「結婚は人生の墓場」の男女別理由はコレ!相手を後悔させない人の3つの特徴

結婚は人生の墓場という言葉は、よく聞く言葉の一つです。しかし、これから結婚を考えている人は、この言葉の意味がとても気になることでしょう。今回は、結婚は人生の墓場だと感じる理由を男女ともに調べてみました。結婚は人生の墓場だと思われないためにも、4つの改善策を活用してみることをおすすめします!

結婚は人生の墓場なのでしょうか…

結婚は人生の墓場という言葉は、よく既婚者の人がいうセリフですよね。未婚である人の場合には、この言葉の意味を深く理解するのは難しいことでもあります。なぜ、結婚は人生の墓場と言われるのか、どのようなことに対して人は人生の墓場だと感じるのかなどを、詳しく解説していきます。

なぜ!?幸せなはずなのに…!「結婚は人生の墓場」といわれる由来

結婚は人生の墓場とは、既婚者の人からよく聞くセリフの一つですが、なぜ結婚は人生の墓場と言われるようになってしまったのでしょうか?まずは、結婚は人生の墓場と言われる理由から探っていきます!

「人生の墓場」という意味

じつは、この「結婚は人生の墓場」という名言の本来の意味は、現在日本で使われてる意味とはまったく異なる意味であると言われています。この言葉は、フランスの詩人である「ボードレール」が残した格言であると言われています。

この言葉の本当の意味は「自由な恋愛ではなく一人の人と深く愛し合い体を清め、墓のある教会で結婚しなさい」というものであり、これが現在の「結婚は人生の墓場」という意味の由来になります。

不特定多数ではなく、一人の人と愛し合いなさい、というとても素晴らしい格言なのですが、日本語に訳される過程で誤訳されてしまったために、現在のような意味合いとして日本で使われるようになってしまったようです。

あの頃の愛はどこへ?男性が人生の墓場と感じるときとは?

それでは、このように「人生の墓場である」と感じるのは、いったいどのようなときなのでしょうか?まずは、男性が人生の墓場と感じるときを、詳しく解説していきます。

1.結婚後に妻の性格が変わったとき

男性が人生の墓場と感じるときとは、結婚後に妻の性格が変わったときであると言われています。男性は結婚をしてもあまり変わらない人の方が多いのに対し、女性は結婚をすると性格が変わる人がとても多いと言われています。

そのため、結婚をする前はとても素直でデートの感想などもきちんと伝えてくれていた可愛かった妻が、結婚をした後にはまったく別人のように性格が変わってしまったときに、人生の墓場であると感じてしまう人が多いようです。

2.金銭面で自由がなくなるとき

男性が人生の墓場と感じるときは、お金の自由がなくなるときであると言われています。これは、男性だけでなく女性にも当てはまるものの一つで、結婚をするとほとんどの場合家計をベースにして考えることから、独身時代に比べて自由に使えるお金が減ります。

このように、結婚をするとお金の自由がなくなるというイメージが強いことから、結婚は人生の墓場であると思う人が多いようです。

3.自由な時間がなくなったとき

また、自由な時間がなくなったときも、男性は人生の墓場と感じることが多いようです。これも、男性だけでなく女性にも当てはまるものですが、一緒に暮らすパートナーがいることにより、一人暮らしのときのように自由に時間を使えなくなってしまうからです。

結婚をするとパートナーと毎日同居することになることから、自分の自由な時間がなくなるため、結婚は人生の墓場であると考える男性が多いようです。

4.妻からの感謝の言葉がなくなったとき

他にも、妻からの感謝の言葉がなくなったときも、男性は人生の墓場と感じることが多いようです。結婚をする前は、控えめでいつも小さなことであっても感謝の気持ちを忘れなかった妻が、結婚をした後にはすべてのことが当然であるかのように振る舞うようになるからです。

そして、妻が感謝の言葉を一切言わなくなったときなどに、男性は人生の墓場であると感じると言われています。

妻だって不満あり!女性が人生の墓場と感じるときとは?

男性が人生の墓場と感じるときをご紹介しました。次からは、女性が人生の墓場と感じるときを解説していきます。男性にはない、女性特有の場面があるので、男性は以下のポイントに注意する必要があるでしょう。

1.飲み会などの行動が自由にできなくなる

女性の場合には、パートナーの男性の性格により、自由に行動ができなくなるおそれがあります。男性の場合には、女性よりも行動範囲は広い傾向にあります。おそらく、亭主関白の流れがあったからかもしれませんが、とくに結婚後に女性が飲み歩いていると、男性とは違い「だらしがない」というようなイメージになりがちです。

また、パートナーの男性の束縛が強い場合には、「誰とどこに行く」「何時に帰ってくる」など、執拗に聞かれることも多いのではないでしょうか。このように、独身時代のように自由に行動ができなくなると、女性は人生の墓場であると感じることが多いと言われています。

