もてたい女性がすべき9つのこと|今日から出来る魅惑のモテテク教えます!

スポンサーリンク

もてたいなぁと思ったり、もてる女性を見てうらやましくなることってありませんか?それは、あなたに今よりモテるようになる素質があるということです。あざとすぎるのは困るけれど、モテ行動は男性を幸せにできる、人に優しい行動です。そし本当のモテ行動は人を分け隔てしないため、媚びることとは違います。だから、女性にも好かれちゃうのです。周りの男性も女性も幸せにして、ちゃっかり幸せをつかんじゃいましょう!

もてたい!を叶えるのは、難しくない

誰かに言うわけもないけれど、正直、もてたいなぁと思ったことはありませんか?心の中で思うなら、きっともてる素質があるということなんです。そのためにちょっぴり努力するかどうかは、本人次第。ここではモテるために明日からすぐ実践できるコツを紹介します!

スポンサーリンク

モテたい女性がやるべきこと<会話編>

モテる女性って女性目線で見たときに必ずしも「すごくキレイ!」とか、「文句なくカワイイ!」というタイプではなかったりしませんか?実は、モテるために最も大事なのは会話でした。売上No.1のホステスさんだって、そのクラブで一番の美人ではないことが多いのです。

相手の話にかぶせないで、ちゃんと聞く

■例1:「実は昨日眠れなくなくてさ…」→「そういえば私も昨日は飲み会で遅くなっちゃって3時間しか寝てないよー!しかも起きたら遅刻ギリギリの時間!」

■例2:「このワインおいしいね」→「うん、これ?ピノ・ノワールだよ。豊かな果実味、控えめな渋み、力強く厚みのある味が特徴なんだよね、そしてカベルネ種ほど渋みが強くない。ブルゴーニュの高価な最高級赤ワインに生まれ変わるんだって。~~社の営業の~~君いるでしょ、ワインにめっちゃ詳しくて、色々聞いてたら私も詳しくなっちゃったの」

これは大げさな例ではありますが、完全にアウトです。人間は誰しも自分を「わかってもらいたい」気持ちをもっています。相手が切り出した話題を最後まで聞かないうちに、ついつい自分の話に引き付けて話してしまうクセのある女性は気をつけてみて。

相手が新しい話題を口にしたら、何が言いたいのか、どんな気持ちなのか、主題がわかるまでは耳を傾けましょう。

何回でも嬉しいコトバ「ありがとう」を口癖に

「ありがとう」。この言葉を言われて、うれしくない人はいません。特に男性は女性から認められたい、頼られたい気持ちが強いので、とても効果的なマジックワードなのです。

いくら使っても効果は減ったりしないし、自分が損することもありません。むしろ言う方も爽やかであたたかい気分になれます。感謝の気持ちは、伝える側、受け取る側の相互にポジティブな効果を発揮します!一日の中で、ありがとうが言える機会をどんどん見つけ、積極的に口に出して伝えましょう!

ポイントは人を選ばないこと。誰に対しても、笑顔でお礼を言える女性が素敵なのです。自分に対してお礼を言われるのもうれしいものですが、ふと見かけた女性が誰かに笑顔で感謝しているシーンを見かけたり、他の人から「あのコいいコだよね」と言われると、それが気になる女性であれば好感度がさらに上がりますよね。

STOP!自虐に走らない

モテたいなら、自虐的なことを言ったりしたりしてはいけません。卑屈になるのもよくないです。自虐や卑屈な一面を見せられた相手は、フォローする側に回らなくてはならず、同じことが繰り返されるとやがては面倒になってしまうかも。

また、自分には彼女を助けられない、幸せにできない、と男性が自信を失くす原因になることもあります。男性は、基本的には女性に幸せでいてほしいと思っている生き物です。人によって性格の好みは色々ありますが、精神的に余裕がある女性が好きなのは共通しています。

時々女性の不幸が好きな男性もいますが、そうした人とは共依存の関係に陥る可能性が高く、泥沼化してしまうかもしれません。あまり深入りしない方がいいでしょう。

モテたい女性がやるべきこと<行動編>

会話の次は行動です。どのようなことを心がけている、あるいは自然にできている女性がモテるのか、周りの男性陣やネット上でリサーチしてみました。

女性ばかりで群れない

どうも、多くの男性は女性の集団が苦手なようす。「女性のグループは怖い」と正直に仰る男性もいました。確かに女性のグループに男性一人で入って話しかけるのって、どんなタイプの男性でもできるというわけではないですよね。

いつも女性同士でいるのは控えて、たまには一人行動をしたり、男女混合のグループで楽しんだりすると、話しかけやすい女性として映るようです。

余裕を持つと、周りの空気は穏やかになる

周りがイライラしているとき、何かハプニングやアクシデントが起こったとき、悲しいことがあったとき。パニックに陥ると、人の表情はかなり変貌します。

できるだけ、怖い顔で周りの人を見なくて済むように、何か感情が乱れる出来事があったら、まずは目を閉じて深呼吸をしましょう。ゆっくり息を吐き切ったら、目もと口もとに笑顔を浮かべてから目をあけてみてください。少し気持ちが落ち着いているはずです。

どんな状況でも周りを和ませることができる、余裕のある女性は理性的で包容力をも感じさせ、男性には魅力的に見えるようです。

SNSにあまり夢中にならないで!

