マウスピース矯正でこっそりキレイに!メリット・デメリットとは

歯列矯正というと、一番にブラケットの装置をイメージしませんか?ブラケット装置に抵抗があって始められない方もいらっしゃると思います。実は透明マウスピースを使った矯正で、目立たなく矯正が出来るのです!着脱可能なので、食事や歯磨きのわずらわしさもありません。またマウスピース矯正のメリット・デメリットもご紹介いたします。マウスピース矯正でこっそりキレイな歯並びを手に入れてみませんか?

マウスピース矯正は目立たない秘密の矯正?

「歯並びは気になるけれどなかなか歯列矯正に踏み切れない…」という方もいらっしゃると思います。その一つの理由には矯正装置の見た目が気になってしまうという事があげられます。

しかし今では目立たない歯列矯正も多くあり、マウスピース矯正もその中の一つです。透明のマウスピースを用いて行なう方法ですので、見た目が気になる方におすすめの方法です。

マウスピース矯正の特徴や、メリット・デメリットについてご紹介いたします。

マウスピース矯正の特徴とは?

それではマウスピース矯正にはどのような特徴があるのでしょうか?さっそくご紹介いたします。

着脱可能な矯正装置で快適

マウスピース矯正の特徴は、着脱可能な矯正装置であるという事です。これはブラケット装置を用いた矯正との大きな違いとなります。ですので食事や歯磨きをする時に外して行なえるので、矯正によるわずらわしさが軽減されます。しかし着脱可能という事で、自身の意識の問題が大きく関わるため長時間の装着をしっかりするという事が大切になります。

またスポーツをされている方は歯にブラケット装置が付いていると、装置が出っ張っているために口の中を切ってしまうことがあります。しかしマウスピース矯正ですと口を傷つける事も無いのでおすすめです。

またフルートなどの楽器を演奏される場合に、唇の繊細なタッチが気になる場合には外して行なえますので、ブラケット装置矯正などによる違和感などもなく演奏する事ができます。このようにマウスピース矯正は、必要な時に応じて着脱可能という特徴があります。

マウスピース矯正/30代から60代の女性に人気の透明な歯列矯正

透明で目立たない

マウスピース矯正の特徴として、透明で目立たないという特徴があります。これは矯正をためらう原因の一つの、ブラケット装置の見た目が気になるという問題を解決してくれるでしょう。

透明なマウスピースを用いて治療をするため、歯列矯正を行っていることを周りの人にほとんど気づかれずに歯並びを治すことができるのです。特に30代から60代の女性に人気のある方法で、歯並びにコンプレックスがあるけれど矯正治療に踏み切れない方に、目立たずに行なえる歯列矯正として安心して歯並びを治すことができるのです。

マウスピース矯正/30代から60代の女性に人気の透明な歯列矯正

人にあまり気づかれない

またマウスピース矯正は、仕事上ブラケット装置を使えない方でも人にあまり気づかれずに行なえるという特徴があります。接客業の方や人前で話したりする機会の多い方は、前歯にブラッケットをつけての矯正治療を行うことは難しい場合があるようです。

ですがマウスピース矯正でしたら透明で目立たなく、装置をつけたまま話すこともできます。そして自分で取り外しもできるので必要な時はマウスピースを外して仕事をすることもできるのです。

マウスピース矯正/30代から60代の女性に人気の透明な歯列矯正

痛みや不快感が少ない

続いてマウスピース矯正の特徴に、痛みや不快感が少ないという特徴があります。これはブラケット装置の場合にはワイヤーによって口の中が切れて痛みを感じる場合もありますが、マウスピースではその心配はないので安心です。

また歯磨きや食事などもマウスピースを外して行なえるので、矯正によるわずらわしさや不快感も軽減されるという特徴があります。

マウスピース矯正を始めたい方へ 知っておきたい治療のポイント・最新事情 – 矯正歯科ネット 矯正歯科の専門サイト

口腔内を健康に保つことができる

マウスピース矯正は口腔内を健康に保つことができるという特徴があります。ブラケット装置ではどうしても装置が邪魔をして隅々まで歯磨きをするのが難しい場合があります。

ですがマウスピース矯正ですと歯磨きの時には装置を外して行なえるので、通常の場合と同じように隅々まで磨く事ができるのです。それによって虫歯や歯周病のリスクが軽減するという特徴があります。

