは前よりも成長していることでしょう。

また、戻れなかった場合でも、あなたが人間的に大きくなっていることには違いありません。そんなあなたには次の素敵な相手がきっと待っています。冷却期間は辛いものですが、とても大切な期間なんですね。

スポンサーリンク