スタイル抜群!高橋真麻のダイエット成功の3つのコツお教えします

女子アナウンサーの高橋真麻さんが成功した置き換えダイエットの方法や成功のコツ、注意点について紹介します。高橋真麻さんは学生時代、肥満体型でしたが、1日2食をダイエットドリンクに置き換えるダイエット法で痩せられた経歴の持ち主です。置き換えダイエットは、運動より効率的に痩せることができると言われます。置き換えダイエット食品には、グリーンスムージー、酵素ジュース、ダイエットシェイクなどがあります。

高橋真麻さんが痩せた理由とそのダイエット方法とは?

人気女子アナウンサーの高橋真麻さん。現在はスタイル抜群なお姿ですが、実は学生時代にはかなり太っていたという過去があるそうです。今回は、高橋真麻さんが痩せたダイエット方法やその成功のコツ、注意点などを紹介します。

スタイル抜群!高橋真麻さんのプロフィールは?

まずは高橋真麻さんとはどんな人か、プロフィールを簡単に紹介します。

元フジテレビ所属のフリーアナウンサー

高橋真麻さんは、元フジテレビのアナウンサー、現在はフリーアナウンサーをしています。俳優の高橋英樹さんの娘さんとしても有名ですよね。女子アナというだけあって容姿端麗な才媛、そして歌がとてもお上手で、テレビ番組でも何度かその歌唱力を披露したこともあります。

■生年月日:1981年10月9日■血液型:O型■身長:162cm

実は大食い?子どもの頃は太ってた?!

とてもスリムな印象の高橋真麻さんですが、実は学生時代、肥満体型だったそうです。ピーク時の中学時代の体重は75kgだったとか。育ち盛りだったこともありますが、元々食べることが大好きなのだそうです。そんな真麻さんが痩せたダイエット法とはどんなものなのでしょうか?

高橋真麻さんが痩せた置き換えダイエットとは?

高橋真麻さんが実践したダイエット法は「置き換えダイエット」です。置き換えダイエットのやり方やメリット、オススメの置き換えダイエット食品について説明していきます。

1日1食or2食を低カロリー食品に置き換える

置き換えダイエットとは、1日3食のうち1食か2食を低カロリー食材に置き換えるというダイエット方法です。高橋真麻さんの場合は、お昼と夜の2食をダイエットドリンクに置き換えたそうです。

運動よりも効率的に痩せられる

置き換えダイエットのメリットは、運動よりも効率的に痩せられるということです。1kgの体脂肪を減らすには約7200キロカロリーを消費させる必要があると言われています。ウォーキング1時間で消費できるカロリーは、150~200キロカロリー程度。体脂肪1kg減らすには35~45時間のウォーキングが必要になります。

一方、800~1000キロカロリーのハンバーグ定食を30~200キロカロリーのダイエット食品に置き換えた場合、1食分で最低でも600~800キロカロリーもカットできます。これはウォーキングを5時間するのに相当します。

夕食の置き換えがベスト

1日のうちどこか1食を置き換えるとしたら、夕食がオススメです。なぜ夕食なのかというと、朝と昼に比べて、夕食後は体を動かす機会が少なく、エネルギーを消費しにくいからです。

そのため夕食に高カロリーの食事をすると、エネルギーを蓄えやすく太りやすくなるのです。夕食後は特に何もすることはなく眠るだけなのですから、それほどカロリーを摂取する必要はありません。夕食を低カロリー食品に置き換えた分、朝食はしっかりと食べるようにしましょう。

置き換えダイエットにオススメの食品

置き換えダイエット食品の条件は、1)低カロリー、2)栄養価の高い、3)腹持ちが良い、4)おいしい、5)お手頃価格、の5つです。この5つの条件を満たすオススメの置き換え食品を3つ紹介します。

■1.グリーンスムージー:果物と葉野菜、水をミキサーにかけて作るグリーンスムージー。栄養価が高く、飲みやすいのが特徴です。最近では水と混ぜ合わせるだけでいい粉末タイプもあるので、忙しい人でも手軽に飲むことができます。

■2.酵素ジュース:酵素ジュースは、ダイエットに効果的な酵素がぎゅっと凝縮された飲料です。水のほかに炭酸水、豆乳、ヨーグルトに合わせても良いです。なるべく添加物が入っていないものを選ぶようにしましょう。

■3.シェイクドリンク:置き換えダイエットで不足しがちなタンパク質が十分に含まれていて、栄養バランスの良いのが特徴です。

高橋真麻さんの置き換えダイエット成功の3つのコツは?