マウスピース矯正を始めたい方へ 知っておきたい治療のポイント・最新事情 – 矯正歯科ネット 矯正歯科の専門サイト

マウスピース矯正についてご紹介

それではマウスピース矯正についてメリット・デメリットなどをご紹介いたします。マウスピース矯正を行なう際のご参考になさってください。

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正の一番のメリットはやはり透明で目立たないということです。そしてマウスピース矯正ではマウスピースをつけ替えながら少しずつ歯を動かしていく歯列矯正となりますので、ブラケット装置にくらべて痛みも少なく行なえる治療となります。

欧米では子供の歯列矯正方法としてマウスピース矯正が主流であり、乳歯のある時期に始めるのが最適との事です。現在では小学生の約7割が不正歯列に陥っていると言われていますが、乳歯が残っている時期にマウスピースで治療する事で効果も大きいと言われています。

また小学5、6年生ですと手遅れとなるケースもあますので、小学校1、2年生で始めるのが最適なタイミングと言えるでしょう。そして難易度の高い反対咬合の場合でも、3歳くらいから早期に治療することで治せる可能性もあるのです。

大人の歯の歯列矯正!歯並びを治す5つの方法と費用と期間

マウスピース矯正の値段の目安と特徴も交えた種類別の費用

マウスピース矯正のデメリット

マウスピース矯正のデメリットとしては、歯を動かす距離が大きい場合には向いていない矯正方法となります。ですので抜歯が必要となる矯正にはあまり適した方法ではないようです。

マウスピース矯正は小さな凸凹やすきっ歯などのちょっとした治療に特に効果的なのです。また完全に歯を希望通りに動かすことは難しいため、多少の傾きや段差は残ってしまうこともあります。

そしてマウスピース矯正は本人が自由に取り外しができてしまう事はメリットでもありデメリットでもあります。治療の効果をしっかり出すためには1日20時間以上マウスピースを装着し、基本的には食事と歯磨き以外はずっと着けておく必要があるのです。

治療の結果が自分次第で変わってしまうため、しっかり意識を持って長時間装着できる方でないと難しい方法と言えるでしょう。マウスピース矯正の失敗例としては、装着時間が短いために歯が元の場所に戻ってしまったり、時間が余計にかかってしまうという事もあります。

大人の歯の歯列矯正!歯並びを治す5つの方法と費用と期間

マウスピース矯正/30代から60代の女性に人気の透明な歯列矯正

マウスピース矯正の費用

マウスピース矯正の費用は上下どちらかであるのか、両方であるかによっても変わります。それではご紹介いたします。

まずは、上下どちらかのマウスピース矯正の場合、25万円〜40万円程度が相場のようです。上の前歯の凸凹が気になる方や、以前に矯正治療をしていたが下の前歯が戻ってしまった方など、上下どちらかだけを治したい場合に対応可能な方法となります。

続いて、上下両方のマウスピース矯正の場合は、60万円〜80万円程度が相場のようです。歯列矯正でを行う場合には奥歯の噛み合わせなどの事も考えて、治療する場合は上下両方の歯を一緒に動かす方法が多いようです。

そして、抜歯をともなうマウスピース矯正の場合には100万〜120万程度が相場のようです。マウスピース矯正だけで抜歯をともなう矯正治療を行ってしまうと、値段も高くなり時間が多くかかってしまいます。ですので、この場合は一部分をブラケットや他の矯正装置で併用することによって、早く目立たず歯並びを改善することができるのです。

マウスピース矯正/30代から60代の女性に人気の透明な歯列矯正

マウスピース矯正の期間

マウスピースでの矯正期間は上下どちらかか両方行なうかによっても期間が変わってきます。さっそくご紹介いたします。

まず上下どちらかのマウスピース矯正ですと、元の歯列の度合いにもよりますが目安としては期間は3ヶ月〜8ヶ月程度となるようです。次に上下両方のマウスピース矯正の場合ですと、元の歯列の度合いにもよりますが目安としては期間は1年程度となるようです。

また、動かす距離が大きい抜歯をともなうマウスピース矯正ですと、目安としては期間は2年〜3年程度となるようです。

マウスピース矯正/30代から60代の女性に人気の透明な歯列矯正

マウスピース矯正をしている人の口コミ

マウスピース矯正を行なっている人の口コミを見てみますと「金属のワイヤーをしてまでは矯正したいとは思っていなかったが、透明のマウスピースならチャレンジしてみたいと思って始めた」など、目立たないことが始めるきっかけという方も多くいらっしゃいます。

そしてマウスピース装置を着けていないと歯は動かないので、毎食前に外して毎食後に歯磨きをして装着する必要があるので手間はかかるという意見もあります。しかし矯正していることに気付かれずにキレイになれて、マウスピースを利用して同時にホワイトニングも行なえるというメリットもあるようです。

このように様々なメリット・デメリットがある方法ですので、口コミなども参考に自身のライフスタイルに合わせた矯正方法を選んでいただければと思います。

歯列矯正のメリットとは?

