両親に結婚を反対された時どうする?理由から紐解く説得方法ベスト5!

彼氏からプロポーズされ、結婚を目前に控えたあなた。しかし、彼を両親に紹介しようとしたら「結婚は許さない」と猛反対されてしまいました。こんな時、どうやって説得していくのが正解なのでしょうか。親の意見を受け入れて別れるなんて、出来れば避けたいですよね。しかし、親を押し切って強行突破するのも気が引けます。どうやって説得していけばよいのか、具体的な対処法を紹介したいと思います。

両親に結婚を反対される理由や対処法について

結婚は、2人の合意があれば可能な契約ですが、できることなら、自分の両親にも快くお祝いしてもらいたいものですよね。しかし、結婚の意志を伝えたら、反対されたというケースもあるかと思います。

親御さんとしては、大事な娘の人生だからこそ、厳しくならざるを得ない部分があるのかもしれません。しかし、親の言いなりになって、別れるという選択肢だけは避けたいものです。

両親に結婚を反対されてしまったという人は、その反対理由をご存知でしょうか。感情的に反抗せず、その理由を解決していくことで、結婚を認めてもらえるかもしれません。

そこで、今回は、結婚を反対する親の身になって考えた「反対理由」や「反対理由となる彼氏の特徴」を紹介します。そこから見出した、具体的な説得方法まで解説しますので、是非参考にしてみてください。

親が結婚に反対する理由ベスト5

まず、何故あなたのご両親が、結婚に反対しているのかを考えてみましょう。具体的な理由を述べずに「あいつはダメだ」と言われた場合でも、きっと何かしら理由があります。

そこで、結婚を反対されたカップルへのアンケートに基づいて、よくある反対理由を5つ紹介します。あなたの状況に当てはまるものがないか、チェックしてみてください。

1.相手に対するヤキモチ、奪われたくない

どちらかといえば、あなたは親御さんから大事に育てられてきませんでしたか?そうやって深い愛情を注いで子どもを育ててきたご両親は、結婚という形で娘を他人に奪われるのが嫌なのです。

もっと簡単にいえば、相手に対する嫉妬・ヤキモチですね。「こんな男に簡単に奪われるなんて」という一時の嫉妬心から、娘の結婚相手に会うことすら拒否するといったケースも多いようです。

このケースの場合、ご両親は「いずれ結婚するのだから仕方のないこと。娘がお嫁に行くのは喜ばしいことだ」と、頭では分かっているのです。しかし、「どこの誰とも知らない奴に、この子を任せられられない」と思っているのでしょう。

それだけ、あなたが大事に育ててもらったということです。ご両親がヤキモチをやく心境は、少し理解できる気がします。嫉妬の感情は一時的なものである可能性が多いので、根気よく説得していくのが良いでしょう。

2.相手の収入や学歴に不満

「大学卒でないから」「収入が200万円台だと娘の将来が不安」と、相手の学歴や収入がネックになって、結婚を反対している場合も多いようです。経済的理由で、当人の2人が結婚を考え直すというのはよくある話ですが、そこに親が介入してくることも大いにあります。

女性側の家柄が良ければ、尚更その傾向が強いのかもしれません。女性側は大卒で一流企業に就職し、安定収入を得ている。しかし、男性側は派遣社員で将来も不安定。そんな状況だと「子どもが生まれたらどうするの?」と、反対されてしまいます。

学歴に関しては、もはやどうしようもありません。しかし、収入に関しては改善の余地があります。もし今、あなたの彼の収入が低かったり不安定なのだとしたら、転職も視野にいれていきましょう。

あなたとの結婚を本気で考えていて、ご両親を説得したいのであれば、彼も本気になってくれるでしょう。それが、あなた自身の幸せにも繋がるかと思います。

3.相手がバツイチ、過去が気になる

「結婚で過去に失敗したことがある人は、また同じことを繰り返す」と、バツイチの彼と結婚することを反対するご両親もいるでしょう。娘の幸せを願っているからこそ、不安要素を排除したいのかもしれませんね。

相手の男性がバツイチの場合は、親の説得にかなり時間がかかると思います。しかし、何度も彼を親御さんに会わせることで、徐々に距離を縮めていってはいかがでしょうか?

