陰毛に白髪が生える原因と対処法とは?おすすめの白髪染めもご紹介

スポンサーリンク

陰毛に白髪が生えてきたって聞いたことありますか?髪の毛の白髪は、若いうちから生えてくる人もいますよね。しかし、陰毛にも若いうちから白髪がはえてくる人もいるのです。実は、陰毛は髪の毛の次に白髪になりやすとも言われています。まだはえていない人も人事ではなさそうですよね。そこで、陰毛の白髪の原因やその対処法についてまとめました!

陰毛に白髪って生えるの?

髪の毛に白髪が生えてくることって、若い人でもありますよね。しかし、陰毛に白髪ってあんまり聞いたことがないかもしれません。そんなことあるの?って思うかもしれませんが、実際に陰毛に白髪は生えるものなのです。髪の毛の白髪だけでも生えるととってもショックなのに、陰毛に白髪が生えたらそれはそれはショックですよね。

生えるとショックですが、実は白髪は、髪の毛や陰毛だけでなく、ひげや鼻毛、わき毛、眉毛、まつげ、さらに男性なら耳の毛など、体毛すべてが白髪にある可能性を秘めています。

普段は見えない場所でも、彼氏や彼女に見られたりしたら、とっても嫌ですし、それもショックですよね。しかも、1度白髪が生えたらどんどん増える気がして、もう黒くならないのか不安にもなりますね。そこで、今回は陰毛の白髪について、対処法や原因をまとめました。

スポンサーリンク

陰毛に白髪が生えるとは?

陰毛に白髪が生えるってどうゆうこと?って思いますよね。生えたらどうなるのかも気になりますね。また、何歳ぐらいから生えるのでしょう。そこで、ここでは、陰毛に白髪が生えるとどうなるのかを紹介します。

陰毛の白髪は20代女性でも

陰毛の白髪は、通常は40代になってからが多いようですが、最近では10代や20代の女性や男性にも生えてきたと言われ、悩んでいる人もいるようです。しかし、白髪は頭髪や陰毛だけでなく、まつげやワキ毛、眉毛、鼻毛などにも生えるそうです。それも20代で生える方もいるようです。

最近は、ストレス社会といわれ、ストレスを抱えた若者も多くいますし、食生活の欧米化や生活のサイクルの乱れなどから、若いうちから陰毛などに白髪が生えてくる原因にもなっているのではないかといわれています。

陰毛の白髪はかゆい?

頭髪でもそうですが、陰毛でも白髪部分がかゆいと言われる方がいます。これは、白髪が生えたら絶対かゆくなるというわけではなく、かゆくなる人と、かゆくならない人がいるようです。かゆくなる原因は、はっきりと分かっていないようですが、白髪が増えているのが原因ではないかといわれているそうです。

実際に、白髪を染めるとかゆみがおさまると言われる人もいます。それでも、頻繁に染めたりするのも大変ですので、デリケートゾーンの痒み止めや、ステロイドを処方してもらう人もいるそうです。

かゆみ対策にこれ!

フェミニーナ軟膏は、デリケートゾーンのかゆみに効く低刺激のクリームタイプの軟膏です。塗る回数は、かゆみに応じて1日1回~5回程度です。日本で初めて発売されたデリケートゾーンのかゆみやかぶれを鎮める治療薬です。低刺激で肌に優しく、かゆみをすばやく鎮めます。

有効成分リドカインおよびジフェンヒドラミン塩酸塩がしつこいかゆみや炎症を鎮めます。また、かゆみを鎮めるだけではなく、雑菌成分イソプロピルメチルフェノールが雑菌の発生を抑えてくれます。使い心地は、親水性クリームなので、べたつかず、肌なじみの良い使い心地です。

陰毛の白髪は多くなる

頭髪の白髪が増えるように、陰毛の白髪も多くなってきます。中には、急に増えることもあるそうです。ですので、どんどん増えてくる前に、自分で対策をしておくことが必要です。

陰毛に白髪が生える原因とは?