高橋真麻さんが実践した置き換えダイエットで失敗する原因には、「空腹感に耐えられない」「栄養不足になる」「味に飽きる」などがあります。置き換えダイエットを成功させるためには、これらの問題点をクリアしなくてはいけません。そこで置き換えダイエット成功の3つのコツをお教えします。

1.腹持ちの良いものを選ぶ

置き換えダイエットで失敗する主な原因は、空腹に耐えられなくて、食べ過ぎてしまうことです。そのため置き換えダイエットの食品は、低カロリーかつ満腹感の得られるものを選びましょう。

カロリーが低く腹持ちの良い食材は、こんにゃくから摂取できる食物繊維の「グルコマンナン」やオオバコから摂取できる「サイリウム」などです。これらの成分は、お腹の中で水分を含み何十倍にも膨らむので、少量でも満腹感が得られます。

2.栄養素に注目する

置き換えダイエットでは、栄養不足になりやすいことが心配されます。栄養不足によって体調を崩してしまうと、ダイエットも中止せざるを得ません。

置き換えダイエットの食品を選ぶ際は、栄養価の高いものを選びましょう。タンパク質、ビタミン類、ミネラル類、食物繊維、酵素などをバランス良く含んでいるものがオススメです。

3.様々な種類を日替わりで

置き換えダイエットの食べ物を1つに固定しまうと、飽きてしまいます。この飽きがストレスとなって、ダイエットが失敗することもあります。

飽きずに置き換えダイエットを続けるには、色々な種類の食材をローテーションで取り入れる方法がオススメです。毎日違った物が食べられるので、無理なく続けることができます。

高橋真麻さんの置き換えダイエットの3つの注意点は?

取り組みやすく即効性がある置き換えダイエットですが、デメリットもあります。置き換えダイエットの3つの注意点とその対策をお教えします。

1.栄養不足に気をつける

前にも書きましたが、置き換えダイエットでは、通常の食事を低カロリー食品に置き換えることで、栄養が不足することが多々あります。栄養不足になると、体調不良だけでなく肌荒れなど美容面でも悪影響が出るようになります。いくら痩せたいと言っても、健康的に美しく痩せなくては意味がありません。

置き換えダイエットの食品は、栄養価の高いものを選びましょう。また置き換える食品がいつも同じものだと、栄養バランスが偏ってしまうので、日によって違う食品にするなど工夫をしましょう。

2.リバウンドしやすい

置き換えダイエットは、摂取カロリーを制限して、体重を落とすダイエット法です。カロリー制限ダイエットは、体重が減りやすい一方、リバウンドしやすいと言われています。

置き換えダイエットのように、摂取カロリーを通常より少なくすると、体が飢餓状態と判断してしまい、消費エネルギーを抑え、逆に食事からのエネルギーを吸収しやすくなります。この状態のまま、急に食事量を元に戻すと、エネルギーを蓄えやすくなっているため、すぐに体重が戻ってしまうことが多いのです。

置き換えダイエットから通常の食事に戻すときは、急に戻すのではなく、徐々に戻すようにしましょう。通常の食事も高タンパク・低カロリーなものを中心に摂り、適度に運動して代謝を良くすることが体重維持の秘訣と言えるでしょう。

3.筋肉量が落ちやすい

食事制限ダイエットでは、一時的に体重が減ったとしても、脂肪だけでなく筋肉まで落ちていることが多いです。筋肉量が少なくなると、エネルギーを消費する力も弱くなるので、脂肪を燃やしにくい体質になります。

置き換えダイエットで体重が減った後は、筋トレをするなど筋肉量を増やすことを意識しましょう。筋肉を作るタンパク質を積極的に摂ることも必要です。オススメはカロリーの低い大豆製品や赤身のお肉です。

まずは3ヶ月間継続してみて

置き換えダイエットは、運動の苦手な人でも取り組みやすく、また効果も高いので、すぐに痩せたいという人にオススメです。ただし高橋真麻さんのように、1日2食の置き換えというような極端な食事制限は、体調不良やストレスの原因になり、結果的にダイエットが失敗しやすくなる傾向にあります。

また短期間で体重が減ってもリバウンドしやすくなるので、注意が必要です。まずは3ヶ月かけて、ゆるく体重を減らすという気持ちで、真麻さんのようなスリムな体を手に入れましょう!