妊娠中に脱毛はしていいの?母胎と胎児への危険性と自己処理方法!

スポンサーリンク

妊娠中に「毛が増えた」という声をよく聞きます。「この毛の量をそのままにしておくことなんてできない!」と感じていうる人も多いと思います。そのような女性のために、妊娠中に脱毛は大丈夫か?毛のサイクルや処理方法などを簡単に紹介したいと思います。

妊娠中に脱毛はできますか?

「妊娠中に毛深くなった」という声を耳にします。サロンで脱毛していたはずなのに、妊娠したらたくさん生えてきた経験もあるのではないでしょうか?これには、きちんとした理由があります。そして、エステサロンに通っている人はそのまま脱毛できるのでしょうか?毛のサイクルについてや脱毛できるかなどをご紹介してきます。

スポンサーリンク

妊娠超初期に脱毛した場合に起こる症状とは?

妊娠しているとはいえ、毛を処理しないで生活するのは恥ずかしいですよね?そのように思って、エステサロンに通い続けたい人もいるのではないでしょうか?毛が乱雑に生えたままでいるなんて耐えられません。でも、妊娠した体に脱毛は良いのでしょうか?体では、どのようなことが起こっているのでしょうか?

ホルモンバランスの乱れ

妊娠中は、ホルモンバランスが変化しています。妊娠していない時よりも体や肌が敏感になっているので、エステサロンで脱毛の施術は受けることができません。

通常、女性の体ではエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つがバランス良く分泌されています。ですが、妊娠中にはプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増加傾向にあります。これは、胎盤を形成したりするためなので自然の体のしくみになります。

生理前に肌がデリケートになる人に多いと思いますが、これは生理前にプロゲステロン(黄体ホルモン)量が増える時期になるからです。妊娠中は、出産をしやすい体にしてくれるためプロゲステロン(黄体ホルモン)が活発に働いています。そのため、妊娠中のエステサロンなどでも脱毛は避けるようにすすめられています。

基礎体温と女性ホルモンのしくみ – テルモ|基礎体温でカラダと話そう

ヘアサイクルの乱れ

人の毛にはサイクルがあります。一定の期間が経つと自然に抜けて新しい毛が生えてくるようなしくみになっています。「毛が生える→成長する→抜ける→新しく生える」をが繰り返し行われています。これをヘアサイクルと呼んでいます。髪だけでなく、体に生えている毛も同じです。

ヘアサイクルには、「成長期→退行期→休止期→脱毛&新生期」を繰り返しています。

・成長期→細胞が活発になり、毛が成長し続けます
・退行期→毛の成長が止まります
・休止期→影響の吸収がなくなり、毛が抜けるように準備します
・脱毛&新生期→細胞が活発になり、抜けると同時に新しい毛を発生させます。

妊娠中になると、サイクルが変わってくるそうです。女性ホルモンの関係で休止期になるはずの毛が「成長期の期間が延長」されるそうです。毛の寿命が妊娠中には長くなるのです。脱毛しても、あまり効果を実感できにくいのはご理解いただけると思います。

また、産後に毛が抜けるといった声をよく聞きますが、これもヘアサイクルが関係しています。出産が終わるとホルモンの分泌量は通常通りに戻っていきます。そのため、妊娠中のホルモンバランスの影響で長く生えていた毛が一気に抜けていきます。円形脱毛症になる人もいますが、ヘアサイクルも原因の1つです。

ヘアサイクル|東京ビューティークリニック 銀座院からのお知らせ|東京ビューティークリニック 銀座院のオフィシャルブログ

肌荒れしやすくなる

ホルモンバランスの影響で、妊娠中は肌荒れしやすい状態です。プロゲステロン(黄体ホルモン)の影響で生理前の肌の状態が続くと考えるのがわかりやすいと思います。ニキビやかゆみ、シミなどができやすく、赤ちゃんに水分を先に送るため、水分量が崩れているため乾燥しやくなっています。

こののような時にエステサロンなどで脱毛を行ってしまうと肌がトラブルを起こす可能性が高くなります。妊娠中は、エステサロンなどで脱毛するのは一時的にお休みしましょう。

妊娠中・出産後のスキンケア|皮ふ科医に聞く ミニ知識|資生堂

妊娠中脱毛したら母体と胎児への危険性は?

