自給自足の田舎暮らしがしたいあなた必見です!知らなきゃ損する4つの知識!

スポンサーリンク

近年自給自足の田舎暮らしをしてみたい!そう思う人が増えているようですね。都会の喧騒から離れ、自然に囲まれた自給自足の生活に憧れを抱く気持ちもわかりますが、漠然とした計画では本当に田舎暮らしを成功させることは難しいでしょう。田舎暮らしのいいところ、悪いところ、田舎ならではの仕事事情や人間関係など、田舎暮らしを考えている人に向けて田舎暮らしについての情報を紹介します。

自給自足をしながら田舎で暮らすとは?

近年田舎へ移住して、自給自足の生活を送る人が若い世代で増えているようです。自給自足とはその名の通り、自分で生産したものを消費して生活を成り立たせることです。自給自足は決して簡単なことではありません。実際に自給自足の田舎暮らしを実現させるためには、どうしたらいいのか、どんなことが大切なのかを紹介します。

スポンサーリンク

これぞ醍醐味、田舎暮らしをするメリットとは?

自給自足で田舎暮らしをすることには、多くのメリットがあります。これこそ田舎暮らしの醍醐味!という田舎暮らしのメリットを紹介します。

新鮮で安全な食材が手に入る

何と言っても田舎で自給自足をするメリットと言えば、新鮮で安全な食材が手に入ることでしょう。自分で食べ物を生産するということは、どこでどのように何を使って育てられ、いつ収穫したのか全ての知りたい情報が自分の手の中にあるということです。

また、田舎であれば近所の農家さんが生産した食材を分けてもらえたり、山や川から自分で色々な食材を得られたりするので食材に困ることはないでしょう。採れたての新鮮な食材を口にしたら、もうほかのものは食べられないかも!?

旬の味を知ることができる

技術が進歩し、品種改良なども進んでいる現代において、旬を肌で感じる機会はとても少なくなっていると言えます。自給自足で生産をしていると、食材には必ず旬があることがわかります。日本は美しい四季がある貴重な国ですし、四季ごとに美味しい野菜、取れる山の幸海の幸が違いますので、旬のものを活かした食生活を楽しむことができます。

食にとにかく困らない

田舎暮らしのいいことは、とにかく豊かな自然に囲まれた生活ができるということです。緑が多いところは空気も水もいいですし、んな大自然にはとにかく自然の食材が溢れています。

また、田舎暮らしはご近所付き合いが蜜でオープンな場合が多いです。自分の畑で収穫できたものだけでなく、ご近所さんからのおすそ分けなども多く、とにかく食べるものには困らないでしょう。

田舎暮らしで失敗しないための3つの心構え

田舎暮らしのメリットは沢山ありますが、同時にデメリットもあるのが現実です。田舎暮らしに夢だけを抱いて現実を見ずに生活を始めてしまうと、困難にぶつかった時に「こんなはずじゃなかった…」と田舎暮らしに対して悲観的な思いを抱いてしまうかもしれませんので、田舎暮らしの現実を知ることが田舎暮らしを始める第一歩です!

自然とは厳しいものであると覚悟する

自然は雄大で人間がコントロールできるものではありませんし、自給自足の生活をしていれば、時に自然の厳しさに打ちのめさせる時もあるということを最初から覚悟しておくことが非常に重要です。

大雨や台風、嵐などで自分が育てた食材が全てだめになるようなこともあるでしょう。それで収入を得ていた場合には、その年の収入が一瞬にしてなくなることもあるでしょう。

排他的な地域もあることを知る

田舎は昔から代々続く家が多いため、狭く密な人間関係が出来上がっていることが多いです。今では地域活性のために都会から若者を受け容れる場所が増えたため排他的な地域は減っていると思いますが、それでも移住者をよそ者と見なすような排他的な地域もまだ存在しているのが現実です。

但し、排他的な地域で最初は中々受け容れられなかったとしてもその地域で暮らすことを決めたのであれば、こちらから積極的にその土地の人々と係わる努力をしましょう。本当にその土地に溶け込みたいという思いがわかって貰うことができれば、きっと歓迎してもらえるでしょう。

物価は安くない、都心より高い物もある

田舎は物価が安い、そう思いがちですが実はそうでもありません。都会は多くの品物が集まって来て多くの小売店が存在するため価格競争が生まれます。田舎は価格競争がないため、都会よりも物価が高いこともあります。また、都心から遠いために、輸送コストやその他コストがかかりやすいということもあります。

例えば、ガソリンなどは地方まで輸送するためにコストがかさみ、都心よりもむしろ高い場合があります。また、田舎の古い家などは密閉性が良くなく、暖房の燃料代などが都心に住むよりもかさんでしまうようなこともあります。

スポンサーリンク

疲れた心を癒そう!田舎暮らしが楽しくなる3つの秘訣

田舎暮らしを楽しむための秘訣を3つご紹介します。せっかく暮らすなら、とことん田舎暮らしをエンジョイして、疲れた心を癒しちゃいましょう!