そもそも、どうして陰毛に白髪が生えてくるのでしょうか。放っておくと、黒く戻ってくれるならいいのですが、白髪が黒に戻ることはなく、1度白髪になって生えてきた毛根は、再度白髪で生えてくることが多いと言われています。どんなことが原因で白髪が生えるのでしょうか。

実は、白髪の原因は詳しく解明されていません。ここでは、白髪になる原因となっているのではないか?といわれていることについて紹介していきます。

陰毛の白髪は病気が原因?

陰毛に白髪がはえたり、急に白髪が増えたりすると、ガンや、不妊症、性感染症などの病気の証拠だという方もいますが、これらの病気と陰部の白髪は関係なく、病気の前兆になることはないようです。頭髪に白髪ができたら、なにかの病気の前兆だとはなりませんよね。それと同じで、陰毛の白髪も、生えたからといって病気が疑われることはありません。

また、頭髪や、ほかの部分には白髪がないのに、陰毛にだけ白髪が生えているから心配だという方もいますが、陰毛にだけしか白髪が生えていなくても、病気の心配はないようですよ。

陰毛の白髪は老化が原因?

陰毛の白髪は、通常でしたら40代過ぎたころから生えてくると言われていますので、老化も1つの原因でしょう。20代の人で生えてくる人も、体のどこかが衰えている証拠だと言われています。毛はメラニン色素があることで、黒くなるのですが、メラニン色素がない状態で生えてきた毛が白髪になります。

老化によって、メラニン色素を作るときに必要な酵素・チロシナーゼが体内から減っていきます。この、チロシナーゼがないことには、メラノサイトが健康であったとしても、スムーズにメラニン色素を作り出せなくなってしまいます。よって、メラノサイトも機能しにくくなると言われているのです。

陰毛の白髪は遺伝が原因?

髪の毛の質が両親に似るのと同じように、陰毛の白髪も遺伝の可能性もあると言われています。若くして陰毛に白髪が生えてきたひとは、遺伝による原因が強いかもしれません。もし、白髪の人が多い家系の場合は、メラノサイトが機能しにくくなりやすい家系といえるかもしれません。

陰毛の白髪はストレスが原因?

ストレスをため込むと、体のどこかに不調をきたします。体調を悪くしてしまうことで、自律神経に乱れを生じ、稀にメラニンが放出されないことがあります。ストレスを感じて、一気に白髪がバッと増える人もいます。また、栄養不足や生活習慣の乱れも原因かもしれないと言われています。

最近は、過度なダイエットをする人も増えています。それにより、必要な栄養素が不足すると、陰毛にまで栄養が行き届きません。健全にメラニンが作られるには、ミネラル、アミノ酸、ビタミンなどが不可欠です。これらの栄養素が足りていないと、白髪ができやすくなるといわれています。

さらに、生活習慣の乱れも現代社会では多くなっていますね。不規則な生活リズムで、睡眠不足となった場合は、自律神経のバランスを乱し、成長ホルモンの分泌や、全身の結構のコントロールも乱してしまいます。よって、新陳代謝が悪くなり、白髪の原因になっているのではないかといわれています。

スポンサーリンク

陰毛に白髪が生えた時の対処法

では、実際に、陰毛に白髪が生えたときは、どう対処したらいいのでしょうか。人から見えない場所であっても、自分自身がすごく気になってしまいますよね。白髪染めをするのがおすすめとされていますが、白髪染めは、後で説明します。ここでは、それ以外の皆さんがされている対処法をまとめました。

陰毛の白髪脱毛

1つ目は、陰毛の白髪脱毛です。通常の脱毛サロンで行っている光脱毛や、医療機関で行っているレーザー脱毛は、メラニンという黒い部分に反応して脱毛をしますので、白髪には効きません。そこで、白髪にも効くと言われている脱毛が、ハイパースキン脱毛と、ニードル脱毛です。従来はニードル脱毛のみとされてきましたが、ハイパースキン脱毛でも可能となりました。

