美容院でのカラーの頼み方は?フルカラーとリタッチのメリットなどもご紹介

スポンサーリンク

美容院でカラーをしたことがない人は色々なことを心配してしまいますよね。例えば値段や時間、カラーの種類、美容院でカラーをするメリットなど様々なことがわからないと思います。今回の記事では美容院でのカラー初心者の方のために、そのすべての疑問点にお答えしちゃいます!美容院のカラーの値段を抑える方法などもありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

美容院のカラーの疑問、全てまとめて解決しちゃいます!

「美容院でのカラーって一体どれだけの種類があるの?」、「色の頼み方は?時間はどれだけかかるの?」、「そもそも美容院でカラーをする必要があるの?」美容院でのカラーを経験したことがない人にとっては色々なことが謎ですよね。そんな美容院カラー初心者のあなたのために今回の記事ではその全ての疑問を解決しちゃいます!

スポンサーリンク

美容院のカラーはどうやって頼めばいいの?

まず最初に解決する疑問は美容院でのカラーの頼み方についてです。これは経験したことがない人にとっては最初の大きな壁になると思いますので、わからない人はぜひ参考にしてみてくださいね。

まずは希望の明るさを決めましょう!

まずは希望の明るさを決めます。「え?色を決めるだけじゃないの?」と思われるかもしれませんね。

実は髪の毛を染める際に使う薬剤には髪を黒から色を抜いて明るくするものと色を付けていくためのものの2種類が混ざっているのです。ですので、まずはどの程度明るくするか決めないといけないのですね。

あなたが現時点ではっきりとこの明るさがいい!と決めているのであれば、その色をカラーを担当してくれる人に伝えましょう。色の伝え方としては色々と考えられます。

例えば、リクエストしたい髪の明るさをしている人の写真を持参して見せてもいいでしょう。もし現時点でどんな色か決めていない場合は直接美容師さんに相談しても大丈夫です。

直接担当してくれる美容師さんと相談するとあなたのヘアスタイルやファッションに合わせた明るさを提案してくれますので、恥ずかしがらずに相談してみてください。親身になって話を聞いてくれますよ!

次は色の種類を決めます

明るさが決まったら次に色の種類を決めましょう。暖色系、つまり赤やオレンジなどの温かいイメージのある色を選ぶと、女の子らしいやわらかく可愛らしい感じの色になります。反対に寒色系、例えばグレーのような冷たいイメージのある色を選ぶと、落ち着いたクールな感じの色になります。

これはどのように選べばいいのかというと、一つの例として季節やあなたの普段のファッションなどを参考にするといいでしょう。例えば季節が春で可愛らしいファッションをメインに着たいなと考えているのであれば、暖色系を選ぶのです。

また冬にコートを着て、クールなイメージで過ごしたいなと考えていれば寒色系を選べばいいのです。ヘアカラーは一生その色でいなければいけないわけではないので、その時その時に合った色を選べばいいと思います。

もしどんな色がいいのか決められないのであれば、迷わず美容師さんに相談しましょう!

優先順位もしっかり考えないとダメですよ!

次は優先順位を考えます。例えば希望の明るさや色を選んだとしても、今の職場で髪の毛が明る過ぎることや色を付けることが禁止されている場合がありますよね。

ですので、優先順位を考えなけばいけないのです。希望の明るさを選ぶのか、それとも希望の色を選ぶのか。これは担当の美容師さんに相談すれば、あなたのリクエストを最大限に叶えるための案を教えてくれると思いますので、何度も言いますが迷ったらぜひ美容師さんに相談してみてくださいね。

全頭かリタッチかを決める

最後に全頭かリタッチかを決めます。全頭カラーというのは文字通り髪の毛全部にカラーをしてもらえるものです。美容院の中にはフルカラーと書かれている場合もありますので注意してくださいね。

それとリタッチというものなのですが、これは髪の毛が伸びた黒い根元部分だけを染めてくれるものです。基本的にリタッチは全頭よりも1000~2000円ほど安くなっています。

カラーをすることが初めてだったり、髪の毛の色を全部変えたいという方は全頭を選んで、髪の毛が伸びて根本だけ黒くなった、いわゆるプリン状態を直してほしいという場合はリタッチを選べば大丈夫です!

美容院のカラーはどれくらい時間がかかるの?

では次に美容院でカラーを実際にすることになった場合、一体どれくらいの時間がかかるのかどうかということについて説明していきますね。

最短でも1時間半

実際にカラーをすることになって、美容院に行くと大体行うことは大きく分けて3つあります。1つ目はカウンセリングです。

先ほども説明しましたがあなたがどのような明るさや色を入れたいのかという相談する時間があります。既にはっきりと決まっている場合はそんなに時間はかかりませんが、平均すると10~20分ほどは考えておくといいでしょう。

2つ目は実際にカラーを入れる作業になります。薬剤を髪の毛に塗って、しばらく放置します。この放置する時間は髪の毛の長さや入れる色にもよりますが大体20~30分程度かかります。

3つ目はカットです。カットをしない人はシャンプー、ドライをして終わりになりますが、カットをするとここからさらに平均1時間ほどはかかります。

ですので、カットをしない人でも最短で1時間半ほど、カットをする人は2時間半~3時間ほどかかると考えてくださいね。

時間に余裕を持って行くべし!

最短でも1時間半、平均すると2時間半~3時間ほどかかると説明しましたが、実際はそれ以上時間がかかることも考えられます。例えば、美容師さんと相談して決めた色と明るさを入れるためには思ったよりも時間がかかってしまったり、カットすることになったりなど色々なことが考えられるからです。ですので、美容院でカラーをする時は時間にかなりの余裕を持っていくようにしましょう!

