成功者が習慣にしている4つのこと!3つのNG行動などもご紹介します!

スポンサーリンク

習慣というのは、無意識に行われることで実はけっこう重要だったりします。成功している人達が無意識に行っている習慣には、成功する為の秘訣がぎっしり詰まっているはず…!その習慣をモデリングして成功習慣を手に入れましょう!

成功する人とは一体どんな人なのでしょうか?

成功者とは一体どんな人のことをいうのでしょうか?成功者とは実は、感謝の大切さを誰よりも分かっている人で、自分の人生に関わるものをポジティブなものに変えていくことで、よりよい人脈を築き、よりよい付き合いが続くことを人生の宝としている人達のことを指すのかもしれません。

なぜなら周りの人がいなければ、成功すること自体できないことなのですから…では、成功者と言われる人達はどんな習慣の中で暮らしているのか探って行きたいと思います。

スポンサーリンク

成功を習慣化できる人に共通する4つのこと

成功する人達はなぜ習慣化することを行うのでしょうか?習慣化した状態とは無意識のうちに出来るようになった時のことを指します。多くの成功者達が習慣化して物事を行うのは無意識の力の大きさを体感的に知っているからではないでしょうか?

はじめは意識して行うことでも、毎日毎日少しずつ体に染み込ませていくことで、無意識に落とし込まれていくことが分かっているからこそ、習慣化することを大切にしているのかもしれません。

1.思いついたら即行動する

例えばビジネスにおいてよいアイディアが思い浮かんだ時に、妄想だけでは成功しないことを成功者は理解していますし、与えられた時間には限りがあることを熟知しています。なので妄想で無駄な時間を消費せずに、自分で動くことによって形にし、結果を収めて、そこではじめて成功といえるということが身にしみているので、ポジティブな思考が運かんだら、即行動となるのです。

実際に動いてみる事で具体的な結果が分かってきますし、その上での失敗も数えきれないくらい出てくるとは思いますが、その際の軌道修正も早いのです。「今、できることはなにか?」常に今を見つめているので、今できることに取り掛かることが出来るのです。これはビジネスだけに関わらず、投資やダイエットなども同じことです。

2.お金は大切に使い、お金を成功の目安としない

成功者の多くは、意外にも質素な生活を送っていたりします。人生において、いつなにがあるかわからない…という現実を見つめる目を持っていますし、お金のありがたみを理解していますので、お金を大切にしています。

また成功の基準を金銭におかず、心の平和や幸福感に重点を置いているため、周りの人に快適にいてもらうことを大切にします。お金は手段に過ぎず、お金で幸福を買うことは出来ないということが理解できているからです。

3.繰り返し行う

成功者の多くは毎日、同じ服を着たり、または決まった時間に走る、本を読む、1日1回ブログにアップするなど、なにかしら毎日同じことを繰り返し行っていたりします。時間を決めて、同じことを繰り返し行うことをルーティンワークと言いますが、繰り返し、繰り返し行うことで、積み重ねて行くことが生活の一部となり、起点になるのです。

またルーティンワークの繰り返しの中でも発見やたまに新しいことを取り入れることで、脳に新しい情報が刺激となってインプットされ、新たなインスピレーションに繋がることを成功する人は知っているのです。

4.よく考える

良く考えるとは、どういうことでしょうか?人生がオートマティックに流れている人には成功は訪れません。自分の目標をぼやかして、流れ作業化することで安定を求めることもできますが、自分で切り開くためには何をするべきかの判断を他人に委ねず、自分の人生のハンドルは自分で握る必要があるからです。

また全てのことを理解できている人はいないことを悟り、どんなに年老いても、学ぶことを止めず、成功するために必要な道標となるポジティブな考えを取り入れ、同じ考えであることに肯定し、この考えでいけば大丈夫!と思うことで自信に繋がり、行動に移す原動力となります。そこからもう一歩、踏み込んで考えることで、自分にマッチしない部分を批判し、そうやって自分に合った形に落とし込んでいくのです。それはインスピレーションはいつでも、誰からでも発生する可能性があることを体感的に知っているからです。

成功する人達に共通点はあるの?

成功者と言われる人達に共通する習慣がいくつかあるようです。例えば朝早くに起きて瞑想する、ヨガや運動をするなど、午前中から活動的に動いている方が多かったり、毎日、同じ時間に規則的にルーティンワークで運動を取り入れている方も多かったり…など、その他にも共通する習慣はあるのでしょうか?