それでは歯列矯正を行なうかどうか迷っている方へ、歯列矯正の様々なメリットについてご紹介いたします。ぜひ参考になさってみてください。

コンプレックスが解消される

歯列矯正のメリットはもちろん、キレイな歯並びになりコンプレックスが解消されることですよね。口元がキレイになり歯の凸凹や歯のすき間、出っ歯や受け口などといった見た目の問題が解消されます。

また出っ歯などによって口元が出ていた横顔も、すっきりと整うというメリットもあります。口元が出ていたり笑った時の歯ぐきが気になるといった、歯並び以外の問題も歯列矯正で解消する事ができるのです。

キレイな歯の並びももちろんですが、ひとつひとつの歯の位置をきちんとコントロールすることで、口元の印象を劇的に変化させることができるのです。

矯正治療の目的~なぜ矯正治療が必要なの?メリットは? | 矯正歯科 | とよつ歯科・矯正歯科

顔のゆがみが取れる

続いて、歯列矯正のメリットとして顔のゆがみがとれることもあげられます。これはあごの関節と歯並びには深い関係があるためです。

人間は雑食動物であるため、肉を噛みちぎることを目的とした口の開閉や上下のあごの動きをする肉食動物と、草をすりつぶすことを目的とした前後左右のあごの動きをする草食動物の、両方の動きを合わせた複雑なあごの関節を持っています。

歯並びとあごの関節との関係が悪い場合には、歯やあごにダメージが蓄積することになり、顔がゆがんだ状態となります。ですので、このゆがみを解消してあごの関節と歯が本来の力を発揮できるように歯の並びを治すことが歯列矯正のメリットといえるでしょう。

矯正治療の目的~なぜ矯正治療が必要なの?メリットは? | 矯正歯科 | とよつ歯科・矯正歯科

虫歯や歯周病が予防できる

続いて、歯列矯正をすることで虫歯や歯周病が予防できるというメリットがあります。

これは歯並びに問題があると、歯磨きをしても歯ブラシが隅々まで行き渡らないため磨き残しが発生し、虫歯や歯周病となりやすいのです。歯列矯正で歯並びが整えば歯磨きがしやすくなるため、虫歯や歯周病の予防に効果的です。

また歯の構造としては、歯の根っこ部分は骨に埋まっておりその周りを歯ぐきが覆っている状態で、歯の並びが悪い場合、外にとび出した歯は根っこが一部骨から出ていることもあります。 この場合、根っこの周りが歯ぐき1枚という状態となるため、過度の力がかかり歯周病のリスクが高くなってしまいます。

矯正治療で歯並びが整えば、バランスよく噛む力が分散されるので歯周病にかかりにくくなると言えるのです。

矯正治療の目的~なぜ矯正治療が必要なの?メリットは? | 矯正歯科 | とよつ歯科・矯正歯科

矯正治療後長く歯を使える

最後に、矯正治療を行なう際の大きなメリットは、矯正治療後長く歯を使えるということです。矯正治療を受けて噛むバランスも良くなり、虫歯や歯周病などのリスクが減るため、長く自分の歯で噛むことが出来るというメリットがあります。

そして歯列矯正を行なうと、自分の歯を大切に使用という意識も高まるのです。一生自分の歯を使えるように意識をもって、メンテナンスしていくと良いでしょう。

矯正治療の目的~なぜ矯正治療が必要なの?メリットは? | 矯正歯科 | とよつ歯科・矯正歯科

歯列矯正中の注意点とは?

続いて歯列矯正を行なう場合の注意点についてご紹介いたします。

痛みが強い時は痛み止めを飲む

歯列矯正は歯の位置を動かすため、強い痛みを伴う場合があります。ですので、どうしても我慢できないという場合には、無理をせず市販の痛み止めを飲むことも可能です。

ただ、矯正治療というのは細胞の破壊と再生を繰り返す炎症によって、歯槽骨の位置を整えるものなので、炎症を抑えるための薬は控えると良いでしょう。

矯正の痛みの原因や和らげる方法を知れば全然怖くない!

