人を好きになるメカニズムを知りたい!こんなに違う男女の価値観♪

スポンサーリンク

人が人を好きになるのには、実は様々な理由があるって知っていましたか?例えば心理的なものであったり、脳の仕組みだったりと様々です。なんで人を好きになるんだろう?や好きって何?という方のために、そのメカニズムをご紹介していきます。

人を好きになるのに理由はあるの?

誰だって誰かを好きになることはありますよね。そういう時には、ふとなんで好きなんだろうとか、どうして好きになるんだろうとかいろんなことを考えてしまった経験のある人も多いのではないでしょうか。

人を好きになるって何?というと、ちょっと哲学的な感じに聞こえてしまいますが、どうやら誰かを好きになるのには理由があるようです。その好きになる理由や男女の違いなどについて、詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

心理学的人を好きになる理由

人を好きになるのには理由がいくつかあります。本能的なものだったり、心理的なものだったり、その理由は様々です。ここではまず、心理学的に見る人を好きになる理由を一緒に確認していきましょう。

一緒にいる時間が長い

人は一緒にいる時間が長いほど、会う回数が多いほど、その人に対して好意を持ちやすくなっていくと言われています。誰だって初対面の人よりも何度か会ったことのある人の方が会話しやすいですよね。このことをザイオンス効果と言います。会えば会うほど、一緒にいればいるほど仲良くなっていく効果です。

この効果は最初に興味がなくとも、長い時間を一緒に過ごすことで少しずつ興味を持つようになったり、苦手だと思っても気づけば苦手意識が薄れて行きます。なので、心理学的に人を好きになる方法を実践しようとした時は、遠距離より近距離のほうが断然恋を叶えやすいということになると考えられています。

自分に好意があるとわかった

誰だって人に嫌われるよりも好意を持たれる方が嬉しいですよね。そもそも人は、自分のことを好いてくれる人を好きになり安い傾向があります。考えてみれば自然なことではあります。今まで興味がなかった人は自分にとってその他大勢の人となんら変わりません。

ですが、その興味のなかった人が貴方のことを好きだと知りました。貴方にとって、その人は「その他大勢」から「自分を好きな人」に変わります。

わずかな変化ではありますが、少なくともその他大勢より特別な存在に変わりますよね。また自分を好いてくれている人に対して、人はその気持ちに応えようとすることがあります。その結果、相手のことをこちらも好きになっていくとされています。

共通点が多い

類似性の法則という言葉があります。これは初対面だとしても、相手が自分と同じような境遇、同じような趣味、同じような意見を持っていると相手に対して親近感を持ち、好感を持つ法則のことを言います。簡単にいえば、共通点が多い人ほど親しみやすくなるということですね。これも想像してみるとわかりやすいかもしれません。

初めて出会った人と話す時、まったく共通の趣味がない人より同じ部活だったとか、同じ出身地だったという方が話題を探しやすいですし、親しくなりやすいですよね。このように類似性の法則で、共通点が多いほど、その人のことを好きになりやすくなります。

女性が男性を好きになる時は

人を好きになるメカニズムは男女で違っているとされていて、女性は外見よりも内面を重視していると言われているのです。まずは女性が男性を好きになる理由を一つずつ見ていきましょう。

外見はあまり気にしない

男性と女性では人を好きになるメカニズムが違うとよく言われています。一番の違いは、この外見を重視するか否かです。すべての女性が外見を気にしないわけではありませんが、イケメンかどうかより清潔感や雰囲気のほうが大事だという女性のほうが多いと言われています。

なので男性の顔が普通だろうとあまりカッコよくなかろうと、清潔感があり、身だしなみが整っていれば、十分恋愛圏内に入るのだそうです。なので、男性はイケメンじゃないからと尻込みする必要はないようです。しっかり身だしなみを整えて、清潔感を保てば多くの女性にとって恋愛の対象として見てもらえると考えられます。

大切なのは「内面」

清潔感や身だしなみがクリアされていれば、イケメンかどうかは女性にとってあまり関係ありません。それよりも大切なのは内面です。女性は外見で選ぶことが少なく、しっかりと内面を見るため、男性よりもその人を好きになるのに時間がかかる傾向にあると言われています。そうして時間をかけて内面を見ていくことで段々と好きになることが多いのが女性の人を好きになる特徴です。

女性が内面を見る理由はいろいろ考えられていますが、よく言われるのは、女性は付き合う前から結婚を意識することが多いためというものです。結婚し、ずっと一緒に生きていくとなると外見よりも内面が合わなければ難しいですよね。そういった理由から女性は内面を重視する傾向にあると考えられています。

価値観、金銭感覚、性格

上でもご紹介したとおり、女性の恋愛は結婚を意識していることが多いです。そのため、内面を重視していると言いました。詳しく言うならば、価値観や金銭感覚、性格が自分にあっているかどうかが大切なのです。どれも結婚してからの生活にはかかせないことです。どれかが決定的にズレていると、それが原因で喧嘩になることは想像に難くないですよね。