妊娠しているのに気づかずに、「エステサロンで脱毛しちゃった」という人もいると思います。気づかな方とはいえ、お腹の赤ちゃんに影響はないのかが非常に心配なところです。エステサロンなどでも脱毛は、お腹の赤ちゃんにどのような影響があるのでしょうか?

光脱毛は胎児に影響はないと言われています

脱毛はレーザーで施術しています。レーザーに使用されている光は700~800nm可視光線で、紫外線やX線などとは異なるため、体への影響はないと言われています。もちろんママの体だけでなく、お腹の赤ちゃんにも直接的な影響はないと言われているので、妊娠に気づかずにエステサロンで施術を行ってしまったとしても、心配することはないと言われています。

妊娠中の脱毛に関する注意点|新宿マリアクリニック

医療レーザー脱毛 Q&A-美容整形 美容外科|千葉県 船橋中央クリニック
永久脱毛は船橋中央クリニックへ!永久脱毛キャンペーン実施中!医療機関で安心・安全・確実な医療レーザー脱毛。わき脱毛・全身脱毛でも口コミでご紹介の多いクリニックです。千葉県船橋駅徒歩5分の美容皮膚科です。 Q.妊娠中は医療レーザー脱毛を受けられますか?

子宮収縮を起こす場合も

レーザー脱毛で、痛みがあった場合には子宮収縮を引き起こしてしまう可能性もあるので、妊娠が発覚にしていたらエステサロンで脱毛をするのは避けるようにしましょう。エステサロンで施術を受ける時に、日頃から強さを痛みがない程度にお願いしておくと、妊娠に気づいていない時期に施術をしてしまってもリスクは減る可能性があります。

おなかが張るということ | 滋賀県長浜市の産科、婦人科 佐藤クリニック

色素沈着・かぶれ・炎症

エステサロンで施術を受けられないとなると、頼りになるのはワックスは脱毛クリームなどの市販の脱毛ケアです。

ワックスは、ワックスを付けて一気に剥がすことで毛を毛根から抜くという方法です。一度にたくさんの毛を処理できて、次に生えてくるまで時間がある程度あくので便利な脱毛方法になります。ただ、妊娠中の肌は敏感になっています。一気に毛根から抜くことでの肌への刺激が強いため、かぶれたり、炎症を起こす可能性があります。

除毛クリームもある程度のリスクがあります。除毛クリームは、毛を溶かして表面の毛をなくす方法です。妊娠中の肌への刺激に耐えられないかもしれません。脱毛クリームには妊娠中の体には影響はないと言われているので安心です。

ただ、妊娠していなくても除毛クリームをつけたら「肌がピリピリした」という人もいるようなので、肌への刺激が強いクリームでかぶれや炎症、色素沈着に繋がる可能性はあります。

よくある質問 | 医療脱毛 | 美容外科 | 形成外科 | 美容皮膚科 | ジョウ・クリニック[女性専門]

妊娠中での除毛クリーム

妊娠中にどうしても脱毛クリームを使って脱毛したい人は、脱毛クリームを選ぶ必要があります。いつもよりデリケートになっている肌に刺激が少なくなっているクリームが理想です。妊娠中の女性に人気の脱毛クリームがあるようです。無添加の自然素材を使用していたりと見掛る市販よりも肌に優しい印象です。探してみてくださいね。

スポンサーリンク

脱毛サロンに通っている最中に妊娠が発覚したら?

脱毛している途中に妊娠が発覚してしまったら、通えるか心配ですよね?途中で脱毛も終わっていない上に、お金も支払っているのです。妊娠していることがわかったら、どのようにすればよいのでしょうか?

サロン側に妊娠を伝えましょう

妊娠中は通常、エステサロンで施術を行うことはできません。お腹の赤ちゃんに影響があるということよりも、ママの体に負担をかける可能性が高いからです。通常のエステサロンは、妊娠している女性の施術はお断りしているようです。

妊娠が発覚した場合には、サロンにきちんと妊娠したことを伝えるようにしましょう。ママの体に何かトラブルがあってからでは、ママもサロン側も大変な思いをします。サロンスタッフにどのくらいからサロンへ通うことができるのか?など、安心できる時期を聞くことができます。また、サロンによっては返金制度もあうるので相談することをおすすめします。