高い理想ばかり抱かない

田舎暮らしへの期待が膨らむあまり、田舎暮らしの現実から目を背けてはいませんか?どのでの生活も良し悪しがあるのが当たり前ですよね。田舎暮らしを始める前に、田舎での暮らしに対して高い理想ばかり抱いてしまうと、現実に直面した時に心が折れやすくなってしまいます。田舎暮らしが天国のような暮らしだと過度な期待は禁物です。

住めば都とよく言いますが、最初は慣習も環境も違う田舎暮らしでストレスを感じることも多いでしょう。最初から田舎暮らしもきっとこんなものだ、と想像していれば案外その違いをすんなり受け入れられますし、そのストレスを逆に楽しむ気持ちの余裕すらあるでしょう。

コミュニケーションを大切にする

SNSやその他通信機器が発達するに従って、人と人とのコミュニケーションが必要ではない時代が訪れています。田舎暮らしをするのであれば、人と直接つながらずに生活することはほぼ無理だと思っておいたほうがいいでしょう。

田舎のコミュニティは都会と比べて不便な部分もありますし、お互い助け合わなくては生きてはいけないため人間関係が密な所が多いです。伝統的な行事や、お互いの作付け・収穫作業を手伝うようなことも当たり前に行われていますし、土地の人でなければ分からない独特のルールや慣習もあるでしょう。

田舎暮らしをするのであれば、是非人と人とのコミュニケーションを大切にしましょう。積極的に地域の人々と交流を図り、地域の助けになれるよう、地域に早く溶け込めるように努力することが大事です。都会の生活に慣れている人にとって最初は疎ましいこともあるかもしれません。しかし、次第に田舎ならではの暖かい人間関係に心地よさを感じるはずですよ。

田舎暮らしの目的を明確にする

田舎暮らしを実行に移す前に、じっくりと自分と向き合って考えてみてください。自分は一体何の為に田舎で暮らしたいのか?と。子供のため、アレルギーのため、健康のため、社会貢献のため、色々と目的はあるでしょう。確固たる目的がある場合は、多少の困難に出くわしてもそれを乗り越えられると思います。

ただ、都会の喧騒に疲れたから、会社で働くことが嫌になったから、そんな理由から田舎暮らしを考えるのは危険です。安易な考えで田舎に移住したところで、田舎の厳しさを受け容れる覚悟がなければ困難を乗り越えようと頑張ることができないからです。

今の生活から逃げ出したいから田舎暮らしを選択するのではなく、自分の夢や目標・目的を達成する為に田舎暮らしを選択することが重要です。

田舎ではどんな仕事に就ける可能性があるの?

多くの人が田舎暮らしに二の足を踏むのは、まさに「仕事」のことを考えるからではないでしょうか。田舎暮らしを始めたいいものの、仕事の稼ぎがゼロになってしまうのは困るという人が大多数だと思います。田舎暮らしではどんな仕事の選択肢があるのか?いくつか紹介します。

役所や役場、病院や学校などに勤める

暮らしたい場所が決まったら、その地域の役場や役所に求人がないかどうか問合せてみるといいでしょう。教師の免許があるのであれば、学校に求人がないかどうか調べてみてもいいかもしれませんね。

また、どんな地域にも病院は必ずあるはずです。病院の事務や看護士の資格がある人は病院の求人を調べてみるといいでしょう。移住者を積極的に受け容れてる自治体には、就職支援を行っている自治体もあります。移住する前に、就職支援窓口にどのような求人があるのかあらかじめ確認してみると安心ですね。

地域活性に携わる

その地域の情報を発信し、都会と田舎を結びつけるような仕事もあります。その土地に住んでいなければわからないその土地の良さ、その土地でしか目にすることができない自然、地物の食材、それを全国に発信する役割を自ら担うことで、地域の良さも再発見でき、色々な人に田舎の良さを知ってもらうことができます。

田舎では地域のよさを発信したくても方法が分からない、フットワークが軽くないというお年よりも少なくありません。自分が間に入ることで発信される側も発信する側もハッピーになれるWin-Winのビジネスを考えてみてはいかがでしょうか?

地元の事業を継承する

代々受け継がれてきて素晴らしい技術、日本では後継者不足で多くの事業が消え始めています。地域に根ざした伝統技術、その土地に骨をうずめる覚悟なら事業を継承することを考えてみてはいかがですか?

責任はとても重いですし時間もかかるかもしれませんが、その土地の人々に感謝されるでしょうし、自分の手で何かを作り出すことはやりがいがある仕事かもしれませんよ。

自営業を始める

田舎に移住する際に手に職というのは大きな強みとなります。田舎暮らしを始める前から、インターネット上で仕事ができるような職種に就いている人は場所が変っても影響を受けにくいので田舎暮らしのハードルがぐんと低くなりますよね。

本気で田舎暮らしを考えているなら、自分で事業を始めてみてはいかがですか?ウェブデザイナーや自分で作った物をネットで販売したり、田舎でペンションやカフェなどの飲食店を経営するという方法もあります。

はっきりとしたビジョンを持って田舎暮らしを

自給自足の田舎暮らし、実現できたら素敵ですよね。ただ、何事にもいい面と悪い面があります。両方を知ることで、本当に自分がそこで暮らしていけるのかどうかじっくりと検討することができますよね。

それでもやっぱり田舎暮らしをしたい!という人は是非勇気を持って田舎暮らしを実行に移してみましょう。覚悟さえあれば、充実した素晴らしい田舎ライフを満喫できるでしょう。

スポンサーリンク