ボクサーの減量は合理的!できる所だけ取りいれてシェイプアップ♪

スポンサーリンク

ボクサーの減量というと本当にストイックなイメージがしますよね。極限まで口にするものや水分までも我慢してとても過酷な減量方法です。とてもじゃないけど一般人の私たちには真似できない方法ですが、参考にすべきところはたくさんあるんです。何をやってもダイエットに失敗してしまう人や効果的に本気でダイエットしたい方は、必見です。

ボクサー流ダイエットで効果的に減量しよう!

ボクサーですぐに思い浮かぶのがキツイ減量ですよね。減量が成功するかどうかで勝敗が決まるといっても過言ではありません。一般人からしたら、それほどキツイ減量なんかしないでそのままの体重のランクで戦えばいいと思ってしまいますが、違うんですよね。

食事制限のみのダイエットと違ってボクサーの減量は、食事制限だけではなく筋肉や体力もつけていかなければ負けてしまいます。ボクサーは、効率的に筋肉をつけながらダイエットする方法を身につけているんです。ボクサーがやっている減量方法を詳しく成功の秘訣も含めご紹介しますので是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ボクサーの減量は一般のダイエットとは別物

ボクサーの減量方法は、普通のダイエットとはやはり全く別物なんです。参考にすべき点はあるもののボクサーの減量の本質を見極めておかないとただの過激なダイエットになってしまい、体を壊してしまいます。普通のダイエットとどの点が違うのか、ご紹介します。

汗と脂肪燃焼量は比例しない

サウナなどに行って汗をたくさんかくと体重が少し減っている事がありますよね。これで脂肪が減ったと勘違いしてしまいがちですが、実際には体内の水分が排出されただけで決して脂肪燃焼した訳ではないんです。

汗をたくさんかく方法は、サウナ以外にも長湯やホットヨガなどたくさんあります。確かに汗をかく事でストレス発散やデトックス効果などは期待できますが、脂肪燃焼量は比例しません。脂肪燃焼には、反対に水分をきちんと摂って脂肪の代謝を良くする必要があるのだそうです。

ボクサーの減量は体から水分を減らす

ボクサーは、よくサウナスーツを着てランニングしたりなど汗をたくさんかく減量法をしていますが、それは体内から汗をできるだけ排出し、水分を失くして減量をするためです。

ボクサーは試合の前日に計量をしますが、その後翌日の試合までに体重を何キロか戻して戦わなければなりません。人によって4~5キロ一気に増やす事もあるそうです。なので出来るだけすぐにリバウンドできるような減量をボクサーはしているんです。

どうやって一日もかけずにリバウンドするかというとカラカラになっている体に水分をたくさん入れて一気に戻します。そのために体内の水分量を減らす減量が必要なんです。

普通のダイエットではリバウンドは失敗ですが、ボクサーはうまくリバウンドできたら減量の成功となります。期間も普通のダイエットでは長期間続けなければなりませんが、ボクサーは短期間での減量になります。

ボクサーがつらい減量をやり抜く目的

ボクサーは、なぜあれほどつらい減量をするのでしょうか。そのままの体重のランクでは、不利になってしまうんです。ボクサーが辛い減量をやり抜く理由を説明します。

体格差によるアドバンテージを生かす

ボクサーは減量して目標体重まで減量しなければ、失格になってしまいます。なぜわざわざ減量してまで下の階級で試合をしなければならないのかというと、もちろん勝つための理由があります。

自分の身長よりできるだけ小柄でリーチの短い選手と戦う事で勝てる要素が増えるからです。自分の体格を有利にすることによって戦いもプラスに働きます。

体重差によるアドバンテージを得る

勝つための減量は、試合1週間前になると食べ物も一日パン1枚や、水分もうがいのように口に含むだけといったような極限の減量になっていきます。そのような状態でも変わらずに激しいトレーニングは続けます。

減量後は、減量前の体重に少しでも戻せるように水分などを大量に摂って、出来るだけ体重差によるアドバンテージを有利にしようとします。

スポンサーリンク

ボクサー流ダイエットの成功ポイント・7つ

ボクサー流ダイエットと普通のダイエットの違いは分かって頂けましたか。減量の目的が全然違うという事です。ですが、参考になる点はたくさんあります。本気でダイエットしたい人は、ボクサー流ダイエットの成功の秘訣を是非参考にしてみてください。

1.空腹時の有酸素運動で脂肪燃焼

ボクサーといえば、朝早くからランニングなどしている姿がイメージできますね。朝食前などの空腹時に有酸素運動をする事によって体脂肪が効率的に燃焼していきます。無酸素運動のような激しいトレーニングは、空腹時に行うと効率もよくないのでおすすめできません。

2.高タンパク低カロリーな食事

ダイエットには、食事制限も大切です。試合1週間前のボクサーのような過激なものではなく、1ヶ月ほど前から行う高タンパク低カロリーな減量食メニューを参考にするといいでしょう。

基本は、高タンパク低カロリーな食事をする事です。筋肉をつくってくれるタンパク質は減量食には欠かせません。ダイエット中の時ほど意識してタンパク質を摂る必要があります。