丁寧に歯を磨く

歯列矯正中の注意は、丁寧に歯を磨く事です。これはとくにブラケット装置にて治療を行なっている場合に、どうしても装置がある事によって磨きにくくなり、磨き残しも出やすくなってしまうためです。

いつもよりも時間をかけて丁寧に磨くようにしましょう。また矯正治療時の隙間を磨きやすくする細い歯ブラシも販売されていますので、そういうものを使用するのもおすすめです。

3ヶ月に1度はクリーニングをする

また3ヶ月に1度は歯の全体をクリーニングすると良いでしょう。ブラケット装置がついていると、歯の隙間や細かい部分まで歯磨きが行き渡らない場合が多くなってしまいます。

ですのでプロの手によって3ヶ月に1度程度はクリーニングをすると安心です。

動かない歯を無理に動かさない

歯列矯正をしているとなかなか動かない歯もありますが、動かない歯を無理に動かさないというのも注意して頂きたいポイントです。早く動いて欲しいと思っても、動くまで待ってあげることが大切です。

無理な力が加わってしまうと、歯を支える歯茎にも悪影響となってしまいます。歯列矯正は時間のかかる治療ではありますが、ゆっくり待つのもキレイな歯並びに仕上がるコツとなるでしょう。

保定装置は長めに使う

歯列矯正の注意点として、保定装置は長めに使うこともとても大切なポイントとなります。保定装置はリテーナーとも呼ばれ、矯正によって歯並びを整えた後に使用していただく装置となります。

矯正によって移動した歯はそのまま放置すると、元の位置へ後戻りしようとします。せっかくキレイに並んだ歯も元に戻っては意味がありませんので、後戻りを防ぐためにこの保定装置は大切な役割となります。

保定装置には取り外し出来ない固定式と取り外し可能な可撤式があります。また装着期間は約2年~3年が目安となるようです。

保定装置|矯正歯科 大阪【ほてい矯正歯科】

その他の4種類の歯列矯正のご紹介

歯列矯正には様々な種類がありますので、マウスピース矯正以外の矯正の種類についてもご紹介していきます。

部分矯正

まず一つ目は部分矯正のご紹介です。これは、気になる前歯の部分だけをキレイに治す矯正方法です。前歯のみの矯正なので、奥歯の噛み合わせを変える必要がなく、歯周病の方や高年齢の方にもおすすめの方法となります。歯を抜歯したり、歯を削って小さくして隙間を作り治療するという方法もあります。

ただこの方法では歯並びは治すことができますが、噛み合わせを治すことはできません。上下の歯をしっかりと噛ませるような治療ができないというデメリットはあります。元々の歯並びの度合いにもよりますが、費用の目安は15〜80万円程度で、期間は3ヶ月〜1年程度となるようです。

マウスピース矯正/30代から60代の女性に人気の透明な歯列矯正

ブラケット矯正

続いてブラケット矯正のご紹介です。ブラケット矯正は歯並びと噛み合わせを治すことができる矯正治療で、思い通りの位置に動かす事が可能な方法となります。

ブラケット矯正は一つ一つの歯に矯正装置をつけて動かすので、0.1ミリ単位で歯の位置を決めることができます。そのため最も歯並びや噛み合わせをキレイにできる方法とされています。

ブラケット矯正は最も歯を動かせますが、周りから目立つ治療となります。しかし現在ではブラケットが透明なものや歯を動かすワイヤーも白いものなどもあるので、比較的目立たなく治療ができるようになりました。

費用の目安は80万円程度と毎月の処置料が5千円程度となります。また期間は2年半から3年程度が目安となります。

大人の歯の歯列矯正!歯並びを治す5つの方法と費用と期間

舌側ブラケット矯正

続いて舌側ブラケット矯正のご紹介です。キレイな歯並びにしたいけれど歯の表面にブラケットがつくのは抵抗がある方におすすめです。舌側ブラケット矯正は歯の内側にブラケットが付くために、周りに気付かれにくく目立たなく矯正治療ができる方法となります。

しかしデメリットとしてはブラケットが舌にあたる位置にあるため、慣れるまでは喋りにくかったり、違和感が他の治療よりも多くなるという事があります。そして通常のブラケット矯正よりも費用は1.5倍程度になります。