自信と誇りを持って前進している

出典: http://fudge.jp/

失敗は成功のもとと言われるように、自分を成功させ、進歩させる一環として、そうなる以前よりもより改善されることを信じて取り組みます。最終目標に完璧を設定せず、段階を踏んだ到達ポイントまでの成長を目指し、少しずつ積み重ねて行くことで精神的な成長を目指します。

また問題に直面した時に問題そのものに焦点をあてず、その問題に対して自分がこれからとるべき行動や解決策に焦点を当てることで前向きに進むことができます。過去にどんなことがあろうとも、それはもう終わったことなのです。今、この瞬間を生きることに力を尽くします。

常に的確な目標を持っている

漠然とした目標ではなく、自分が欲しい物ややりたいことがなにか?を常に明確にすることで、ポテンシャルを最大限に発揮することができますので、1日のTo Doリストを作り、計画や目標、また優先順位や順序をインプットしておくことで、1日の流れを自己管理することができます。

また常に何らかのアイディアや閃きに敏感で、物事への評価を持って話すことで、チャンスが巡ってきたら、しっかり受け止め、諦めずに集中して取り組むことで成功へと繋がっていくのです。

自己訓練の習慣化

うまくいかないことは誰にでもあるものですが、他人のせいにしても解決にらならないことを理解することで、自分の間違いを認めて、自分の過ちは自分で責任をとる勇気へと繋がっていくのです。また他人の基準や判断に惑わされたり、自分の自尊心に悪影響を及ぼす言葉に影響を受けないようにし、自分の望みを知ったうえで、独自のルールや価値感を他人に依存せず、精神的に自律していけることが重要となります。

本をよく読んでいる

本を読むことで、著者の経験を自分のものとして取り入れ、モデリングすることで、成功に近づくための選択肢を広げることができます。人間工学部の研究ではより多くの情報(思考)に触れることで閃きやセンスが磨かれるということが分かっています。

読書を通じてうまい筋運びなどを身につけることで人を惹きつける話術に磨きがかかり、上手に筋道を立てて伝えることが出来るようになれば、理解者が増え、より多くの信頼が得られるようになります。

スポンサーリンク

成功している人がやらない事とは?

成功者と言われる人たちがやらない事…それは諦めないことです。親族に反対され、否定されようが、お前には出来ない!と言われようが普通の人だったら諦めてしまうような状況でも決して諦めず、自分自身の意思を貫き通し、行動し続けることができるという事だと思います。それではその他にも共通する点はあるのでしょうか?

不摂生な生活習慣

なにかを生み出すには考える頭、健康な体こそが必要不可欠と知っていますので、やる気が常に万全であることがよいパフォーマンスをうむ原動力となるため、生活習慣に気を配ることを疎かにしませんし、なにより命がなければ仕事はできないのは明白ですので、健康管理への気配りや適度な運動などを習慣とし、節制した生活を自ずと送ることができています。

ねたみや否定、言い訳

成功している人は誰もが成功出来る可能性を持っているという考えを持ち、より多くの人が成功することで、世界がより良く回っていくと信じていますので、自分よりうまくいっている人や順調に進んでいる人をねたんだりしませんし、よいインスピレーションとして自分自身のやる気に繋げていきます。また、成功者はネガティヴな影響を与える人や環境を避けますので、すぐに否定する人や言い訳ばかりの人、先延ばしにして実行に移さない人のまわりには必然的に成功者はいないのです。

楽をする

問題を困難と捉えず、難しい状況に直面したときには、その状況は過去にとった自分の行動の解決時期と捉えることで、次のステップへの乗り越えなければいけない壁として立ち向かいます。そうやって厳しい状況を乗り越えて行く毎に、より強くなれると信じているのです。

愛があってこその幸せ…真の成功者とは

成功した人はいくら重要な仕事をこなして、成功しても、愛する人以上に重要なものはないということを知っています。かけがえのない家族、愛するパートナーや友人、そして自分を大切にしてこその心の充実であり、真の成功と言えるのです。

愛する人のサポートがあってこその成功であって、わかち合える幸せであることを私達も忘れないようにしたいものです…。

スポンサーリンク