2.ひとりの時間がないとき

これは、おそらく男性にも共通しますが、一緒に同居しているパートナーがいると、必然的に独身時代よりもひとりの時間が少なくなります。独身時代であれば、ひとりでゆっくりとリラックスする時間が保てていたのに、結婚をすることにより自分ひとりの時間がなくなってしまい、リラックスすることができなくなってしまうのです。

さらに、結婚後子供ができた場合には、子供の面倒を見る時間が多くなるため、より一層ひとりの時間がなくなります。このようなことから、結婚するとひとりの時間がなくなると感じることから、女性は人生の墓場であると感じることが多いようです。

3.男友達と疎遠になったとき

男性はあまり付き合いに対して制限されないのに対し、女性はなぜか異性との交友に制限をされることが多いです。そのため、結婚後に男友達と疎遠になったときに、女性は人生の墓場であると感じることが多いようです。

4.両親とのあつれきを感じたとき

他にも、女性は男性側の両親や親戚などと、深い付き合いを余儀なくされるため、両親との間にあつれきを感じたときに、人生の墓場であると感じることが多いと言われています。このようなことがわずらわしいため、結婚は人生の墓場であると思ってしまう女性も多いようです。

あなたは当てはまる!?結婚を人生の墓場にしてしまう人の3つの特徴

男女の人生の墓場であると感じることについてを、詳しく解説してきました。次からは、パートナーに結婚を人生の墓場に感じさせてしまう人の特徴をご紹介します。もしも、当てはまるものがある場合には、パートナーに愛想を尽かされる前に改善する必要があるでしょう。

人生において「結婚がゴール」と考えている人

人生において「結婚がゴール」と考えている人は、パートナーに「結婚は人生の墓場である」と感じさせてしまうおそれがあるので、注意する必要があるでしょう。そもそも、このような人たちは結婚の本当の意味を理解していない人が多いです。

結婚は幸せかというと、また違った話であるということを認識しておらず、結婚がゴールであると思っているために過剰に期待をしすぎる傾向があります。

自分の可能性が奪われたと感じる人

結婚をすることによって、自分の可能性が奪われたと感じる人も、パートナーに「結婚は人生の墓場である」と感じさせてしまうでしょう。このような人は、結婚によって制限されてしまったものなどに対し後悔を感じるため、結婚をしなければよかったなどと言い出すことがあります。

このような言葉をパートナーが聞いてしまえば、この結婚は人生の墓場だなと感じてしまうことでしょう。

相手を支配することにこだわる人

結婚というものが、相手を支配するものであると考えている人であり、このような人はパートナーの自由をすべて奪うおそれがあります。干渉が非常の強い人であるため、パートナーはだんだん息がつまってしまい、結婚を人生の墓場と感じるようになるのです。

結婚を人生の墓場にしないためには?

それでは、結婚を人生の墓場にしないためには、お互いにどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?次からは、結婚を人生の墓場にしないためのポイントをご紹介します。

相手を束縛しすぎない

結婚をしたといっても、相手の自由まで奪う権利はお互いにありません。浮気など心配することもたくさんあるでしょうが、結婚とはお互いに自由を尊重することも大切です。お互いに信頼をし、必要最低限のマナーを守りさえすれば、自由な行動を尊重するようにすることがポイントであると言えるでしょう。

相手の大切なものも尊重する

パートナーが大切にしているものに対して理解を示し、尊重する態度も必要であると言えます。人はそれぞれに大切にしているものが違うため、理解できないものも中にはあるかもしれません。しかし、それは価値観が違うので仕方のないことです。そのため、相手の大切なものを尊重し受け入れ、理解するように心がけることも重要です。

お互いに褒め合うこと

結婚をすると、一緒にいる時間が長いため、お互いに慣れてきて結婚前のように相手を褒めることが少なくなります。しかし、一緒にいるからこそいつもお互いを気にかけ褒め合う努力をすることが、一緒にいて居心地よく過ごせるコツです。そのため、なるべくお互いに褒め合うことを意識して、生活するように心がけましょう。

お互いに感謝の気持ちを持つこと

結婚の本当の意味とは、お互いに足りない部分を補うことであると言われています。そのため、いつも一緒にいてお互いを補い合ってるということを意識すれば、相手に対しての感謝の気持ちが自然と湧いてくることでしょう。そして、このような感謝の気持ちをお互いに持ち相手に伝えることが、結婚生活においてもっとも重要なことであると言えるのではないでしょうか。

「結婚して良かった!」と思えるように!

お互いに愛し合い、一生をともにしたいと思って結婚をしているのに、結婚は人生の墓場だと思うようになるのは、とても辛いことです。お互いが毎日ちょっとした気遣いを心がけるだけで、結婚は人生の墓場であるというような状況になることを防ぐことができます。

こちらの記事のアドバイスを参考に、パートナーに結婚は人生の墓場だと思われないように努力をしてみてはいかがでしょうか。