さらに、女性はギャップに弱い傾向にもあります。初対面の時は乱暴な人かな?と思っていたのに、時間をかけて接してみたら本当は優しい人だった、そんなギャップを知るとその人に好感を持ちやすくなります。

これは思いがけない一面を見ることで、その面にインパクトがあり強烈に印象に残るためだと考えられます。また自分だけが知っているということに特別な感情を抱くためだとも考えられています。

スポンサーリンク

男性が女性を好きになる時は

女性が男性の内面を見て好きになるのに対し、男性はまず女性の外見を見ていると言われています。無意識的に外見で自分の恋愛対象に入るかどうかを考えてから、内面を見ていくのだそうです。ここでは、そんな男性の女性を好きになる理由を見ていきましょう。

99%「外見」重視

女性が内面を重視するのに対して、男性はというとほぼ外見で決めています。一目惚れも男性の方が多いと言われるくらいです。その理由の一つとして、男性は視覚的に物事を選ぶ傾向があるためと言われています。つまり、男性はまず女性の見た目を頼りに判断していることが多いのです。

これは脳がそういう仕組になっているのが原因だと言われています。恋愛をしている時の男性の脳は、視覚にかかわる島皮質と呼ばれる部分が活発に活動しているのだそうです。そのため、本能レベルで男性は女性を見た目で選ぶようにできているのです。

好意を向けられると弱い

男性は自分に好意を向けてくる女性のことを好きになることも多いと言われています。恋は盲目と言いますが、男性は本当に顕著です。好きだと知ったらすぐにその人のことが可愛く見えてきて、そのまますぐに好きになることもあるくらいです。

これは、上でも軽く触れましたが、好意を寄せてくれる人はその人にとって特別な人になるというのが一つの理由だと言えます。特別な人となり、気にかけるようになれば、当然視線を向けるようになります。見るという行為は男性にとって恋愛と直結しています。

見ているうちに、「あれ?よく見ると可愛いかも」から「かわいい」に変わり、そのまま好きになる。そんなステップを踏んで好きになることも男性には珍しくありません。

男性もギャップには弱い

またギャップに弱いのは女性だけではありません。男性だってギャップには弱いものです。女性のところでも軽く触れましたが、ギャップというのは普段見えない部分を見せることです。それは誰でも知っている一面ではなく、本人と見せられた人だけが知っている一面なのです。

よくある例えですが、普段はしっかりものなのに、自分の前だけでは天然気味だったりすると、男性は他の人の知らない部分を自分だけは知っているということに優越感を覚えるのです。このギャップは「自分にだけはそういう面を見せてくれる」という解釈にもつながり、恋愛感情に繋がりやすいようです。

「好き」がわからない人へ

男女別に人を好きになるメカニズムを見ていきましたが、中にはそもそも好きになるという感覚が理解できないという人もいますよね。しかし焦ることはありません。きっといつかは理解できる日が来るはずです。ここでは、そんな方の参考にしてみて欲しいことをいくつか挙げています。好きを知るのに役立ててみてください。

まずは自分を好きになろう

人を好きになるという感覚がよくわからないという人も少なく無いでしょう。そういった方に多いのが、自分自身を好きになっていないということです。好きという感覚は、大切に思ったり特別に思ったりする感情です。例えば自分のことを自分自身が好きでないのに、他人が自分のことを好いてくれるだなんて思えませんよね。

好いてもらえないと思っていれば、人からの好意に気づけなくなってしまいます。そうしてせっかくの好意を見逃してしまうことにもなるので、まずは自分自身を好きになり、自分を認めてあげましょう。

たくさんの人と関わろう

人とたくさん関わっていくのも大切です。恋愛もコミュニケーションの一環だと言えます。コミュニケーションをうまくするには、とにかく怖がらずにたくさんの人と関わっていくことが大切です。たくさんの人と関わっていれば、他の人の恋愛模様を目にすることもあるでしょう。たくさんの人と関わっているうちに、この人と一緒にいたいと思うこともあるでしょう。

そうやってたくさんの人と関わっているうちに、きっと好きということについて自然と理解できるようになるはずです。なので、まずはたくさんの人と関わっていきましょう。

いつか好きになる人が現れる

いろいろ書きましたが、結局のところ好きという感覚は人それぞれです。そして多くの人が、自然と好きになった人がいて、その人に出会ったために好きという感情を理解していきます。

今、好きという感覚がわからないのであれば、まだ好きになる人に出会っていないだけの可能性もあります。いつか好きになる人が現れるはずです。焦ることなく、いつか好きな人が現れるのを待つのもいいかもしれませんね。

好きになるのに理由はある!

男性でも女性でも、人を好きになる理由はしっかりとあるようです。それは見た目であったり、性格であったり、はたまたギャップであったり、理由は人それぞれなのですね。まだ好きという感覚がわからない人も、今まさに好きな人がいる人も、素直な気持ちでいい恋が出来るといいですね。

スポンサーリンク