ハイパースキン脱毛は、処理に高熱が不要のため、痛みがありません。3~4週間に1回、その時のお肌にある毛の種に特殊な光を当てて、毛の種を消滅させ、発毛そのものを予防する新しい脱毛法です。子どもでも痛くないというほど痛みはありません。

さらに、痛みや肌のダメージがない機会を使用しているので、アトピーやニキビなどの敏感肌の方でも安心してご利用いただけます。そして、白髪も脱毛し、肌内部でコラーゲンの育成もサポートしてくれます。

もう1つのニードル脱毛ですが、電気脱毛で、白髪の永久脱毛が可能となっています。毛穴から1本1本に直接働きかけて処理する方法なので、毛の色に関係なく処理できるため、白髪の脱毛も可能なのです。処理の時はすこし痛みを感じますが、1回の施術で処理した部分ははえてこなくなるので、即効性があります。

陰毛の白髪を抜く

次に陰毛の白髪を抜く方法ですが、あまり事故処理はおすすめしません。陰毛の毛根は太いため、抜くときも痛みがあるし、皮膚に炎症がでるおそれや、毛嚢炎や埋没毛になるおそれもあります。どうしても抜きたいときは、抜くのではなく、はさみでカットするほうがおすすめです。

陰毛の白髪にいい食べ物とは?

次に、陰毛の白髪にだけでなく、頭髪や他の体毛の白髪にもいいとされている食べ物や栄養素について説明します。普段から意識して摂取することで、白髪の対策にもなりますし、必要な栄養素ばかりで、健康にもいいですので、是非摂取することを心がけるようにしてください。

亜鉛

まずは、亜鉛です。亜鉛は、2,000種類以上ある抗そのうち、約300種類の組成に欠かせない重要なミネラルで、細胞分裂や新陳代謝、毛髪の色素や、育成に必要なエネルギーです。

亜鉛を多く含む食べ物は、牡蠣、牛肉、豚肉、鶏肉、卵、ごま、ココア、海苔、わかめ、昆布、カニ、スルメ、白米、納豆、ブロッコリー、レバー、チーズなどです。亜鉛は、ビタミンCと一緒に摂取することで吸収率がUPするといわれていますので、組み合わせて食べるようにしてください。牡蠣にレモンを絞るのは、とてもいい組み合わせですね!

ビタミン

次に、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCのビタミン類も白髪にいいといわれています。ビタミンAは、血行をより良い状態にしてくれます。また、免疫、生殖に不可欠といわれ、正常な細胞分化にも大切な栄養素です。ビタミンAを多く含む食材は、レバー、うなぎ、チーズ、にんじん、かぼちゃです。

次に、ビタミンB群は、新陳代謝を活発化させます。また、エネルギーをつくり、発育や細胞の再生、ターンオーバーにも使われます。また、神経細胞の中にある核酸の合成をたすけ、細胞の再生を促す効果もあります。ビタミンB群を多く含む食材は、豚肉、納豆、卵、バナナです。

そして、ビタミンCは、疲労回復、細胞育成に役立ちます。また、ストレス抵抗性を高めたり、血流悪化を防止したり、他の栄養素の吸収を大幅にアップさせる効果があります。ビタミンCを多く含む食材はフルーツ全般です。

銅には、毛乳頭の働きをよくする興亜があります。また、メラニン生成に関わる酵素チロシナーゼの補酵素としても働くため、銅が不足すると、毛の脱色といった症状を引き起こすことがあります。銅を多く含む食材は、ごま、牡蠣、アーモンド、エビ、いか、納豆、きな粉です。

