微笑ましいカップルの3つの特徴!愛される写真の撮り方もご紹介

スポンサーリンク

恋愛は成就してカップルになった後がとても大事です。周囲から嫌われ孤立するカップルは長続きしません。周囲から微笑ましい、愛されカップルになることが、長続きやゴールインの後押しになります。そこでこの記事では、微笑ましいカップルと周囲が思えるような振る舞いを具体例とともにご紹介していきたいと思います。愛されカップルを目指して、頑張りましょう。

微笑ましいカップルとは?

好きな人と両思いになって結ばれる、それだけでもとてもうれしいことですよね。そんな幸せをずっと長続きさせたい、好きな人とずっと一緒にいたいと思うなら大切なのは周囲から応援されることです。周囲から愛され、見守られる微笑ましいカップルでいれば、例えば喧嘩になってしまっても周りが取り持ってくれます。結婚という大きな局面でも友人たちからの後押しは大きな力になるはずです。

そんな幸せいっぱい微笑ましいカップルとはどんなものか、微笑ましいカップルのエピソードなども交えて、この記事では紹介していきます。

スポンサーリンク

微笑ましいカップルの特徴

微笑ましいカップルの1番大きな特徴として挙げられるのが、きちんと周囲を見て、その場にふさわしい正しいふるまいを行うことができているということです。仲がいいのはもちろんのことですが、それでも自分たち2人の世界に入らず、公共性を保ったカップルはとても微笑ましく見えるものです。

では、具体的にカップルのどのような部分が注目されているのか例をあげながら、実践すべきことをここではご紹介します。

礼儀正しい

カップルに限らずですが、人として好印象を持たれる第一のポイントは礼儀正しさにあります。

・人ごみの中で彼女が人とぶつかってしまったとき、彼女のみならず、彼氏も謝る
・飲食店で会計後、2人そろってごちそうさまでしたと店内を出ていく
・ベビーカーなどが通りかかったとき、2人で自然と道の端によける

このように些細なことですが、カップルがそんなことをやっていると心が温かくなる人が多いはずです。

スキンシップがさりげない

いくら仲良しカップルといっても家の中と公共の場は違います。そういうことをわきまえて振る舞っているカップルはとても清潔感があって爽やかに見えます。爽やかなカップルは特に上司や父親、恩師など年上の世代からも2人の仲を応援してもらえるはずです。

・手をつなぐ
・話しかけたいときに少しだけ袖口や裾を引っ張る
・笑いながら軽く肩に手を持たせ掛ける、頭をポンと撫でるなどの軽いボディタッチ

公共の場での振る舞いとしてはこの程度までが適切です。抱きしめあったり、キスをしたりするなどの過剰なスキンシップはどんなに好きでも家に帰ってからにしましょう。

小さなイタズラを仕掛けあう

上に紹介した2つは真面目に見えて老若男女を問わない微笑ましいカップル在り方でしたが、これだけではしっかりしすぎていて、同年代の友達はカップルの仲が本当にうまく行っているか心配してしまうはずです。そこで、同年代の友人たちといるときやカジュアルな場所で行うのが小さなイタズラです。

・海水浴場やキャンプ場、公園などで、水をかけあう(周囲に配慮してください)
・肩を叩き、振りむきざまに、頬をぷにっと指で突く
・冷たい飲み物を頬や首筋にあてる

このようにびっくりした後、思わず笑ってしまうようなイタズラを仕掛けてみてください。2人で笑いあっている仲のいい姿に友人たちも癒されるはずです。

微笑ましいカップルは心配りも上手!

周囲とうまくやっていけるカップルとは、やはり気遣いができて、TPOをわきまえているカップルです。このカップルとは一緒にいて心地がいいと思ってもらえることが1番大切です。そのためにはどんなことに心を配ればいいのでしょうか。

些細な事でもありがとうを伝える

まずは、ありがとうと言えることがとても大切です。招いてくれてありがとう、予約を取ってくれてありがとう、などの大きなことから、食器をとってくれてありがとう、注文をとってくれてありがとうなど小さなことまで。相手に気を使ってもらった部分に必ずお礼を言いましょう。

ここで大切なのは、男性か女性どちらか一方が言ったときに、きちんと追従する形でもう一方の人もお礼を言うことです。いくらパートナーといえども、一人一人の人間です。きちんとそれぞれがありがとうと伝えてください。

周りへの上手な気配りができる

例えばカップルは1組のみの男女混合7人のグループでテーマパークに行った際、乗り物の人数制限は様々です。そんなとき、カップルにこだわらず、乗る相手をシャッフルすることで、周囲に気を使わせることなく楽しむことができるはずです。逆にお化け屋敷などどうしても2人で乗りたいものだけ先に伝えておけばさらに周囲も気が楽になるはずです。

空気を読む

社会人カップルの休日デートともなれば、たくさん喋りたいことがあると思います。けれども、休日は多くの店が混雑します。並んでいる人がいるにもかかわらず、食事を食べ終わった後も、ずっと居座りおしゃべりをしているカップルよりは、食べ終わったらすぐに店を出て、喫茶店など落ち着いた場所に移動できるような気遣いができるカップルは周囲から愛されます。