スポンサーリンク

美容院のフルカラーのメリット・デメリットは?

それでは次に先ほどご紹介しました全頭(フルカラー)、つまりに髪の毛全体を染めることについてさらに詳しくメリットやデメリットを説明していきます!

全体の色がきれいに染まるのがGOOD!

フルカラーをするメリットとして考えられるのは、やはり全体の色が綺麗に染まるということです。全体的にバランスよく染めるので、根元から毛先まで統一した色を付けることができるのですね。カラーが初めての人は当然、髪の毛全体を染めなければいけないので基本的にはフルカラーを選ぶことになります。

毛先のダメージが進行しちゃうのがデメリット

反対にフルカラーのデメリットとしてあるのは、毛先のダメージが進んでしまうということです。よく考えてもらうとわかると思うのですが、毛先は髪の毛の中で一番古い部分ですよね。ですので毛先が一番傷んでいるとも言えますよね。

その傷んでいる部分をさらにカラーをしてしまうので、より傷んでしまうというわけなのです。ですのでフルカラーをすることになった時にはトリートメントしてもらうなど、毛先に対して何か対策を取ることをお勧めいたします!

美容院のリタッチってどういう意味?

それでは次に根元の伸びた部分だけを染めるリタッチについて、そのメリットやデメリットと合わせて詳しく説明していきます。

毛先が傷まない、施術時間が短いのがポイント

リタッチは根元の伸びてしまった黒い部分だけを染め直す施術なので、当然ですが染める範囲がフルカラーよりも少ないので施術時間が短くなります。そしてリタッチは根本だけを染めるので、毛先がこれ以上痛むことはないということもメリットの1つですね!また白髪の部分もカバーできるので白髪染めをしていた人にもリタッチはお勧めです。

中間~毛先の色褪せは治らない

そしてリタッチのデメリットとして考えられるのが中間から毛先にかけての色あせは治せないということです。髪の毛を染めてしばらく時間が経つと色抜けしてしまうのですが、その色抜けした部分はリタッチでは治せません。あくまで伸びていた黒い部分を目立たなくするためのものがリタッチなので、全体的にキレイに仕上げたいときはフルカラーがおすすめです。

美容院でカラーをするメリットは?

ここまでの説明で美容院でのカラーの頼み方や種類はわかったけど、そもそも美容院でカラーをする必要があるのかどうか、疑問に思っている人もいると思います。ということで、これから美容院でカラーをするメリットについて説明していきますね。

綺麗に発色し、ムラなく色持ち良い!

美容師さんはやはりプロなのです!あなたの希望する色や明るさをそのままイメージ通り再現してくれます。あなたの髪質に合わせたカラー剤を適切な量・時間で染めてくれるのでムラもなく綺麗に染まるのですね。

これこそが自分の家ではなく美容院でカラーをする大きなメリットの1つといえるでしょう!

ダメージに合わせて薬剤選択してくれる

もう一つあるメリットといえば、やはりあなたの髪のダメージに合わせて薬剤を選んでくれることが挙げられます。髪を染めるという行為は少なくともあなたの髪を痛めてしまいます。それを最小限抑えてくれるので、髪の毛をできるだけ綺麗なままの状態にしておきたいならやはり美容院でカラーをしてもらうことをおすすめします!

美容院のカラーの値段を少しでも安くしたいあなたに!

美容院でカラーをしたほうがいいのはわかったけども、やっぱり値段が気になりますよね。そこで!美容院のカラーを安くする方法についてこれから説明したいと思います!

クーポンを利用する

まずは王道のクーポンですね。現在、多くの美容院でクーポンを発行していますので、それを利用するのです。クーポンが手に入る場所は様々です。

例えばその美容院のホームページにある場合もありますし、美容系の情報誌に美容院の紹介と一緒にクーポンが載っている場合もあります。中には紹介クーポンというものがあるので、友達が持っていたらそれをもらってもいいですね!

市販カラー剤持ち込み可能店へ行く

次は市販されているカラー材の持ち込みが許されている美容院に行くということです。市販されているカラー材を使ってもらうとプロが使う薬剤よりも安く済みますし、プロが自分の髪質を調べてくれますので自分でやるよりも綺麗に仕上がります!

しかし美容室で用意しているカラー材よりどうしてもダメージが大きくなる可能性もあるので注意してくださいね。

リタッチのみにする

リタッチだけにするというのも1つの選択肢です。これは先ほど説明したように根元だけ染める方法なので、使う薬剤が少なく済むので値段が安くなるのですね。しかし、これは既に髪の毛が染めてある人にしか使えなく、また髪色を変えることができないことなのがデメリットですね。

カラーモデル募集を探す

カラーモデルを募集しているところに行くのもいいでしょう。カラーモデルになると、お店にもよりますが、無料であなたの好きな髪形や色にしてくれるのでお金をなるべくかけたくない人にお勧めです。ただしカラーモデルを担当する人は新人の美容師さんというケースもあるため、そこは注意が必要です。

カラーモデルを募集しているお店は名古屋、大阪、東京に多く集中しているので近くに住んでいたら、試してみてもいいかもしれませんね!

美容院で理想のカラーを手に入れちゃってください!

今回の記事では美容院でカラーを初めてする人のために、すべての疑問点をまとめてお答えしてきましたがいかがでしたでしょうか?今回の記事を参考にして、ぜひあなたの望む髪色を美容院でゲットしちゃってくださいね!

スポンサーリンク