費用の目安は120万円程度と毎月の処置料1万円程度で、期間の目安は3年程度となるようです。

大人の歯の歯列矯正!歯並びを治す5つの方法と費用と期間

ハイブリット矯正

最後にハイブリット矯正のご紹介です。このハイブリット矯正とは、歯を失っている部分や被せてある歯を利用して、部分矯正とセラミック治療を一緒に行う方法です。ハイブリット矯正では、歯の移動距離を小さくすることによって歯や歯茎へのダメージを少なくして、セラミック治療を行うことで噛み合わせも治すこともできます。歯や歯茎の負担が比較的軽いため、大人の方に特におすすめの治療法となります。

またデメリットとして、被せていない歯を削らなくてはいけないこともあります。そして費用面でも矯正とセラミックの両方の費用がかかってしまうという事もデメリットとしてあります。矯正の費用の目安は15〜30万円程度、セラミックは1本10万円程度となります。

大人の歯の歯列矯正!歯並びを治す5つの方法と費用と期間

マウスピース矯正ができるクリニックとは?

東京

<青山アール矯正歯科 東京>
2006年に日本初のマウスピース矯正専門クリニックとして開院し、患者さまの約9割以上が薄い透明のマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置「インビザライン」による矯正治療を受診されています。

青山アール矯正歯科では装置の種類や方法によって治療費は異なりますが、治療を開始する前に矯正治療終了時までにかかる全ての費用の説明があるそうです。安い治療ではないので、最初に費用を把握出来るのは安心ですよね。

また毎回の調整料や管理料の支払いはなく、矯正料金の中に含まれているため、治療が長引いてしまっても治療費が膨らむ心配が無いというのは嬉しいですね。理想的な歯並びになるまで、安心して治療する事のできるクリニックです。

東京都港区南青山1-15-2 越山ビル2F
TEL.03-3746-4180
乃木坂駅より徒歩4分・青山一丁目駅より徒歩5分・六本木より徒歩7分

インビザライン専門 青山アール矯正歯科 東京・大阪/マウスピース矯正専門・インビザライン専門の歯列矯正クリニック(青山一丁目・乃木坂・六本木より)

大阪

<梅田クローバー歯科・矯正歯科>
1989年より大阪で歯列矯正を行っており、グループ全体では2016年5月現在矯正歯科過去症例数は11968人以上行っているため、実績が豊富なので安心して通えるクリニックといえるでしょう。また何でも相談できるカウンセラーがいて無料でカウンセリングを行っているため、ご検討の際には一度カウンセリングを受けていただければと思います。

大阪市北区梅田1-1-3-1800 大阪駅前第3ビル18Fクリニックフロア
TEL.0120-305-418(06-6345-0840)

大阪で矯正歯科をお探しなら【大阪矯正歯科センター】

名古屋

<エスカ歯科・矯正歯科>
名古屋駅から徒歩1分と通いやすい立地で快適に矯正治療を行なえるクリニックです。またあらゆるニーズに対応できるように様々な治療方法をご用意し、カウンセリングにも非常に力をいれているクリニックてす。

愛知県名古屋市中村区椿町6-9先 エスカ地下街
TEL.052-452-1255
名古屋駅 新幹線口より徒歩1分

おすすめ矯正|名古屋駅から徒歩1分エスカ歯科・矯正歯科

九州

<くらたに矯正歯科>
子どもから大人まで幅広い年齢層の矯正治療を行っています。大人の方で装置が見えることに抵抗がある方はマウスピースでの矯正や舌側矯正装置での治療も可能です。ご興味がありましたら、ぜひ一度カウンセリングを受けていただければと思います。

福岡県福岡市南区高宮1-5-4 サンコーポ高宮1F
TEL.0120-524-393(092-524-3939)

料金表:治療について|福岡市南区(平尾駅)の矯正歯科・マウスピース矯正・歯列矯正なら「くらたに矯正歯科」

マウスピース矯正でこっそりキレイに!

矯正はしたいけどブラケット装置に抵抗があるという方へ、透明で目立たないマウスピース矯正がおすすめです。気付かれずにこっそりとキレイを手に入れてみませんか?ヒミツの矯正で、いつの間にかキレイな歯並びを手に入れる事ができるのです。ぜひ矯正をご検討頂くときの参考になさってみて下さい。