「バツイチなんてみっともない」「娘も同じ目に遭ったら嫌だ」と反対していたご両親も、きっと少しずつ彼に心を開いてくれるでしょう。根気強く頑張ってみましょう。

4.国際結婚だと不安、弊害を考える

あなたのパートナーが日本人以外である場合、ご両親はビックリされたのかもしれませんね。日本人と結婚するものだとばかり思っていたでしょうから、そのギャップを受け入れられないのだと思います。

いきなり「外国人と結婚するね」といっても、ご両親も素直に「いいよ」とは許可しにくいものです。相手の人はどんな人なのか、本当に上手くやっていけるのか、国際結婚に弊害はないのかなど、あなた以上に色々なことを考えているはずです。

この場合も、根気強く彼をご両親に会わせ続けるしかないでしょう。会うことすら拒否されるような場合でも、彼に頼んで2人で何度も実家へ足を運ぶようにしてみてください。ご両親が根負けするまで続けるのがカギです。

5.スピード婚すぎる、本気かどうか勘ぐる

彼と付き合って数ヶ月など、あまりにも早い段階で結婚の話が固まってしまったら、ご両親はおそらく心配するでしょう。その不安が原因で、結婚を認めてくれないのかもしれません。

相手のことを本気で好きなのか、また、相手の男性は娘のことを心から愛しているのだろうか。何か思惑があるのでは?と勘ぐってしまうのです。彼のしっかりした部分を見てもらい、安心させるのが一番だと思います。

親が結婚に反対する彼氏の4つの特徴

両親が娘の結婚に反対する場合、彼氏側に見られる特徴というのが4つあります。今回は、その4つの要素を紹介したいと思います。あなたの彼に当てはまっていないか、考えながら読んでみてください。

1.10歳以上、年の差がありすぎる

あなたと彼に歳の差があると、親御さんは「ちゃんとした付き合いをしてきたのか」「今後上手くやっていけるのだろうか」と、心配になるようです。5歳程度の歳の差でも心配する人もいますし、「10歳以上の差は心配」という人もいるので、その基準は人によってマチマチです。

歳の差があっても、幸せに暮らしているご夫婦は沢山います。あなたが本当に彼のことを愛していて、相手も同じ気持だということを、根気よくご両親に伝えましょう。

2.フリーター、定職についていない

彼が派遣社員を繰り返していたり、ずっとフリーターで生計を立ててきた人であれば、そりゃあ親御さんも反対するでしょう。可愛い娘が苦労することを思えば、結婚を許せないのも納得です。

彼が定職についていない場合は、まずは彼とあなたの2人で話し合って、転職などを考えてみてはいかがでしょうか?最初のうちは低収入でしょうが、将来が安定しているほうが良いかと思います。

3.礼儀や常識がない、年上への敬語が使えない

挨拶ができない、年上の人に対する敬語が使えないなど、礼儀や常識がない彼だった場合、ご両親は何としてでも結婚を阻止してくるでしょう。大事な娘を、そのような男性のもとへ送り出すことはできません。

彼が少し常識にかけている場合は、まずはご両親との面会前に、あなたの方から彼を教育する必要があります。「私の父、礼儀には厳しいから、言葉遣いには注意してね」など、事前の準備が必要不可欠です。

4.女性が男性を上回る収入格差がある

女性側がそれなりの企業に勤めて定収入があると、ときに男性の所得を上回るケースがあります。この場合も、女性の両親は結婚を反対することがあるようです。

「娘よりも収入が低いくせに、娘を幸せに出来るのか?」など、辛らつな言葉を浴びせられるかもしれません。その際にしっかり「今後、この資格をとって出世します」など、具体的な説明ができると良いでしょう。

当人の2人にとっては、大したことのない問題である収入格差ですが、やはり娘の親は心配しますし、プライドがあるので気になるものです。娘のあなたが彼を上手くフォローしつつ、親御さんを説得してみてください。

結婚を反対された時の説得方法・押し切る5つのコツ

さまざまな理由で結婚を反対する親御さんを、どうやって説得していけば良いのでしょうか?効果的な方法・押し切るコツを、5つ厳選しましたので紹介したいと思います。

1.時間をかけてゆっくり説得

女性側の両親は、一時的な感情で結婚に反対している場合も多いです。また、彼のことをよく知らないがために先入観を抱いているとも考えられます。

時間をかけて何度も話し、また彼と両親を会わせる機会を何度も持って、ゆっくりと説得していくのが良いでしょう。「早く認めてもらいたい」と焦る気持ちは分かりますが、あなたのご両親の気持ちも察してあげてください。

