アブベンチで割れた腹筋も夢ではない?効率的な腹筋トレーニングとは

スポンサーリンク

昨今は、割れた腹筋に影響されて腹筋を鍛えるようになった方が沢山いらっしゃいます。腹筋女子という言葉が流行っている位ですし、腹筋トレーニングに関心を抱いている女性が少なくないでしょう。今回は、アブベンチを用いた腹筋トレーニングやアブベンチの価格について説明していきます。

自作でアブベンチができるのか?

お金に余り余裕が無い方は、何か手っ取り早い方法で腹筋トレーニングができないものか、とお考えなのではないでしょうか。何と、自作でアブベンチと同等の効果が得られるトレーニングを編み出した方が居るようなんです。こうしたことから、自宅を腹筋トレーニングの場にするのはそれ程難しいことではありません。

アイデア次第で自作のアブベンチも可能

経済的な腹筋トレーニングをしたいため、自作でアブベンチのようなトレーニングをしようと思い立つことが往々にしたあるのではないでしょうか。実際にそのことをした方がいらっしゃいまして、5kgの重りを首の後ろに持って腹筋をしているようです。確かに重りを使うという点では理に適っていると思います。

腹筋トレーニングの効果を上げるために、傾斜を急にして10kgのダンベルを頭の後ろで持って腹筋するのも効果的です。なるべくお金を掛けない腹筋トレーニングをしたい方は、先程ご紹介した自作のアブベンチをお試しになってはいかがでしょうか?腹筋を鍛えるためにジムに通おうと思っていた方も、アイデア次第でアブベンチに近い腹筋トレーニングを再現できることに驚いたことでしょう。

スポンサーリンク

アブベンチの使い方と気になるお値段は?

アブベンチで腹筋を鍛えるためには、言わずもがな正しい使い方を熟知していなければなりません。使い方は至って簡単なので、誰でもすぐに使いこなせるようになるでしょう。アブベンチを用いた鍛え方や商品についてお伝えしていきます。

ここでご紹介した商品が腹筋を鍛えるきっかけになれたならば幸いです。

アブベンチの使い方

アブベンチの使い方を説明します。最初に、重りをワイヤーにセットしてからベンチに座ります。その際に、ベンチに深く腰掛けることを意識してください。座る位置とお尻の位置によっては、足が浮いてしまって上手く重りを引くことができません。

丁度良い座る位置を見つけたら、早速トレーニング開始です。体の後ろにある重りを引き上げるために、重りにつながっている持ち手を両手で片方ずつ持ちます。その状態で、体を前に倒して重りを引き上げる動作を繰り返すとのこと。

人にもよりますが、大体20回が目安です。重りはお好みで調整してください。以上のことから、アブベンチの使い方はそれ程難しくないのが皆さんにもお分かりになっていただけたかと存じます。

アブベンチ-クランチ・ツイストのやり方

アブベンチ-クランチ・ツイストというトレーニングがあるようです。まずは、首の後ろに吊り下げられた重りを両手で支えながら15回ほど持ち上げます。次にワイヤーに付いている取っ手に腕を通した後に、腕の力で重りを引き上げるというもの。

反対の腕も同様の要領で重りを引き上げて、両腕ずつ10回します。横の腹筋を鍛える上で有効なトレーニングですので、通常の腹筋トレーニングと併用することで効率的な腹筋トレーニングができると思います。アブベンチを用いた腹筋トレーニングをお考えの方は、アブベンチ-クランチ・ツイストも腹筋を鍛えるためのものとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

腹筋に効果的な負荷を掛けられるアブベンチ

アブベンチは、短時間で腹筋を鍛える器具として注目されています。従来の腹筋トレーニングだと、どうしても無駄な動きをしてしまい、効率良く腹筋を鍛えられないことが多々あるようです。しかし、アブベンチならば最小限の動作で無駄無く腹筋トレーニングができます。

何しろベンチに座って後ろの重りを引っ張るだけで、腹筋に十分な負荷を掛けることが可能ですから。両手を頭の後ろに組んで行う腹筋トレーニングとは違って腹筋に必要な筋肉だけを使うので、腹筋を割るのも現実的となるわけです。要は、アブベンチならば腰を痛めずに効果的な腹筋トレーニングができます。

折角腹筋を鍛えるのに、間違った腹筋トレーニングで腰を痛めてしまっては本末転倒です。腰に負担を掛けないアブベンチで、夢の割れた腹筋を目指そうとする方が数多いことでしょう。アブベンチは、健康的な腹筋トレーニングを押し広める上で大いに役立っているはずです。

プレート調節が簡単なアブベンチcp4

アブベンチを購入する気でいる方は、楽天市場のアブベンチcp4をご参考にしてください。プレートを脱着するだけで重量の調整を楽に行えます。プレート負荷重量調節式なので、少ない回数で満足いく腹筋トレーニングができるとのこと。

足を開いた状態でトレーニングをするため、腰に負担を掛けることなく腹筋に直接働き掛けることができます。スムーズに動く滑車が、ストレスの無い腹筋トレーニングを可能にしているのだとか。腹筋を鍛えるための器具に抵抗を抱いている方も、アブベンチcp4ならば気持ち良く腹筋トレーニングができるのではないでしょうか。

省スペース設計とのことですので、ご自宅で余り場所を取らずにトレーニング可能です。組み立てがシンプルなので、どなたでもアブベンチcp4を組み立てられるかと思います。表面塗装は特殊コーティングされているので、その商品に傷が付きにくくかつ耐久性も申し分ありません。

首や肩にしっかりフィットするアブクランチシートが備えられています。そのシートは、トレーニング中に違和感を抱くことなく自然な状態でトレーニングを継続するために欠かせないでしょう。尚、送料が2,160円掛かります。

アブベンチに必要なワイヤー交換

アブベンチを使用しているうちに、ワイヤーが劣化して交換しなければならないケースが数多いかと思います。重りを何回も持ち上げていれば、おのずとワイヤーに負担が掛かってしまうのは無理もありません。物にもよるかもしれませんが、大体一年位でワイヤーが痛んでしまうようです。

アブベンチを使用している方は、ワイヤーの状態を見ながら使用した方が良いでしょう。ワイヤーを覆っているビニールが裂けたりひびが入ったりしたら、ワイヤーの交換をお考えになった方が良いかもしれません。これからアブベンチをお買いになろうとしている方は、ワイヤーの交換も大前提になることを念頭に置いてください。

アブベンチにも色んな価格があり

アブベンチにも値段がピンからキリまであり、高い物だと20,000円は下らないです。逆に安い物だと7,000円台となっております。アブベンチ AND-619が安い部類に入っていて、シニアの方や女性でも気軽に扱えるとのこと。

腹筋トレーニングの初心者の方は、7,000円台の物をお試しになるのも良いのではないでしょうか。背もたれには回転するスポンジクッションが備えられているので、背中が心地良いのだとか。つまり、心地良い気分を味わいながら腹筋を鍛えられるお勧め商品です。

パワースプリングの反発力で腹筋運動を手助けするので、上半身を起こすのが苦になりません。軽めのトレーニングからきつめのトレーニングに対応できるのもメリットです。高価なアブベンチに手が出せない方は、アブベンチ AND-619で、1日たった5分の腹筋トレーニングで理想の腹筋を手に入れてみてはいかがですか?

アブベンチで憧れの腹筋を自分のものに

アブベンチについて色々お伝えしましたが、腹筋を鍛えたい方のご参考になりましたでしょうか?割れた腹筋に憧れている方が数知れませんし、今後もアブベンチで腹筋トレーニングをしようとする方が現れていくことでしょう。

スポンサーリンク