人は自分を見てほしい気持ちがあるので、相手があまりにスマホに夢中だと「自分といて楽しいのかな?」と疑問に思いますし、その人といる時間の居心地が悪くなってしまいます。誰かと一緒にいるときにスマホをいじるのがやめられない女性は、自分にルールを設けてSNSをする時間・しない時間を決めるのもいいと思います。

体型を保つと美意識と努力が見える

モデル体型が望ましいのではありません。そのままの身体で、柔らかいところは柔らかいままでもいいと思います。ただし、急激に太ってしまうのはダメみたいです。体重が急に増えると、女性として見られなくなってしまう男性もいます。

体型を保つことで、美意識や努力などその人の人間性が垣間見えます。健康的なダイエットはいいのですが、太ったり痩せたりを繰り返すのも、少し不健康で不安定感がありますので、男性は苦手のようです。

スポンサーリンク

モテたい女性がやるべきこと<仕草編>

手をクロスさせる、髪をかきあげる、ゴミをとってあげるふりをする…。などなど、モテ仕草はたくさんありますが、中でもかなり鉄板のテクをご紹介します。

目が合ったらすぐに逸らしてみて

目が合う→すぐに逸らす、を繰り返すと、人間は気になってしまうものです。男性は女性からそうされると、「もしかして自分のこと好きなのかな」と思ってしまうみたいです。「あれ、もしかして怖がられてる?」と思われないよう、ときどき不意打ちでニコっとしてあげるのも効果絶大です!

カラダの細いところをアピールしよう

うなじ、手首、指、足首、腰、太もも、腕…。男性にはない細さのある場所をそれとなくアピールしてみてください。やりすぎないように、多くても2~3の部位に留めましょう。

美味しそうにご飯を食べると、見ている人は幸せになる!

ついつい男性の前で小食になってしまう女性っていますよね。ワザと狙っているのではなく、本当に緊張でおなかがいっぱいならしょうがないです。量は食べられなくてもいいので、一口目、食べている間、とにかくおいしい!幸せ!をアピールしましょう。

実際、しょっちゅう「おいしい~!」と笑顔で言う人と食事をすると、何の変哲もない食事でも本当になかなかおいしく思えてくるから不思議です!慣れていない人は、最初は、一口目を味わうときに「おいしいね!」とニコっとするのがやりやすいですよ。

なぜ?モテたい女性の心理について

ここまで、モテるための実践テクを見てきました!さて、そもそも女性が複数の男性にモテたいと思うのはなぜなのでしょうか?周りの人の癒しになりたいのではなく、自分が賞賛されたいという、周りではなく自分にフォーカスした心理があるなら、ちょっぴり危険かもしれません。一人の人では満足できない可能性もあります。ここでは注意したい心理を3つ紹介します。

ちやほやされたい・プリンセス願望

自分は傷ついたり苦労したりすることなく、多くの男性から愛されて、優しくされ、守られていたいという心理が根底にある場合があります。このタイプの願望がある場合は、あからさまに他人にそうしたことを望まないように、気を付けることも必要かもしれません。夢みがちな女性として、男性・女性から敬遠され、モテから遠のいてしまう可能性があります。

目立ちたい!

目立ちたい、異性からの注目を浴びたい、自分が一番人気になりたいという心理は、実は、同性の目線を意識したものです。どんなことでも一目おかれたいし、負けない、そのためなら努力もする!という女性はこのタイプかもしれません。同性に対する競争心が、モテたい衝動や努力の原動力になっています。

この心理もあまり男性・女性に伝わらないようにした方が無難ですね。あまりに競争心を燃やされると同性の対人関係にヒビが入るかもしれませんし、男性側としては「俺自身のことはどうでもいいんだな」と思って意気消沈してしまうかもしれません。

焦りと無価値感…「本当の私は誰からも相手にされない気がする」

年齢的な焦りや、女友達と比較しての焦りなど色々ありますね。もし、周囲の女性の中で、自分だけ彼がいなかったら、やっぱり誰でも焦りますよね。そこで、「まいっか」と気持を切り替えられる人はそれでOK。

しかし、何らかのトラウマや自己否定感があって愛情を受け取れない心理に陥っている人が、このような焦りを持つと、不特定多数の異性の愛情表現を求めるようになることがあります。しかし、いくら愛情表現をされてもそれを信用できず、愛情飢餓感は解消しないことが多いです。もし、こうした心理でモテたいと思っている場合は、カウンセリングやセラピーなどを使って自分と向き合ってみるのも一つの方法です。

モテるコツを実践して愛され上手になろう!

モテる女性になるには、日頃の行動あるのみです。女性は誰もが、そばにいてほしくなるような、お花のような、お日様のような存在になることができます。ただでさえ殺伐とした感情を抱きやすい社会で、他人を押しのけて自己主張をする必要はなかったんですね。

そこにいるだけで「ふわん」としたHAPPYな空気を作り出せる存在が、究極のモテる女性みたいです。ご紹介したポイントを、明日からぜひ意識して取り入れてみてください!

スポンサーリンク