葉酸

葉酸は、ビタミンB群の1つで、葉酸には、色素細胞を活性化させる働きがあります。また、細胞を作り出す働きもあり、毛の素をつくる育毛効果も期待できます。葉酸を多く含む食材は、レバー、ウナギ、緑黄色野菜のほか、わかめ、もずくなどの海藻類です。葉酸は熱に弱いので、なるべく生で食べられるもののほうがおすすめです。

陰毛の白髪染めおすすめ商品

次に、陰毛の白髪染めについて説明します。陰部は非常にデリケートなため、傷つけないようにしないといけません。染めることによって、皮膚トラブルが起きたら大変です。なので、染めるときは、トリートメントタイプのものや、低刺激のもので染めましょう。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントは、天然ミネラル豊富な利尻昆布エキスを配合し、天然由来の28種類のうるおい成分が入っています。利尻ヘアカラートリートメントは、痛んだ毛のもつマイナスイオンに+のイオンカラーが強く結合することで、発色がよく、ナノ分子カラーも配合され、白髪をケアしてくれる植物由来の天然成分も入っています。

無添加で、皮膚に負担をかけにくいため、陰毛の白髪染めにも向いています。毛や肌に優しい成分がたっぷり含まれていますので、安心してお使いいただけますね。

ラサーナ

ラサーナは、簡単に白髪が染まるトリートメントです。密着しやすいクリームタイプで、しっかり染めてくれます。また、毛の内側と外側をWで染める、マイクロ染料と、イオン化染料の2種類の染色成分が配合され、毛の内部まで浸透してしっかり染めてくれます。

また、赤系のシコンエキス、青系のグアイアズレン、黄系のウコンエキスの3種類の植物由来天然色素を配合し、毛の色をより深く整えます。また、真珠貝由来成分や羊毛由来成分でキューティクル補修をし、ブルターニュ産の海藻エキスで保湿成分も配合されているので、皮膚にも優しく非常に刺激がすくない白髪染めです。

ルプルプ

ルプルプは、ダメージ0の白髪染めです。頭皮へのやさしさ満足度はなんと96%です。美容成分が94%も配合され、紅花、クチナシ、藍からの植物由来の天然染料を使用しています。日本で古くから使用されている染料なので、安心してお使いいただけます。さらに、天然染料のため、他の皮膚についてしまった場合でもサッと洗い流して落とせます。

さらに、無添加処方で、動物性原料や、着色料などを使っていません。肌も毛も炒めずに優しく染めてくれますし、低刺激なので素手でそのまま触ることもできます。面倒な手間が省ける嬉しさもあります。そして微アルカリ性のため、しっかり染まります。

マックヘナ

ヘナは昔から白髪を染めるのにいいとされていました。ヘナはミソハギ科の植物で、ヘナの葉に含まれるローソンという色素が毛を染める役割を果たしています。ヘナには赤みがあるため、そのまま使用するとオレンジ色っぽくなります。

マックヘナは、インディゴの葉をヘナにブレンドし、赤みをやわらげて自然なブラウンにあるようにしています。地肌を痛めずにカラーリングできる、天然植物成分100%のマックヘナパウダー、不純物を含まない高品質の原料のみを使用し、400メッシュのきめ細かいパウダーで、仕上がり時間も早くなります。

陰毛の白髪は自己処理より脱毛か染めることで対処を

陰毛の白髪についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか?老化で生えてきたとしても、とてもショックですよね!そんなときは、すぐにでも抜いてしまいたい衝動に駆られるとおもいますが、抜いて肌を痛めてしまっては逆効果ですので、脱毛や、ヘアトリートメントで染めて対処するようにしましょう。

どこの毛も、白髪になりにくい人もいれば、なりやすい人もいます。それは、その人の体質や毛質、生活習慣などでも大きくかわってきます。ですので、改善できる場所があるなら改善して、なるべくストレスのない生活を送って、白髪対策をしましょう。

白髪の原因ははっきりとは解明されていないので、根本から治すことは難しいことかもしれません。しかし対策と予防を取り入れるだけでも、変わってくると思います。

スポンサーリンク