出産してからサロンに通いましょう

エステサロンに通えるようになるのは、一般的には出産後になっています。出産後でも授乳中はNGのサロンや生理が再開するまではNGのサロンなど、さまざまなケースがあるようなので、実際に通っているサロンに直接確認を取るのがいちばん安全です。ママの体はデリケートです。きちんと整った後で影響がない時にサロンに通うようにしたいですね。

妊娠脱毛危険性

エステサロンは、病院ではありません。医師が存在していないので「リスクがない」と言い切ることができません。サロンスタッフは、妊娠中の体についての知識が豊富というわけではなく、医療とエステは異なるということを認識するのがよいでしょう。責任を負うことも難しいかもしれませんので、その辺りをしっかりと把握しましょう。

また、医療系のクリニックでの脱毛も妊娠中や授乳中はお断りしているところがほとんどです。脱毛は歴史がまだ浅く、どのような結果が起こるかがまだわかっていない部分もあるので、しばらくは控えておいた方が無難です。

妊娠中にどうしても自己処理をしたい場合のオススメ

妊娠中でもムダ毛の処理はしたいですよね?女性のたしなみですし、妊娠していても恥ずかしいと感じる女性も多いと思います。いつもより肌がデリケートな状態なので、負担がある程度少ない方法を選び、処理後はきちんと肌に保湿をしましょう。

妊娠中・出産後のスキンケア|皮ふ科医に聞く ミニ知識|資生堂

電気シェーバー

電気シェーバーは、カミソリよりも肌への負担がかからず、簡単に毛を処理できる方法です。エステサロンでも、自宅で処理をする時には電気シェーバーをおすすめしているところもあります。脱毛のように毛を抜いてしまう行為は、肌への負担も大きく、トラブルになる可能性が高いですが、電機シェーバーは毛を毛根から抜くようなことはないので、負担は軽減されます。

優しく、肌の表面を滑らせるように毛を処理しましょう。決して力を入れないようにしましょう。根元近くから処理しようとすると肌に負担がかかってしまいます。そして、毎日使用するのはやめましょう。カミソリや脱毛よりも負担がないのは事実ですが、剃るということに変わりはありません。肌を大切にすることを優先的にしましょう。

滑りをよくしたカミソリ

カミソリは、もっとも手軽で身近なケアできる方法です。ただ、カミソリは肌の角質までも傷つけてしまうことが難点です。通常でもカミソリでケアしていると、肌の表面が荒れたり、プツプツと赤く炎症を起こしたりとトラブルはつきものです。

妊娠中の乾燥しやすい肌、デリケートな肌には特に注意は必要です。いつもよりダメージが大きく、炎症や黒ずみの原因になる可能性が高くなります。カミソリでケアする時には、クリームやシェービングジェルをたっぷり塗った上から行いましょう。もちろん、処理した後のお手入れもしっかりとクリームや乳液などでケアしましょう。

妊娠脱毛症について

産後のママたちからよく声を聞く、「妊娠脱毛症」に驚きを隠せない女性も多いようです。これは、最初に説明したヘアサイクルが原因になります。妊娠したことで、ヘアサイクルがいつもと異なり、通常抜ける時期の毛の寿命が一時的に延びるために起こります。

出産後、ホルモンバランスが戻っていくと同時に、ヘアサイクルも戻っていきます。今まで、寿命が長かった毛が一気に抜けていくという流れになっています。

妊娠が原因で円形脱毛症になったのなら、ホルモンバランスの影響になるので深刻になることはないそうです。あまり深刻になり、悩んだりすると、ストレスになるので良くないのです。産後に、「ホルモンバランスの影響で毛が一気に抜けることがある」ということを頭に入れておきましょう。慌てることなく、落ち着いていられます。

妊娠中に脱毛はストップしましょう!

妊娠中の肌や体は本当にデリケートな状態ですね。いつもの体と異なる動きをしているのが、ヘアサイクルでもよく理解できます。妊娠中には、ヘアサイクルがいつもと違うので脱毛したところで結果はあまり期待ができません。脱毛はストップして、結果が出やすい時に通いましょう。

また、お腹の赤ちゃんに影響がないとはいえ、ママの肌にトラブルの可能性がたくさんあります。エステサロン以外でも毛を抜くという行為は避けた方が良いでしょう。妊娠中は、肌に最低限の負担をかけない除毛タイプで処理してきれいにしましょう。妊娠中のママをきれいにするために、肌を大切にしながら毛をきれいに処理してくださいね。

スポンサーリンク