また、微笑ましいカップルは会話の内容にも気を配れるものです。外でのデート中に、周囲が不快になるような何かの悪口や批判、露骨な性的な話などは避け、人に聞こえても恥ずかしくない楽しく可愛らしい会話をしてください。いくら恋人といて楽しいとは言っても、周囲の状況にはしっかりと目を配り、空気を読めるカップルになってください。

2人だけの世界に入り込まない

交際期間が長くなって来れば、パートナーのコミュニティに呼ばれることも出てくると思います。学生時代の友人や趣味の集まりなど様々な人たちと飲み会やバーベキューなどを行う中で気を付けるべきことは2人だけの世界に入り込まないことです。知らない人たちだからと、2人で端っこの方に固まってしまうカップルもいますが、それだと周囲も話しかけ辛くなります。

せっかく呼ばれたからには、周囲とも打ち解け、パートナーが学生時代や趣味仲間の間ではどんな性格なのか、などみんなで盛り上がることを心がけてください。

スポンサーリンク

微笑ましいカップルの写真の撮り方

大好きな人との写真をたくさん撮りたい、たくさん思い出を残しておきたいと多くの人が思うものです。けれども、写真はただ撮るだけではありません。友人や家族に見せたり、SNSにアップロードをしたりするなど様々な使い方をします。そこで、どのような写真を撮ればいいのかここではご紹介します。

同じポーズで撮る

友人に写真を見せることを前提とした場合、お友達はあまりいちゃいちゃしたものは見たくないにしろ、2人が仲のいい様子を見たいと思うはずです。その場合、見た瞬間仲がよくて楽しそうと思えるのが同じポーズの写真です。例えば、スカイツリーで写真を撮る場合、2人でスカイツリーの真似をして手を上に伸ばしていたりすると、仲がよさそうで見ている方も心が和むはずです。

SNS用の写真は影を撮る

フェイスブックやツイッターインスタグラムなどのSNSを公開型のアカウントとして使用している場合、自分自身の写真を載せるのは個人の自由です。けれどもそれを嫌がるパートナーもいるはずです。特にパートナーが教員など多くの人に見られる職業についている場合は注意が必要です。必ず写真を公開していいかどうか確認してください。

仮に、写真公開がだめだった場合も落ち込む必要はありません。カップルでデートしたことや場所だけを公開したいという場合には、影を撮るということで対応できます。影ならば、個人を特定されることもほとんどありませんし、影絵などで遊び心を出せば楽しい写真が撮れるはずです。

SNS用の写真は脚だけを撮る

前の項目でも述べたように、写真の公開に関しては、様々な事情から不可能な人もいます。そんなカップルにもう1つおすすめなのが、脚だけを撮る写真です。脚を撮るだけではもちろんつまらないと思うので、例えば映画館に行った場合は映画のパンフレットやチケット、ポップコーンなどを映す構図で撮るといいと思います。

変顔や笑顔で楽しげな雰囲気を出す

楽しかった瞬間を切り取るのが微笑ましいカップルの写真の基本です。あまり気取らず、そのままの雰囲気を撮ると、その時の楽しかった出来事なども思い出しやすいはずです。特に、自撮りをする際には積極的に変顔や笑顔で撮ることで楽しかった雰囲気ごと写真に残しておくといいと思います。

心理的に周りから嫌われるカップルの特徴

先ほどまで述べたことと正反対のことをすれば、残念なことに周囲から疎まれるカップルが完成しますが、特にどんなことに気を付けるべきか、見ていきたいと思います。

常にいちゃいちゃしてる

これは、老若男女、友人や周りの人、誰から見ても不快な行為です。場をわきまえず、周囲に見せつけるようにいちゃいちゃしているカップルにだけはならないでください。家で2人っきりのときなどに、やればいいこと周囲に見せつけなければ気が済まないということは、逆にそのカップルの不安定さを示しているようなものです。

仲のよさは誰にアピールする必要もありません。2人の時にお互いの愛情を確かめ合ってください。

周りを巻き込んで喧嘩する

よく、グループで遊んでいる最中に喧嘩をしたり、共通のコミュニティでパートナーの悪口をいう人がいますが、これは絶対にやってはいけません。恋人同士の喧嘩は周囲に気を使わせ、周囲を疲弊させていきます。あまりにも酷い場合は恋人との破局や友情が崩れることもあります。絶対に周囲を巻き込まないようにしましょう。

いつも2人だけの世界

実際に遊んでいるときでも、SNS上でも周囲とのやり取りよりも恋人を優先する人がいます。これも友情の崩壊を招くことになるので気を付けてください。2人だけの世界を作ることは決して悪いことではありません。

しかし、それを公的な場に持ち込むのは絶対にNGです。カップルごと周囲から孤立して、応援されないカップルにならないよう気を付けてください。

周囲から愛されるカップルになろう!

いかがでしたでしょうか。カップルというと2人っきりの世界のように感じる人もいると思いますが、意外と周囲はカップルがいることに強く影響されます。最近では、微笑ましいカップル話やイラストがツイッターなどを介して拡散されることもあります。

そんな風に周りから愛されたら少し気恥ずかしいかもしれませんが、恋人との関係にも自信が持てるはずです。周囲から愛され、長続きするカップルになれるよう、この記事を参考に実践してみてください。

スポンサーリンク