大事な娘の結婚ですから、そう簡単に「好きなようにしなさい」なんて言えないのです。あなた達2人がお互いに愛し合っていることが伝われば、きっと許してくれると思います。

2.相手の話を根気よく何度でもする

もし、ご両親が彼と会ってくれない場合は、あなたは何度も彼の話をする必要があるでしょう。最初のうちは耳を貸してもくれないと思いますが、それでも根気よく続けてください。

彼がどんなに素敵な人なのか、どうしてあなたが彼を好きなのか、根気強く何度も彼の話をしましょう。彼の良い部分が少しでもご両親に伝われば、「それなら1度会ってみようか」と、話が進むかもしれません。

3.冷静に両親の考えも聞く

結婚に反対されると感情的になり、ケンカ口調になってしまうかもしれません。しかし、それは逆効果になってしまいますので、できるだけ冷静に対処しましょう。どうして両親が反対しているのか、まずは聞き出してみてください。

客観的に見ると、もっともらしい理由かもしれません。大事な娘が嫁に行くのですから、何かしら心配はあるはずです。その心配を1つずつ解消できるよう、これから努力していきましょう。お互いに歩み寄ることが解決への近道です。

4.自分から親離れ、自立する

もし、あなたが今、親元で暮らしているのだとしたら、ご両親は「自分でまともに生活してすらいない癖に結婚など無理だ」と思っているのかもしれません。この機会に、あなたは親元を離れてみてはいかがでしょうか?

しっかりと自立して生活ができるようになれば、親御さんがとやかく口を突っ込んでこなくなるかもしれません。自分自身が親離れをすることも大事です。

5.絶縁すると言われても受け入れない

もし、あなたのご両親が結婚に反対し「絶縁する」と言い出したら、売り言葉に買い言葉となってしまわないよう冷静に対応してください。あなたは、ただ頷いて、しばらくご両親と距離を置きましょう。

ただし、絶縁を受け入れた訳ではありませんので、たまに連絡をしたりするのは欠かさないでください。今までに比べて、少し距離を取ることで、お互いが落ち着いた状態で考えることができます。

その状態が続けば、ご両親の方から折れて「もういいよ、結婚しなさい」と言ってくれるパターンが多いです。感情的に「分かった!もういい、絶縁する」など、喧嘩腰にならないよう注意してください。

結婚に反対された時に注意したいこと

最後に2つ、結婚を反対された時に「これだけは気をつけて欲しい」という注意点を紹介します。自分に当てはまっていないか、チェックしてみてください。

感情的になって言い返さない

あなたがどれだけ結婚に反対されても、感情的に言い返してはいけません。親は子の幸せを願うものです。なので、少しでも不安材料があると反対するものです。

そうでなくとも、大事に育ててきた娘を他人に持っていかれるため、心穏やかではいられないでしょう。その心境を察して、喧嘩になってしまわないよう、あなたが気遣ってあげましょう。

お互いが冷静になると、自然と良い方向へ話が向かっていくものです。時間はかかると思いますが、落ち着いた心で、気長に説得していきましょう。

反対されていることを相手には言わない

ご両親に結婚を反対されていることは、できる限り彼に伝えないほうが良いでしょう。その事実を知って、良い思いをする人はいません。彼に、何か協力してもらうのであれば話は別ですが、できる限りあなた自身がご両親を説得してください。

彼はもはや、どうすることもできないというのが正直なところです。あなたのことを愛して、結婚すると決めた彼です。ここは、あなたが全力で守ってあげるべきだと思います。

結婚を反対するのには理由がある!時間をかけて説得しよう

ご両親が結婚を反対するのには、必ず理由があります。その理由を把握して、不安要素を1つずつ解決していきましょう。時間はかかりますが、できれば結婚を祝福してもらいたいですよね。

そのためにも、親御さんの気持ちを考えながら、少しずつ距離を縮めていってください。あなたを育ててきたご両親ですから、きっと思いは伝わるはずです。