好きな人を落とす方法って?男性を振り向かせる5つのテクニックやlineとは

スポンサーリンク

好きな人落とす方法を知りたくありませんか?こちらでは好きな男性を落とす方法を紹介しています。あなたは実践できていますか?また好きな人を落とすlineの効果的な使い方も併せて紹介しています。一度ご自身の行動やlineと照らし合わせてみてください。あなたの恋が成功にグッと近づくはずです!

好きな人落とす方法を教えて!

好きな人を落とす方法を知りたくありませんか?彼からアプローチしてほしいといくら願ってみても、行動を起こさなければあなたの恋は始まりません。最終的な告白は彼からしてもらうにしても、その前にあなたが好きになったのなら、彼を落とす方法を知らなければいけません。

こちらでは、男性心理を利用して好きな人を落とす5つの方法と、好きな人を落とすlineの効果的な使い方を紹介しています。

スポンサーリンク

男性心理を利用して好きな人を落とす5つのテクニック!

まずは、女子が好きな男性を落とす方法を確認してみましょう!男性は女性にどんなアプローチをされたら、ドキッとして落ちてしまうのでしょうか?

気のあるそぶりをそれとなく見せる

女性が好きな人を落とすためには、まず相手に気のあるそぶりをそれとなく見せることです。最近は女性からガンガン攻めるタイプの恋愛もありますが、まずは様子見で相手に好意をさりげなく伝えましょう。

まずは、彼の視界に入る、彼を見つめて目が合いそうな瞬間に逸らす、時々目が合うまで見つめるなどして、存在をアピールしましょう。人は本能的に、よく見かける人が気になってしまいます。その心理を利用するのです。

話せる間柄になれば彼の趣味や興味のあることを聴く、彼女の存在を聴くなども、「この子俺に気があるのかな?」と思わせる方法です。ここでポイントになるのは、スキがダダ漏れにならないことです。あくまでも「それとなく」がポイントです。

一緒に過ごす時間を増やす

彼と一緒に過ごす時間を増やすには、まず現状をチェックしてみましょう。一方的に知っているだけなのか、顔見知りなのか、友達なのかによって変わってきます。

もし一方的に知っているだけなら、出会いのきっかけを作らなければいけません。共通の知人がいたらラッキー!協力依頼しましょう。まずは顔見知りになってから、偶然を装って出会う回数うをふやし挨拶を習慣にするのです。友達になれたなら、できるだけ一緒に過ごす時間をふやしましょう。

一緒に過ごすということは、同じ体験を共有すると言うことです。例えば一緒にスポーツしたりカラオケしたりといったことを共有することで、相手に自分の存在を印象付けることができます。さらに「あの時の○○楽しかったね」と言語化することで、より存在を強く残すことが可能です。

とにかく褒める!

大好きな男性のことなので、探さなくても褒めるべき場所はたくさん見つかるでしょう。そうなれば、出し惜しみせずに、とにかく褒めて褒めて褒めまくりましょう!男女問わず褒められると嬉しいものですが、男性は女性に褒められると承認欲求が満たされるので嬉しくなるのです。

男性が女性に褒められて嬉しいのは以下のポイントです。
◇外見(顔がカッコイイ!背が高くて素敵など)
◇性格(優しい・頼りがいがあるなど)
◇仕事(仕事ができる・仕事が早い・すごい仕事についているなど)
◇センス(持ち物・服装など)

これらの中から、あなたが「本当に」素敵だと思ったところを褒めましょう。嘘は白々しくなって逆効果になるので要注意です!

大好きな彼にだけ頼る

男性は女性を守りたいという本能があるので、頼られると嬉しいものです。しかも自分にだけ弱みを見せてくれたとしたら、頼りにされていると実感できるでしょう。

最初からヘビーな人生相談などは重たく感じられる可能性があるので、彼の得意分野に関する簡単な相談などがおすすめです。背が高い彼なら高い場所にあるものを取ってもらったり、家電に詳しい彼なら買い替えの相談をするなどが効果的です。いずれにせよ、最初は「お安い御用!」と言えるくらいのものがいいでしょう。

このようにして少しずつ親しくなっていけば、自分の弱みをさらけ出すような相談をしてみてもいいでしょう。

物理的距離を縮める

心理的距離を縮めるのは難しいかもしれませんが、物理的距離を縮めるのはそう難しくはありません。もう一歩彼に近づけばいいのです。実は物理的距離と心理的距離は比例しているのです。全くの他人同士が満員電車で近づくのは不愉快ですが、親しい人となら引っ付いたりハグしたりすることはうれしいものですよね。

その心理を利用して、まずは物理的に近づいてしまいましょう。このとき気を付けたいのが、相手の半径50cmのパーソナルエリアに入り込まないことです。パーソナルエリアとはその人が守っておきたい距離で、相手に踏み込まれると不快になるエリアです。

先ほど例に出した満員電車で不快な気持ちになるのは、パーソナルエリアに他人が侵入しているからです。もちろん恋人同士になればその距離はなくなります。まずは相手が不快に感じないギリギリの50cmを意識して近づいてみましょう!

好きな人を落とすlineって?

世の中の女性はどのようにline(ライン)を活用して好きな人を落としているのでしょうか?ちょっと覗き見してみましょう。

相手が興味を持っている話題を振る

好きな人をlineで落としたいのなら、まずは相手が興味を持っている話題を振ることが大切です。自分が中心にならないように、あくまでも相手が語りたくなる内容をチョイスして下さい。話題を振った後、相手が乗ってきたらあなたは聞き役に徹しましょう。もしよくわからない内容なら、質問攻めにしてもいいでしょう。興味のあることに関しては、喜んで教えてくれるはずです。

相手は自分の興味のある話を熱心に聴いてくれるあなたとのlineを楽しく感じるはずです。あなたとのlineが楽しい=あなたといると楽しいという心理状況にすれば、あなたに落ちるのはもはや時間の問題です。

リプライは相手を肯定する内容で!

相手へのリプライは、相手の発言を肯定する内容にしましょう。世の中には無意識のうちに議論を好む人がいます。本人は議論=会話が盛り上がったと感じているかもしれませんが、発言を否定(議論)するようなリプライをすれば、相手にウザがられてしまうでしょう。ましてや男性は、女性から否定されるとプライドを傷つけられてしまいます。

議論が好きならお付き合いを始めてから、少しずつ議論に付き合ってもらうようにすればいいのです。特にlineでは表情や声色を伝えることはできません。相手を落とそうという段階で、相手に議論を持ちかけるのはNGです。最初はとにかく褒める・相手の意見を肯定するというところからスタートしましょう。

lineがきたら即返事が基本!

男性心理とはわがままなもので、基本的に女性からのこまめなlineを嫌う傾向にあります。中にはずっとlineで会話していたいと思う男性もいますが、基本的には「今日何してた?」「今日○○たべて美味しかったよ!」などと言う話題はどうでもいい話題で、返信に困る話題なのです。だから既読スルーをしてしまうことがあるのです。

でもこれが反対になるとどうでしょうか?男性は自分が送ったlineの返信は、早く返されることを望んでいます。既読にならないのも良くありませんが、既読スルーなどもってのほかです。もし落としたい相手からlineが来たら即返事を基本にしてくださいね!

スポンサーリンク

好きな人を落とすには相手をしっかり観察すること!

好きな人を落としたい。その気持ちばかりが先走ってしまって、独りよがりになってはいけません。相手のことが好きだからこそ、相手のことを思いやる。相手の状況をしっかり観察することが大切です。きっと相手の好意が見える瞬間があると思うので、そこを見逃さずにアプローチしましょう!

スポンサーリンク