納豆・豆腐・鶏のささみ・玄米など高タンパク質なものはたくさんありますので是非、試してみてください。減量食メニューは、高タンパクで低カロリーなものを加え、栄養バランスのとれたものを意識して作りましょう。

3.水分補給を忘れずに

ボクサーは、体内から水分を出来るだけ絞り出さなければいけませんが、普通のダイエットではそれは厳禁です。出来るだけたくさんの水分を摂って新陳代謝を良くし、脂肪燃焼効果を高くしていく必要があります。

冷たい水だと胃腸が冷えてしまうので1日1.5~2Lを目安に常温の水を飲んでしっかり水分補給をしていきましょう。

4.無理な糖質制限は行わない

糖質制限ダイエットは流行っていますが、ボクサーは炭水化物は抜きません。激しいトレーニングをやり遂げるためには、エネルギーが必須なので炭水化物は抜けないのです。

短期間で行う分にはいいのかもしれませんが、食べられない事へのストレスが溜まってリバウンドしやすくなってしまいます。炭水化物の摂りすぎは確かに良くないのですが、タンパク質・野菜を中心に少量の炭水化物をとりいれた方が、運動するエネルギーも得られダイエットが成功する確率が高くなります。

5.成功への近道!ダイエットは長期計画で

きちんとダイエットしたいのであれば、長期間で時間をかけてじっくり減量していく事がダイエット成功への近道です。ボクサー流ダイエットは、短期間でのダイエットでリバウンドしやすい減量法になっています。

普通のダイエットでは、リバウンドしてしまっては失敗なので、まずはリバウンドしない方法を考えます。そうなると短期間で行うダイエットではなく、長期間で行うダイエットがおすすめなんです。

ボクサーは短期間でダイエットを行いますが、しっかり減量するために試合前日の計量から逆算して減量計画をきちんと立てています。私たちは長期間でのダイエットを目標にきちんと3ヶ月・6ヶ月・1年で分けて減量計画を立てていく事が必要です。

6.目的意識を持ってモチベーション維持

ボクサーがなぜあれほどつらいダイエットに成功できるかというとハッキリとした目的を持っているからです。「絶対勝ちたい!」という強い思いがその原動力となっています。減量が成功しなければ、試合にすら出る事ができません。

ダイエットを始まる前に何のために痩せたいのかをちゃんと考えて、強い目的をもつ事ができれば必ずダイエットは成功できます。

7.体重を毎日量ろう

体重を毎日はかる事でダイエットの成果を知ることができます。また増えた時には、その日の食生活を見直したりする事ができるので少し食べる量をセーブしたりなどすぐに対処できるようになります。

体重の減りは緩やかかもしれませんが、その分リバウンドの可能性は低くなります。体重が減った増えたで一喜一憂するのではなく、増えた時には食生活の見直しといったような目安としてとらえておく事をおすすめします。

効果的なダイエットの3つのポイント

ダイエットをする上で効果的なポイントをご紹介します。早く痩せたいからといって過激な減量になってしまわない様に、ただ細くなるのが目的なのか、健康的に痩せたいのかきちんと考えてみましょう。

1.健康的に痩せる

体重計の数字が減っていく事ばかりに夢中になって理想の体重になった時に、ただ細いだけでハリもなく、年より老けて見られるようになってしまってはダイエットは失敗です。栄養バランスの摂れた食事をきちんと摂って、適度な運動も欠かさなければ必ず自分に合った体型になっていきます。

2.筋肉をつけて美しい体を作る

脂肪が増えるのは、食べ過ぎてカロリーオーバーになってしまうのも原因ですが、もう1つ筋肉量の低下もその要因となっています。筋肉をしっかりつけておけば、基礎代謝も上がり、あえて激しい運動をしなくてもカロリーを消費してくれるようになります。

食事制限だけのダイエットでは、筋肉量が落ちるので基礎代謝も悪くなってしまいます。また筋肉量の低下で姿勢が悪くなったりなど見た目も悪くなってしまいます。適度な運動も取り入れて筋肉をつけ、素敵な立ち姿でいられるようになりましょう。

3.栄養バランスの摂れた食事でカロリーコントロール

カロリーはもちろん摂りすぎは良くないのですが、反対に控えすぎてもよくありません。ボクサーは、極限まで我慢しなければいけませんが、普通のダイエットではそこまでする必要はありません。

きちんとバランスの良い食生活を意識してする事でカロリーも段々とコントロールできるようになります。1日の摂取カロリーを目安に健康的に食事をしましょう。

ボクサー流ダイエットで減量を成功させる!

ボクサー流ダイエットについて詳しく分かって頂けましたか。計量前の過激な食事制限はやっぱりすごいですよね。彼らの勝利に対する執念は、本当に尊敬に値します。

普通のダイエットでも参考になる点がありましたが、どれもダイエットの基本となるものなので本気でダイエットしたい人にはとてもおすすめです。

ダイエットをする上で気を付けてほしいのは、早く痩せたいからといってボクサーのような過激な食事制限を行う事です。健康を損なってからでないとなかなか健康でいる事の幸せに気付きませんが、自分の体をさらに健康にするためのダイエットをしてほしいです。

ボクサー流ダイエットで健康で綺麗な体を手に入れるために減量を成功させましょう。

スポンサーリンク