子供の教育に正解はない?後で後悔しないために知っておくべきこと

スポンサーリンク

子供を持つ親にとって、悩みのほとんどが子供の事になりますよね。しつけについて、教育について、進学の費用について。様々な悩みは、子供を愛していればこそです。絶対失敗できない子供教育ですから、確かな情報は必要ですよね。是非、参考にしていただけたらと思います。

自立した子に育てるための子供教育

子供の自立は親が最終的に望んでいることですよね。でも、今はできていない子が多いようです。自立した子にするためにも、間違った教育方法にならない様に気を付ける必要があります。

スポンサーリンク

今、親が見直すべき子供教育の方法

小さなときに親に言われた言葉、されたことなどは、子供の成長に大きな影響を与えます。もう一度、確認してみて下さい。あなたのする全ての事が、子供の未来につながっています。

まずは安心させてあげましょう

心の安心がなければ、子供は健全に育ちません。安心して甘えさせてあげられてますか?安心して自由に発言させてあげられていますか?安心して遊ばせてあげられていますか?これが出来て初めて、子供は他の事にも「安心して」取り組めるのです。何をしてもというのは大げさかもしれませんが、親がいるから大丈夫なんだと思わせてあげましょう。

褒めましょう。認めてあげましょう。

子供は親に褒めてもらいたいものです。だからいろいろ頑張るのです。全然未熟ですが、それでも精一杯頑張った事なら、力の限り褒めてあげましょう。大げさなくらい褒めてあげましょう。次は、きっともっと頑張ってきてくれますよ。最高の結果を持ってきてくれますよ。褒めるということは努力や結果を認めてあげることです。大事なことですよね。

怒鳴ることより、長い沈黙で考えさせることです。

たくさん続けざまにいろいろ言われてしまうと、それを聞くので精一杯になってしまいます。そうではなく、何がいけなかったのか考えさせることが大事なのです。人に言われたことはすぐ忘れてしまいますが、自分で考えて出した答えはなかなか忘れません。

考える時間をとらせる為に、敢えて長めの沈黙が必要なのです。子供も1人の人間ですから、親の言葉を聞いて言いなりにさせるだけではだめなのです。

好きこそものの上手なれ

子供の興味のあること、好きなことは可能な限りどんどんやらせてあげましょう。もちろん無理してまでという意味ではありません。好きなことは、やっぱり伸びますし、そこからどんどん可能性が広がっていきます。些細なことでもいいのです。夢中になってやっていることに意味があるのです。是非伸ばしてあげたい子供の才能ですね。

絶対やめて下さい。子供の頭をたたくこと…

殴りたくなってしまう気持ちだって分かりますよ。言うこと聞かないとやっぱりイラッとしてしまいますよね。でも、絶対に叩いてはダメです。子供に与える恐怖心は半端ないです。本当にやめて下さい。

殴られている子は、近くにいる大人が何かで手を上に上げただけで頭を抱えてガードする様にビクつくようになってしまいかねません。殴られないために、何かをしてしまった時に嘘をつくようにもなるようでです。

利用をお勧めするもの

小さい頃から本を読ませるということは、思っている以上に大事なことです。言葉だけでなく、集中力やコミュニケーション能力の向上にもなります。是非どんどん読ませていきましょう。また、以下のものもおすすめです。

・教育アプリ:いつでも何処でも、やりたい時に勉強が出来ることが最大のメリットです。ただ、ネットにつながった状況はなので、子供が間違ってしまわないか管理する必要もあります。
・教育サイト:子供教育の事は、いくら調べても疑問や不安だらけです。参考になるサイトがたくさんありますので、是非参考にしてみて下さい。

・子供教育サポートセンター:社会で生きていく力を育むために、ボランティアの方といろいろな活動をします。
・子供教育出版:子供たちにプラスになるイベントや出版物を紹介してくれます。
・子供教育立国:子供たちに芸術、文化を土台にした遊びを通して創造性を育ませてくれます。いろいろなイベントなどもやってます。
・子供教育相談:子供の成長、子育ての不安など、困った時は連絡してみてはいかがですか?

5歳までの幼児教育で子供の未来が変わる

5歳までにきちんと幼児教育を受けた子供と、そうでない子では、将来の年収や恋愛などにも大きな差があるという論文が発表されました。幼児教育をさせたかさせないかで大きな差が出てくるなら、親の判断で適切な教育を受けさせたいですね。

非認知的スキル

学力ではなく、やる気や自信、協調性など、目に見えない能力です。これによって、社会に出てから成功できるかどうかに差が出てくると言われています。

忍耐力

非認知的スキルとは、人と関わっていく力のことなので、これを伸ばすことによって人と接する力が伸びます。それだけでなく、人として必要な基本的な能力が上がるので、もちろん忍耐力も上がります。そこから学力アップにもつながってくるようです。

やる気

幼いうちは潜在能力を創ることが容易です。一旦基本的なスキルを身に付ければ、どんどん次のスキルを求めたくなります。それが積み重ねによって、出来ることが増え、やる気も次々わいてきます。

自信・協調性

非認知的スキルを伸ばすと、将来的に会社で成功しやすくなります。犯罪に走ってしまう確率も減るそうです。人間関係をうまく作っていけるということです。人間関係の基本の自信や協調性も身に付きます。

スポンサーリンク

良い教育と悪い教育の違い

親からの目線ではなく、子供からの目線で見たとき、教育の良し悪しはどこにあるんでしょうか?でも本来は、教育は全て子供の為にあるべきですよね。一度確認してみませんか?

子供にとってよい教育

ポジティブに捉える

結果は伴わなっかたけどすごく頑張った。では次はもっといい結果が出るかもしれません。結果が出なかった理由を考えられる子になるかもしれません。ネガティブに考えていいことは1つもありませんが、ポジティブな考えにはいいことだらけです。

伸ばす為に褒める

褒められて嫌な気持ちになる人はいません。褒められたら頑張りたくなってしまうのが人間です。

子供にとって悪い教育

環境が整っていない

何かを頑張るためには、安定した環境が必要です。環境が整っていないことが原因でそれができていないとしたら大問題です。

1人の人として認めていない

子供は親の所有物ではありません。親の身代わりでもありません。ちゃんと考えていることもあるだろうし、好きなこと、やりたいこともあるはずです。押し付けにならない様にする必要があります。

子供教育費はどれくらいかかる?

 

公立と私立の教育費の差

全て公立で、幼稚園から高校まで行ったとしたら、およそ550万円。全て私立で、およそ1,670万円と言われています(学校外活動費含)。大学に関してはもっと幅広いですが、国立なら500万円。私立の医歯科系なら3,000万円近くかかったりもするようです。この差は大きいです。ただ、親の望みと子供の希望は違うので、予定外の事にも対応できるようにする必要があります。

子供教育の費用の大半は大学の学費?

上を見ても分かりますが、例えば全て公立に行った場合、およそ1,000万円かかりますが、その半分は大学の学費です。私立にいたっても、ほぼ半分以上が大学の学費です。なので、かかる金額はもちろん大きいですが、実際かかる費用の半分以上は大学進学をめどに準備したらいいことになります。焦らず、確実に教育費を貯めていきましょう。

子供教育費の推移

1人当たりの子供にかける教育費は年々増加傾向にあるようです。公立の学校に行っていて学費が抑えられる子はずの子も、今や塾に行くのが当たり前の時代になってしまっています。

子育ては未知です。勉強しましょう。

子供を育ててはいます。でも、自分も子供に育てられています。間違いだってあります。子供と一緒に親も成長していけたらいいですね。

スポンサーリンク